緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



アントーンスーパーハーフマラソン
土曜の朝連23kmLSDを終え、今年最後にバンコク近郊のミニマラソンに出て刺激を入れて締めくくりたい。
それで前日に大会情報を調べる。
バンコク近郊でミニマラソンは無かったが、タイのランニングクラブ等で調べているうちに載っていたり、載っていなかったりする怪しい大会がある。
場所はアユタヤの隣県アントーンのお寺。
(お寺の名前は覚えられない。)
タイ語だけの怪しい大会要項で場所をグーグルマップで割り出すのに苦労した。
そしてコース設定距離が5km、8km、16km、32km。。。
LSD練習での脚の重さがあり短い距離を走りたかったのに、なぜか32km以外は眼中にない。
ついつい一番長い距離を走らなければもったいないという貧乏性がでてしまう。
そしてカテゴリーが3歳毎の37~39歳で5位まで入賞という大盤振る舞い。
ますます怪しい。
この怪しさは3、4年前のタクトチーム主催大会を思い出す。
タクトチームといえば、大会急遽中止などが頻繁にあったようでタイ人には人気がなく、近年は見かけていない。
個人的には入賞狙いやすかったし、トロフィーがカッコよくそんな悪くないと思っていたが、もう大会運営から撤退したのだろうと思ってた。
自宅からも車で移動できる距離だが、年末帰省ラッシュを見込んで、早めの午前2時に家を出る。
もうラッシュのピークは過ぎたのか、午前2時という時間帯なのかガソリンスタンドが混んでいるくらいで道路はスムーズに流れていた。
見落としそうなお寺に向かう細い道に入るも、本当に大会あるの?といった感じの寂しい雰囲気。
でも距離表示をみつけ安堵して1時間弱で会場に到着。
当日受付を済ませ、飾ってあるトロフィーをみるとなかなかカッコいい。
これってタクトチーム主催の大会だ。
スタートのゲートに書かれていたタクトチームの文字をみて確信にかわる。
運営の不安より懐かしさとまだ大会運営に携わっていたことが嬉しかった。
会場のお寺にはアユタヤのより大きそうな仏像が横たわっていて雰囲気も良い。
2013-12-29 -3

もらったゼッケンも37-10恐らくカテゴリーで10番目なのだろう。
たぶん完走できれば入賞できる。
スタート地点、同じ年で圧倒的速さのタイ人Sさんを見つけ、挨拶するも彼は8kmの部でジョギングするらしい。
入賞枠にひとつ余裕ができホッとする。
そしてスタート。
今回は突如参加を決めたにもかかわらず、準備ができていた。
まずは寒さ対策のアームウォーマー。
いつか使うかもと数年前に購入していたものが役に立った。
暑くなったら外せばいいやと思っていたのに全く外す必要なし。
そして携帯用LSDライト。
これは田舎道を想定して自転車用に買っていたシリコンゴムで覆われている簡易的なもので2個100バーツ。
これが値段以上の役目を果たしてくれる。
足場が悪いところがあり、ゼッケンベルトに付け足元を照らしてくれるだけでもつまずく危険が減り、不安なく走れる。
前半ずっと併走していたランナーも自分のライトの恩恵を受けるため意図して併走していたに違いない。
あと心配は野良犬の攻撃。
自分はライトで道を照らすから、犬は追っ払ってくれと併走するランナーに期待するも、犬は吠えはするがアユタヤと違い追いかけてきたり、道の真ん中に群がっていたりしない。
15km付近で後ろから3人が追い抜いてくる。
なんとか追従して新たな二人と併走。
なかなかペースが速く、他は脱落していった。
お互い年齢を確認し、カテゴリが別々であると分かると、一緒に走ろうということになった。
2度目の折り返し。明るくなってゼッケン確認。
年代別2位。
密かに年代別優勝を狙っていたが、望みは絶たれた。
すでに一緒に走ろう協定は破られ、一人が飛び出す。
同じように追いかけるがじわじわ離され、さらに27km付近からペースが落ちる。
初導入のGPS付時計でタイムの落ち込みを最小源に抑えるためだけに頑張る。
終盤孤独になっても、ペースの落ち込みを最小限にしたいという気持ちで、諦めずモチベーション維持につながる事を発見。
そして目指すは2時間30分切り。
だけどじわじわとGPS距離と実際の距離が広がっていきGPSの距離が2~300m先行。
それでもギリギリ貯金はあった。
しかしラスト1kmなかなかゴールにたどり着けない。
そして32.6kmを2時間30分27秒で2時間30分切りできず。。。
37~39歳のカテゴリーで2位。
30代最後の大会を入賞で飾れた。
2013-12-29 -1


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

アユタヤマラソン2013
131215-04.jpg
【会場。こんな遺跡はどこにもなかった…。】

開催前の1週間は仕事でパタヤ滞在。
ビーチまで2~300mほどと砂浜ランできる良い環境だったが、ビール好きにはたまらない悪い環境でもあった。
仕事で参加できるか微妙だったが、参加できる目処ができ参加。
ただこの1週間美味しくビールを呑むためのゆっくりビーチランしかせず舗装された道を走っていない。
食事もカーボローディングというよりビールローディング。
そして当日朝2時に家を出発せねばならないが、すっかり夜行性となてしまった為眠れない。
睡眠時間が2時間弱と 不安を抱えて臨むことになってしまった。
今回のアユタヤは、タイ国日本人会100周年記念でフルマラソンの部が開設され多くの日本人も参加。
でもバンコクでもインターナショナルハーフマラソンという賞金レースがあるためか、速い人達が少ない。
そしてフル参加者も200人ほどで閑散としている。
年代別入賞も狙えそうと期待が高まったが、年代別が18歳~39歳と幅広く39歳の自分には不利なことがわかる。
スタート前に速そうな人を確認。
30歳代の小柄なタイ人、ラン仲間でサブ3を目指す日本人新鋭E君、そしてトライアスリートでランが得意とするトライアスリートの白人、あとは速そうな雰囲気がありそうな人が何人か。
スタート地点でも皆あまり積極的に場所取りする感じでもなく、2、3列目からスタートでき飛び出すことができた。
予想以上に前を走るランナーが少ない。
30歳代の小柄なタイ人が40代のランナーとトップ並走。
そして若いトライアスリート。
また顔見知りではないがラン仲間から3時間弱の実力があると聞いた30代ランナーが前にでる。
そして自分のすぐ前に若そうで、同じ様なランナーらしくない体型の人が一人。
E君がまだ来ていないが、E君に追い抜かれたとして年代別6位。
また追い越してくる白人がきた。
背は高いがスライドが広く上下動が激しい走り。
この走りでフル持つとは考えにくい。
スタートダッシュだけのハッタリか?
すぐ前を走る同じ体型のようなランナーもソールの厚い重そうなシューズを履いている。
彼もはったりか?
しばらく観察しながら走るも、この二人が左折するコースを直進しようとする。
声をかけて二人は気づいたがその瞬間自分が前に出る感じになり、そのまま足音が遠のいていった。
入れ替わりでスタート地点で速そうな雰囲気があったランナーが並んでくる。
年齢を確認すると42歳。
年代が違えば連帯感が生まれ、一緒に走ろうと意気投合。
その後、E君、40代ランナー3人が颯爽と追い抜いていった。
そして29歳のランナーが追いついてきて3人で並走。
真っ暗だから3人で一緒にゴールを目指そうということになる。
42歳ランナーがリーダーシップを発揮してくれ、ペースついてこれるか?など気遣ってくれる。
しかしこの集団で42歳の彼が現在年代別5位。
自分と29歳の彼が年代別5,6位の争いとなっている事を自分はしっている。
真っ暗で足場が悪いところも数箇所、そのうえランナーの人数より多いだろう犬が合間なしに吠えたり、追いかけてきたりする。
単独で走るよりは、並んで走ったほうが賢明。
42歳の彼が話好きまようで雑談しながら走る。
その雑談のなかで29歳の彼は3時間20分くらいの持ちタイムということが判明。
やばい。手強い。。。
でも好青年で15km付近で補給食として準備していたスニッカーズを僕ら二人にも分けてくれた。
まだお腹が空いていなかったが、有り難く頂戴した。
その彼が後ろにまわることが多くなり、42歳ランナーが大丈夫か?ついてこれるか?頑張ろうと声をかけて励ますも、最後には先に行ってくれということになった。
あの早めの補給ですでに彼はエネルギー切れだったのかも知れない。
貴重な補給食を分けてもらい悪いことをしたと反省。
(結果をみると彼は途中棄権していた。)
再び42歳ランナーといいペースで並走し一人40代ランナーを追い抜くも、彼の息が荒いのが分かる。
やはり前半のおしゃべりの影響がでてきたのだろう。
ハーフを過ぎたあたりから頻繁にリラックスして走りたいとペースに波が出始める。
彼のペースに合わせていたが我慢できないほどペースが落ちてきた。
薄明るくなってきたしランナーズハイか自分は前に出たい衝動に駆られている。
「ちょっと先に行くわ」と声をかけ、彼も自分に構わず行ってくれと快く送り出してくれた。
この二人のおかげで前半オーバーペースになることなく、抑えた走りができた。
あとはハーフを残すのみ。
ハーフを1本走るイメージで切り替えペースをあげる。
そのうちハーフと合流。
コースも恒例のハーフマラソンと同じでイメージも残っている。
しかし残り5kmで脚も終わり、ふくらはぎに張りを感じる。
今にも肉離れしそうな予感。
肉離れしたらレースも終了。
下りはいたわりながらゆっくり走る。
ラスト1km付近でフルはハーフのコースをショートカットできるうれしい設定。
元気が湧いて、タイムは3時間20分50秒。
後半思ったよりペース落なく好タイム。
追い抜かれなかったし、見落としなければ年代別5位。
総合1位が年代別とは別枠となり順位繰り上げ。
これで入賞圏内確実と思ってチップ結果を待つ。
そしてチップ計測結果。。。
無い。あるはずのタイムのところに自分の名前がない。。。
そして下のほうのDSQ(失格)に自分の名前が。
確かに3時間20分台でフィニッシュしているものの第2チェックポイントの記録がない。
計測地点を通らなかったのか?
いや2箇所通った記憶はあるが、音の反応がイマイチな感じだった。
131215-02b.jpg
【29km付近。思い出せばこのちょっと前に第2計測ポイントがあったはず。やっぱり通ったぞ!でも音が遅れて鳴って変に思った。あの音は後ろのハーフの人のだったのか…?】
いちおうゴネてはみたものの、横柄な白人がショートカットしたんだろうという疑いと証拠不足で受け付けてもらえなかった。
(GPS付き時計あるか?と聞かれたので距離が証明できれば覆ったのかも知れない)
ちゃんと計測できていれば、年代別3位で表彰台に上がれたのに…無念。。。
131215-01b.jpg
【40km付近。このゼッケンベルトにゼッケンというふんどしスタイルがNGだったのか…?しかもランシャツで隠れてしまっていた。】
131215-03.jpg
【入賞トロフィー。30代最後の思い出にはならず…。】

【結果】

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

サメット・バンペー トライアスロン
ラヨーンで開催されたトライアスロンに参加。
この大会サメット島からバンペーの海岸まで5.5kmという途方も無い距離を泳ぐ。 
その後は、バイク20km、ラン5kmというおまけの様な短い距離が続く。
ランよりスイムのほが長いというアンバランスなトライアスロン。
2013-12-07 -b
【ぼんやり見えるのがスタート地点となるサメット島】
前日の受付、ブリーフィングの後、チームのメンバーとシーフードを堪能、ビールも遠慮なく頂く。
フルマラソン前日みたいに神経質になることもなく熟睡。
5時半頃からバイクの準備を始め、6時頃から自転車で会場へ向かう。
今回は、近くでラヨーンマラソンの開催もあり、ホテルから会場まではマラソンのコース。
ちょうどマラソン、ハーフ、ミニ、ファンランの人たちを横目に力を吸い取りながらの会場入り。
会場で朝日を見ながら準備。
2013-12-08 -b
7時45分から船でサメット島に向かう。
サメット島への移動手段は乗合船やスピードボートをイメージしていたが、待っていたのは定員5名という適当なエンジンをつけたようなボロ船数台。。。
エンジンルーム(といっても木で覆われただけ)の上に腰掛けサメット島を目指す。
運悪くマフラー近くで排気ガスが風向きでちょうど顔に直撃するのと、エンジンの熱で尻が熱い。。。
目印として500m置きに直径1mの風船がブイとして置かれているとのことだったが、間隔もまちまちだし、最短距離ではなくジグザグに置かれいるとしか思えなかった。
そして乗っている舟には浮き輪も見当たらないが、復路では救護や給水を担っているのだろう。
でも船頭のオヤジが溺れている人を見つけ勇敢に飛び込んで助けてくれるとはとても思えない。
どんどん不安が増し、約30~40分ほどでサメット島に到着。
生還できるかという緊張からかスタート前の30分の間にトイレに2回行く。
命綱となるゴーグルも念入りに洗って、着け心地確認。
そしてスタート。
この少ない人数でこの長い距離だとスタート直後のバトルもないが、近くに人がいないと不安。
迷惑にならない間隔を保ちながら、泳ぐ。
事前説明では、一つ目のブイは左から通過、二つ目以降からのブイは右から通過するはずだったが、二つ目、三つ目から周りの人達は一つ先のブイも見計らってショートカットしている事に気付く。
確かにブイの位置も適当だろうし、 ブイも波で流されている可能性もある。
ブイの左から通過を律儀にまわって大回りするより、最短距離を進むのが生き延びる術たろう。
中程くらいからまわりに人がまばらとなる。
50mくらい右にも人がいるし、50mくらい左にも人がいる。
どちらを信じていいのか分からない。
とりあえずブイを信じて泳ぐ。
時々ピリッとしびれる様な刺激があったり、チクチクと痛かゆさを感じることがある。
きっと得体のしれない生物が潜んでいるのだろう。
右側でしか息継ぎができないので、あごひげが首と擦れ痛くなる。
そのうち血が流され、人喰いサメなどがその血をかぎつけ、自分の喉に噛み付いてくるのではと恐怖に怯える。
ようやく海岸が見えるがゴール地点がどの辺りか思い出せない。
そして目印のブイが見当たらない。
立ち泳ぎで見渡すもまわりに人もいないし焦る。
50mくらい先に、参加者のスイムキャップを発見。そのキャップを目印に泳ぐもあまりに小さすぎる。
少し泳いでまた前方確認すると見失ってしまっている。
しばらく自分の感覚で。だけど方向音痴だしその感覚も不安。
ようやくずっと左にゴール地点が確認。
まだ先だがゴールが見えればひとまず安心
やっとで脚がつくところになり久しぶりに大地を踏みしめる喜びを感じる。
131208-01b.jpg

フルマラソン完走後のメンバーの応援もあり、当然日本人メンバーのなかでは1番と思っていたのにO林氏が5~6分先行しているとの衝撃の事実を聞かされる。
泳力にそんな差はないはずなのに何故5~6分も…。
かなり遠回りしていたのか?O林氏のスイムのスタミナが半端ないのか?疲れた頭と体では状況がなかなか呑み込めない。
おまけと考えていたバイク、ランもゆっくりできない状況になってしまった。
でも5~6分をバイクとランで追いつくには距離が短すぎる。
そしてたしかに5~6分差で折り返してくるo林さんとの距離も縮まらない。
完敗でした。。。【記録;3時間14分36秒】
131208-02b.jpg
【来年は立場逆転したい。。。】

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ