緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Bangkok Dash (長め)
大会会場へ向かう車からは真っ赤な朝日がみえる。
雨の心配はなくなったものの、暑さを予想させられる。
バンプーゴルフ場で行われる恒例のトライアスロン。
今回はオリンピックディスタンスに近いswim 800m bike 40km run 10km。
最近参加していたのは、この半分くらいの距離だったので、オリンピックディスタンスがすごい長い距離のように思える。

swimは最初のグループから1時間後の8時30分スタート組で、40秒後の最後尾。
同じコースで10秒前、20秒前の人が参加していないようで、前とも30秒間隔が空いている。
自分のペースで楽に泳げるはず。
しかし前の二人が予想以上に速い。
だんだん差が縮まってきて、500m過ぎには周回遅れとなる100m以上差をつけられる屈辱を味わされる。
131027-10.jpg
『100m近く差をつけられ追い抜かれる瞬間。。。』
【swim 16'16"】
つづけてバイク。
5kmの周回コースを8周。
この距離になるとバイクの性能が出てくる様に思えて仕方ない。
高級TTバイクにどんどん追い抜かされ凹む。
しかも最近バイクの練習もしていないし,
バイクに乗るのは3週間前の大会以来なので、40kmがすごく長く感じた。
131027-09.jpg
131027-01.jpg

【bike 1:16'56"】
そしてラン。
脚が重い。
そして暑い。
km5分ペースで走るのが精一杯か?
だけど走っているうちに脚も動くようになる。
皆がやっている様、ウェアと背中にスポンジを挟んでみた。
少しづつ水が流れ背中をつたい、常時冷やしてくれる。
これは良い術を発見できた。
131027-06.jpg

だんだん調子があがり、ラスト1周2.5kmもペースをあげる。
だけど卸したてのシューズで靴擦れが痛い。
前日の36km走で慣らし、かなり良い印象だったが、
裸足のまま走るとつま先が滑る。
そして親指が靴の縫い目に引っかかり擦れる。
終盤痛みを我慢しながらフィニッシュ。
131027-08.jpg
『靴擦れの痛みを堪えながらのラストスパート』
【run 45'05"】
タイムは期待できないと思ったが、
【Finish time 2:18'17"】
同じコースでの自己ベストと比べたら4分ほど更新している。。。
スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

Walk & Run for Social Care
深夜スタートのメジャーなアマリミッドナイトランは避け、翌朝のマイナーなルンピニ開催の大会に出ることにした。
その意図は、速い人達がメジャー大会に参加している隙に、こっそり入賞を狙う作戦。
しかし会場について年代別が16~39と幅広い事に気付く。
39歳のオッサンが、どうやって10代、20代の若者に勝てというのか…。
しかも物好きの走り屋達は、アマリだけでは物足りないのか、大会会場をハシゴしてやって来ている。
その中には70歳をとっくにこえている走誘会K並氏の姿も。
何の為に走られているのか?健康の為?いや絶対体に悪いだろうなどと、しばらく考えてみたが諦めた。
深夜のアマリはいつも以上の込み合いだったようだが、この大会のほうは参加者200人ほど。
当日受付できて参加賞Tシャツも 残っていて、しかも久しぶりにサイズを聞かれた。
(いつもは余っていても特大サイズ。)
内心はTシャツなくなり、参加費300バーツが100バーツにまけてくれるほうが嬉しいのだが。
ルンピニ公園内スタート。邪魔な反政府集会のテント集団を回避するコースで外にでる。
レース感が鈍っているのか、半分くらいは走っただろうと思ってもまだ4kmの表示。
あれ~遅くない?と腕時計をみると00分00秒のまま。
ストップウォッチも押し忘れている。
この大会規模で都会のコースは危険。
交通整理なども行われず、ほとんど放置状態。
前後のランナーの距離が開き、大きな交差点では車が優先。
待ち時間3分といった長いバンコクの信号をレース中立ち止まって待つわけにもいかず
車の位置と安全を自ら確認しながら、必死の覚悟で飛び出さなければならない。
クラクションを鳴らされながらも、無事大きな交差点はわたり切れた。
前のランナーははるか遠く、後ろからのランナーの気配もない。
張り合いもなく、ゴール傍の掲示板で46分40秒。
GPSデータによれば、11.4kmらしいのでキロ4分弱のペースか。
入賞札は残っていなかったが、主催者側の知人から年代別6位と言われた。
はたして入賞圏外は皆6位というサービストークなのだろうか…。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

Bangkok Dash Transition Challenge
今回のバンコクダッシュはトランジションチャレンジということで、短い距離の3種目を3回行う。
順番はラン1.5km→バイク10km→スイム200m→バイク10km→スイム200m→ラン1.5km→スイム200m→バイク10km→ラン1.5km。
ん~順番覚えられる自信がない…。
でも受付で腕にRBS BSR SBRと順番をマーキングしてくれ一安心。
今日の課題はトランジションの練習。
トランジションエリアを休憩の場とするのではなく、駆け抜けてやる!
この恰好の場に、何とか嫁の目を盗んで新兵器を投入できた。
それはトライアスロン用バイクシューズ。
大きなベルクロがひとつで、開口部が大きく足を入れやすい。
そして踵部分に指をひっかける輪がある。
シューズを最初からペダルにつけてバイクに乗ってからシューズを履くことができる。
そしてネットで調べたところ、靴が地面に引きずらない様クランクを水平にする為シューズとバイクを輪ゴムで止めておく裏技があるらしい。
前日公園で自転車の乗り降りの練習もした。
20131006-00.jpg

いつもの時間差でスイムスタートするのではなく、ランから始まるので皆一斉にスタート。
20131006-01.jpg

最初の種目なのと1.5kmと短いので、一気に心拍数をあげ飛ばす。
それでも得意のランなのに前には数人が走る。
最初は先頭を走ろうかと一瞬思ったが、どんどん離されてる結果となり格好悪いことしなくて良かった。
20131006-02.jpg
【先頭集団の10mほど後方に…】
20131006-03.jpg
【第2集団。後ろから足音バンバン聞こえる(^_^;)】
距離が短いから楽だろうと思っていたが、インターバル走のような辛さがあるのでは?と恐怖を抱き始める。
そしてバイク。
20131006-05.jpg
ヘルメットをかぶるのにもたついたが、バイクシューズを履く時間はかなり短縮できた感じがある。
漕ぎ出すと、輪ゴムがプチと切れて心地良い音を立てる。
ある程度スピードにのってから靴に足をいれベルクロを止めるだけ。そんな難しいことはなかった。
あと注意するのは降りるとき。
靴を脱ぎ始めるタイミングが遅ければ、降車位置を通り過ぎてしまうことや、最悪コケるという辱めを受けることになる。
十分残り距離に余裕を持って靴を脱ぎ、靴の上に足をのせペダリングすることでクリア。
20131006-04.jpg
【降車、カッコ悪い _| ̄|○ 】
20131006-07tri.jpg20131006-08tri.jpg
【さすがバイク屋の店長。バイクも格好良いが降車も華麗に決まってる】
続けてスイム。200mはあっという間。
ランとバイクのあとのスイムはアイシング効果か気持ちよい。
最近あまり泳いでいないのと、水が濁って距離感をつかめない為、プールサイドへ踵落としの危険があるクイックターンは封印。
意気込むことなく、クールダウンといった感じで泳ぐ。
そしてバイクへのトランジション。
ここでランニングシューズに履き替える人が多いことに気づく。
ん?種目の順番間違えたかと一瞬戸惑ったが
バイクとランのシューズを共用して、時間短縮する作戦らしい。
そしてまたまたスイム。
ゴーグル忘れには気をつけていたがゼッケンベルトは眼中になかった。
ちょうど前を行く人が同じ間違いをして戻ってきたので、数メートルで運よく気づいてゼッケンベルトを外す。
そしてラン。
20131006-06b.jpg
【後で気づいたがサングラスつけるの忘れてたな~。】
ラスト1セット。
ここからはいつものトライアスロンの順番なので分かりやすい。
トランジションで大きなミスすることなく最後のランまで調子良く走れた。
総合13位(男性12位) の1時間37分42秒。
速かったのか?遅かったのか?タイムや順位はまったく気にならないほど、苦手のトランジション練習に満足。
特にトライアスロン専用シューズで数秒は短縮できそうと今後のレースに期待が膨らんだ。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ