緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



バンコクマラソン 2014

大会までの1ヵ月、食欲の秋真っ盛りの日本出張10日間もあり走行距離は100km弱。
しかも事前の30km以上の距離走となると7月のパタヤマラソンからご無沙汰である。
早々記録は諦め、バンコクマラソンは練習と位置づけることにした。
それで普通なら疲労抜き期間でもある4日前の夕方にも突貫での10km走。
もろくも翌朝体調が崩れた。
発熱で怠く身体が思うように動かない。
ベッドから洗面所への十数メートル歩くのもかなりの時間を要する。
数メートル5分ペースの状態で、残り3日弱でキロ5分弱のペースで42kmも走れるまで回復するのか焦る。
しかも食欲が湧かない。
遠慮なく食べれるカーボローディング時期なのに…。
何とかラヨーン出張の仕事はこなしたが、出張者との食事は無理言ってキャンセル。
夕食もビールも取らず、薬を飲んでV字回復を願ってひたすら眠る。
そして翌朝の金曜、奇跡のV字回復。
走りに影響しそうな、せき、鼻水の後遺症もない。
大会当日は午前2時という寝れそうにないスタート時間でも、寝過ごしそうになるくらい睡眠十分とれた。
練習不足を除けば、例年以上の良いコンディションで大会にのぞめた。
とりあえずのペース設定はキロ5分。
でもペースが一目でわかるガーミンは只今修理中。
ただ序盤集団で走っていると、周りのランナーのGPSの距離設定音で距離がわかる。
最近のタイでのGPS普及率凄いと思いながらもおこぼれ頂戴。
キロ5分は切っている。
悪くない調子。
序盤は、ロードバイク界では雲の上の人と崇めるT中君を従えて少しずつ前を目指す。
フル2回目のT中君にバンコクマラソン攻略法をバンコクマラソン9回出走の経験のある背中で語っていきたい。
遠くに見えていた走遊会のK村さんも16km折り返し前で吸収し並走。
折り返しではさらに先に走遊会T木さんが走っているのが見える。
20km過ぎでT木さんも吸収。

でもこの頃から脚が前に出なくなる。
この集団のペースにはついていけない。
少しペースを遅らると、すぐにK村さん、T中君が遠く暗闇に消えていく。
こうしてバンコクマラソン2014 終了。
後は一人ぼっちで20km淡々と消化。。。
ROOT_0123.jpg
【終盤のスピード感も情熱もない走り。。。結果3時間36分】


スポンサーサイト
Tour of pakchong kaoyai
人生2度目のロードハイクレース。
今回はほぼ上りのヒルクライム。
上りで重要なのは自分の体重とバイクを軽くする事!
でも、間際までの日本出張で取り返しがつかない体重。
お腹がブヨンブヨン揺れる。
せめてバイクだけでもと思い、トライアスロン志向のDHバー、ボトルゲージ、ツール缶を外す。
最低限必要な予備タイヤ、タイヤ外す工具はバイクジャージのポケットへ。
ボトルは1本で勝負!
ところが会場に到着して準備を始めると前輪がパンクしていることに気付く(汗)
スタート前に唯一の予備タイヤを使うことになる。
幸運にもスタート前。
補充の予備タイヤは出店で難なくゲット。
なんとか心の余裕を持ってレースにのぞむ事ができた。
そしてスタート。
10700141_589187837876111_9174538088836950764_o.jpg
10710354_589194541208774_479498461639623165_o.jpg
マラソンと違い道路がほぼ片道独占できる。
そしてマラソンと違い、多くの人が遥か前で集団を形成している。
あれでも序盤ゆっくりと入っているのだるうか?周りの様子を伺いつつ駆け引きをするどころか全く追いつけない。
まったり系のグループについて便乗。
10614239_589663711161857_7808838435218298296_n.jpg
10599304_589665537828341_9208376991583905706_n.jpg

でも気づけば、周りは太いタイヤをはいた重そうなマウンテンバイクばかり。
10387421_589664754495086_1181299800111549810_n.jpg
10678865_589665254495036_2280755244762274951_n.jpg


何故自分より重そうなバイクで、なぜその体重で、そのスペードで走れるの?疑問ばかり。
なにか根本的な違いがありそうだ。
でも居心地が良く楽しい。
遅いながらも楽しめる。
そして20km過ぎてチョークチャイ側の料金所。
10530674_589660861162142_4940417126534552740_n.jpg

素通り!
いつもは高額な外国人料金が設定されている所を無視できるのは気持ち良い。
そしてここからきつめのヒルクライム開始。
今まで活きがったいた人が、急に辛そうに息をゼイゼイし始めたり、逆にありえないスピードで颯爽と上る人がいたりで、バイク乗りでもいろいろなタイプがいて面白い。
1982158_589661921162036_1401367436764634230_n.jpg

自分としては、スピードが出せないヒルクライムのほうが怪我のリスクも少なく周りの景色も楽しめるので楽しい気がする。
インフォメーションセンターを過ぎて
恐怖の激坂を上りレーダー台ゴールのコースが土砂崩れの影響で間際でコース変更になったらしくそのまま滝の方向へ向かう。
幸運だったかもしれないが、前に試走したコースをレースで試したかったという残念な気持ちもあった。
若干短くなり47kmでゴール。
【結果】7ページ目でようやく自分の名前…。
1時間48分 137位
入賞者には日本人3名。一緒に練習した時も全くついて行けなかったのも納得できる。
10394091_589664304495131_2916777158271626815_n.jpg
【受付時に100バーツ分のクーポンが貰え、インフォメーションセンターで食事できる。】
10801642_589661827828712_6932014888062958090_n.jpg
【下りは車で送ってくれたが、バイク自走で戻ることに…思ったより辛かった。】
正直結果には凹むが、まだ成長できると信じて、ゆっくりとロードバイクの世界を堪能することにしよう。