緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



CPVR Long Distance
バンプーゴルフ場でのトライアスロン大会へ。
同日ラヨーンでも似たような距離の大会があってか参加人数が少ない感じ。
自分の所属チーム“バンコクスターズ”のメンバーもスイムの順番表には5名の登録はあるが、
最終的な日本人参加者は自分とトライアスロンデビュー戦に挑むO林氏の二名のみ。
CPVR Long Distanceという名目だが距離はSwim800m Bike40km Run10kmとオリンピックディスタンスほど。
しかもO林氏は、参加者少なめの為か急きょ新設されたショートの部(S400m B20k R5k)へ逃避している。
スイムは2グループに分かれての25分の時間差でスタート。
後半のグループは1~4コースがロングの部、5~8コースがショートの部と分かれる。
自分は後半で最後尾の列からのスタートとなる。
10秒差、20秒差で先行する二人を追い抜けば、コースが開けて泳ぎやすくなるはずと意気込むが…
前を泳ぐことになる二人の白人の体格違いで、すでに泳ぐ前から敗北は決定的。
20130317-050b.jpg20130317-60b.jpg
(前を泳ぐ二人。64番は総合優勝。)

追いつくどころかどんどん離される。
不思議なことにどこから来たのか分からない歩きと泳ぎを繰り返す邪魔な二人が自分のコースにいたり、先行している二人のうち一人がいつの間にかいなくなったりと不思議な現象が起こる。
そんな感じで泳いでいると先行していた一人と差が詰まってくる。
このペースで行くと周回遅れにされそうな勢い。
100m差をつけられて追い抜かれる屈辱だけは避けたいと思い頑張る。
なんとか周回遅れだけは回避できたが、自分がプールからあがる時にはほとんど泳いでいる人がいない。
置き去り感を味わいながらバイクへ。
バイクのパートに移っても、置き去り感は続き、たまにサイクリング気分の人達を拾うか、驚異的な速さで置いていかれるかで、ほとんどの時間を孤独に走る。
それで先週のDHバーの位置出しの効果を確かめる。
DHバーを握って踏ん張れる様な改善はされたが、濡れたトライスーツでサドルに座るとサドルの前倒し過ぎかお尻が前に滑ってくる。
サドルもう少し位置出しが必要だ。
尿道への圧迫は無くなったものの、裸足で履いたシューズと靴擦れしているのがわかり、そちらの痛みのほうが気になる。
今後の投資はトライアスロン用バイクシューズか?ペダルへ靴をつけたままバイクへの乗り降りをして時間も稼ぎたい。
20130317-03.jpg
いろいろ考えながら走っていると、どんどんランへのパートに移っていく人が増えている。
O林氏もその一人。
ランも元気な走りで、難なくスイム、バイクをこなした感じだ。
自分がバイクを終える頃には、すでにゴールしていて羨ましい。
20130317-07.jpg

(バイクを降りる際にO林氏に撮っていただいた写真)
これから、まだ10km走るの~としぶしぶラン。
例のごとく最初はスピード感や着地する感じなどつかめず、まだ慣れない。
そしてトライアスロンの醍醐味と思っていた暑さが、じわりじわりとやる気を喪失させる。
20130317-13.jpg

ただ周回を重ねる毎に日陰が増えてくる事に気づく。
そして1時間近くゴール付近で声援と写真を撮ってくれるO林氏にも励まされ、
ラスト1周2.5kmはペースアップしゴール。
20130317-15.jpg
20130317-16.jpg

記録はもとよりトライアスロン完走後の達成感、充実感を味わった
レース中の苦しさは忘れ、楽しさだけが残る。
20130317-19b.jpg20130317-20b.jpg

そして送られてきた記録。
総合7位という一桁の順位に喜ぶ。
が同じカテゴリーの参加者27名しかいなかった。

【結果】
スイム 15分41秒 8位
バイク 1時間18分7秒 14位
ラン 48分37秒 7位
トータル 2時間22分23秒 7位

そして昨年10月http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/blog-date-20121029.htmlの同じコースで同じ距離での記録と比較してみる。
3種目全てでタイム短縮。
トータルで5分ほど短縮!
成長してるではないか?
今度は白人並みの体をつくって更なる成長を夢みながら、
レース後のご褒美で食事とビールをたらふく満喫している駄目な自分。。。
(今回は先に完走されたo林氏のおかげで、写真が豊富。感謝!!)
スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

Khaoyai Half Marathon 2013
前日仕事で帰宅してからの準備。
マラソンの他、練習でロードバイク、会場付近で仮眠をとれる用にテントも車に積み込む。
しかし途中給油に寄ったガソリンスタンドで自分のディーゼル車にガソリンを入れられる。
燃料の入れ替えに2時間以上足止めされた。
会場に着くまでは、車が止らないか、炎上しないか冷や冷やしながらも無事たどり着く。
しかし時はすでに午前1時過ぎ。
テントを張る時間も(そんな場所も)無く、車中泊。
眠れたのは1時間も満たなかったと思う。

当日受付の最初のほうだったが、すでに参加賞のTシャツは巨大サイズしか残っていない。
参加者が多いのだろうか?参加者が多いと入賞も難しくなってくる。
でも同じ企画運営で行われたアユタヤハーフマラソンと同様、会場の華やかさ、参加賞やトロフィーの質の高さのわりに速い人達が参加していない感じがする。

スタート直後の前を走る人数でも年代別入賞の可能性はありそう。
しかし序盤抑えて走ってても呼吸が乱れがいつもより激しい。
練習不足か?
体重増えすぎか?
寝不足か?
これは中盤で終了する駄目パターンか?

しかし前には華麗な走りの女性トップ。
しかも日本人。
後ろを走るのは失礼と思い、前に出ようとするが、
最近走力が格段に上がっている感じで手強い。
追い抜き際だけ平然を振る舞い乱れる呼吸を抑える。

すでに辛いのに、何故か走っていて楽しい。
景色が良いからか?
適度なアップダウンで飽きないのか?
涼しいからか?
噂とおりの良いコースだ。
自分の名コース10選にもランクインされるだろう。

中盤、呼吸も落ち着いてくる。
スピードも落ちてきたが…。
だけど折り返して上りが終わった11km過ぎのタイミングでペースアップと内に秘める。
折り返しのランナーを数えると(一部手書きのゼッケンで判別しづらいが)年代別6、7位くらい。
後半の頑張り次第で、入賞可能?
まだ諦められない。
ペースアップ用の体力温存中、おしゃれなランニングウエアの男性に追い越される。
たしか女性トップ日本人ランナーの旦那さん?
旦那さんも速かったことに驚く。
しかも折り返しでは、後ろにぴったり奥さんが付いてきていた。
恐るべし夫婦。。。
そして11km過ぎ、下りに差し掛かるところで体のスイッチが入った。
ペースアップ。
目標はすでに100m以上離れている旦那さん。
再度並んで終盤勝負と意気込む。

2、3人のタイ人ランナーは、すぐ追い越せたが、この旦那さんとの距離が縮まらない。
同じくペースアップしている感じだ。
あっという間に残り5km。
また何人か追い抜くも、この方との差は縮まらない。
逆に少しづつ開いていく。
感心するようないいレース運び。
完敗だ~。
最後には見えなくなるほど離され、1時間31分54秒でFINISH。
年代別入賞も達成できなかったが、また来年も走りたい大会だった。
20130303-2B.jpg

レース後、ロードバイクの練習の為バイクジャージに着替える。
が眠気と疲れでやる気が出ず、車にロードバイクを積んだまま帰宅。。。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ