緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



シンブリハーフマラソン
去年は体重増加と練習不足でとても不甲斐ないレースをした記憶が残っている。
リベンジをしたかったのかシンブリでの大会と聞くと他の大会にない意気込みがあった。
また、この日はバンコクでも10.5kmの大会があり、ランナーが分散されるはず、
それにハーフは5歳刻みのカテゴリーで入賞は7位までとの好条件が整い、入賞可能かもと期待する。
しかし会場につくと、参加賞Tシャツが無くなっていたり、すでに手書きのゼッケンだったり参加者多そうな気配。
ソンクラーン休暇などでここ最近近場で大会がなく、皆フラストレーションが溜まっての大会参加か、スタートラインに並ぶと参加人数が多いのが分かる。

カウントダウンが始まるも、数えるスピードがあきらかに遅い。
案の定6秒前ぐらいで笛が鳴り、気が抜けたスタート。
真ん中くらいに位置取りした為、1kmほど追い越しに苦労させられる。
暗闇だったが2kmほど進んでも前に100人以上は走ってそうな気配。
入賞は無理か。。。
チャオプラヤ川を超える橋のアップダウンがキツイ。
しかも6km付近で折り返しがあり、またすぐ橋を渡ることになる。
下りの勢いに乗って、50代のランナーが追い越してくる。
並走する事によって少しペースが上がり、数人追い抜く。
15km付近の折り返しで年代別順位確認。
8位か9位。
しかも7位とはかなり距離が離れている。
ペースを上げるタイミングが早かった為、最後まで持つか心配。
諦めたくなる順位だがとりあえず頑張ってみる。
遠くかすかに見える7位のランナーとの差は縮まらない。
しかし開く事もないように感じる。
相手のペースが落ちるか、自分がバテるか我慢の走り。
何となく距離が縮まっている気がした。
そして残り4km付近で追いつく。
追いついても気は抜けない。
相手に追いかける気力を与えない様、それなりのスピードと余裕をもって追い抜く。
追いかけてくる気配もない。
残り2km弱はチャオプラヤ側沿いを走る。
久しぶりに1時間30分切れそうなタイムで走れている。
しかし同じ景色が続くが、なかなかゴールまでたどり着けない。
結局1時間30分25秒。
30分切れなかったが、7位入賞には大満足。
FB20130428.jpg
【シンブリ『獅子の町』らしいいい感じのトロフィー。獲れて良かった。。。】
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

カオヤイヒルクライム第7弾
走遊会S氏の呼びかけで急遽カオヤイヒルクライムが決定。
それでもラン仲間5名が集まる。

最近の練習はトライアスロンの練習主体だった。
DHバーにより前傾姿勢のポジション練習。
しかしヒルクライムではDHバーがあると、ハンドルのフラット部を握れない、ダンシング時に邪魔となる。
それに軽量化の為、DHバーを外してのぞむ。
また長い直線を走っていた為、ギアチェンジも特に必要ない。
それでギアチェンジのタイミングなどにも不安があった。
また初めて軽量ホイール&タイヤで山登りにのぞむも、後輪側のギアを11~28だったのを11~25としている。
一番軽いギアでも以前より重くなっている為、激坂で脚を回せるか不安があった。
カオヤイの料金所からスタート地点までの坂を一番軽いギアで進むも、すでに重く感じ、ひょっとして途中で自転車を降りて歩くことになるのではと思う。

そしてスタート。
とりあえず自分が前にでる感じに。
抑えているつもりでも容赦なく呼吸が乱れる。
上りは出来るだけ状態を起こし、呼吸しやすい様に心がけ。
サイコンの速度をみるとなかなか良い感じで上れている気がする。
それでも、激坂でもう少し脚の回転を速くして上りたいと思い、ギアを軽くしようとしてもすでに一番軽いギアを使っていた事が2、3度あった。
時々後ろを振り返っても誰もついてくる感じではない。
でも目安となる10km付近のチェックポイントが31分36秒とぱっとしない。
また1時間30分を切れないのではと不安が残る。
何とか挽回しなくては、1万5千バーツで投資したホイールに申し訳ない。

残り距離を考えて、時々ダンシングを入れる。
また軽い上りや、上りから下りへの加速はこの軽量ホイールの威力が感じられた。
ギアの11~25もこのコースにはとてもあっている気がしてくる。
頻繁なギアチェンジもだんだん快感になってくる。
そして最終盤の長い下りでは、おそるおそるサイコンを見ると70kmを超えた。
そしてタイム1時間21分3秒。
ほぼベストタイムで、よっしゃ~と心の声を上げる。
この暑さの中では健闘したと思う。
いつかは夢の1時間20分切りも達成できるのではと期待が膨らんだ。
20130421-1 (8)
20130421-1 (3)


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ