緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Bangkok Dash Transition Challenge 2014
昨年は参加賞のTシャツが色違い全て揃えられるくらい毎回参加していたトライアスロンの大会バンコクダッシュ。
今年になるとタイのマラソン人気がトライアスロンにも押し寄せているのか、早々に申し込みが締め切られ参加でき無い事が続く。
今年一度は参加して2014年版Tシャツをゲットしたいと、2週間前にダメもとで主催者にメール。
当日支払いで、すんなり参加させてもらえた。
この大会の趣旨はトランジション。
短い距離で3種目を3回繰り返す目が回りそうな大会。
定員に満たなかったのは、そんな変わった目的のレースだったからだろう。
また前日いや当日には外国人セレブに人気のアマリミッドナイトランがあり、そちらにトライアスリートが参加していたのか?参加者は少なく男女あわせて60名ほど。
まずはランから一斉スタート。
20141019-2.jpg
1.5kmという短い距離なので、皆猛ダッシュを仕掛けてくると思いきや、自分が先頭に押し出されてしまう。
見慣れない光景で不安。
もし道を間違えたらどうしょうなど考えながら走るも、750mの折り返しで白人に追い抜かれ離される。
20141019-4.jpg
2位でバイクへのトランジション。
数メートルでチームメートのI藤氏が驚異的な速さですり抜けていく。
20141019-5.jpg
【一瞬で抜き去るI藤氏…。】
苦手のバイクでその後もどんどん追い抜かれるのだろうなと思うも、なかなか誰も追い抜いてこない。
現在3位。
入賞狙える?と希望が膨らむ。
そしてスイム200m。
最近練習中の2ビートキックの成果をレースで試す場。
ラン、バイクの後のスイムが思った以上にきつい。
足のつくプールで溺れそう…(汗)。
そして2ビートキックは、水を捉えた感じはせず、空振りを繰り返す様にバタバタ。
そして久しぶりの50mプールが、とても長く感じる。
スイムも練習せねば…。

2順目のバイク10km。
またスイム200m。
ホント慌ただしい…。
そしてラン1.5km。
ようやく折り返しで現在の順位が確認できる。
I藤氏、白人を従えながら3位で健闘している。
そして数百メートルほど離れて現在5位。
この段階でI藤氏に完敗を悟る
バイクでの力の差が痛すぎる。
残りスイム200m、バイク10km、ラン1.5kmの間も、致命的なバイクの遅さを克服するにはどうすればいいか?ばかり考えていた。
20141019-1.jpg

結果…
result 20141019
【いろいろデータ分析できて楽しい♪】
1時間35分53秒
総合5位
ラン1位
バイク5位【あれ?致命的な遅さでもないかな? I藤氏が速すぎなのだろう…。】
スイム同率6位 
そしてトランジット 9~12位【この種目がもたつき過ぎ…(^_^;)】
20141019-7.jpg
【↑今回の優勝者】





スポンサーサイト
Thai Senior Citizens Council Walk-Run 2014
毎年、お年寄りが大型バスで地方から大挙して押し寄せるラマ9世公園の大会に参加。
レース後のスポーツドリンクや食事がこのお年寄り達に占拠され、空腹で脱水気味のランナーが食べ物や飲み物にたどり着けない疎外感を味わう。
すでに早朝の男子トイレもオバちゃんの群れが押し寄せてきていた。
マラソン大会なのにランナーが疎外される傾向が不人気なのだろう。
バンコク都内でありながら最近は絶望的となっている当日受付がいとも簡単にできた。
そして顔見知りの速いランナー達もいない。
入賞への期待が高まる。
スタートダッシュを試みるも、思った以上に前にランナーがいて焦る。
そしていつも右折するコーナーを直進、だけど折り返し場所はいつもと同じ。
いつもより距離が若干長そうだ。
入賞危ないかと思うも、ペース配分できない新顔が多いのか落ちてくるランナーが多い。
折り返しでは年代別3位。
そして年代別2位のランナーが目の前にいる。
一度は並ぶ。
自分のゼッケンをみて同じカテゴリーと理解した彼は、ヨロシクとばかりに手を出しタッチを要求。
先を譲ってくれるのか…?勝負しようということなのか…?
残念ながら簡単には前を譲ってくれなかった。
最接近できたのは、このタッチ時のみ。
背中は見える距離だが、じわりじわりと離された。
粘って付いていこうと思うも、後ろから誰も追いかけてこないのが視界に入り現状維持に甘んじてしまった。
結果45分01秒。40-49歳♂ 3位
20141005-2.jpg

20141005-3.jpg
【今年も圧倒的な数的優位で大会の主導権を握るおじいちゃん、おばあちゃん】
20141005-4B.jpeg
【今回の表彰式は、入賞登録したか?どこにも行かずここで集合!他の入賞者も呼んで集めてくる、主催者への人数揃ったアピールなどなどの仕切り屋(隣の緑のランシャツ)さんのお蔭で年代別カテゴリーでは最初の表彰!頼もしかった】
20141005-6B.jpeg

【トライアスロン仲間で初入賞のT尻さんと。まるで自分の初入賞の事のように嬉しい!だけどすぐに追い抜かれそう…(汗)】