緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



中途半端なデビュー戦
バンコク・トライアスロンを1週間前に控え、前々からデビュー戦で汚いチャオプラヤ川を泳ぐのは抵抗があった。
そこで前倒しでラヨーンでのトライアスロンをデビューとする。
走遊会 I場さんも参加し、前日からいろいろ教えて貰って心強かった。
前日の説明会でも怪しい雰囲気があったが、海の波がいつもより高いらしい。
当日もスタート直前までスイムを行なうかどうか主催者側で揉めている。
結局スイム行なうようでスタートに並んだところ、10ストロークほど泳いだら引き返して、30分後にラン5kmに換えるとの事。
どうやら主催者は、スイムのスタートの写真が欲しかったらしい。
折角なので海を泳ぐのはどんな感じが試してみようとするも高い波に打ちのめされなかなか前に進む事ができない。
スイムが無くなって良かったのかもしれない。
約30分後、5km(ショートの2.5kmも合わせて)ランのスタート。
参加人数は全部で100人程。マラソンと比べトライアスロンはまだ競技人口が少ないようだ。
これくらいの規模ならかなり上位へ食い込めるのでは?と思うも甘かった。
ランが速い人も結構いる。
5km 21分7秒でトランジットエリアへ。
ランニングシューズの紐を解き、バイクシューズに履き替えヘルメット、サングラス、グローブを装着している間に、終盤追い抜いた人達がどんどん先行する。グローブはいらなかったか…。
ロードバイクでの初レース。
まわりはトライアスロンを意識したリムの高いホイールを装着したTTバイクばかり。
流線型のヘルメットまでつけているの人も大勢いる。
アルミフレームで105コンポーネンツのほぼ完成車のままのロードバイクで太刀打ちできるか不安。
横風が強く、ハンドルが取られる。
つねに風上のほうに体を倒して走っている感じ。
重いフレームで低いリムでもこれだけ横風の影響を受けてるのにTTバイクは大変ではと思うも、3台くらい次元の違う速さのTTバイクに追い抜かれる。
そういった異次元の人達は別として、しばらく走っていると差ががあまり開かない人達もいることがわかった。
結構このバイクでも戦えるのでは?と思うも、中間の折り返しで後に10人くらいの集団がいた。
ドリフィティング禁止では?と疑問に思うも、集団に先行される。
10mくらい後方につけ、走る。
トライスーツの薄いパットではお尻も痛くなり出した。
痛さで追い込めず所々サボり、お尻をほぐす為、立ち漕ぎも入れてみる。
不思議と痛みが改善され、また前の集団との差が縮まってくる。
残り10kmほどだし、このまま一気に前に出て逃げ切ってやると思い前に出る。
しばらく走って後を振り返ると皆平然とついて来る。
風避けにされた感じで、卑怯なっと思いつつも体力が持たず減速。
再び十数メートル離される。
でも残り3kmほどで何故かまた前の集団と差が縮まってくる。
よくペースの配分がわからない。
最後のランであの集団の殆ど抜き去ってやると思いつつも、ランの前で追いついた。
再び一気に抜き去りを決行。今度は上手くいった様で先にトランジットエリアに戻る。
しかしまた屈紐を結んだり、バイクに積んで余ったスポーツドリンクを飲み干している間に皆先にに行ってしまった。
トランジットに課題があるようだ。
バイクからランの切り替えが難しく、1kmくらいは足が地面についてない感じ。
それでもランでは追い抜かれない自信はあったものの、走り始めてすぐにたぶんトップであろう白人に周回遅れにされてしまう。
その後は徐々に調子を取り戻し、ロードバイクの時の集団の人達らを一人一人拾っていく。
残る強敵はラマ9世公園を走るランナー出身の女性。
(昨日のデュアスロンにも参加し女性1位で賞金獲得しているらしい。)
まわりとスピードが違い追いつくのは無理かと思うもじわじわ背中が近づいてくる。
ラスト200mくらいでなりふり構わず、追い抜いてゴール。
10kmランが47分17秒でトータル2時間32分18秒。
楽しかったが、スイムが無くなった為物足りなさもあった。
本格的デビューは来週に持ち越しとなった。
20120527-1.jpg
【最後のランで周回(5km)遅れにさせられた白人。速い!まさにアイアンマン】
20120527-2.jpg
【右が高そうなトレックのTTバイク。比べて左のみすぼらしい我がバイク。でもトータルタイムでは勝てて嬉しい。】


スポンサーサイト
PAT MINI MARATHON 2012
久し振りの10kmレース。
増えた体重と練習不足でスピード重視の10kmレースは怪我のリスクがあり避けてきた。
今週になって、体重はそれほど減っていないにも関わらず、ジョギング時の体が軽く感じ、それなりに走れそうな気がしてきた。
レースでは追い込んで、最初から突っ込んで走るのが課題。
どこまでバテずに走れるかも試したい。
スクンビット通りから近い事もあり日本人も多く、走遊会のメンバーほとんどが集結した。
折角なので走力がおよそ把握できるメンバーと自分の位置を比べ、現在の自分の出来を確かめる事にする。
スタートは前から3列目あたり。
外から抜け出し、とりあえず走遊会でトップを走っていることが確認できた。
最初から追い込んでいる為、かなり呼吸が苦しい。
1km過ぎ想定内のK崎さんが呼吸も乱さず、追い抜いて行った。
まあここまで前を走っていただけでも上出来とする。
あと走遊会のメンバー何人に追い抜かれるか?
やはりこのペースは最後まで持たないと思い、最後まで維持できそうな心拍数とスピードで巡航。
続けて4km付近で走遊会T内さんが追いついてくる。
爽やかに声を掛けられるも、こちらは相槌の声も出ない状況。
じわじわ離され、次はI井さんか?I野さんか?
5km過ぎの折り返し。
後続のI井さんともまだ距離がある。
逃げ切れるかも…そして前を走るT内さんもまだ背中が見える。
折り返し後はT内さんの後方約20mにつけ引き離されない様に集中することで苦しさを紛らわす。
それでも、8km付近からペースアップされたのか、自分のペースが落ちたのかじわじわ離され見えなくなる。
結果46分32秒。
皆のGPS情報では約11kmあったらしいことを考慮すれば、それなりに健闘したと思う。
80%ぐらいまで調子戻ってきているのでは?と実感でき満足。
あと5kgぐらい体重を落とせば、完全復活となるだろ。。。
処理済~20120519-3b

20120519-1b.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

カオヤイ ヒルクライム 第3弾
バンコク走遊会の特別練習会として企画されたカオヤイ30km走。
今の自分にはアップダウンの激しいカオヤイを30km走れる自信がない。。。
そんな中、走遊会S氏が抜け駆けして自転車で登るらしい。
自分も便乗して、抜け駆け走遊会メンバー5名でヒルクライム。

3度目の正直で、今回こそ1時間30分切りを達成したい。
1週間前の反省。シッティングでの登りにこだわりすぎ、12km付近のチェックポイント通過タイムが35分台と遅すぎた。
今回は、ダンシング+シッティングの組み合わせで、勾配のきつい序盤頑張ること。
中盤以降は何とかなるだろう。

S氏を先頭にスロースタート。
このペースではチェックポイント通過タイムが遅くなることを心配し、序盤からダンシングを多用し、S氏の前へ出る。
どんどん攻めて、結構行けると自画自賛。
それでもS氏がじわじわ差を詰めてきて、8km過ぎにパスされる。
その後もじわじわ離されるが、12km付近のチェックポイントは31分弱。
今までで一番良い。しかも先週と比べ、序盤で4分貯金ができた。
1時間30分切りは余裕だろう。

ところが20km過ぎるとかなり苦しくなる。
何度も目の前が白く感じ、意識失うのではという恐怖を感じる。
小雨で若干救われた感じはあったが、思うようにスピードに乗れない。
そのままゴールして、タイムは1時間30分53秒。
また切れなかった。。。

近くのビジターセンターで食事を済ませ、走遊会30kmRUN組みゴール地点で遭う。
皆、平然と完走してくる。すごい。

RUN組と挨拶して別れ、ゆっくり下る。
途中S氏に自分の乗り方を見てもらう。
引き足が十分に出来ていない様だ。
S氏の教えでは、う○こを踏んだとき、靴の裏のう○こを地面にこすりつける様にペダリングするとの事。
自分のはペチャペチャその場でう○こを踏んでいる感じらしい。

次こそは、う○こ走法で1時間30分切りを目指す。
IMAG0770.jpg

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ