緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



ロードバイク探し
ついに最大の難関、嫁の承諾を得た。
夏のボーナスで、ソンクラーン休暇も殆ど休み無しで働いた自分へのご褒美に2万バーツだけ自由に使わせてほしいと懇願して…。
今までロードバイク用に貯めていた約2万バーツを合わせれば4万バーツ相当の自転車が購入できる。

希望スペックは
カーボンフレームは無理なのでアルミ+カーボンフォーク
変速 シマノ105 (知人やネットで105以上でないと後悔すると話)

一日でバンコクのサイクルショップ5軒まわる。

まずはルンピニ公園近くのTREK取扱い店
目をつけていたのが、TREK 2.1
価格、ブランド文句なし。
ただカラーリングがいまいち。
別色の黒・赤があれば即決したのに…保留。

2軒目
スクンビットSoi26のキャノンデール取扱い店
店員が白人で敷居高い。
4万バーツの予算で勧められたのがCAAD8で6万バーツ
価格の敷居も高い

3軒目
パタナカーン通りの主にスペシャライズド取扱い店
3万3千バーツの値札がついているバイク。でも変速はShimano SORA+TIAGRA…惜しい。
その他コルナゴが1台。値札が6万7千→6万と下がっている。話すと昨日5万5千バーツで売れたとのこと。
(でも実際は売れなかったらしく最後に5万5千バーツで買うかと言われたが、ちょっと…)
ここでは偶然マラソン会場で2回ほど会った日本人の方遭遇。
トライアスロン始めたばかりとのことだが、今回ホイール等交換の為来店。
バイク見せてもらったが、とてもカッコいい。それにお金もかかってそう…。
ロードバイクを購入するとこんな風にのめり込んでしまうんだろうな…と怖くなる。

4軒目
ラムインドラにあるGIANT取扱い店
TCRがあれば前向きに検討と思って入店したが、
手頃な価格のTCR2、SCR、DEFYなどあったが、変速がTIAGRAやSORA。
それに質感がいまいち…。下調べした感じと違う。古いモデルか?
来月4日に店舗近くに引っ越すとのことで、以前より品数少なく感じた。

5軒目
自宅から比較的近いZEER RANGSIT地下にあるスペシャライズド、FUJI、KHSなど取り扱ってる店。
スペシャライズドは3軒目と同じ
KHSはSHIMANO 105がついて3万バーツを切る破格。でもデザイン、形が…残念。
FUJIに質感デザインがよくSHIMANO 105がついているが若干予算超えている。
若干サイズでかいか?そしてネームバリューは?
一時的な簡易的なペダルもつけられないらしい。そうなるとシューズとペダルもまとめて購入しないといけないし…予算が心配。
現在値引き価格の連絡待ち。

現在TREK 2.1かFUJI ROUBAIX 1.0が有力。
TREK 2_1-b

2011-FUJI_ROUBAIX-1-b.jpg


それか来年のモデルが出揃うまで待ちか?(嫁の気分が変わるのが怖い)。
また悩んでしまう。。。

スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

体重別大会
ラマ9世公園内のいつもの10kmコース。
ただいつもと違うのは、カテゴリーが年代別ではなく体重別。

パタヤで68kg近くあった体重が、この1週間少し食事に気遣い66kg付近になる事もあった。
こんなに簡単に落ちるなら、パタヤ前に減量しておけば良かった。
でもまだまだベスト体重60kg前後には遠い。

カテゴリーは68kgでも区切られる。
68-74kgで走れば、ほぼ入賞は確実。優勝も狙えるかもしれない。
60-67kgならば競合は60kg前半の人達なので入賞難しい。

朝起きて自宅のタニタのデジタル体重計で測ると66.5kg。
シューズを履いて、会場のアナログであろう体重計ならば68kgぐらいなるかも…と期待した。

ただ今年会場にあった体重計はデジタル表示。
小数点1桁まで表示される。
申込み時の体重は自己申告だが、会場の体重計で再確認。

シューズを履いた状態で、67.9kg…

走った後、ウエアやシューズが汗、水で濡れたら68kg超えるかも…と思ったが、
潔く(見栄を張ってか…)60-67kgで申し込む。

いつもなら、参加者の顔ぶれを見れば入賞できるかどうか?時には大体の順位までわかるが、この大会全く予測がつかず新鮮。
入賞への意気込みがあり、真面目にアップもする。
参加人数は少なめで2km付近で前に何人いるか把握できた。
でも10kmレースでは息ゼイゼイで速いペースで走っていても後から時々追い抜いてくる。
折り返しでカテゴリー別3位。
でもすぐ後に同じカテゴリーらしき人達が2,3人見える。
気を抜くと、追い越してくるかもしれない。
曲がり角では、後との距離を確認しながら、気を抜かず頑張る。
結果39分11秒で3位。
入賞すると体重測定がある。
濡れて体重が68kg超えてたら、シューズを脱いで測りなおせば何とかなるかな?と思いつつ計量。

濡れたシューズを履いたままで、66.7kg…。

思惑には反して1kgも減っていた事に驚いた。
それで堂々の入賞!
ただ68-74kgカテゴリーで走ったとしても同じ順位だった…。
20110724-02B.jpg

20110724-01.jpg

(この大会トロフィーが毎年いい感じ。来年も入賞したい。できれば46-59kgのカテゴリーで…。)

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

パタヤマラソン2011
今回の目標。
体重が増えてしまった現状ではキロ5分ペースでいけるところまで走り、
後半バテるだろうからプラス10分見込んで3時間40分。
去年の周回コースが不評だったのか?今年またコースが変わった。
スクムビット通りに出る手前の4km地点で19分台。
まだ若干ペースが速くもう少し落とせると安堵。
スクムビット通りの緩やかなアップダウンは苦手。
ここは終盤の坂を乗り切る為に、体力温存。
キロ5分ペースを心掛ける。
時折吹く風が冷たく、パタヤではベストな気候条件では?と期待する。
またラン仲間のOさんや、走遊会会長と並走する時間が長くあり、気分が紛れる。
折り返しが近づくと、例年はケニア人の独壇場なのに今年は日本人選手の姿が見える。
今大会はアジア選手権も兼ねているらしい。
日本人もあんな速く走れるんだと身近で見れて感動。
やがて知人達の姿が見え、5分ペースだから仕方ないが距離がかなり開いている。
それに触発されてか折り返し後も調子良く走れる。
後半もタイムが落ちそうにない感覚。
距離表示が早く過ぎる。
プラス10分もバテる感じではなく3時間40分は切れそうと思う。
ところが、ジョムティエンビーチ。
段々暑くなる。
そのうえ給水所が減った?
海岸の直線が長く終盤の坂までにバテそう。
そして終盤の坂は想像通り過酷のうえ暑かった。
何とか坂を乗り越えて、ここまでのタイム。
思ったより落ちてない。
3時間30分切れるかも…。
最後は電光掲示板のタイムを見ながらラストスパートで3時間29分37秒。
結果イーブンペースで、現状ベストなレース展開が出来た事に満足。
20110717-02B.jpg20110717-04B.jpg


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

KPIS MINI MARATHON
ジェーンワタナのイミグレがある建物前がスタートの10km大会。
この大会のおかげで、そろそろ90日滞在の申請をしなければならない事を思い出す。

パタヤに向けて最後の追い込み。
OVER ALL枠で5位まで賞金があり、ケニア勢も参加。
代わりにタイ人ランナーは少なく感じた。
30歳代で顔見知りのタイ人は2人。
(1人は走力が別格。もう1人は、彼が調子が悪くて自分が調子ご良いと勝てるライバル。)
政府機関が集まっていて無意味に広い敷地内を走る。
スタート直後も道幅が広く、直線の為前に何人くらいいるか把握できる。
1km弱でライバルの背中につく。
最初はどこまで離されるかと思っていたが、
最近の練習の成果で調子が良くなっているのか、彼が調子を崩しているのか予想以上に追従できる。
ずっとO~10mの差が続く。
4.5kmの折り返しで年代別順位確認。
ケニア勢の最後が30代のカテゴリゼッケンをつけて走っていた。
そしてタイ人全体の2位くらいで別格のランナー。
そして、あまり見たことがない30代のタイ人が1人。
そしてライバル、自分と続き、見落としなければ5位。
その後もライバルとの並走が続き、6km付近で前にいた30代のタイ人を同時に2人でパス。
でも終盤女性のOVER ALL1位が追い上げてきて、それを察し、余力があったライバルはペースをあげる。
余力のない自分はじわじわ離された。
結果38分20秒。年代別4位。
20110710-01B.jpg

20110710-02B.jpg
JogNote仲間のNさんに取って頂いた写真。有難うございます。ケニア人と並んだ表彰台は貴重!!
ちなみに右側がライバル。次は勝ちたい。






テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ