緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Chom Bueng Marathon 2014
前年に続けての参加、でもコースは変更された感じでアップダウンが少なくなり高速コースとなった気がする。
年明けから暑くなってきた気候も、ここ2、3日涼しくなり、走るのには最適な気候。
この大会が乾季のマラソンシーズン最後のフルマラソンとして臨む。
大会前の1週間は仕事でシラチャー滞在。
シラチャーでは有名なランニングの先生にアドバイスいただいたのが、金、土は焦らず完全休養。
休むことで体が軽くなっているはずだが、最初10kmは抑える。
辛くないアドバイスは喜んで受け入れ、レースに臨む。
ただ序盤抑えてはいるも、身体は軽く感じない。
そのうち身体軽くなるかなと思うが、改善せず、逆に走遊会T木氏、続いてE森氏らが軽やかに追い抜いていく。
ひょっとしてペース遅いのかと不安になるも、ここまでのペースはキロ4分45秒前後で悪くないペース。
触発されて序盤でペースをあげ追従すると最後まで持ちそうにない。
新戦力のガーミンでのGPS計測ペースを信じることにする。
しかし新たな問題が起こる。
いままで練習でも感じたことのないチクチクした痛みが右足首に発生する。
そのうち痛みがズキズキに変わる。
最悪序盤でのリタイアも脳裏をよぎる。
走りながら痛みのないフォームを模索するがなかなか見つからない。
着地や脚の蹴りとは無関係な気がする。
そしてもう1つの問題。
膀胱が満杯になりつつある。
ベテランぽいランナーと2,3人、時には数人で走っていたので、出来るだけ長くこの集団で走りたい。
最後まで我慢も考えたが、15km付近にトイレ用バスが停車してあったので遠慮なく使わせてもらった。
トイレ休憩を入れた区間が5分18秒。
いままで4分45秒前後だったので再び追いつくのは、キロ5秒ほどペースアップしても数キロ先。
一人旅となり、頑張って追いかけてみる。
が周期的に右足首が痛み出すので、オーバーペースの抑制には助かった。
その足首の痛みは、水やスポーツドリンクを採るとしばらく痛みが無くなることを発見。
水分不足による痙攣の類か…、それも違う気がする。
ようやくもとの集団に追いつくが、せっかくスピードに乗ってきているので、ペースを戻さず前を目指す。
走遊会T木氏に追いつく。
練習不足、経験不足でも予想以上の走りで将来有望。
勝てる時には勝っておかないとと思い先行する。
一方、走遊会E森氏が全くみえない。
思えば昨年も帰国前のS治氏に完敗した記憶が蘇る。
今年も帰国前のE森さんへのはなむけランとなるのか。
残り8kmでハーフと合流。
ハーフを走っていた若者一人が頑張って自分のペースに合わせてくる。
フル終盤で並走してくれるのは、張合い感ができペース維持するうえで大変助かる。
気が付けば、残り3kmで新戦力ガーミンでここまでの平均ペースをみると4分43秒。
ガーミンの平均ラップが一目でわかる機能、これが素晴らしい。
事前に目安として調べていた4時間20分のペースがキロ4分44秒。
ペースも落ちていないし頑張れば3時間20分切れる。
足首の痛みも感じない。
脚全体が重いので麻痺しているのか…。
いっぽう追いかけるE森氏は全く見えないし、3時間20分切っての余裕の完走か。
そこまでの完敗なら納得して新たな門出を祝うことができる。
(実際は不運にもコース間違いで3km余分に走っていたらしい。これで次回来タイ時の対戦の楽しみを残してくれた。)
ここまでGPSと距離表示がほぼ正確だった距離表示が残り1kmが長い。
20190119-1b.jpg
【ラスト1km付近。この頃は右足首の痛みは全く感じず。時折の痛みは何だったのだろう…。】
非情にも残り500mの距離表示でガーミンの42kmのラップ音が鳴る。
結果
3時間21分。
でもトイレ休憩区間以外は理想的なペース配分。
年代別6位。
20190119-2.jpg
【相変わらず長い表彰式。5歳刻みで入賞10位までだと仕方ないか…。】

そして翌日、筋肉痛のほかに右足首に嫌な違和感が残っている…。

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

カオヤイヒルクライム第8弾
約8か月ぶり(前回)のラン仲間とカオヤイヒルクライム。
2b.jpg
【自分以外は皆ランナーの脚だな~】

現地集合場所のナコンナヨック側ゲートのホテル。
ホテル内のレストランで軽食すれば駐車券にスタンプが貰え駐車場無料、そのうえプール脇でこっそりシャワーも浴びれるという恩恵があった。
なのにホテル入り口で警備員に「自転車乗りは、隣のコーヒー屋に停めてくれ。シャワーもトイレもあるから。」と促される。
隣には、良い感じのコーヒー屋があり、自転車乗りの為に設備を準備してくれた寛大なオーナーに感心する。
しかし帰る前に判明したのが、駐車場代150バーツ、シャワー一人50バーツ。
納得。。。
2014-01-12.jpg
【駐車場、トイレ、シャワー完備、軽食可でバイク乗りの憩いの場かと思いきや。。。】

今回は練習不足というtaza氏が先行スタート。
5分後にスタートすることになっていたE森氏とS氏。
S氏らが途中で入りこんできた他のロード3人組に触発される。
追い越したい衝動に駆られたようでtaza氏の2分後に見切り発進。
そして繰り上げでtazaさんから5分後スタートの自分。
あれ、久しぶりのヒルクライムでタイヤの空気抜けてる?と思うほどバイクが重い。
最初から一番軽いギア34-25を使ってしまい、後がない。
軽量化の為トライアスロン仕様のサドル後のボトルゲージやDHバーは外してくるべきだった。
6b.jpg
【DHバーが邪魔でハンドルのフラット部も握れない。。。】

最近あまり変速する機会がなかったので、ギアを変えるタイミングも不慣れ。
今回初めてガーミンのオプションのケイデンス計を使用したが、かなり回転数にムラがあり過ぎ。
20140113 rpm


こういうのって一定の回転数にあわせるのがセオリーなのだろう。
下手さもよくわかる。
心拍計も導入していたが、どこまで追い込めるのか、あるいは最後まで持つのか確固たる自信がもてない。
心拍数もみると中途半端。
平均心拍が最大の80%ってまだ追い込み足りない気がする。(十分苦しかったけど…)
20140112 bpm


10km付近のチェックポイント経過が32分台。
遅い。。。
夢の1時間20分切を目指していたのに1時間25分。。。
ハンデを貰っていたS氏には逃げ切られるという恥ずかしい結果。
年末年始はわりとバイクと向き合って練習してたのに、気候も涼しいのに。
何故???


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ