緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



サムットプラカーン ミニハーフマラソン
前日に会場の場所確認でホームページを見ると、17日で申し込み締め切ったとタイ語で通知されていた
バンコク都内はもちろん、隣県でも当日受付できなくなったしまうほどのランナーが急増しているのか?
今回もゼッケンなしでの出走か…とほぼ諦めながらも当日受付できる事を期待して朝3時30分と早めの時間に会場到着。
本当に当日受付できないか確認すると、ハーフ30名、ミニ70名の僅かな当日枠が用意されていた。
すぐにハーフで申し込もうとすると26番の整理券が渡される。
これで申し込み開始時間の4時になったら、参加費300バーツ支払い受付完了。
あと残り4人危なかった。
ハーフはもちろんミニもあっという間に整理券がなくなり、申し込み開始時間には当日枠は売り切れ。
運よくゼッケンを確保した以上、目指すは入賞。
この運を生かしたい!
5時30分スタート。
いきなり数百メートルほど走ってUターンしてまたスタート付近前を通り過ぎるという意図が分からないコース設定。
(多分コース案内をいきなり間違えたのだろう)
とりあえず自分の位置は把握できた。
前には20人ほど。
暗くてゼッケンの年代まで確認できないが、入賞狙えそうな位置。
2回目の折り返し。
ゼッケンも確認できるし、伴走していたチャリのオヤジも順位を数えてくれる。
並走していた40代ランナーとで7,8位。
入賞無理か…と諦めてしまい、スピードが落ちる。
スピードが落ちると、海風でお腹が冷え痛くなる。
その痛みの周期はどんどん短くなるが、走っているコースは河口の田園地帯。
ガソリンスタンドはまずなく、民家もまばら。
走ることもできなくなり、歩きながら適当な民家を探す。
限界に近づく頃、コースから20~30m離れた川辺の民家へトイレ哀願
早朝にランニングシャツという怪しい身なりの外国人オヤジに、気さくにトイレを貸してくれる優しいタイ人のにーちゃん。
トイレの神様、降臨!
トイレは川の水上で橋渡しに適当な板が置いてあり渡るのも脚を踏み外しそう。
トタンの板でまわりは囲まれ、扉の鍵はないが安らぎの空間。
床の隙間(穴)からは緩やかな川の流れが心を落ち着かせてくれる。
自然と調和された粋なトイレで気分スッキリ。
お礼をいってレース復帰。
身体も軽くなったし、快調に飛ばそうとするが長くは続かなかった。
それで1時間52分というタイム。
距離は1km弱長かったみたいだが、お粗末なタイム。
もちろん入賞出来なかったが、入賞当確でゴールした走遊会メンバーは外国人は入賞対象外とゴール後告げられたらしい。
整理券貰わず、ゼッケンなしで走れば良かった。
20140928B.jpg

スポンサーサイト
River Kwai Half Marathon 2014

続きを読む
セントラルグループ主催のミニマラソン
8月の仕事の忙しさが9月になり、ようやく落ち着く。
気付けば、毎年勝負レースとしているリバークエーハーフマラソンが目前、しかも8月の月間走行距離70kmほど。
流石に焦る。
慌ててここ1週間急に練習やりだすと、両ひざが悲鳴をあげ、ひざ関節の嫌な痛みを感じる。
長らくマラソン大会にも参加していなく(7月20日のパタヤフル以来、短い距離では7月13日の体重別大会以来)ペース感覚も忘れている。
頼みのガーミンも水没で再起不能。
レースペースを思い出すべくハーフくらいの大会を探すもなく、セントラルワールド前スタートのミニマラソンでスピード練習+ルンピニ公園ジョグとした。
最近のバンコク都内のレースは当日受付は絶望的で、ゼッケンなしでの潜伏を決め込む。
想像以上の人混み。
ゼッケンなしの為、後方からスタートしたこともあるが、スタートラインを超えるのに1分弱要する。
スタート直後の交差点で車やバスの間を走り抜けてたり、公差点で2回止められたり、トゥクトゥクが飛び出してきたりの毎度の危険がいっぱいの交通状況。
いつか事故が起きるだろうと思うも、今日の自分はゼッケンなし。
車に轢かれても、大会運営側には文句言えない。

特筆することもなく結果44分くらいか?
タイムは気にせず、ラン仲間と反省会。
20140907-01b.jpg

IMG_0912b.jpg
この写真の皆の充実感はレース結果からではないな…。

ホアヒントライアスロン 2014
20140810-01b.jpg
8月は国内外出張続きで諦めていた8月10日開催のホアヒントライアスロン。
予定が少し延びて、日程的には参加可能になる。
だけど既に定員満たして直前申込みはクローズ。
ただトラ仲間で参加出来なくなったN田氏の代走を志願。
急遽参加できる運びとなった。
タイ国内は4連休で渋滞。
去年と大きな違い。
ブリーフィングには遅れるが、レース概要をチーム仲間に聞く。
スイムは2周で去年とは逆走。
1周終えると一旦陸に上がって、チップ計測をする。
スイムは不安。
まず練習してない。
そしてガラスにヒビが入ったガーミンが果たしてスイムで使用可能か?
プールで確認しておけば良かったが、夕方の雨で練習出来ず。
ウォームアップではすでに画面が曇ってしまった。
スタートは2グループに分かれてのウェーブスタート。
若手のスタートを見送り5分後にスタートする。
20140810-02b.jpg
最初のブイを曲がる時は混雑。
前は塞がってるし、蹴られたり、上から乗られたりでメタメタ。
息継ぎで前方確認すると思い切り湖の水を飲みこみ、咽る。
水の中で咳き込み溺れそう。
1周目が終わり陸に上がる。ここで周辺確認。
近くにいそうなo林氏の位置確認。
でも見当たらない。
自分が先行しているのか?遅れているのか?
そしてスイム2周目を上がると、怪我から復帰間もないS藤氏がすでにトランジションエリアでバイクの準備をしている。
きっとO林氏も先行しているのだろう。
20140810-03b.jpg
久しぶりのバイクのトランジション。
うまくシューズが履けずもたつく。
そしてガーミン。ヒビから水が入って液晶が曇り全く見えない。
やはり水中で使うのは無理があった。
去年パンクしたところを通り過ぎ、不安は激坂だけ。
しかし坂が現れず、高速仕様のバイクが折り返してくる。
そしてO林氏。かなり先行されている。
20140810-05b.jpg

追いつけずランに突入。
何度もO林氏とすれ違うが、追いつくどころかどんどん差が離れていっている。
完敗…。
調子悪くないのに、

そして結果。
20140810 resalt

o林氏 年代別4位 N田氏の代走の自分 年代別5位
知った時はレース翌日。
もちろんO林氏と一緒に表彰台にも上がってないし、賞金も貰わず…(泣)