緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Run for Children 2013
不甲斐ない結果のRiver kwaiハーフマラソンから1週間。
翌日にでも走り直したいほどの後悔があるのに、次の勝負レースも決められず走る気力が沸かない。
それに月末まで土日仕事予定で大会参加はあきらめざるを得ずモチベーションが下がっていた。
その週末の仕事が土曜で片付いたので急遽ラマ9世公園の大会参加。
先週の大会と仕事の鬱憤を晴らす!!
目指すは近年ラマ9世公園の大会で達成できていない40分切り。
スタート直後から息があがるし体が固く感じる。
やっぱり年齢的なスピードの衰えか、先週のハーフは今の実力通りの結果か…と落胆しながら1kmの表示で時計をみると3分30秒ほど。
あれ?速い。
どおりで息があがるはずだ。
いつものラマ9世公園大会コースでの右折場所をそのまま直進して、湖をまわる稀なコース。
タイムが過去のデータと比較できないのが残念。
折り返しが19分22秒。
40分切りまで30秒ほど貯金がある。
これから、どこまで粘れるか…。
そこで感じたのが腹筋の重要性。
これは週一でやってるトライアスロン道場でのK師範からの教え。
40歳過ぎたら腹筋を鍛えるのは必須らしい。
その回数が自分の想像していた数とは一桁違っていたが、
ここ1週間なるべく毎日、腹筋を課すことにしていた。
なるほど、後半疲れてくるほど、ほど良い筋肉痛が残る腹筋に負荷がかかってくることがわかる。
体のぶれを抑え、脚をあげ前に動かすのも腹筋が重要と再認識。
これからも日課とし、いつかは腹筋を割りたい。
そして最終盤、慣れ親しんだ公園内に戻る。
苦しいがまだ脚は動くし、残り1kmで40分切りまで残り4分30秒ほど。
そして最後の力を振り絞り、久しぶりの39分26秒。
先週の憂さ晴らしとまだ衰えていなかった走力に希望が持てた。
そして会場にてバンコクマラソンに申し込み。
(この日から1200バーツに申込料上がってしまっていたが…)
次の勝負レースとする。
目指すは久しぶりのサブ3.5。
20130921-02B.jpg
20130921-01B.jpg



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

River Kwai Half Marathon 2013
「なんでだろ~。なんでだろう~。なんでだ、なんでだろう~」
とレース直後からテツandトモの歌が頭を離れない。

RIVER KWAI インターナショナルハーフマラソン。
結果は後半の失速で惨敗。
その失速の原因を探るも、なかなか答えを導き出せない。
あえて言うなら前日のロードバイクでの100kmロングライドだったのだろうか…。
でも100kmライドと言ったら、ハーフマラソンくらいの負荷だろうし、
(しかも折り返しで温泉に入って休んでいるし…)
トライアスロンのアイアンマンレースでは180kmバイクの後にフルマラソンを続ける訳だし、
言い訳にはならない。

それに当日朝も、筋肉痛はなかった。
筋肉痛が翌日すぐに出るような若さではないのだが…。
ちょうど良く筋肉に張りがあって、今までの経験上ランには良い兆候だ。
睡眠、食事、トイレなどの準備も問題なし。
心拍機能も前日息が上がるほど追い込んだので、呼吸も楽なはず。
最近の練習も調子が良かったので、できれば1時間30分切りを目指す。
スタート位置もかなり前を陣取り、おかげでいいスタートができた。
20130915-01.jpg

上り坂が多い序盤も、キロ4分15秒くらいで押せる。
それでいて無理してないか、後半ペースアップできるか冷静に自問しらがら距離を重ねる。
どんどん距離が進んで調子は悪くない。
今までの経験から前半の折り返しタイムが46分台ならば下りが主体の後半で、2~3分短縮できて1時間30分切りが可能。
47分13秒で折り返す。
悪くないタイム。まだ1時間30分切り狙える。

後半は下り主体。
ところがスピードにのれるはずが、のれない。
下りで着地の衝撃が、前日使い切った太ももに影響してくる。
またロードバイクの未熟な姿勢で腰の疲労もあり、ランニングフォームが維持できない。
呼吸もフルマラソンでばてた時のように息切れ。
時々酸欠状態のように頭がぼ~として、腕もしびれてくる。
あ、これ駄目、駄目パターンだ。
下りでスピードに乗っているランナーに何人にも追い抜かれる。
20130915-07B.jpg
20130915-02B.jpg
【走遊会のY氏、E氏も容赦なく追い抜いていく。。。】
涼しいはずなのに、頭から水をかぶらないといけないほど感じた暑さか?
給水のたびに水を取ったが、それでも感じた喉の渇きか?
朝食もいっぱい食べたのに、エネルギー切れか?
約1ヶ月ぶりのマラソンレースでレース感覚が鈍ってたのか?
もう1時間30分前後で走れる若さではないのか?
やっぱり前日の自転車か…。
たぶん自転車なのだろう…。
来年、自転車は家に置いてこよう。
【結果】
1時間36分42秒。。。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

温泉ライド
翌日、勝負レースのRIVER KWAI ハーフマラソンが控えているにも関わらず、ロードバイクでロングライドを敢行。
スタート地点から更に北上すれば、戦時中に日本軍が掘り当てたという天然温泉がある。
事前にGoogle Mapで調べたところマラソンのスタート地点から50km弱。
ロードバイクで走ればいい練習になる距離だし、何より練習中の温泉は格別だろう。
スタート地点、正午スタートということもあり暑い。
2013-09-14-1.jpg
【ハーフマラソン会場からスタート!】

最初10kmはハーフマラソンコースの為、路面には距離表示されている。
その表示が自分のサイクルコンピュータとほぼ同じ。
さすがインターナショナルで歴史が長い大会とあってしっかりしている。
序盤の十数キロは上りが大半。
そこからはたぶん下り坂だったのだろう。
時速40km近くで走れる。
側道が広い、交通量が少ない、景色がいいなどで時々雄叫びをあげるくらいコースは良い。
途中雨に降られたが涼しくて良い。
また天気の移り変わりを直接肌で感じるのも自転車旅の醍醐味。
何より雨で濡れた体を温めてくれる温泉が待っている。
Google Mapで下調べしていた距離とほぼ同じ52kmで温泉に到着。
2013-09-14-2.jpg
2013-09-14-3.jpg


外国人40バーツと書いてあるが、受付で言われたのはタイ人料金の10バーツ。
タイ人と思われたのか、あるいは泥だらけでびしょぬれの格好で可愛そうに思われたのか。
遠慮なく10バーツでバイクパンツのまま入浴。
至福のひととき。
体が熱くなったら側を流れる川に使って冷やすことを繰り返すことによって血行がよくなるのがわかる。
しかしいつまでもここにとどまる事はできない。
日が落ちるまでには戻らないと…。
バイクジャージも洗って、乾くであろうと濡れたまま着て帰途につく。
温泉の効力は約5kmで消えた。
復路は上り主体で約20kmほどしかスピードが出ないし、かなり息がゼイゼイ。
サングラスの水は時折の雨か、汗か、涙か分からない。
来るんじゃなかったと自己嫌悪しても、スタート地点まで戻らなければならない。
2013-09-14-4.jpg
【走行距離80km付近で休憩。バイクはドロドロ。身と心はボロボロ。。。】
ようやくハーフマラソンの後半コースまで辿り着き、下りの惰性で何とか生還できた感じだった。

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ