緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



CPPR 2012
CPPRとは、Crazy? Pre Phuket Raceの略らしく、12月プーケットで開催されるIronman 70.3を見据えたプレ大会らしい。
プーケットは参加できないのにプーケットに向けたこのプレ大会はお忍びで参加させて頂いた。
swim 800m。
50mプールを時間差でスタートするも、なあなあで大会が始まる。
そんな気楽な大会でも、焦りがあったのかまた腕時計のストップウォッチを押し忘れていた。
8往復は自分で数えなければならない。
プールにしては有得ない濁りだが、クロールの息継ぎの合間にみえる清々しい青空が気持ちいい。
(後でこの青空に苦しめられるのだが…。)
25mほど押し忘れた腕時計では、16分2秒なのに記録は14分38秒?

続けてbike 40km。
1周5kmの周回コース。
bikeでも最初サイクルコンピューターのスタートを押し忘れる。
前半は、平均時速32kmを維持して走れてたが、次第にペースが落ちてくる。
記録は1時間21分33秒。
計算すると時速30kmを下回ってしまった。
DSC_1547.jpg

続けてrun 10km。
1周2.5kmの周回。
最初の1.25kmの折り返しまで、足に力が入らず走っている感覚がない。
2周目になりようやく、調子が出てきた。
すでにFinishされてるランニング講習会でお世話になった日本からの超~凄い実力者トライアスリートらの励ましも頂き、舞い上がって何故か調子が良くなった気がする。
3周目から更なるペースアップをしようと意気込んでいたが、それでも灼熱の暑さには勝てず、体力がどんどん奪われる。
絶えず水を含んだスポンジを持って走って、日陰の場所を目指すがペースが落ちなかなか辿り着けない。
記録49分33秒。
何とかキロ5分で走れた。
20121028-1.jpg

そして運営側の記録は2時間25分43秒。
(男子50数名の中で16位?)
自分の時計では2時間27分7秒。
やはりswimの時間がおかしい。
(決して7往復しかしてない訳ではなく…?)

当日の午後には筋肉痛で歩行困難になるかなりのダメージ。
でもそんな苦しさはすぐ忘れ、充実感と達成感が残る。
プーケットは無理だが、次の大会が待ち遠しい。
当面の目標は、オリンピックディスタンス(51.5km)で2時間30分切る事!
スポンサーサイト
Amari Watergate & BMW Midnight Run 2012
深夜0時スタートの12km。
人多すぎ、ゆっくりスタート(しか出来ない。。。)
じわじわペースをあげ、51分5秒。
2年前より5分ほど遅いが、楽しめた(・∀・)イイ!!

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

Vertical Marathon
今週末は、特別走りたい大会がなかった。
それで、少し変わったマラソン大会に参加する事する。
20121013-1b.jpg

それは61階ホテルの屋上まで非常階段を駆け上がるVertical Marathon。
20121013-2b.jpg

今回14回目の開催だが、今までは脚に悪いだろうと敬遠してきた。
トライアスロンを始めると、クロストレーニングの一環として参加してもいいかと思うようになる。
最初は、ファンランとして写真でも撮りながら楽しもうかと思ったが、綺麗なトロフィーや豪華副賞をみると、入賞を意識してしまう。
20121013-3b.jpg

それにストイックなランナーは少なく、お祭り気分の外国人が多い雰囲気で、頑張れば入賞できるのではと期待する。
去年意外な事に入賞を果たしていた走遊会S氏にいろいろアドバイスを頂いた。
屋上まで10分もかからないなので、最初から追い込み必要。その為ウォーミングアップは必需。
非常階段での追い越しは難しいので、非常階段までの直線でラン勝負。
などなど。

自分の年代カテゴリーからはじまり、10人ごとの時間差スタート。
4列目だったので、前には30人ほどしかいなく、それほど追い越しにストレスを感じないだろう。
スタート直後の直線でスタートダッシュを試みるも、10人グループの2位で非常階段に到達。
狭い幅の階段では、2段跳びでいくか1段ずつで上るか悩みうまくリズムがつかめない。
一気に心拍数は上がるし、後から皆すごい勢いで上ってくる。
もうダメだ~と早くも諦め、2、3人に追い越される。
1段ずつ上っていると、ようやくリズムもつかめ、慣れてきた。
前を駆ける人達を少しずつ追い越していく。
階段上りの感じは走るというよりも、ロードバイクでヒルクライムしている感じに近い。
心拍数を限界まであげ酸欠状態で太もも前後を酷使している。

8分40秒でフィニッシュ。
ハイタッチで迎えてくれたり、完走メダルを掛けてもらったり、水を渡してくれたり、マッサージをすすめてくれたり悪くない運営側の演出。
そして何よりバンコク市内一望できる屋上からの眺めはすばらしかった。
入賞狙いの本気モードとなった為、軽量化でカメラを荷物と一緒に預けてしまったのが悔やまれる。

戻りはエレベータで文明の利器をひしひしと感じた。
簡単な食事を貰った後、チップ計測の結果待ち。

結果
18~39歳男で16位 (全体23位)
入賞には全然届かず、退散。。。

興味本位で参加した大会だったが、
コース取り、リズム、手すりの有効活用など来年に向けて、早くも作戦を考えてしまう。。。
そしてカメラの携帯はどうしよう。。。
ノンタブリ保健省でのミニマラソン
20121007-1b.jpg

日曜日、近場の大会はラマ9世公園か、ノンタブリ保健省。
どちらの会場も一年を通じて頻繁に大会が開催される。
今年はラマ9世公園はよく走っているがノンタブリ保健省はしばらく走ってない。
そこでノンタブリ保健省で開催されるミニマラソンに参加。
いつの間にか、会場近くが高速鉄道公社の路線拡張工事で景観が変わっている。
その結果、道に迷い会場到着がスタート20分前で慌しく受付を済ませる。

最近走るミニマラソンは、序盤ゆっくりとか、時々体力温存に努めたりとまるでハーフマラソンのようにしか走れなかった。
今日は昔のように、最初から追い込んで体力勝負で臨む。

ノンタブリ保健省のお決まりのコース。
序盤3km付近にも折り返しあり、何気なく年代別順位を数えてみる。
6位か7位くらい。
久しぶりに入賞狙える位置。
ここからも数人追い抜き、6km過ぎの2回目の折り返しでも入賞圏内かどうか微妙な位置。

それが7kmを過ぎたあたりから苦しくなる。
失速。。。
やはり10km走りきる体力無かった。
それから数人に追い抜かれる。
最後は、せめて42分(距離が10.5kmちょうどならキロ4分ペース)を切りたいと100mほどスパートするも42分ジャスト。。。
せめて10kmは走りきれる体力をつけないと、11月のバンコクマラソンが不安。。。
20121007-2b.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

PEAミニマラソン
9月は月間100kmにも満たない練習量。
翌朝からベトナム出張だし、9月最後の日曜の大会参加はあまり乗り気ではなかった。
朝早く起きれば、、、
酷い雨でなければ、、、
これらをクリアできればスピード練習の一環として参加することにしよう。

当日朝は午前3時30分の目覚ましの前に目覚める。
その後の二度寝でも寝過ごす事はなかった。
外も雨は降っていない。
こうして難関をクリアし会場にむかう。

早起きは三文の徳とは、この事か?
会場で、昔の会社の友人との数年ぶりの再会。
タイ出張で、10月7日開催のお互いの故郷、福井マラソンに向けて?既にタイでも今日で3週連続走ってるらしい。
昔の会社にいた頃はお互い走る素振りも無かったのに、不思議な縁を感じる。
折角なので一緒に走ろうかと思ったがチェックイン時に見失う。
ゆっくりスタートして見つけられるかと思ったが、なかなか会えない。
そんな中、ネパールからの走遊会メンバーとも久し振りに再会し、ゆっくり話しながら走る。
そのうち友人が追いついてくるかなと思うも姿が見えない。
しかたなくスピード練習の一環という事をクリアすべく、ペースをあげる。

練習不足なのに不思議なくらい走れる。
気候が良くなったからか…。
友人にいいところを見せたいという気持ちがあるからか…。
何か良く分からないが41分台で走れた。
20120930-1b.jpg
2年前は入賞ぬいぐるみ。今年は参加賞ぬいぐるみでサイズダウン。。。】
20120930-2.jpg


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ