緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Chom Bueng Marathon 2013
常夏のタイでは、涼しい中で走れる大会は12月から1月までの大会と非常に限られる。
今年は入賞にこだわり、年代別5歳刻みで10位までと、入賞資格がゆるいチョンブンの出走を早くから決めていた。
ただ年末年始をだらだらと過ごし、練習不足、体重増の不安を抱えての参加となってしまう。
自己ベストは諦めたが、昨年一度も達成出来なかった3時間30分切は気温18度の恵まれたコンディションで最低限クリアしたい。
レース展開は序盤からキロ5分を切るペースで、じわじわ貯金を増やしていく作戦。
給水をあまり必要としない。
汗があまり出ない。
そして手先が冷たい。
タイでこんなふうに感じられるのは稀で新鮮。
何となく嬉しい。この恵まれた環境で3時間30分切は余裕だろう。
最初の10kmを47分41秒で通過。キロ4分46秒ペース。
微妙な貯金。昔は4分30秒ペースで走れたのに、あの頃に戻りたい。
10~15km キロ4分51秒ペース
15~20km キロ5分07秒ペース
と貯金は増えず。。。
が、十分過ぎる給水所での子供達の手渡の水や声援で元気が貰える。
24km過ぎの折り返しを1時間57分58秒で通過。
20~24km キロ5分08秒ペース。
暗闇の為、個別のゼッケンは確認できず、総合順位で52番目。
入賞には微妙な位置だが、3時間30分切って入賞できなければ今年はレベル高かったなと諦めがつく。
残り10数キロで同じく3時間30分切を目指す走遊会メンバーS氏に軽やかに追い抜かれた。
自分も残り10キロを境にペースアップ敢行し逆転という妄想を抱いたが…
S氏はあっという間に姿が見えなくなり、意気消沈。
自分はしぶとくに3時間30分狙うしかない。
このコンディションで3時間30分切れないのは情けない。
残り10kmを2時間38分01秒で通過。
ランナーズハイの影響か24~32km キロ5分ジャスト。
このペースで貯金約2分。
32~37km キロ5分12秒ペースで、残り5kmで貯金1分。
キロ5分ペースはすでに無理だ。
あとは、どう貯金をやりくりするか?
心拍能力はまだ余裕がある感じだが、脚が重くなかなか前に運べない。
可能性はわずかにある。
それが逆に大きな負担となる。
『諦めるなら早く諦めて楽になれば?』
『3時間30分に固執することないんじゃない?』
という悪魔のささやきに素直に屈服。
37kmからキロ5分35秒ペース。
ラスト400mの表示場所で3時間30分が経過し、3時間31分55秒でFINISH。
年代別7位入賞できたが、練習不足による脚の重さと気持ちに負けて不甲斐なさが残るレースとなった。
声援を送ってくれた子供達に申し訳ない。
来年は練習、体重管理をして子供達の声援に恥じない走りをしたい。
20130120-2b.jpg

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

バーンクンティエンでの大会
うろ覚えで大会会場に向かうも、分かりづらくUターン数回。
会場についた時には、ハーフマラソンのスタートのカウントダウンが始まっていた。
2週間後フルに向け少しでも長い距離のハーフを走りたかったが、仕方なくミニマラソンを走ることにする。
会場が狭いのか、ミニの部だけでも結構な人混み。
当日受付で貰ったゼッケンが100番台だったので、同年代だけでも100人くらいいるのか…。
速い人達がハーフに流れていることを期待。
期待通りスタート後も圧倒的に離されるわけでもなく、50m程先に10人くらいの先頭集団。
なんとかこの集団に混じれないかと追いかけれるも、序盤での無謀は後半大失速につながるリスクがある。
入賞狙いでペースを自制。
コースは単純で真っ直ぐな道の折り返し。
特に厳しいアップダウンもない。
6時半近くなのにまだゼッケンを判別できる明るさではなく、総合順位を確認すると12位。
上位は29歳以下、30歳代、40歳代のカテゴリーで占めるとして各5人づつ走っていると考えても、入賞圏内の可能性が高い。追い抜くことが多かった前半に比べ、後半は前との差が縮まらず、離されていく感じ。
やっぱり正月太りが影響しているのか、スピード感なく、ダラダラしか走れない。
前を目指すことなく、まだかな~早く終わらないかな~とかしか考えられない。
コースには自転車専用レーンもあり、多くの自転車乗りとすれ違う。
自転車持ってくれば良かったかな?と一瞬思うも、すぐにレース後に自転車に乗る気力もない自分に気づく。
当然、後ろから追いつかれるわけで、追い越していくのが、40代一人と裸足の若者一人。
同年代のランナーではないことに安堵する。
残りもスパートできるわけでもなく、後ろを振り返りながら迫ってくるランナーがいないか確認しながらのフィニッシュ。
42分36秒で年代別4位。10.5kmならまずまずのタイムだが、距離が短い感じもする。
最後に追い抜かれた40歳代のランナーが年代別6位で入賞圏外。
やはり層が厚い40歳代は、入賞厳しい。
30代最後の今年は、積極的に入賞を狙ってかなければ…。
到着は遅れたが、入賞でいいスタートができた。
(ハーフではやっぱり入賞は無理だった。)
20130106-2b.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ