緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



今日も雨…。
昨日実感した体力の落ち込みを2週間後のリバークエーまでにどうやって回復させるか…。
大会参加で追い込み、超回復を期待するしかない。
そこでサラブリ県で開かれたミニ・マラソン10.5kmに参加。
昨日に引き続いての雨。
風邪を引き返しそう。
例年途中で山がある面白いコースだが、水が溢れている場所があるらしく急遽コース変更。
味気ないコースだった。
今日の課題はスピード重視で最初から追い込む。
スタートから息ゼイゼイで走るが、前に付いていけない。
というよりどんどん後ろから追い抜かれる。
最後までスピードに乗れず、44分59秒でゴール。
遅~い。
20100829-1B.jpg

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

バンコクマラソン・プレ大会
先週末は高熱が出て寝込む。
今週もいまいち本調子でなかった。
倦怠感があり、走る気力が湧かない。
ご飯が美味しくなく、食べる量も減る。
晩酌のビールが飲みたくない。
この10日間全く走っていなかった。
そしてここまでの月間走行距離は50km弱。

でも2週間後に走遊会指定大会のリバー・クエーハーフマラソンが控えている。
少しでも調子を取り戻さなければ…
というより、まず走り出さなければ…
ちょうど土曜日早朝に参加費無料のバンコクマラソン・プレ大会があった。
いきなり本気で30kmも走り切れそうにない。
とりあえず今回は練習としてゆっくり走ろう。

雨のなか、5分30秒/kmぐらいと思うペースで走る。
そして給水所の距離表示より正確な中央分離帯の距離表示でペース確認。
まさかの6分超え。
自分の感覚のペースと実際のペースにかなり開きがある。
5分30秒/kmペースまで上げれそうにないが、せめて6分ペースまであげたい。
そこから3kmくらいかけてようやく6分/kmペースに戻す。
いきなり長い距離を走っているせいか、ひざの裏の関節が痛みだす。
そこから太ももの裏に張りを感じる。

22kmの給水所で立ち止まってスイカ、スポーツドリンクを味わう。
そこから、6分/kmのペースが維持できない。
足が重い。
歩幅が狭い。
足のバネをまったく感じない。
こんなに体力が落ちていることに驚く。
まるで5時間台でフルマラソンを走っていた頃の様だ。
ピンクラオ橋を超えた頃には、足が棒。
しかも腕まで痛い。
そして3時間11分でゴール。
たとえ練習としても、あまりの悲惨な結果にショック

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

今年は10km
15日はチュラロンコン大学で開催されたミニマラソン(10km)に参加。
去年も参加したが、実際の距離が長かった(13km)印象が残っている。
10kmレースのつもりで臨んだら13km持たないと思い、事前にコース確認。
大会パンフレットによると、今年はコースが若干変更して短縮している。
20100815-1B.jpg
たぶん10kmないだろう。
これなら最初から迷いなく思いっきり走れそう。

自宅から車で向かうとバンコク方面に雷の光がみえる。
ひょっとして雨?去年も雨が降った気がする。
会場はやはり雨で、駐車すると学生が大きな傘をもって受付まで送ってくれる。
雨の大会運営も慣れた感じだ。

バンコク市街地を走るにも関わらず参加者少なめ。
やはり雨が降ると参加者減るようだ。
でもこの大会、Over allで1位3000B、2位2000B、3位~5位1000Bと賞金がでる。
賞金がでると、どこからともなくやって来るのがケニア人。
今回は3人が参加。そのうち1人は同じ30代。
そして12日の大会で全体1位となった30代タイ人もいる。
12日の大会のようにover all枠が年代別と別枠ならば彼らが抜けて年代別で入賞狙えそう。
雨でアップする人はほとんどいない。
スタート前に服やシューズが濡れるのは避けたい。
雨が当たらない場所で柔軟をして、スタート前小雨になり100mくらい走っただけでスタートラインに並ぶ。
先週の人込みとは違い、前から3列目くらいで並べる。

スタート後、スムーズに前に出れる。
思ったより視界が開けるのが早い。
気付くと隣にケニア人もいる。
つかの間のトップ集団で気持ちいい。
その集団で学校を出て左折。
曲がり角には水溜りがあり、集団の真ん中にいた自分は思いっきり水溜りに突っ込んだ。
せっかく濡れない様にしていたシューズがはやくもビショビショ。
そこからは、やはり実力とおりにじわじわ離されていく。
同年のサブ3ランナーや50代の憧れのタイ著名人ランナー・Nさんに追い抜かれる。
なんとか後ろ姿がみえる位置で、少しでも長く走りたい。
途中、走りに熟練さを感じる40代ランナー(たぶん50歳近いだろう)と並走することで刺激になっていた。
一度追い抜かれたランナーやバテたランナーを追い越していける。
でも前半に思い切って行きすぎたのか、ペース維持が辛い。
そのうえバンコク市街地コースは排気ガスや騒音が煩わしい。
走っている前にバスが停留していて、発車時の黒煙を浴びてしまった。
マーブンクロン前を左折してチュラ大へ向かう。
学校の入り口はまだか?と思ったより長く感じる。
じわじわ並走していた40代ランナーにも離される。
ようやく学校の入り口。
スタート時はあっという間に過ぎた区間だが、ゴールがやけに遠くにみえる。
最後の力を振り絞って37分15秒でゴール。

年代別5位の入賞札が渡された。
思ったより前に30代が走っていたんだな~とギリギリ入賞という結果にいまいち不満。
ゴール後、12日の全体優勝のタイ人がいたので声をかけてみた。
「また1位?」
「ケニア人が3人いたからダメだった」
と2位と4位の札を見せてくれた。
『え…。何故入賞札が2枚…。』
そして同じ年のサブ3ランナーに
「良かったな」と声をかけられ、彼がもっていた4位の札を見せられる。
『え…。何故4位が2枚…。』
走った直後で混乱している。
ようやく冷静になって、もしかしてこの5位の札はoverallを含めた年代別順位!
(over all5人は別枠としてトロフィーがあるわけでなく、年代別トロフィー+賞金となっていた。)
30歳台 1位ケニア人(全体1位)2位タイ人1位(全体4位)3位と4位は35分台。その次が37分台の自分。
タイムも違うし、トロフィーも小さかったが実力者の中に割り込めて、とても嬉しかった。
ケニア人を含むエリート達と並んだ表彰式の写真がほしかったが、壇上のスペースが小さく、一人づつしか上がれず並ぶことなく終了…。
20100815-3B.jpg

20100815-2B.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

他力本願
12日は王妃誕生日で祝日。
恒例のベンジャキティ公園での誕生記念大会は、たぶん沢山の人で込み合うだろうと回避。
ブッタモントン・サイ1で開かれたキリスト教の学校で行なわれた10.5kmの大会に参加。
人込みを避けたつもりが、
20100812-1B.jpg20100812-2B.jpg
20100812-3B.jpg20100812-4B.jpg

20100812-7B.jpg
最近めずらしいほどの人込み。
参加Tシャツも早々無くなった様で、Tシャツ100バーツ分が引かれ100バーツの参加費で済んだ。
スタート地点も学校敷地内から大通りへ歩いて移動。
路肩を利用して出来るだけ前に並ぼうとする。
でもスタート後道幅が広いにもかかわらず、まだ沢山の人が前にいて追い越しに苦労させられる。
そして思ったより坂が多い。
折り返しコースだから後半また同じ坂を上らなけらばならないことを考えて走る。
まっすぐで広い道は坂で前も見渡せる。
50m先には、最近2回の大会で、負けていないピンク色のランシャツの人が走っている。
そのうち相手のペースが落ちてきて追いつくだろうと思った。
そして折り返し。
ゼッケンを確認することは出来なかったが、前を走る人数から察すると入賞微妙な位置。
ピンク色の近くで、もう1人青色の30歳台がいた。
ペースが落ちている感じがして、そのうち追いつくだろうと思う。
残り3km。
この2人との差が縮まらない。
15mくらい先に青色。さらに15m先にピンク色。
後ろ姿は見えるが、差が縮まらない。
この2人を追い抜けば、入賞できそう。
1キロあたり5秒ほどペースアップしなければ追いつけないと計算はできるも、
もはやペースアップをする気力、体力もない。
すでに他力本願で最後の坂でバテてくれないかなあ~など考えている。
結局追いつけなかったが、5位の入賞札が余っていた。
Over All枠1位が30歳台だったおかげで30歳台の枠が1つ増えた。
実際年代別6位。
他力本願…。
際どかった…。
20100812-6B.jpg
20100812-9B.jpg
20100812-8B.jpg
20100812-10B.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

風が強く吹いている
7月末は日本本社へ出張で走れなかったが、7月の月間走行距離は久しぶりに200km超えた。(210km)
出張の移動中などで『風が強く吹いている』を読破。
20100801-2.jpg
感銘を受け、youtubeなどでも箱根駅伝の動画を見て涙する。

それでモチベーションがかなりあがっての8月1日の大会。
賞金レースのバンコクポスト主催のセントラルワールドの市内コースは回避。
ブッタモントンで5歳刻みの10kmレースで入賞を狙う。
レース中『風が強く吹いている』の感動の余韻を感じながら追い込んで走れる。
序盤で、走力が似ているランナーは追い抜けた。
終盤バテるかもという不安があったが、前には同カテゴリで速い印象のあるランナーの背中が見え、頑張って走る。
後半、追いつきしばらく並走したが、さらに追い込んで前に出る。
スタート前気になったランナーは皆追い抜き入賞できそうなところまできたが、まだ前にはたくさんランナーが走っている。
いったい前には同カテゴリーが何人いるのだろうと思いながら37分12秒でゴール。そして貰った年代別1位の順位札はびっくり!
本番レース前に『風が強く吹いている』&箱根駅伝YOUTUBE動画などで気分を高めるには良いかもしれない。
20100801-1B.jpg 20100801-3.jpg




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ