緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



ホアヒントライアスロン 2013
昨年に続けて2回目のホアヒントライアスロンに参加。
最も重要視して楽しみにしている大会…にも関わらず、3日前に風邪の症状が現れる。
喉の痛み、鼻水、だるさ、熱っぽい。
睡眠をとるたびに快方に向かって大会当日はほとんど良くなったが、不安を抱えての参加となってしまった。
朝5時半頃、会場に着きマーキング。
マーキング後、大会用スイムキャップを忘れてしまったことで、ホテルへ取りに戻る。
再び、バイクのトランジションエリアに戻り、1週間前の大会から空気入れていない事や路面状況が最悪な事の不安がよぎり、慌しく空気入れ。
それでもスタート前に試し泳ぎする時間は十分にあった。
今回のスイムは昨年の海ではなく湖。
タイの湖で思い浮かぶのはルンピニ公園の湖で、多数のオオトカゲが生息している汚く怖いイメージ。
しかしスイム会場の湖は、上空からワイヤーで引っ張られながら水上スキーやボートで飛び跳ねるおしゃれでハイソなスポーツが行われていてルンピニの湖のイメージは払拭された。
20130825-01.jpg
【スイム会場】

試し泳ぎをした時も結構透き通っている感じもした。
それでも日本からの参加者からはこんな透明度のない水で泳ぐのは初めてという声が聞こえたが、チャオプラヤ河を泳いだ自分にとって水質のコンディションは格段に良く、飲んでも平気と思える。
約300人が池の中に入っての一斉スタート。
20130825-04.jpg
【約300人がスタート】

脚がつかないので、いい場所を確保しようとすると立ち泳ぎで待ってなければならず、余計な体力をつかう。
序盤は息継ぎ時に前方を向きライン確認しながら泳ぐもやはりぶつかったり、ぶつけられたりこれは仕方ない。
気づけば、隣にはなぜかチームのO林氏が。
左利きで左側で呼吸するO氏とは息継ぎの度にかなり接近して顔を見合わせ、気まずい。
そのうちO林氏がラインを変えたのか、視界から見えなくなった。
半周くらいすると、もう先頭集団とは随分離されているのはわかるが、自分のラインを邪魔されず思い切り泳げる。
なかなか良いスイムコース。来年も是非ここでと思えた。
しかし次に待ち受けるは、正気かと思えるバイクコース。
前日チームの仲間と試走したコースの一部と思われる道にはアップダウンのうえ数々の穴。
20130825-02.jpg 20130825-03.jpg
【試走時の路面状況…(泣)】

この穴を避けるためハンドル捌きとブレーキ操作に必死で、とてもDHバーを握る勇気はない。
軽量化の為、前日に外して挑む。

風邪の影響はまったくなく調子良くスイムを終え、バイクへのトランジション。
20130825-05.jpg

まだまだバイクが沢山残っていて優越感を味わう。
しかし、バイクにまたがって漕ぎはじめるとバイクがかなりガタガタする。
路面の影響かと思うも、路面が良さそうな場所へ移っても振動が止らない。
ひょっとしてパンク。
一気に血の気がひいた。
とりあえず停車できそうな場所で恐る恐るタイヤを触るとプニョプニョと悲しい感触。
終わった…。
でも単純に注入口の栓の閉め忘れで、空気が抜けただけかも知れない。
それならば2、3分のロスでの復帰が可能。
急いでバイクを裏返し、久しぶりに使う携帯ポンプで空気を入れてみる。
空気が入る感じがない。
こうなればCO2ボンベで一気に。
と今まで使ったことのないCO2ボンベを試してみる。
無駄にしてでも練習しておけば良かった。
うまく接続されていなかった様で、繋ぎ部分から空気が漏れてあえなく不発。
傍ではすでに多くのバイクが通り過ぎている。
この場所ならまだ歩いても簡単にスタート場所まで戻れるし、あきらめてこのまま棄権するかという思いがわく。
短かったな~。今年のホアヒンと空を仰ぐ。

しかし来年に向けても、過酷と噂されるバイクコースを体験しなければ悔いが残る。
20~30分無駄になっても走ろう。
これも経験だ。
そこでバイクを押して戻って、メカニックサービスで空気入れなおして完璧な状態で再出発するか、ここで自分でチューブ交換し携帯ポンプでの応急措置で不安を抱えながら再出発するかのの二者選択。
開き直ろうと思っても、たぶん冷静な判断ができていなかったのだろう。
スタート地点への1kmほど走ってもどるのが、永遠のように時間がかかると思い、その場でチューブを取り出し交換を始める。
が久しぶりのチューブ交換で慣れていないのと、パニックになっているので想像以上にもたつく。
たぶんスタート地点に戻ったほうが早かったと思うほど、永遠と思える時間が過ぎたがようやく交換完了。
気を取り直して再出発。

この中途半端な空気圧であの悪路を乗り越えられるか、不安を抱きながら走り始める。
だけど前日試走した穴だらけのコースではなく、違うコースに誘導される。
車のすれ違いは難しいくらい道は狭いが思ったより走りやすい路面状況。
2~3km進んで、ようやくマウンテンバイクや太った人達を追い抜きはじめる。
いつもと違い、後ろから追い抜かれる事もなく、すこしでも前を目指す。
しばらく進むと、あきらかに目線よりずいぶん高い位置で、自転車を押して歩いている人達がみえる。
これが事前に聞いていた激坂か。
ここを歩かないで上る為、後ろのスプロケットのカセットを100バーツでアルテグラ11-25Tから完成車付属105の11-28Tに戻した。
コンパクトクランク、28Tのギア、DHバー無しの軽量化、立ち漕ぎ、蛇行、飛び出す心臓を総動員して500mほどの激坂をのぼりきった。
でもその速度はそばで自転車をおして上っている人達とあまりかわらない。
無理して自転車で上る必要があったのだろうか、体力消耗が著しい。
この坂をこえるとあとは平坦で走りやすい。
DHバーを外してきたのが悔やまれる。
終盤は、ボトルの水もなくなり、暑くなってきた。
やはりあの激坂を自転車で登った疲れか、バテた。
でも携帯ポンプでいれたタイヤが持ちこたえてくれて安堵した。
20130825-06.jpg
【激坂の影響か…バイクの終盤はバテた。】

あとはランを残すのみ。
もう棄権の心配はなさそうだが、暑い。
最初の給水所でゲータレードをボトル一本一気に飲み干すほど水分も不足していた。
コース序盤は若干の上り坂、そして砂利道で走りにくくスピードが落ちて挽回の気がそがれる。
なによりパンクのロスがラン1周分ほどあって、ほぼ1周先行しているライバル達の走りを見ると惨めさで心が折れる。
そのうえ微妙なアップダウンと暑さで歩こうかと思うほど体力的にも辛かった。
20130825-07.jpg

心も体もボロボロで今年のホアヒンは終わった。
20130825-08.jpg
【最後はグリコで決めた】

【結果】
SWIM 30'17"
T1 1'19"
BIKE 1:41'06"
T2 1'12"
RUN 50'30"

TOTAL 3:04'24"
総合103位 年代別39位

20130825-09.jpg
【最後はチームの皆で。今回の写真すべてO林夫妻に撮っていただいたものを拝借。有難うございましたm(._.)m】


スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

Bangkok Dash 55
常連となりつつある短いトライアスロンレース バンコクダッシュに参加。
今年は皆勤で参加している為に、参加賞のTシャツもすべてのデザイン、カラーをGETしてしまった。
スイムの順番表をみると、自己ベスト1時間7分36秒なのに1時間5分以内で完走できる人達の最終グループに入れられて、
場違いな雰囲気を味わいながらのスイム。
最終組で最終列である2列目スタート。
10秒差でスタートしている同じレーンの前の人の足が見える距離まで差を縮めたが、プールから上がってみると、もうだれもプールにはいない。
最後尾…。
7分34秒(+10秒)
( )内は自己ベストのBangkok Dash 53
20130818-03.jpg
【上手な人はペダルにシューズをつけて裸足で走ってるが、まだそんな勇気はない…】

続けてバイク。
20130818-04.jpg
【サドルちょっと低いか…】

最後尾なのでしばらくは追い抜かれる事もない。
苦手のバイクなので、同じグループの人達を追い抜くこともない。
今回は新しいトライアスロン用サドルを投入。
前回までは後半時折立ち漕ぎを入れないと股の痛さで姿勢が維持できなかったが、
サドル効果か立ち漕ぎ入れずに20km走れた。
ボトルをとる時間が惜しいのと、姿勢が崩れスピードが落ちるのを嫌って、結局水分補給なしでバイクを終える。
38分17秒(+7秒)
20130818-02.jpg
【ほとんどのバイクがもう掛かっている…】

そしてラン。
最近マラソン大会に頻繁に出て練習できているのと、曇り空で暑くなかった為か今までより調子が良く感じる。
20130818-01.jpg

21分22秒(-40秒)

そして結果1時間7分13秒(-23秒)♂8位/83人中
自己ベスト更新できてた…。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

母の日マラソン
12日は王妃の誕生日という事で恒例のベンジャキティ公園で開かれている母の日マラソンに参加。
ただし今年は、ハーフの部が新設されていたので、もちろんハーフにエントリー。
約1ヶ月後の勝負レースのリバークエーに向け、最近こまめに大会参加しているので調子も上向きのはず。
ただ2日前のトライアスロン仲間の飲み会で、なぜか測定した体脂肪率が28.8%でメンバー最高値を記録したことが精神的ダメージが大きい。
体重増加は筋肉が増えた?との勘違いを思い知らせれる。
目標は、4分15秒ペースの維持で1時間30分くらい。
ハーフといっても10.5kmのコースを2周で10.5kmとのスタート時差は45分。
10.5kmの部がスタートする前に2周目に入らねば、人込みに紛れてしまう。
キロ4分30秒を下回るペースで走らなければならず、このちょっぴり厳しい関門にも気をつけなければならない。
スタート位置は、最前列を確保できた。
あとはタイではよくあるスタート時間の遅れで10.5km組との時差が削られないことを祈るのみ。
ラマ9世公園等の大会で場数を踏んでいるJog & Joy が豪華スポンサーの支援をうけてレース運営に当たっている為、ほぼ定刻の5時15分スタート。
想定したとおりケニア人が追い抜いて、どんどん薄暗さに紛れて消えていく。
その走りに触発されてか、ハイペースで入ってしまった。
2km通過がほぼ8分で、4分ペース。
そんなペースでも実力のあるランナーが追い抜いていく。
しかも呼吸と足音が全然違う。
5kmほどで、もう4分15秒ペースは維持できていなかっただろう。
2周目を走りきれるか体力勝負の我慢の走りになってしまった。
ラマ4通りにでると皆、立体交差の陸橋をのぼっていることに驚く。
去年まではひたすら平地を走っていたのに…。
交差点での交通整理、陸橋のアップダウンでコースに変化をつけるという事でこちらのほうが良いのだろうが、
坂の上り下りすることは全く考えていなかったので、突然の仕打ちに正直心が折れそうになる。
いままであまり気にせず走れてた体重が上りでいっきに重力の影響を受ける。
この体重を前へ運ぶ筋力も備わっていない。
一気に心拍数があがり、疲労が増す。
その分下りで速くなるかというと、着地時に重い体重を支えなければならない為、膝への負担が大きそうでビビッて突っ込めない。
そんなアップダウンを2回繰り返し、1周目44分台。
この段階でハーフ90分は無理だと悟ってしまった。
横目でスタート場所をみると10.5kmの部はまだスタートしていない。
とりあえず人込みを避けて走る体力の消耗は避けられ安堵。
走る前は2周目からペースアップという妄想を抱いていたが、現実はペースダウンを抑える我慢の走り。
ふたたびスクンビット通りに出て、MBKをまっすぐ目指すが、1周目とコース変えた?と思うほど長く感じる。
結局、ペースアップすることなく我慢の走りが続いて、1時間31分31秒で30歳台男子9位。
結果
1時間30分切りを目指すリバークエーに向けて課題が山積みすぎる。。。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

バンコクポスト10kmインターナショナル(だったんだ…)ラン
次の勝負レースを9月15日リバークエーハーフとすると、そろそろ週一くらいでスピード練習を取り組みたい。
だけど一人でスピード練習するほど強くない。
ならば大会参加に積極的にならねばならない。
たまたま先週の会場でこの大会を受付てたので、参加費を払って申込みを済ます。
コースがバンコクど真ん中、スポンサーが豪華なので、当日受付が出来ない可能性は十分考えられる。
案の定2,3日前には定員オーバーの情報が流れた。
貰った要項を読むと、ミニマラソンでは珍しい朝5時半スタート。
そして距離は10.7km。
この0.7kmという端数な距離表示がタイらしくなく正確そう。
11kmあると思って走らなければ、最後で力尽きてしまう。
運良く定員までに受付済み、いつもとは違うスタート時間と距離を事前に把握でき、順調にスタートすることになった。
また今回の課題のひとつ。
スタート好位置の確保。
エアロビクスが行われる傍ら数分前からスタート付近に並んでいた為、前線から10列目以内は確保できた。
スタート後も先週のラマ9世公園と比べて道幅が広く、さほど追い抜きには苦労しない。
ここまでは順調だったが…。
走り出すと最大限酸素を取り入れたいのに、時折のバス、トラックの排気ガス、回収前のゴミの悪臭などが否応なしに一緒に入ってくる。
後半は5kmのマラニック組と合流し、人を掻き分けての給水、外側から追い抜こうとすると、傍をバスが通過していく。
できれば都会?のコースは走りたくない。
スピード練習だから多少我慢しなければならないが、そのスピードも出ない。
キロ4分弱ペースとして44分台目標としていたが、結果45分18秒。
調子がよければ勝てる総合1位の女性はすでにゴール後の記念写真をとっていた。
男女の総合1位は賞金1万バーツ出るので本気を出していたのだろう。
今回も先週に引き続きチップ計測。
http://results.championchip-thailand.com/bkp2013/show.asp

総合26位/1695人中。
年代別では12位。
思ったより前に人が少なかった。
たぶんタイの強者ランナーはもっと環境の良いコースを走っていたのだろう。

そしてスピード重視で走ってもキロ4分15秒くらいのペースが精一杯。
12日のハーフはこれくらいのペースで完走目指していたのに、無理だろう。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ