緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Bangkok Dash 52
昨年はトライアスロン1年目で参加することに意義があったが、2年目の今年はもう少し結果にこだわりたい。
今年最初のトライアスロンレースは、swim400m bike20km run5kmという短い距離のBangkok Dash 52。
昨年7月の自分の記録をどれだけ更新できるか楽しみ。
でもあえて昨年の同じコースでのタイムがどのくらいだったかは事前に把握せず、後のお楽しみとする。

最初のスイムは癒しのプール。
ウエーブスタートで第1グループが7時30分から10秒おき、第2グループが7時55分から、第3グループが8時15分から。
第1グループは申請タイムが遅い人達。
大抵の人が平泳ぎで時々立ち止まって休憩。中には最初から歩いて400m泳ぐ?人も。
別に泳げなくてもこの大会参加できるんだ~とオープンウォーターでは見られない光景を楽しむ。
自分の出番は第2グループで7時55分から40秒後。
つまり時間差で前には3人先行している。
スタートの課題、ストップウオッチを押し忘れない事も難なくクリア。
プールなのに水が濁っていて、前を見通せない。
時々、息継ぎの時顔を前にあげて前方確認する技もこの1年で身につけた。
100mまでに二人パス。150mで第2グループの自分のコースの先頭をパス。
第2グループで、自分のコースの先頭を泳いでいるわけで、これで前を気にすることなく泳げた。

スイム終了でバイクへのトランジション。
距離が短いので、バイクもランも靴下を履かないこと作業時間短縮。

そしてバイク。
今回は、お金で時間を買おうと軽量ホイールかつ軽量タイヤ。そしてDHバーをとりつけての参戦。
実際の速度はさておき、このTTポジションは攻めてる感じで士気があがる。
しかしまだポジションが確立されていない様で、サドルが股下に突き刺さる感じで痛い。
これでは機能不全になってしまうという不安を抱えながら走る。
20130217-1.jpg

最後のランは1.25kmの折り返しコースを2往復。
バイクの直後は最初ランの感覚がつかめないので、あの折り返しからペースアップ、2周目からペースアップ、ラスト1.25kmからとペースアップのタイミングをどんどんずらし、結局ペースアップできなかった感じがする。

距離は短いが(これくらいの距離が丁度いい)すっごい楽しかった。
そして結果…()内」は前回Bangkok Dash 50比。 
トータル 1時間8分0秒(-4分7秒)♂12位(-2)/100人中
スイム 7分48秒(-24秒)♂19位(+1)
バイク 38分18秒(-3分57秒)♂27位(-11)
ラン  21分56秒(+16秒)♂7位(+2)

バイクもう少し速くなれないかな~。
スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

第11回 DON BOSCO ミニマラソン
ここ2~3年続けてアピシット元首相も来賓するラマ9世公園でのDon Bosco Mini Marathon。
首相時は人気も高く厳戒態勢だったが、(第8回)
今年は特に騒がれる事もなく、多くの人が存在に気付かなかった人と思う。

20130210-1b.jpg

今回はトライアスロン仲間と会場に向かい、走遊会以外にも多くの日本人を見かけた。
日本での数年前からのランニング人気がタイにも押し寄せていることをひしひしと感じる。
今回の目標は40分前後。
ラマ9世公園はスタート後すぐに右折となるため込み合うが、今回はいつも以上に混んだ感じ。
一気に心拍数をmaxまで上げ巡航したいが、人に詰まったり、追い抜きの回り道をしたりで、なかなか巡航できない。
心拍数をmaxまであげず90%程度にとどめ、ラストスパートできるよう戦略修正。
スタート地点の顔ぶれで入賞は不可とは分かっていたが、それなりの位置で走りたい。
それが6km過ぎから、これまでに追い越して来たランナーに追い越される。
最初から最後まで追い抜かれないのが、理想のレース運びだが、今回は追い抜かれ始めるタイミングが早い。
すでにバテてるのか?粘れない。
この辺りから、走っててお腹に違和感を感じる。
みぞおちの奥が時々痛む。
すでにペースをあげる事ができず、池のところのコーナーや噴水の場所で後続がせまってこないか確認しながら走る。
みぞおちの奥の痛みの周期が早くなり、皮膚は火照っているが、体の奥は冷めきっている感じ。
痛む場所から推測すると胃のあたりか…。
昨晩飲みすぎてはいないし、食べ過ぎでもないし、何か変なもの食べたかな?と原因を探りながら走る。
時々吐き気も襲ってくる。
たぶんウルトラなどの内臓系からの疲労ってこんな感じなのだろう。
力が出ない。
ラストスパートはもちろん出来ず、我慢の走りで41分11秒。
ゴール後も鳥肌、吐き気はしばらく続いた。
トライアスロン仲間のゴール写真をとろうかとレース序盤考えていたが、それどころじゃなかった。
帰宅後のビール、朝食も美味しく感じず、一日微熱を感じながら寝るはめに。。。