緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Bangkok Dash 50
バンプーゴルフ場内で開かれたバンコクダッシュ50(たぶん50回目の開催なんだろう)に参加。
www.bangkokdash.com
定期的に開かれている参加者100人程度の大会な様で非常にアットホームな感じで楽しめた。
距離もSWIM 400m BIKE 20km RUN 5kmと短く、僕のような初心者でも安心。
しかもSWIMは50mプール。前回のチャオプラヤ川の水質から比べれば雲泥の差。
また朝7時45分スタートというマラソンの大会から比べれば遅い時間からのスタートもゆっくりできて有り難い。
会場では、日本人トライアスロン仲間と挨拶、雑談。
トランジットエリアで準備している間に、他のマラソン大会を走っていたメンバーはもう走り終えたらしい。

スイムは申告タイムで時間差でスタートする。
適当に400m 9分で申告していた自分の順番は、後ろのほう。
最初の人のスタートから自分のスタートまで1時間ある。
皆の泳ぎをみて、緊張感もほぐれた。
自分の順番になりチップ計測スタートさせてプールに入って泳ぎだして10mほど進んだ時に自分のストップウオッチの押し忘れに気付く。
やはり緊張したのだろうか、立ち止まってストップウォッチを押し、再び泳ぎ始め。
スイムが終わりバイクへのトランジット。
足拭き用タオルを敷いていたが、それでも濡れた足で靴下を履くのに予想以上にもたついた。
同じタイミングでトランジットエリアに入った近くの女性二人が颯爽と出て行く。
やはりトランジットはもっと要領良くしなければと課題が残る。
続けてバイク。
サイコンを見ながら走るも、遅い。
一生懸命漕いでいるのに、時速18km~20kmしか出ない。
風の影響か?
4周で20kmのコースなのに1周走ってサイコンの表示は3km弱?
コース間違えた?4周以上走るの?と不安になる。
でも明らかに実際進んだ距離に対して、サイコンの距離表示の進みが遅い。
このサイコン最近リセットも出来ず、漕ぎ出す前に工場出荷時に戻すボタンを押して使っていた。
使えない代物…
早くも新しいサイコンの検討もしなければ…(泣)
20120729-3.jpg

そんなうちにバイクが終わり、ラン。
この切り替えはスムーズになりつつ、走り始めの足が地面についてない感じも緩和した感じがする。
ラン5kmという距離。
これまでの疲れがあっても、距離が短い為そこそこ追い込んである程度のスピードで走れる。
ランで多くの人を拾って、ゴールする事で気分的に爽快に楽しい気分になる。
20120729-5b.jpg

ゴール後の、パン、果物も豊富に準備してあり、チップ計測、サポートを考慮すると参加費500バーツはかなりお得な感じがする。

そして早速結果がメールで送られてきた。
ホームページでも即日アップされている。
http://www.bangkokdash.com/bangkokdash.com/Results.html
トータル 1時間12分07秒 全体14位
スイム 8分12秒 全体18位
バイク 42分15秒 全体38位
ラン 21分40秒 全体5位
全体的に底上げしなくては…(特にバイク)

次は8月19日のホアヒン・トライアスロン。
今から楽しみ。。。
20120729-1.jpg
20120729-2.jpg
(参加賞のTシャツ。欧米仕様か、Lサイズでもデカ過ぎた…。)

スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

カオヤイヒルクライム第5弾
一人ぶらりとカオヤイへ。
朝起きて思いつきで来た為、すでにプラチンブリ側ゲート手前のホテル到着が午前11時を過ぎていた。
もっとも暑い時間帯。バンコクではこの時間からの練習はまず無理だろう。
カオヤイならば追い込んだ練習ができると、恒例のタイムトライアルを強行。
バイクの準備をしていると何故か、タイヤが入らない。
ブレーキシューの間隔が狭すぎる。
20120721-1.jpg
いつもの事だが、車のトランクにバイクを積んできたので曲がったのか?
ノーブランドのブレーキだから、それなりの剛性なのか?
いろいろボルトをいじって調整し、ブレーキのワイヤーの張りを代えてみたら、それなりに戻った。
こんな足止めがあり、ヒルクライムスタートはすでに正午近い。
やっぱり暑い。
ヘルメットの中も熱気がこもる。
水を頭からぶっかけたいが、そうすると飲み水が不足する。
やはりカオヤイでもこの時間からの練習は無謀だ。
チェックポイントで引き返そうかと誘惑が生まれる。
灼熱のパタヤマラソンで何度も歩いた事を思い出し、こうしたメンタルの弱さがあっては速くなれないと鼓舞する。
チェックポイントは32分を過ぎていた。
いつもより2分ほど遅い。
前回の1時間21分台というベストを出した時は、やはり走遊会Sさんの引っ張りがあったからだろう。
ペース配分、ギアチェンジのタイミング、ペダリングなど参考にしながら走れた。
途中、頭の中がしびれる感覚に襲われる。
酸欠か…。
あまり無理しないで走ることにすると、若干楽になった気がした。
そしてタイムは1時間27分台。
まあ1時間30分は切れたから良しとする。
20120721-2.jpg

20120721-3.jpg

休憩後パクチョン側へ。
ここからは気負わずゆっくりと。
だけど今度は後ブレーキが効かない。
ビジターセンターで止ってみてみると今度はブレーキとリムの隙間が広すぎる。
またワイヤーの張りを直して出発。
スタートから40km付近のビューポイントで引き返す。
20120721-4.jpg

途中食事をして、戻る途中に寄ってみたいところがあった。
ここから11kmが本当のカオヤイ登頂ヒルクライムの入口がここらしい。
20120721-5.jpg

とりあえず行けるところまで行ってみよう。
最初は、緩やかな下りが続き、本当にヒルクライム?道間違えてる?と疑心暗鬼で進む。
それが、動物?の置物が沢山並んでいる家を過ぎたあたりから道幅が細くなり、上りが続き、おまけに所々舗装が悪い。
20120721-6.jpg

まだ先は上りが続いてそうだが、入口から5km進んだところできりがいいと表向きの理由で、内心は怖気ついて引き返す事にした。
下りは恒例の象渋滞につかまったが、トータル90km走行。
疲れたが思う存分バイクに乗れて満足。

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

パタヤマラソン2012
今年で何回目の参加だろう。
暑い時期のパタヤは記録も期待出来ないし、調整もいまいちだと気負いもなくリラックスして参加できる。
前夜も睡眠十分。トイレも早い朝食も万全。
大会の前日は緊張と気持ちの高ぶりで睡眠不足で走ってた頃が懐かしい。
会場では、走遊会の仲間、jognote仲間、トライアスロン仲間と挨拶。
久し振りに会う懐かしい人達もたくさんいて、マラソンを続けてると、こうした出会いの喜びもある。
目標は3時間30分くらい。
悪くても3時間40分くらいで。
スタート後予定とおりのキロ4分50秒くらいの黙々とペースを刻む。
去年のように後半ペースアップして終盤2箇所の坂でペースダウンしても3時間30分台は見込める。
久し振りのマラソンというかハーフの大会も出てなかったので、距離長いな~と感じる。
そして日が昇り、暑くなりそうだな~と感じる。
そして後半ペースアップって無理じゃない?と感じる。
22kmの折り返しを過ぎてから、脚が重い。
脚が攣りそうっていう感じではなく、脚が思うように動かない。
呼吸はまだ余裕あったのに暑さで体力がどんどん消耗する。
このままでは終盤の坂まで辿りつけない。
ペースがどんどん落ちる。
そのうち給水所で立ち止まって水を飲むようになる。
何とか次の給水所まで我慢して走ることが目標。
今の状況では間違いなく、終盤の坂は走って上れない。
そして最後の切り札である『歩く』タイミングを探し始めた。
せめて30kmは歩かず行こう。
30kmを下り、角を曲がって、ついに歩いた。
フルマラソンで歩くのはどれくらい久し振りだろう…。
この辺で歩くという事は、同時にサブ4も絶望的。
最後の切り札『歩く』を使ってしまった今、もう残るはどうにか完走かリタイヤしかない。
走って歩いての繰り返しで、歩くことに何の抵抗もなくなった。
惨めでも目指すは何とか完走。
ここまで多くの仲間にも追い越され、その際お互い苦しい中、励ましてもらっている。
終盤の二度目の上り坂。
上海から駆けつけた走遊会H山さんのまさかのサポート。
昔と同じようにここぞという一番苦しい場所で補給食を頂く。
これを糧に残り2km弱は歩かないことを決める。
そして多くの仲間にハイタッチで出迎えられ、照れながらフィニッシュ。
4時間7分台。
しばらく続いていたサブ4の継続が途絶えてしまったが、ここまでの皆の励ましが嬉しかった。
来年こそは皆を出迎えられる様なタイムで完走したい。
処理済~20120715-1b


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

体重別大会
自分の記憶の中で入賞率の高い大会。
何故なら、普段の年代別カテゴリーで順位を決めるのではなく、体重別カテゴリーで競う為。
前夜、トライアスロン仲間との飲み会があり、寝不足と若干お酒が残っている感じで臨む。
飲み会で知合ったサブ3ランナーOさんとスタート前雑談。
Oさんは昨晩のお酒がどう影響するか?最初3kmくらいは様子をみて走るらしい。
スタート後、前を走る20人弱の体格を確認。
入賞難しそうな順位で、我慢のレース展開の予感。。。
それが、わずか3kmでバテる。
昨日の30kmLSDの影響か脚が重い…。
そして喉がすぐ渇く。
昨日のお酒の影響か…。
折り返しで、ゼッケン確認。
コンタクトレンズ忘れた為、よく見えないがすでに入賞圏外か…。
気力もすでに尽きている。
寝不足の影響か…。
後半はジョギングペースでしか走れない…。
沢山の人に追い抜かれる。
結果44分11秒。
ラマ9世公園の大会ではワースト記録では…。
今後、飲み過ぎには注意しよう…。
20120708-1b.jpg


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ