緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



パパ頑張る!
26日はタイ電力公社50周年の記念大会に参加。
この大会、入賞者にはトロフィーでなくマスコットのぬいぐるみが貰える。
できればぬいぐるみをGETして娘を喜ばせたい。
でも会場は多くの人で、入賞は難しそう。
よくみるとテントに大量のぬいぐるみが積んである。
どうも完走賞もメダルでなく、ぬいぐるみらしい。
これなら、入賞しなくてもとりあえず娘へのおみやげはできる。

折り返しでは年代別6位。
ぬいぐるみは小さいほうより、大きなほうが良いだろう。
そう考えているうちに前を走っていた同年代に並ぶ。
後半3kmくらいずっと並走する形になり苦しかったが、ラスト1KMでようやく前に出れた。
年代別5位。
娘にも大きなぬいぐるみを渡すことができて良かった。
20100926-1.jpg

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

PARK RUN
20100919-1B.jpg
例年は、陸軍敷地内で開催されているTMB銀行主催の大会。
今年は、チャトチャクにある本社ビルがスタート。
目前のチャトチャク公園と隣接する鉄道公園を走るという面白そうな企画。
銀行主催だけあって運営資金は豊富なようで、5歳刻みのカテゴリーで賞金もでる。
この日は、サムイ島マラソンと重なる為、賞金稼ぎはサムイ島を走るだろう。
ひょっとして賞金貰えるかもしれないと期待が膨む。

でも会場は沢山の人。
スタート地点は一応30分、40分、…70分の立て札がある。
なるべくゴール推測タイム順に並ばせたい意向がある様だが、
思ったとおり、みんな無視。
どう見ても30分台で走れないだろう人達が前に沢山並んでいる。
スタート直後で案の定ぶつかったり押されたりで危ない。
ビルの敷地をでると大きな通りを横断。
公園に入るまでに、走りやすい位置まで順位を上げたい。
それで最初から追い込んで走らざるをえない。
まずは鉄道公園。
道幅も狭く、一般の人達もいる為走りにくい。
続いてチャトチャク公園。
一般の人達とあわせて4kmの部も混ざる。
さらに走りにくい。
フィニッシュはチャトチャク公園内でスタート位置とは離れた場所。
フィニッシュ・ゲートが見え気力を振り絞って走る。
しかしゲートの横をすり抜け、予想外の距離300m~400mが残っていた。
気力は続かず40分32秒でフィニッシュ。
やはり賞金の出る大会は速い人が沢山いた様で全く入賞に絡めなかった。
20100919-4B.jpg
20100919-5B.jpg
写真を撮ってもらって早々退散…。


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

RIVER KWAI INTERNATIONAL HALF MARATHON 2010
20100912-5B.jpg
今年で4年連続4回目の出走。
去年の結果
今年のテーマは知的に走る。
具体的には、
前半はできるだけ抑える。
後半タイムを2分以上縮める。
前半46分で、後半2分以上縮めてこの大会での自己ベストに挑戦。

スタート後ホテル敷地内の道から左折し広い道の前方の坂を見ると、あまり人がいない。
ハーフは久しぶりで、レース感が鈍ったか?知らないうちに飛ばしすぎているのか?と思ったが、そんな調子でもない。
思えばスタート地点で、入賞常連の速いタイ人や、広くなった年代別(16-39歳)のゼッケンも少なかった様に感じる。
5km付近で同時スタートの10kmの部が折り返すと前を走るのは2~3人。
このままだと総合でも5位以内!
去年より更に速いタイ人の参加が減っている。
この調子だと入賞できる!
外国人に寛大な大会になったなぁと喜ぶ。

とりあえず前半は、程よいペースのフランス人と一緒に走る。
そして前半を走りながら後半の戦略を考えていく。
残り4km付近から下り坂が続くことになるだろう。
残り6km付近は緩やかな上りになるのか?などなど。
20100912-6B.jpg
7km付近で、後ろから日本人らしい人が追い抜いてくる。
最近、走遊会に入った新メンバー(サブスリー経験者)に違いない。
走りながら挨拶。
さすが、サブスリーランナーどんどん離される。
ついていきたい衝動に悩まされながら、ひたすら我慢。
並走していたフランス人とほぼ同時に折り返し。
時計は47分。
自己ベストを狙うには、タイムが若干遅い。

後半は我慢してペースを抑えなくて良い。
やっと我慢のペース維持から開放される。
後半勝負でペースを上げて、フランス人より先に走る。
前には3人。
断トツ1位でスエーデン人。
2位が40歳台のタイ人
3位が走遊会新メンバー。
なんとか彼の背中が見える位置で頑張りたい。
20100912-3B.jpg
去年は下り坂なんて何処にもなかったと思ったコースが、
やはり多い下り坂でペースが上がり、足へのダメージが大きい。
でも走遊会新メンバーの背中が少し大きくなった気がする
足が故障しても、バンコクまで直せばいいやと頑張る。
でも終盤また離され結果、1時間30分52秒。
ここの自己ベストは更新できなかったが、まずまずの結果とレース展開。
そして年代別3位。総合4位。
20100912-4B.jpg
今年はスポンサーにMIZUNOが復活。
トロフィーの他、副賞も復活。
年代別3位は、
Tシャツ。
20100912-2B.jpg
20100912-1B.jpg
でもサイズはXL。
入賞者でこのサイズを着こなせるランナーはあまりいないと思う。

来年は30回目(バンコクマラソンより歴史がある!?)
それを記念に30kmレースが増設されるらしい。
この大会はハーフを満喫して走りたいのに…。
来年は、自己ベスト狙いで前半を46分に抑える微妙な調整を試みたかったのに…。

たぶん30kmを走ることになります。





テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

あと1週間。
箱根駅伝の1ヶ月前に風邪をひいた選手はメンバーから外す監督がいるらしい。
故障と同じ様に、風邪でも走力が低下してしまう事を今回実感した。
ラン友N氏の持論に3倍の法則というものがあるらしい。
というのは、
1ヶ月全く走らないと、走力を戻すには3倍の3ヶ月必要。
風邪で10日間全く走れなかった自分の場合では、約30日必要ということ?
なんか正しい感じがする。

でも本命レースのリバークエー・ハーフマラソンまで1週間。
焦りがあり、とりあえず走り込んで調子を戻すしかない。
30日を15日間に短縮せねば…。

日曜日、走り込みと走力回復具合を確認する為ブッタモントンで開かれたミニ・マラソンに参加。
10kmならば40分、10.5kmならば42分で走れれば、とりあえず安心できる。
たぶん距離は正確でないから、その時はレース展開で調子を判断しよう。
病み上がりから、急に走り出した影響か若干左膝まわりに痛みを感じるが
前日に約25km走っているにも関わらず、先週の大会と比べ、体が軽く、動く感じがする。

スタート合図をするVIPの到着が遅れ、約10分遅れてスタート。
やはり先週と同じく多くの人が前を走っていく。
ブッタモントン園内は走りにくい。
石畳の一部が陥没や隆起していたり、広い道路に出る為に階段を5段くらい上らなくてはならず、足元に注意が必要。
ブッタモントン前の広い道路になると走りやすい。
スタート直後から飛ばしたつもりはないのに、すでに呼吸が荒い。
まだ調子は戻っていないのか…。
でもどんどん追い抜かれた先週と違ったのは、じわじわと前を走る人に追いつき、追い抜ける。

太陽がでている大会は久しぶりで、まぶしいがタイらしくて良い。
折り返し後は長い影ができて、影で前後の間隔がわかる。
ラスト1kmくらいでやはりペースが落ちた。
案の定、後ろから女子の総合1位にも追い抜かれる。
8月中旬の大会では最初から先行してゴールできたはずなのに…。
女子より速くゴールできるかでも、調子の判断ができる。
まだ完全には復調できてなさそうだが、38分39秒でゴール(距離は10kmより短いだろう。)。
年代別入賞には届かなかった(5位の入賞者タイムで37分5?秒でたぶん自分は6位か7位だろう。)が、復調の兆しが見えた事が嬉しかった。
あと1週間、間に合うかも…
20100905-1B.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ