緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



BITEC Half Marathon '14
国際展示場 BITECで開かれたハーフマラソンに急遽参加。
急遽というのは、ラン友のO内氏が前日受け取りのゼッケンが仕事でゼッケン受け取れず、また長く続いているデモの影響で週末のバンコク移動が会社から制約されている模様。
すでに申し込みは締め切られている人気の大会。
O内氏の好意でゼッケンを譲り受け、喜んで代走を決める。
O内氏の無念を晴らすため、いい加減な走りはできないが、最近はすっかりマラソンシーズン終了気分で練習不足さぼりがち。
走遊会、トライアスロンのメンバーらと談笑していると5時前にチェックインのアナウンス。
5時30分スタートかと勘違いしていてウォームアップなしでスタート位置に並ぶことになる。
O内氏張りのスタートダッシュで先行する作戦も考えたが、スタート直後何故かまわりに女性ランナーがいっぱい。
居心地の良さにスタートダッシュは諦め、マイペースを心がける。
この大会のすごいところ、主幹道路の4車線をランナーに開放している。
側道は車が走っているが、コースはひっそりとしていて路面コンディションも良い。
ただひたすら同じ感じの景色で、前を走るランナーを目標に追いかけ気を紛らわす。
単調なコースを改善する為の資金力のある運営側の配慮かコースの3か所にハイテンションなチアリーダーを配置。
お金のかかったプロの応援も悪くない。
メガバンナーに入るUターンブリッジ。
下りでトップ集団のケニア勢3人とすれ違う。
賞金カテゴリー別で3位までなのに結構ケニア勢が多く参加していた。
聞いた話では翌週台湾での高雄マラソンの調整かもしれないらしい。
折り返し前に大型な白人男性、そしてタイ人女性ランナーに追い抜かれる。
ここまで追い抜かれる事は少なかったのに、ペースが落ちたのか?
そんなに焦ることもなく、後半Uターンブリッジを下りて平坦になってから頑張ろうとマイペースで走る。
そしてUターンブリッジを下ってペースアップ。
思ったより調子は悪くない。
まずタイ人女性を追い抜いて長身白人男性を目指す。
他のランナーは数人拾えたが、この白人との差がなかなか縮まりそうで縮まらない。
結局10kmのランナーと合流して見失うほど離されてしまった。
そして残り3km。
離したと思っていたタイ人女性ランナーに再び追い抜かれる。
もうついていけなかった。
タイムも1時間33分。
思ったより良くもなかったなぁ~。
2014-02-09.jpg
【レース中もコースで応援に回っていたチアリーダ達。レース後の食事も質高かったし、なかなか良い大会だった】


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ