緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



カオヤイ・ヒルクライム
走遊会Sさんに誘われカオヤイへ。
皆で仲良くツーリングを楽しむのかと思いきや、
Sさんが、マラソン・レースでも見た事がないウォームアップを始める。
そして、メンバー。
走遊会Sさん。フランス女性Cさん。
(マラソンではもはや彼女には勝てない)
コラートから現地合流したTさん。
(彼もランナー。しかも走力は互角以上。)
マラソンでも健脚揃いの彼らが、タイム・トライアルをするらしい。
ひょっとして場違いかも…と不安がよぎる。
ハンディとして5分後にスタートするTさんにスタート前いろいろ教えてもらう。
・マラソンよりロードバイクは辛い
・途中のVIEW POINTまでが険しい上り。そこから普通の上り・下り
・VIEW POINTを30分前後で通過すれば1時間30分前後でゴールできる。

自分を含む3人が先行でスタート。
ダンシングせずにパワーで上っていくSさん。
TTバイクなのに器用に山を登るCさん。
すぐに離され置いていかれる自分…

すぐに息がゼイゼイ。
心拍数がマラソンでも経験した事がないくらい上がる。
しかも坂は続き、休む事は許されず、漕ぎ続けなければならない。
前の二人は辛くないのか?
これがフラットべダルとビンディングペダルの差なのか?
自転車の性能の差か?
経験の差なのか?
体力の差なのか?
それにしても差がありすぎる感じがする。

20分経過後、5分遅れてスタートしたTさんが颯爽と上り坂で追い抜いていく。
何故あんな軽快に上り坂を上れるのか?
ひょっとして2時間くらいかかるかと覚悟しながら一杯一杯で走り続ける。
そしてVIEW POINTと思われる通過タイムが32分。
予想より悪くない。これから普通の上り・下りになるはずだし…。
時々の下り坂。時々吹く冷たい風が一瞬苦しさを和らいでくれる。
緑に囲まれ鳥、動物の鳴き声に癒される。野生の猿とも遭遇。
交通量も少なく、自転車には最高のコース。苦しいけど楽しい。
ゴール地点のT字路が見えた時には、格別の嬉しさ。
1時間32分。フラットべダル&ランニングシューズのわりには健闘したタイムらしい。
Tさん 1時間7分
Cさん 1時間15分
Sさん 1時間19分
レベルが違い過ぎる。

その後コラートへ戻るTさんとは別れて10km離れた滝へ。
一部坂をのぼり切れず、自転車を降りて歩くという屈辱を味わった。
また途中道を間違えたかと思い引き返し余計な体力を使う。
スタート地点までの戻りは下りだから、漕がなくても進むから楽というSさんの言葉と裏腹に地獄を味わう。
腰、首が痛くなる。
そして途中手、足がしびれて動かなくなりそう。
思考能力も低下。冷静にギアの切り替えが出来ない。
ついには大した上り坂でもないのに自転車から降りてしまう。
うまく歩けない。再び自転車にまたがろうとすると太ももの内側がつりかける。
少し休んで、またゆっくり自転車で下る。
下り坂なのにとても時間が長く感じる。
何とかスタート地点まで辿り着いた。

自分はフルマラソン以上の疲労を感じているのに
疲れや痛みを感じていない二人が信じられない。

でもこれだけ苦しい思いをしたのに楽しかった。
そしてロードバイクは奥が深い。次はもっと速くなりたい!!
スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

週末RUN & BIKE
ラン友のFernandoさんから、ラマ9世公園で開かれたRUN FOR CHILDRENのゼッケン引き換え券を頂いたので参加。
この大会参加料がUNICEFへの寄付となり、沢山寄付するとのいうのがFernandoさんの表向きの理由。
本当は、豪華ホテルの宿泊券や食事件があたる抽選狙い。
(結局、抽選は外れたが、実力でカテゴリー別4位となり食事券をGET!)
自分のほうは、大会が終ってラマ9世公園の近くの自転車乗りが集まる場所に行って見たかったのと、
3位までの豪華トロフィー(楯)+副賞を狙いたいという気持ちがあった。
この日はサムイ・マラソンやバンコク中心部でもバンコクポスト主催のメジャーな大会があったので、そちらに人が流れるだろう。
19~39歳までの広いカテゴリーだが、過去2度4位だったので、今年は入賞できるかもしれないと会場入り。
全体の参加人数は少なめだったが、走力が違う人がすでに3人いて望みはなくなった。
結果40分50秒でカテゴリー別 6位…。
20110918-01B.jpg

早々と会場を後にして、自転車乗りが集まる場所へ。
エアポートリンクのHUAMARK駅に車を停め、MOTORWAYの側道を走る。
途中、ROAD、MTB愛好者達とすれ違う。
こんなに沢山自転車乗っている人達がいるのと驚く。
ロードバイクの集団(練習?)ともすれ違い、その迫力に驚く。
そして本人は気付かなかったのか、上り坂で颯爽と追い抜いていった走遊会Sさんの実力に驚く。

より大きな地図で motorway bike course を表示
約25km。
約1時間。
物足りない…。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

River Kwai Half Marathon 2011
この大会では、唯一ハーフマラソンを真剣に走る。
でも今年は30回記念で30kmの部がある。
イベント性を強調されると、どうしても参加したくなってしまう。
今回の30km大会は39歳以下と40歳以上の2つのカテゴリーしかない。
実質30歳以下は、10代、20代といった若い年齢の参加は少なく、同年代での競争になるだろう。
スタート地点の人込みの中、日頃入賞する同年代のタイ人を3人見かけてしまった。
あと速そうなオーラを放つ若い白人が、目の前にいた。

30kmの攻略は難しい。
昨日ロードバイクでコース下見をしたところ、難所は11km過ぎからの長い上り坂だろう。
前半は体力温存しつつ後半勝負が妥当な戦略だろう。

スタート直後、前には十数人。
中には予測していたとおり、同年代のタイ人3人と若い白人もいる。
そして走遊会のKさん。
ついて行くにはペースが速すぎる。
また上り坂では、走遊会仲間のフランス女性が呼吸を乱さず颯爽と追い抜いていく。
前半はは我慢して自分のペースを乱さない。

11kmからの上り坂を過ぎ、14kmでトップのあの若い白人とすれ違う。
独走。そして同じカテゴリー。
総合2位も同じカテゴリー。
同じカテゴリー3位、4位もライバル。ただ自分とは差がかなり開いている。
折り返しではカテゴリー別6位。
だれかが脱落するのを期待するしかない。

と思った折り返し直後、同じカテゴリー(同じ年代)に追い抜かれる。
この人にも過去勝てたことがない。
なぜまだこの位置にいるの?
後半に体力温存していたのか、どんどん離される。
もう入賞は無理…。
後半ペースを上げる事は出来ず、ペースが落ちるのを我慢して走るのがやっと。
結果
2時間19分。
総合11位。
カテゴリー別6位。
もう一つ順位があがれば入賞圏内だったが、それ以上に入賞者達と実力差が開いていると痛感させられた。
20110911-01B.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

トライアスロン修行
今年のリバークワイ・ハーフマラソンは家族の同行なしで一人トライアスロン修行の場とした。
土曜、マラソンの受付を終え、ホテルでバイクの準備をしていると雨で足止め。
折角の練習時間が削られる…。昼食をとって雨が止むのを待ち、午後2時半バイクスタート。
コースは、ホテルからマラソンまでのスタートまで約10km。そこから30kmのマラソンコース下見を兼ね、コースの15kmで折り返し。計50km。
途中、少し雨に降られたが、これもいい経験。白線を平行して横切ると滑りやすいことにも気付いた。
でも自転車が泥だらけ。
また長い下り坂では、ビビるほどのスピード感を味わえる。
途中、犬にも500m位あおられたが、振り切る事ができた。
そして片手でボトルの水を飲む事にも成功。
今までは、右手でボトルを取ろうとして、左手でハンドル操作しようとしていたが、逆に左手でボトルをとれば、走りも安定する事に気付く。
それでも最初はボトルを戻す時上手くホルダーに入らず、道に落としてこぼしてしまう。
マラソンのコースの下見。
道には1キロ毎に距離がマーキングしてある。
今回は30回大会で、10km折り返し以降のコースが未知のコース。
11kmから経ち漕ぎしなければならならない上り坂が続く。
しかも長い。
これは走る時、気をつけなければ…。
そしてマラソンコースの15kmで折り返してホテルに戻る。
約2時間半。
まだ物足りない気がしたが、明日30km走らないといけない為、自粛。
続けてスイム。
ここ4年くらい定宿としているホテルのプールは広い。
久しぶりに泳ぐが、ゆっくりなら続けて泳げそうな自信が持てた。
ただ退屈。約40分泳いで、日が暮れ始めたので終了。
どちらも修行というほど過酷なものではなかった。

続けてナコンナヨック・ダム周辺を走る
メインの自転車練習。
ダムからナコンナヨック市内への往復。
グーグルマップで大体の距離を事前に把握してたところ片道16km。(車のメータでは18km弱)
股下高さ×0.88が基本のサドル高さやハンドルまでの距離などいろいろ調べて調整して臨む。
また妻にバレないように毎月、こっそりとプチ改良していこうと企てている。
今月は、危機回避のため、パンク修理関連。
・予備チューブ 140バーツ
・タイヤをホイールから外す工具 100バーツ
・これらを入れるサドルバック 380バーツ
・携帯ポンプ 550バーツ
・フロアポンプ 450バーツ
これでとりあえず1人遠く離れたところからでも車まで戻れるという安心感がある。
またボトルケースとボトルを一本追加して、脱水症状対策。
20110904-01B.jpg

練習開始後、マウンテンバイクの集団と早速すれ違う。
挨拶だろうか?ベルを鳴らしてくれる。
こちらにはベルが無い。手を振って挨拶替えそうかと思うが、まだ片手運転が不慣れ。
今回の課題の一つ。ボトルの水を運転しながら飲む。
後から車が来ないことを確認して、なるべく平坦な道のところでボトルに手を伸ばす。
するとハンドルがぶれ、危ない。
何度か試してみたが、無理だ…。
情けないが、また止って水を飲む。
景色もよく、走りやすい。
お尻の痛みも慣れたのかサドルの位置調整の効果か、軽減された感じがする。
でも戻りは疲れがでて、姿勢を維持するのが難しくなる。
当初、2往復しようかと思っていたが、無理だ。
それなら、ダムの堤防へ上る坂道で1kmほどのヒルクライムに挑戦。
一番軽いギアで慣れない立ち漕ぎ(ダンシング)の練習。
走ったほうが楽だし速そうと感じる。
途中上れないと焦ると、道が平坦になり助けらながら、何とか堤防上まで到着。
20110904-02B.jpg
そして帰りのダウンヒル。
酷評されているノーブランドのブレーキの制動力を確かめながら、ゆっくりと下る。
約40km、2時間弱走った。まだまだ上手く乗りたい。
このコースは練習に最適かも。
そして来月は妻にバレない様ペダルをビンディングに換えようかと思う。
でもシューズはさすがにバレそう…。

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

ナコンナヨックのダム沿いでのハーフマラソン
去年ここのフルマラソンを走って地獄を見た大会。
今年もフル部門があるが、ハーフ部門にエントリー。
理由は、今は無性にロードバイクが乗りたい。
会場周辺は、道が広く、交通量も若干少ないので、マウンテンバイク、ロードバイクなどの自転車乗りが多い。

今回のハーフマラソンの目標。
『惜しい入賞圏外!』
次週の30km大会に向け、ほどほど頑張って調子を確かめたい。
でも入賞してしまうと、フル・ハーフ・10KMとカテゴリーが沢山ある為、表彰式が長そう。
そうなるとバイクの練習時間が削られる可能性がある。

速い人達が沢山いて、頑張ったが、残念ながら入賞には届かずという展開が理想。
でも、他の場所でも大会があり、フル部門にも速い同年代の人達が流れたのか、入賞する顔見知りのタイ人が少ない。
チェックイン時に積極的に場所取りをするランナーも少なく、スタートは最前列。
200mほど走っても、トップと並走。
調子に乗り過ぎてしまいそう。
自分を取り戻し、自分のペースで走ることを心がけると、数人に追い抜かれる。
この大会は3,4度目でコース戦略も理解している。
最初のダムの堤防への上り坂があるが、ハイペースで突っ込まない。
下りは慎重に走る。
ここで無理すると、後半、足に疲労が出てきて、失速する。
頑張って走るのは、堤防を下りきってからの10km。
堤防の上では、景色を楽しむ。
ただ今回、開催が6月から9月へ、スタート時間も朝5時と変更になり、堤防からの景色は真っ暗。
景色を楽しめない。そして折り返しのランナーで年代別順位確認が出来ない。

堤防からの下り坂は、足に負担が掛からない様ブレーキをかけながら柔らかい着地を心掛ける。
やはり、後から勢いにまかせてバタバタと大きな音を立てて走ってくる3人に追い抜かれる。
下りきるまでの我慢と辛抱し、下りきってからペースをあげ500mほどで先ほどの3人をパス。
その前とも結構差があったが、じわじわ差を縮めてパス。
15km付近の折り返し。
総合1位は速く、同カテゴリ。2位が一つ若いカテゴリで、3位がまた同カテゴリ。
この人達は、走力が別格で、差は2kmほどあるし、前にはまだ数人いる。
(入賞圏外の)いい位置かもと思うも、次の同カテゴリーが走ってこない。
結局、2kmほどある差の間に同カテゴリーの人はなく、自分が年代別3位。
後の人達も失速してる人が多く、追い上げてくる勢いのありそうな人は見当たらない。
いっぽう自分はあと数キロしか残ってないのと思えるくらい調子がいい。
入賞圏外はあきらめて、さらにペースを上げる。
残り3kmほどで追いついた60歳台1位のタイ人ランナー。
自分のペースについてきて、一緒に2~3人をパス。
なぜその年齢でレース終盤このペースで走れるのと感動。
自分も負けじとペースを落とす事ができず、頑張れる。
残り500mでようやく振り切れた。
そして年代別3位。タイムは1時間37分で思ったより時間がかかっている。
心配していた表彰式も、マラソン女子の総合1位がゴールする前に始まり、入賞者が揃ったカテゴリーからの表彰だったので8時30分にはトロフィーを貰うことができた。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ