緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



体重別大会
毎年パタヤマラソンの1週間後に開かれるラマ9世公園での体重別大会に参加。
そして毎年の様に 60-67kg級か68-74kg級かのどちらに参加するか悩んでいる。
朝体重計にのると67kg。
これで60-67kgに参加するのは不利だ。
当日受付を済ませ、ゼッケンを受け取る時、チップが無くてもよいか?と聞かれる。
チップ???
2、3年前はチップ測定なんて思いもしないほど小規模で入賞の可能性が高い大会だったが、
今年はチップ計測を導入している。
そしてオンラインでも登録できるようになったらしく、事前登録している人がかなり多い。
タイの大会も最近当日受付は、参加賞のTシャツが無くなるなど厳しくなりつつある。
更には、60-67kgのグループのゼッケンがなくなり、68-74kg級のゼッケンが渡される。
チップ無しのうえ違うグループのゼッケンって入賞資格なくなるの?と心配になる。
アナウンスではチップ無しでも人為的計測もするとのことだが、自分のように違うグループのゼッケンをつけている人が沢山いる中そんな事は可能だろうか?
そもそもチップのタイプが紙のゼッケンに張り付いているタイプで、本当に計測できるのか疑わしい。
アナウンスを信じて、もし68級で入賞となったら、水や食べ物をとって体重を増やそうとたくらむ。
しかし、あくまでもこの大会の参加目的は入賞ではなくスピード練習。
心臓が飛び出すほど追い込みたい。
でもスタートの位置が中ほど。
スタートの合図がなっても、歩き出してのスタートとなってしまった。
外側から大回り、時にはジグザグで追い抜いていくが余計な体力を使ったのか、2kmほどで苦しい。
果たして10km持つのか…。
折り返しでは、体格のよい白人二人がトップ争い。どちらも60kg超え。
60kg級では入賞難しそうだろうが、68kg級ではどうだろう?
わずかな入賞の望みを残して、気力を維持。
先週フルマラソンを走っているせいか、思ったより心拍機能は持続できている。
体重をおとせばもっと軽快なスピードで走れそうなのだが、それは今後の課題とする。
それでも追い抜かれることは少なく前との距離もじわじわ縮まっていく。
そんな中、久しぶりにかつてのライバルを見つける。
残り3kmを併走。
彼も自分の存在に気づいて、ペースをあわせてくる。
苦しく会話できる状態ではないが、声を掛け合わなくても、お互いの調子など確かめあったり、暗黙に励ましあったりする感じが心地よい。
残り1kmでラストの追い込みの合図として呼吸のリズムを変える。
彼もついてくる。
そんな感じで先行するランナー一人を二人で左右から追い抜く。
それに触発されたのか、追い抜いたランナーが再びペースアップし前にでる。
自分だけ、この争いには付いていけず随分離されて40分43秒でゴール。
そしてゴールした時には60kg級、68kg級までも入賞枠もすでに埋まっており、結局入賞はいらない心配だった。

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

パタヤマラソン2013
暑い、コースが難しいなどの不満を持ちながらも気づけば今年で7年連続の参加になった。
毎年1月のフルマラソンからパタヤマラソンまで間が空く。
この間にだらけず練習していれば、これからのマラソンシーズンに期待できるのだが、
いつしかパタヤマラソンは練習不足を痛感させられる場になり、切羽詰った状況であることを自覚する場になってしまった。
(この時期から練習しても、減量しても遅いことは気づいているのだが…)
ここ3ヶ月は月間150kmも届かない練習量、そしてここ1週間は飲み続きでまったく走っていない。
一番の不安は長い距離を走っていなく、ペース感覚や脚がどこまで持つのか全く見当もつかないこと。
去年は久しぶりに4時間超えした苦い大会で、最低限サブ4は達成したい。
恐らく苦しさと孤独との戦いになるだろうと、今まで邪道と考えていた音楽を聞きながら走ることにした。
音楽を聴きながらだと、まわりのペースに紛らわされることなく自分のペースで走れる。
苦しい息遣いや、重い足音も聞こえない。
案外いいかも知れない。
10km通過が、47分15秒。
たしかキロ5分で走りきれば3時間30分だからサブ3.5できるじゃない?と楽観視する。
10km~20kmで50分22秒で1時間37分37秒。
まだ5分ペース維持できてることで、練習量少なくてもそこそこ走れる。
今日の自分は一味違うのではと錯覚。
そんな儚い夢から覚め、厳しい現実が待っていた。
去年と同じ様に後半スピードが上がらなくなる。
20km~30kmで1時間00分40秒。2時間38分経過。
このときはすでに目標をサブ4、そして歩かず完走と下方修正。
BGMはX Japanに変ったが、もはや早いテンポについていくことは酷。
最近推しのももクロで元気を分けてもらうことにする、
曇りのジョムティエンビーチの天候にも恵まれ、歩かず3時間55分10秒で完走。
でも終盤の涼しさや音楽がなかったらサブ4は無理だっただろう。。。
20130721-02.jpg
【ゴール前。もう脚は上がらず…。】
20130721-01.jpg
【来年こそは練習してのぞみたい。】

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

バンコクトライアスロン 2013
トライアスロンデビュー戦となったバンコクトライアスロン2012から1年。
この間に何度かトライアスロン参加で味わっていた直前のワクワク感が少ない。
それはあのチャオプラヤ川を泳がなければならない憂鬱さからだろう。

2週間前のバンコクダッシュ(短い距離のトライアスロン)で不甲斐ないタイムだったので、
この2週間は珍しく節酒して調整。すべては大会後のおいしいお酒を飲むために。

まだ夜明けでチャオプラヤ川の水の色が見えない朝5時30分、フェリーに乗せられスタート地点まで送られる。
まるで強制収容所に送られる気分だ。
フェリー上では、英語でスタート順など説明されるが、スタート前の高調で皆ざわついておりほとんど聞き取れない。
スタート地点、川沿いのホテルのベランダからも人がみている。
きっと鉄人というよりは変人としてみているのだろう。
大会開催の風船が放たれ、その華やかさとは逆に選手達は汚水のなかに入る。
皆が水に入ったかどうかのタイミングで傍のスピードボードのオッサンがGo!Go!Go!と叫び、皆拍子抜けで泳ぎだす。
せめてカウントダウンや笛とかで合図がほしかった。
いったいフェリーの上のスタート順の説明は何だったのか、イメージしていたコース取りも出来ず、人込みに紛れ込んで泳ぐことになる。
波、人とぶつかりながら気をつけていてもやはり息継ぎの瞬間水を飲んでしまった気がする。
自分のペースができるまで1kmくらい要した感じだ。
でもチャオプラヤ川2回目で慣れたのか、去年感じた水質ほど悪くない気がした。
スイムのフィニッシュ場所が見えると、寂しい気分にさえなる。
バイクへのトランジション。
乗車位置で慎重にクリートをはめる自分に対し、周りは乗ってからシューズを履く。
早くこの技術をマスターせねば。。
バイクコースはバンコクマラソンでお馴染みの高架道路をほぼ2周。
バイクで成長を感じたいものの、去年と同じ様にTTバイク、ディープリム、エイリアンのようなヘルメットそしてごつい太ももの人達に次元の違う速さでごぼう抜きされる。
バイクパートはちょっと長めの55km。
2週間前に肉薄していたチームのO氏との差が気になる。
スイムで先行されて前を走っていたら追いつけるだろうかと思ったが、自分が先に折り返してからしばらくしてO氏をみつけた。
2周目。
じわりじわりと脚力と体力が減っていく。
1周目とくらべ、速度も時速で1~2キロ落ちた感じだ。
フロントギアの外側で走っていたが、辛くなり内側の軽いギアで走ることになった。
2周目でも相変わらず次元の違う人達に追い抜かれる。
同時に高級バイクとホイールに憧れが強くなる。
2周目の折り返し。
またO氏との差を確認する。
1周目より差が開いていたので、もう負けることはないだろうと確信。
でも去年よりはましだと思うが、今年もばてている。
これだけ長い距離だと、尻も痛くなりもっと長い距離を走らないと…と感じた。

そしてランのトランジション。
サンバイザーをかばんから出し忘れていた。
無しで走ろうかと思ったが、だんだん暑くなってきているのでリスクが高い。
少しのロスは仕方ないと、ちょっと離れた場所に置いていたカバンの中をごそごそと探し走り出す。
昨年とランのコースは若干異なり、ラマ8世橋を渡る。
橋への上りがあり、きついしバイク後のランでスピードがかなり落ちている。
力強く軽快に走りたいが、まるでフル後半のような感じのペース。
でも橋の景観や応援、メンバーとのすれ違い際の励ましなど、このバンコクトライアスロンいい大会なのかもと思えてきた。
チャオプラヤ川の水質の話題性、バイクコースの道路コンディションの良さなど特徴もある。
数年後には泳ぎたくてもチャオプラヤ川を泳げないほど人気の大会になっているかもしれない。
そして2周目も終わりフィニッシュラインが見える。
運営スタッフが、ゴールテープを持って待っている粋な演出。
ゴールテープを両手で掲げてのフィニッシュとカッコよく決めたい。
が、隣から足音も聞こえる。
何とかダッシュで先にゴールし、ゴールテープを持ち上げるつもりが滑りおちよく分からないカッコ悪いフィニッシュとなった。
おまけにゴール後わずかな段差でつまづきそうになる。
でもよい経験。
チームの隊長K氏の話では、わざとこのポーズのためにわざと前後の間隔をあけるらしい。
晴れ舞台では、ぜひ成功させたい。
そして結果

swim 26'25"(34位)
去年 23'46"(51位) とタイムが落ちている。
でも上位陣も去年のタイム比で2~3分落ちているので、スタート位置が少し変ったか、川の流れが遅かったか、おそらくあのダラダラスタートのせいだろう。

swim-bike 1'37"
昨年2'03"と26秒短縮。
更に縮める為には、トライアスロン用バイクシューズを買って、ペダルにシューズをつけたまま乗車する技を身に付けなければ。

bike 1:38'38"(85位)
去年1:42'32"と3'54"短縮しているが順位変らず85位(参加人数が100人ほど増えたからだろう)
相変わらずバイクがネック。願わくばお金でタイムを買いたい。

bike-run 1'19"
去年1'38"で19秒短縮したが、サンバイザーをちゃんと準備していればあと10秒ほど短縮できたのではと悔やまれる。

run 44'48"(26位)
去年47'38"(12位)でこちらは皆去年のタイムより2~3分速くなっている感じ。
感覚としてはキロ4分30秒のペースではなかったと思うし、今年のコースは短いか。

total 2:52'47"(総合36位 30-39♂17位)
去年2:57'37(総合30位 30-39♂11位)で4分50秒の短縮。

同じ大会でも条件が違い成長を実感していいものか迷うが結果良しとし、我慢していたビールは格別だった。

20130707-9.jpg
【前日ホテルでの受付】

20130707-8.jpg
【バイク無料メンテナンスサービス バイク持ってくれば良かった…。】

20130707-7.jpg
【ブリーフィング会場】

20130707-6.jpg
【大会当日 朝】

20130707-10.jpg
【フェリーでスタート地点まで送られる】

20130707-4.jpg
【スイムはチャオプラヤ川】

20130707-3.jpg
【水質…】

20130707-2.jpg
【いちおうスイム後にはシャワー完備。出来ることならゆっくり浴びたい…。】

20130707.jpg
【ランのコース大半がラマ8世橋の上】

20130707-5.jpg
【レース後のトランジションエリア】

20130707-11.jpg
【チームのメンバーと】






テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ