緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Twin Lotus Mini Half Marathon
パタヤマラソンまで20日。
走遊会のメンバーの多数がチェンマイ合宿で鍛錬している。
そろそろ自分も全力でハーフぐらいを走って調子をみたい時期。
しかしこの大会、何故か毎年人気。
今年は、1週間前にはハーフの定員が埋まってしまった。
バンコク居残りの走遊会メンバーはゼッケンなしや10kmゼッケンでのハーフ出走と、
パタヤを見据えてのスピード練習と位置づけているようだ。

今日の目標は10km40分前後。
これくらいのタイムで走れれば、練習不足と体重増で失われた半年にようやく終止符をうつことができる。
スタート位置ではトライアスロン仲間と並ぶ。
密かに隣りのアイアンマンK氏と競いたいと思う。
でもそれは全く叶わず、すぐに見えなくなるほど離される。
やはり3週間前にトライアスロンロングディスタンスを驚異のタイムで完走している実力者。
体力も体型も違いすぎる。
レース内容は、後半、風邪の後遺症か?鼻水が溜まって口でしか呼吸できない辛さがあったぐらいで、
ほぼ去年のようなありふれたレース展開でタイムは40分42秒
こういうありふれたレース展開やタイムで走れる様になったことがちょっぴり嬉しい。
20120624-3b.jpg


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

カオヤイ ヒルクライム 第4弾
20120623-2.jpg
バンコク トライアスロン以来バイクに乗る時間が無かった。
2週間ほど間があくと無性にバイク乗りたくなる。
休業日となる土曜日が待ち遠しい。
思う存分バイクを楽しむ為、カオヤイでのヒルクライムを計画。
当初一人の予定だったが、前日走遊会S氏から仕事の都合がつき行けそうとの知らせあった。
自転車好きが集まるプラチンブリ側料金所手前のホテルで待ち合わせ。
他にハイソっぽい数人のタイ人が高級バイクの準備をしている。
その中にS氏がペダリングを伝授してもらったというタイロードバイク界で有名な日本人K氏がいて、挨拶。
K氏の話では、今日はパクチョン側ゲートまで往復する為グループでゆっくり1時間20分くらいかけて上るらしい。
1時間30分の実力の自分にとっては次元の違う話。
でもS氏は何処までついていけるか試したいらしい。
それに上手い人の後ろにつけば、ペダリングやギアチェンジのタイミングなど勉強になるとのこと。
そしてヒルクライム開始。
自分は皆の邪魔にならない様最後尾からスタート。
S氏が頑張って先頭の5人くらいのグループについていっているのが分かる。
バイクやバイクジャージをみると格段に速く見えても、中にはそんなに速くない人もいた。
2~3人序盤で追い抜く。
今日の課題は、後半までペース配分を考え、何としても1時間30分切りを果たす。
そのうちS氏が見えてくる。
スタートから集団に着いて行っていてバテてるのか?しばらく後ろにつく。
自分の存在をアピールしようと、上り坂で前に出る。でも下り坂で差を縮められ再び前に出られる。
12km付近のチェックポイント。
通過が30分切るか切らないかのタイムで通過。
このままバテなければ1時間30分きれる。
そして前回1時間23分で走っていたSさんに出来るだけついていけば1時間30分切りは確実。
その後も隙を狙って2度ほどS氏の前に出るが、すぐまた前に出られる。
まだバテてないようだ。
25kmくらいまでついていけた感じ。
そこから長い下り坂が続いてノーマルクランクとコンパクトクランクのギア比の差が出たのか若干差が開く。
最後の上りはたち漕ぎが出来るだけの体力が残った。
そしてS氏の背中もまだ見える差でゴール。
タイムはS氏の1時間20分台に対し1時間21分台。
(スタート直後ストップウォッチの操作にもたつきはっきりした秒までは計測できず。)
あれほど苦労してた1時間30分の壁が何故かいとも簡単に越えられた。
しかも10分ほど大幅短縮。
かなりうれしい結果。
前にお手本となるペースメーカーがいたからだろう。
たぶんひとりではこのタイムでは走れなかっただろう。
それにしても1時間20分くらいでゆっくり走るはずの集団は何処へ。
全く見えなかった。まだまだ速い人達がいることに感心。
20120623-3.jpg
【昼食後シカに遭遇】
20120623-1.jpg
【帰りの下りの途中、野生の象の群れに遭遇。危険なので森に戻るまで足止め】

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

バンコク・トライアスロン公式結果発表!
ChampionChipのホームページでは当日公式結果が公開された。
http://results.championchip-thailand.com/bkt2012/show.asp

結果 ( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
Finish Time 2:57:37
総合 30位
年代別(30-39 ♂) 11位
見慣れているフルマラソンの順位から比べるとかなり上位に見えるが、それはトライアスロン完走者156名と少ない為。
でもデビュー戦としては健闘したのでは?

結果に甘んじる事なく、さらに細かく分析して今後の課題を検討することにする。
まずSWIM。
Time 0:23:46
総合 51位
今後の課題→ビビらない。川の流れがなければこれ以上のタイム短縮は困難か?

つづけてBIKE
Time 1:42:32
総合 85位
今後の課題→バイクの軽量化、高速化への投資。
まずはコストパフォーマンスの最も良い自分の体重を落とすことだろう。

最後のRUN
Time 0:47:38
総合 12位
今後の課題→体重を落とせばあと1~2分は短縮できるのでは?

やはり伸び代がありそうなのはバイクっぽい。
ついでに
SWIM→BIKEのトランジット
Time 0:02:03
総合 106位
BIKE→RUN
Time 0:01:38
総合 94位
トランジットももっと要領良くしなければ。。。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

バンコク・トライアスロン
バンコク・トライアスロン。
結構大会の規模が大きく驚く。
新たに日本人トライアスロン仲間とも知り合いになれて良かった。
先週のラヨーンでのトライアスロンは波の高さで結果デュアスロンとなり、スイムを含めたトライアスロン・デビューは未遂に終わる。
バンコク・トライアスロンのスイムコースはチャオプラヤ川。
20120603-1.jpg

波の高さはないが、水質が…。
この水質で体が蝕まれる事を避け、スイムのないデュアスロンに変更する人も多いようだ。
でも先週も経験したラン→スイム→ランのデュアスロンでは走ってばかりで嫌気がさしそうで避けた。
それに事前情報では川の流れがあり、通常より速く泳げるらしい。
トランジットエリアからフェリー?で参加者が1.5kmほど離れた上流まで搬送される。
トライアスロン・ロング(スイム1.5km+バイク55km+ラン10km)の部の参加者だけでも200人は超えてそう。
白人の若そうな女性も多く、皆で泳げば怖くないという根拠のない安堵感が生まれてきた。
スイムは1分置きに3つのグループに分かれてスタートする。
最初のグループでスタート。
水の中の視界はほぼない。
周りの人とぶつかり合いながら泳ぐ。
気づけば斜めに泳いでしまい、頻繁に前方確認が必要となる。
自分がどれくらいの速さ、位置で泳いでいるのかわからない。
前には沢山の人が泳いでいるように見える。
まわりに女の人も泳いでいる。しかも時折平泳ぎ。
大昔スイミングスクールに通ってた事もあり、スイムはそこそこ出来るだろうと思ったが、
ひょっとしたらスゴい遅いのかもしれないという不安にかられる。
そして船の近くでは、何となく水からオイルの臭いがする。
川岸からの打ち返しの波で体がプカプカする。
そして何度か水を飲んでしまった気がする。。。
ようやくトランジット。
まだ沢山のバイクが残っていたので、それなりの位置で泳げたのでは。
続けて未熟なバイク。
スイムで腕は酷使しているが、脚の疲れはほとんどない。
それでも、先週と同じように前半からまるで風を切り裂いて走るTTバイクに数台抜かれる。
後は、追い抜いたり、追い抜かれたりのレース展開。
どちらかと言えば追い抜かれるほうが多かったか…。
まだまだ課題が残る。
しかもバイクの距離は、55kmと長め。
息があがり、なるべく意識して使っていた太もも裏やお尻の筋肉も疲れバテはじめる。
速度も時速1~2km落ちた感じ。。。
やはりバイクも持久力が重要だ。
ランへのトランジット。
今回はトランジット時間短縮の為、用意したのがゴム紐。
昨日の受付会場で売っていた。
使い古しのターサーに紐を通し、トライアスロン専用シューズとする。
20120603-2.jpg

前回はマラソンの大会でルーチンワークとなっている紐を下から順番に締め上げて、最後には解けないよう二重結びをしていた。
今回は、靴のべろを引っ張って足をいれワンタッチで紐止めするだけ。
わずかだが時間短縮できる。
でも走ってタイム短縮するより全然楽。
心配していた履き心地は、若干ホールド感が損なわれる感じだが、10km程度距離で、もはやスピードが出せなくなっている状態では、タイムへの影響はない。
ラン開始ですでに2時間10分。
漠然とした目標の3時間切りはキロ5分ペース。
普段の10kmレースなら難なくクリアできそうだが、スイム・バイクを終えた後では厳しい。
ランでは皆バテてるのか、それほど速くないペースでも沢山の人を追い越すことができた。
ランは2.5kmのコースを4周。
周回を重ねる度に、日陰が少なくなり暑くなる。
給水所では、スポンジ+水で体の内外を冷やす。
冷やさないと体が蒸発しそうだ。
マラソンと違って、ここまであらゆる筋肉を総導入してのレース。
無駄についている贅肉が憎い。
もっと体を絞らなければと思う反面、今は浴びるほどビールが飲みたい。
3周目終盤、あと1周で終わってしまうのか…と寂しくなる。
すごい疲れているのに、暑さでバテてるのに、もう少し走っていたいという不思議な気持ちになる。
でも時間は3時間切れるか微妙で、のんびり走らせてはくれない。
時間を見ながら、大丈夫か?と気に掛けながら最後の1周走る。
結果、自分の時計で2時間57分36秒。
フルマラソンではもはや達成できないであろうサブ3という時間を、とりあえずトライアストン・デビュー戦でクリアできて良かった。
20120603-3.jpg

次はオリンピック・ディスタンス(スイム1.5km+バイク40km+ラン10km)で2時間30分切りを目指したい。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ