緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Super Sport 10 miles International Run 2014
2014-06-22.jpg
ラン友のO内さんの好意でゼッケンを譲り受け急遽参加したスーパースポーツ主催10マイルマラソン。
バンコク中心部セントラルワールドが会場の都会派レース。
参加人数の多さ、チップ計測の煩わしさ、車の騒音や排気ガス、そして10マイルという攻略し難い距離と個人的に苦手なことばかり。
スタート地点ではケニア勢数人と2000人ほどの参加者。
スタート合図と混同してしまう二人のトランペット奏者によるファンファーレ、スタートぎりぎりまで盛り上げようとする司会者、スタート合図に間に合うかとこちらのほうが焦るが定刻通りのスタート。
RUT_0005.jpg
スタート直後から100人ほど先行しているのだろうか?
朝5時スタートでの暗さ、人が多いので追い越しに気を遣い、スタート直後の大きな曲がり角で先頭が見えず、自分がどの位置かわからない。
とりあえず4分15秒くらいのペースで入ってみる。
パトゥナームの交差点。
バス、タクシーが横切っていて、ランナーが2~3人立ち止まっている。
交通整理を試みるスタッフはいるが、車を制止しきれていない。
立ち止まり、ゆっくり車の間合いを見ながら、クラクションを鳴らされながらも隙間を走りぬける。
これだから嫌だ~と嘆きながらも走り続ける。
その後も、交通整理のスタッフはたくさん導入しているが、バンコクの交通状況はそのうえをいく醜さ。
細い路地からは、トゥクトゥクが飛び出してくるし、バス、タクシー、バイクも幅寄せしてくる。
路面も所々の排水溝などでデコボコ。何度か足首をひねりそうになる。
スラウォン通りへ曲がる交差点では、大会スタッフが突っ込んでくるタクシーを止めようとして轢かれそうになる命がけの交通整理。
そんな悪条件はまったく関係なく、自分のペースは早々と落ちた。
4分15秒から4分30秒にペースを下方修正。
10km過ぎからペースアップしようと思っていたが、そのままズルズルとダメダメでレースを終える。
チップ計測の結果を待たずに、帰宅。
20140622-1.jpg
【後ろから二人追いかけてきているのに気付いて必死のラストスパート】
20140622-map.jpg
lap.jpg
しかし結果をみると
O内さんの名前が、総合17位で年代別3位。
入賞しているのに表彰式出ないなんて嫌な感じ。
O内さん。ごめんなさい。。。
20140622 10mile

スポンサーサイト
OCEAN to OCEAN (Full Moon Relay Marathon おまけに Lang Suan Quater Marathon)
インド洋から太平洋へリレーで走って横断するオシャーンtoオーシャン。
過去の走遊会メンバーの完走後の話や写真を見聞きするうちに、いつかは必ず出たいと思っていた大会。
幸運にも補充要員を急募で、週末の予定も空いていたので、初参加への条件がそろう。
バンコクから約600km離れたラノーンへマイクロバス2台での早朝5時30分からの遠征。
lumpini-ranong.jpg
0泊?2日という強行スケジュール。
また大会の概要も変更あり。
のぼり
・インド洋から太平洋へ(過去の大会とは逆方向)
・日の入から日の出までの夜中に走る。
(過去の大会は日の出から日の入まで、猛暑の中を走ってたらしい。)
・最後の11kmが全員参加のミニマラソンとなる。
(最後まで、甘やかして走らせてくれない)
チーム編成は例年通りM井副会長に委ねらている。
1チーム8名で合計300歳以上の男女混合チーム(女性2名以上)のカテゴリーを親しいタイ人ランナーの友情出演もあり、走遊会(+タイ友人)で2チームが参加。
今回は入賞重視のAチームと完走重視のBチームに分けている副会長の意図がわかる。
近々本帰国されるA木さんにタイで初入賞を!というM井副会長の想いがあるようだ。
最後の補充要員でありながらAチームに入れていただき、A木さんを手ぶらでは帰せないという使命感を感じる。
start.jpg
夕方6時ラノーンのLAEMSON NATIONAL PARKをスタート。
第1走者は、タイ人ランナーのなかでも指折りの速さのUさん。
間違いなくトップ通過してくれる絶大的な安心感がある。
その他のメンバーはマイクロバスで2km弱の応援と給水サポート。
想定通りUさんがトップ通過してくれたが、想定外だったのは数m後ろに若いランナーがついてきたこと。
⑬2区Aチーム引き継ぎ
水と声援を送り、2km弱離れた第2走者への中継点へ向かうため急いでマイクロバスに乗り込む。
思っていたよりも慌ただしい。
でもこれがまるで駅伝のサポートカーに乗っている感じで楽しく興奮する。
そして第2走のA木さん。現時点での2位チームもまた速そうな若者を投入。
追い抜かれるのは仕方ない。
第3走者の自分で再び首位を奪取というカッコいいシナリオを描く。
そして自分の第3中継所。
先頭になったチームのメンバーが待機しているサポートカーを偵察。
ピックアップ車の荷台でおじいちゃん?おばちゃん?がゼッケンをつけて静かに待っている。
とても速そうとは思えない。
え?序盤だけのハッタリ?メンバー不足?家族ぐるみ?などなどいろいろ憶測する。
でも自分と同区間を走ることになるウォームアップを始めたランナーは、またまた速そうな体型。
皆に迷惑をかけられない為か、下りの為か、かなり速いペースで入ってしまう。
そして6kmほどという短い距離、ペースを抑えることもできない。
アップダウンもあり、心臓が飛び出しそう。
5kmほどの短い距離を休憩しながら3回はしればいいという安易な考えが、走り出してすぐに間違っていたことに気づく。
先頭が見えてくる気配もまったくなく、A木さんに申し訳ないと思いながらも、あとのメンバーに自分の分も挽回してもらうことにした。
1st map
1st pace
1st pace2
【キロ4分10秒のアベレージで走っていた自分に対し、6kmでさらに2分弱離されたらしい】
その後もトップを走るチームのおじいちゃん?おばちゃん?と思っていた要員も、走り出すと息を吹き返したような凄い走りをしてくる。
手強い。。。
最大7分くらいあった差も後半のメンバーの頑張りで5分くらいの差とり1順目を終える。

2順目。
2nd map
2nd pace1
2nd pace2
【距離も短く、下り基調で1順目より楽な区間】

3順目。
3順目 地図
3rd ペース1
3rd ペース2
すでに早朝11kmミニマラソンを真剣に走る気力は皆無。
チームの為に追い込んで走らなければならない責任からは解放された。
そして午前2時前にトップとは7分差で3順目が終了。
朝日を迎えてゴールという大会趣旨の為、朝5時のミニマラソン開始まで中途半端な休息となる。
この段階ではやり遂げたというよりは、疲れたという感想。
まだミニマラソンが残っていると考えるととても憂鬱。
少しでも長く仮眠をとりたい。
解放された学校の教室の硬い床で雑魚寝、蚊の攻撃。
休憩
疲れはまったくとれず、身体ずっしり重くなって泣く泣く早朝レースの準備をはじめる。
スタート2回目
【LANG SUAN QUARTER MARATHON のスタート】
個人別入賞が用意されているが、入賞を狙う気力はまったく湧かない。
チームのメンバーのペースにあわせ、後れを取らないよう心がけ走る
序盤の雨もあがり、まわりが薄明るくなる。
そして目指していた太平洋の海。
ここまでの長く苦しい道のりをすべて忘れさせてくれる感動があった。
ミニマラソンのゴール後メンバーが揃うのを待って、リレーのフィニッシュラインへ。
2位入賞、ようやく皆でたどり着けたことに涙がでそうになった。
朝
ミニマラソン
ミニマラソンペース1
ミニマラソンペース2
【感動の余韻でガーミンも止め忘れている。】

2位
【表彰式 司会のオヤジの悪乗りで長い…】

1位
【カテゴリー優勝チーム 走ると凄いんです(汗)】

青木さん
【A木さんのタイ初入賞!】
ゴール




アユタヤ パーチー郡でのミニマラソン
日本出張でなまった体にムチを打つため、週末のレースを探す。
そこで記憶に残る忌々しい地図をみつける。
map.jpg
【この地図の解読に長い月日が流れていた】
今回が2回目の開催となるが、第1回開催に参加しょうとした時、アユタヤで駅近くという大雑把な記憶だけで全く検討違いなところに行ってしまい、はじめて会場にたどり着けないという失敗を犯してしまった。
今回は事前にグーグルマップ等で場所を把握。
アユタヤ中心部から約30km離れたパーチー郡。近くには鉄道が北と東北への分岐する駅がある学校が会場。
地図で場所を事前確認しているも、車で向かう途中は道の暗さ、デコボコ路面、僅かな交通量など本当にマラソン大会が開催されるのかという不安に駆られたが、無事自宅から1時間ほどで迷うことなく到着することができた。

スタート地点に設置されている電光掲示板の気温は26°。
ただ体感温度は30°近くあるのではと思うほど暑い。
この日はプーケットマラソンがある為か、外国人は少なく、タイ人の速い人も少なく感じた。
参加人数は最近の大会と比べて少なく感じるも、スタート地点の校内の道が狭いのとすぐに直角カーブがある為追い越しに苦労する。
学校の外に出て道路の外側から追い越しをかけ第2、第3集団を目指す。
この街のPRポイントであろう鉄道や駅はまったく見る事ができないコース設定。
そのかわり、スタート直後の殺風景なS字カーブ、見通しのよい田舎道の直線でだいたいの順位が把握できた。
だけど入賞狙えるか微妙な位置。
同年代を2,3人パスしながらの折り返し。
折り返してくるランナーを数えると年代別5位。
前を走る4位のランナーとは差があるし、さっき追い抜いたばかりの同年代2~3人がすぐ後ろで再起を見計らっているに違いない。
非常に嫌な状況。
ペースが落ちて同年代に一人でも追い抜かされれば入賞圏外。
暑さの影響か、増えた体重の影響かキロ4分のペースが刻めない。
追い抜かれて入賞圏外になったらJOGか歩きに切り替えようと思うほどバテバテ。
あっさり追い抜かれれば諦められるが、後ろからの足音も聞こえない。
そして背後からのプレッシャーを感じながらの我慢が続く。
残り2~3kmは、後ろを度々気にしながら走る。
ラスト500mはほぼ酸欠状態。
なんとか順位を維持して年代別5位。
ゴール後も呼吸が落ち着くまでかなり時間を要した厳しいレースだった。
地図
【ファンランナーを寄せ付けない味気ないコース】
ペース
【暑さの原因は湿度か!? キロ4分で走れない(泣)】

そして表彰式。
この大会入賞は年代別7位までだったことがわかる。。。
20140608.jpg

【スタート時に入賞7位までと知っていたら必死になることなかったのに…】