緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



ホアヒン・トライアスロン
8月19日。
ホアヒンで開催されたトライアスロンに参加。
バイクを買う前から憧れていた大会。
バイクを買って約1年、ようやく夢の舞台に立つことができた。
前日の受付会場で、日本人主体のトライアスロンチームバンコクスターズの仲間と挨拶。
今回からは、チームウェアで参加する事になった。
(腹周りが醜い。早くこのウェアを着こなせる体型にならなくては…)
ブリーフィングの後のビーチでのパーティーでは、タイ料理の他にパスタやピザ、そしてワインまで味わえ満足。
程よい緊張はあるものの、缶ビール1本でよく寝れた。
(これもマラソン大会で場数を踏んでいる効果か…)

そして当日。
スイムが中止になったラヨーンの波と比べると穏やか。
トライアスロンで海を泳ぐのは初めてとなるが、スタート前に海に入った感じは水温も高く想像したより泳ぎやすい。
不安を解消できてのスタート。
混み合いを避ける為、少し後方から大回りを心がける。
泳ぎ出しは皆両手をバタフライみたいに掻き出して泳ぐ。
オープンウォーター特有の泳法があるようだ。
コース取りなどももっと勉強せねば。
外回りを心がけても、やはり混み合うがチャオプラヤ川と比べ水の中の視界は1mくらいあるし顔をあげればある程度の泳ぐラインは見極められる。
トライアングルのコースの最初のブイ付近はかなりの込み合いだったが、それを過ぎるとかなり泳ぎやすくなる。
そして最後のブイを回って後は岸に向かって泳ぐだけ。ペースアップを敢行。
まわりの人も少なくなるが、かえって不安になる。
そんな中、同じチームのユニホームを見かける。
誰だろうとチーム長でもある実力者K氏。
バイクとランでは勝てないが、スイムで前に出れた事を嬉しく思う。
スイム1.5km(短い?)終了。(公式結果29分14秒 全体63位)

続けてバイクへのトランジション。
最初はバイクがまだ沢山残っていて満足していたが、自分のバイクの所に戻ると左側の2台のバイクがすでになく、結構遅いのかと落胆する。後で確認するとその2台は総合優勝者と2位。それは勝てるはずない。
(公式結果1分56秒 全体111位) やはり遅い。
ここでのタイム短縮はバイクにシューズを最初からつけて乗る技を身につけなければいけないのか…。

序盤のバイク。
いつものように次々とTTバイクに颯爽と追い抜かれる。こちらは一生懸命漕いでいるのに、周りは楽そうに進む。
絶対バイクの値段も速さに大きく影響しているに違いない。
やはり速くなるには、それなりに投資しないといけないのか。
(バイク41km公式結果1時間16分32秒 全体101位)

そしてランへのトランジション。
戻ると何故か自分のバイクラックに左隣のバイクが掛かっている。
その左隣も一つずれて掛けてある。
この法則に従って自分も左隣のまだ空いているラックに掛けようか…。
でも道徳的な見地から、本来の自分のバイクの場所にバイクを戻すことにした。
まず自分のバイクを地べたに寝かせ、掛かっているバイクを少しずつ左にずらし、スペースを確保。
そこにバイクを掛けてシューズを履き替え、ゼリーと水分補給で一息つく。
そんな感じで(公式結果2分6秒 全体173位)出遅れた…。

そして12kmラン。
バイクで次々と追い抜かれた屈辱を晴らす為、序盤にジョギングペースの人達を拾っていく。
しかし、一生懸命漕いだバイクでの脚の疲労が大きく、思うようにスピードが伸びないし維持出来ない。
自分もやがてジョギングペースとなり、暑さと疲労で歩く事さえも考えるようになる。
これまでのトライアスロンのレースに比べ、楽しさより苦しさが上回る。
何とか水を掛けながら、走りつないでフィニッシュ。
(12kmラン 公式結果 59分18秒 全体32位)

トータル2時間49分09秒
全体48位(完走者235人中)
年代別(30-39♂)22位

トライアスロン特有の感動はあったが、今回はそれ以上にトライアスロンの奥深さ、厳しさも味わった。
速くなるには、何をすべきか課題がまだ沢山ありすぎる。
少しづつ課題を克服して、来年はもっと速くなりたい。
20120819-1b.jpg

スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

カオヤイヒルクライム第6弾
今回は走遊会からS氏、E氏そして最近ロードバイクを購入したJOGNOTE仲間(TREK仲間でもある)のnorizouさんとtazaさん5名でカオヤイヒルクライム。
S氏には、前日の走遊会合同練習を雨・風邪気味で見学した事を、今回の勝負?の為と脚の温存疑惑を掛けられ牽制してくる。
今回もS氏に引っ張ってもらい、ペダリング、ギアチェンジのタイミングなど勉強させてもらおうと思っているだけなのに…。
S氏の提案でE氏、norizouさん、tazaさんが5分先行でスタート。
そして5分後にS氏とスタート。
しばらくS氏の後ろにつけるが、ずっと風避けになってもらっては悪い(卑怯な)感じがして、上り坂で前に出る。
S氏は前半温存して後半勝負を掛けてくる策なのか?ぴったりついてくる感じでもない。
8km付近の上りでtazaさんに追いつく。
やはり2週間前ロード購入、前日ビンディングペダル、シューズ購入、これまでの走行距離40kmでのカオヤイ・ヒルクライム挑戦はマラソンで鍛えた心拍機能、脚でも辛そう。
僕が初めて来た時と同じくカオヤイの洗礼を浴びている。
9km付近でE氏。
走遊会の飲み会で、泥除け、スタンド付きと酷評されたクロスバイクでかなり健闘している。
しかもビンディングなし、ランニングシューズでたぶん引き足は全く使えていなにのに。
バイクとペダルを換えたら、どれだけ速くなるのだろう。

10km付近のタイムが31分台。
前回の暑さから比べれば、ボトルの水もまだ若干冷たさを感じるし、気持ちよく走れている。
時々後ろを確認するが、S氏の姿はまだ見えない。
それより先行するnorizouさんの姿が全然見えない。
恐るべしTREKマドン+マラソン脚力。
このまま逃げ切られるのか?と不安になる。
18km付近の上り坂でようやくnorizouさんを捕まえた。
何とかロードバイク暦1年先輩の面子は保った。
次回負けたらバイクの値段のせいにしよう。。。
まだ脚は残っているし、S氏の気配も感じない。
やはりS氏は前日のマラソン大会で10kmの後、ロードバイク20km,夕方走遊会練習会と疲れが残っていたのだろう。
今日はS氏に勝てそうだ。
勝つなら、1時間20分を切ってと思って、時間を確認するとすでに1時間23分をまわってしまっていた。
結局1時間24分50秒でゴール。
期待した好タイムが出なかった。。。
でもS氏からの初勝利は嬉しい。

20120813-2b.jpg
【トレック仲間3台。ただし自分が撮った写真では識別不可能…】

20120813-1b.jpg
【こちらはnorizouさんに撮ってもらった写真 有難うございましたm(__)m】


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

母の日大会
毎年8月12日に王妃の誕生日でベンジャキティ公園で開催される恒例の10km大会に参加。
バンコク中心部、賞金レース(しかし入賞は年代別3位まで)と入賞の条件がかなり厳しい為、近年はこの大会回避していた気がする。
調子が上がらない今年は、どこの大会でも入賞できないだろうし、19日のホアヒン・トライアスロンに向けて追い込んで走りたいし、やはり近場のほうがいい。バンコク中心部の大会だと多く参加する日本人ランニング仲間と会うのも楽しみ。

思ったより調子良く走れ、39分40秒でフィニッシュ。
終盤ペース維持でかなり苦しかったが40分を切れると達成感、爽快感が味わう事ができる
(GPS情報では距離が500mほど短いらしいが…)


この大会に参加したのは何年ぶりだとうと過去ブログ調べると、2008年と4年前までさかのぼる。
http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/blog-date-20080813.html
そこで見つけた同大会でのタイム。
37分58秒にビックリ(゚д゚)!

あの頃の自分に戻りたい。。。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ