緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



RIVER KWAIを目指して
仕事で月~水まで蒸し暑い日本へ一時帰国。
パタヤから1週間後の帰国前日。
次なる目標9月12日のRIVER KWAI(ハーフ)で1時間30分切りを目指しての大会参加。
今年は恒例のラマ9世公園の体重別には参加せず、約150km離れたロッブリーまで遠征。
(この時の体重は60kg。完走後には激戦区46~59kgになってしまう不安があった。)
ロッブリーの赤十字病院での大会は1週間前のパタヤと比べると、華やかさは全くない。
でも緑に囲まれ、田舎の大会も悪くない。
ハーフで楽して久しぶりのトロフィーをGETしようと思ったが、結構厳しかった。
5歳刻みで4位(1時間31分8秒)。
20100725-1B.jpg

今年はスポンサーにミズノが復活したRIVER KWAI。
昔の様に、賞金+豪華副賞があるかなと要項をみると…
年代別カテゴリーは16~39歳で5位まで。賞金なし。
(全体的にカテゴリーが少ない)
10代、20代の若者が同じカテゴリーでは勝算はなく、入賞はあきらめるしかない。
でも参加費はタイ在住者500Bと高め。
何か出し惜しみしてないか…?
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

パタヤマラソン 2010
20100718-6B.jpg
1週間前までは憂鬱でしかなかった。
5月、6月の月間走行距離が150km程度と少ない練習量。
6月初旬のフルマラソンの苦しさをまた味わうのか?
暑いパタヤでは記録も期待できない。
せめて4回目になるパタヤでの去年の自己ベスト3時間25分台を更新しようと思うも今年はコースが大幅変更。
昨年の記録と比較もできない。
暑い中、何の為に苦しい思いをしてフルマラソンを走らないといけないのか、価値観を見出せなくなってしまった。
自己ベスト更新という強迫観念があり、それが長らく更新できないもどかしさで練習も嫌気がさしはじめていたのかもしれない。
マラソンは辛く苦しいだけじゃなく楽しみもあったはず。
ここは開き直って、記録に拘らず「マラソンを楽しもう」と考えることにした。
そう考えると、いままでの憂鬱感が不思議とワクワク感に変わる。

スタート前、走遊会メンバーやマラソンを通じて知り合った日本人達そしてライバルのタイ人達と挨拶。
走り始めて多くの人たちと知り合い、毎年増えていく事が嬉しい。
今年からコースはほぼ周回するコース(フル4周・ハーフ2周)となっている。
スタート地点の市役所からビーチへ向かい、1周目は距離合わせの為か右折する。
この区間が唯一ランナーが往来する区間となる。
まだまだ序盤だが、すれ違う走遊会メンバーにお互いの健闘を祈って手を振る。
またパタヤ特有の異色な声援も序盤から受ける。
特に夜明け前のWALKING STREETまだまだテンションが高く、酔いどれ白人やお姉さん(ほとんどがオカマ?)達の応援は楽しい。
給水ポイントには大きくWATERと書かれた看板、そしてDROP AREAと区別されたコップ捨て場所もあり運営が向上した感じを受ける。
途中、経過時間の大きな電光掲示板が数箇所設置されていて豪華になった感じも受けた。
WALKING STREETを過ぎると、変更後のコースで一番の難所かと思う坂があり頂上付近でチップ計測ポイント。
例年のパタヤ終盤の坂と比べると楽だ。
坂が終るとセカンドロードを北上して戻る。
ここも賑やかで応援が絶えない。
酔っ払いなどの交通規制もしっかりしている。
サポート重視した集約型のコースも悪くないと思った。
キロ表示を見かけなかったが、1周回れば大体の距離が把握でき、不便とは思わなかった。
パタヤ北のロータリーを曲がって2周目。
ハーフと合流しはじめるが、懸念していた混雑もそれほど影響なく走れる。
前後に間隔が開き孤独で走るよりも、気が紛れて良い。
夜明けの海岸は清清しく、景色も楽しめる。
3週目に入ったところでケニア勢が追い抜いてくる。
あれがマラソン終盤の走り?と驚かされるが、間近でトップ選手の走りがみれるのは貴重だった。
そしてファイナルラウンド。
まだそんなに気温が上がっていない感じを受けて例年より走りやすく感じたが、
計測ポイント前の坂では、勾配上がった?と思うくらい足取りが重くなってしまった。
でも6月初旬のフルよりは断然楽に感じる。
あの苦しみも無駄じゃなかった。
この付近でまだ3時間経過していない。
ひょっとして3時間25分内で走れるんじゃない?と期待が湧く。
ファイナルラウンドのみ終盤右折することになる。
ここまで来ると残り3km。もう少しで終ってしまう寂しさがあった。
でも最後にまた上り坂があり、簡単にはゴールさせてくれなかった。
勾配はゆるやかだと思うが、思った以上に長い。
坂を上りきり左折するとゴールが見える。
ここからも長く感じたが、ゴールの賑わいや声援を受けフル完走の達成感に浸るには丁度良い。
3時間28分台でゴール。
平凡な記録でも、やっぱりマラソンは楽しかった。
20100718-2B.jpg
20100718-4B.jpg
20100718-1B.jpg
20100718-7B.jpg




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

パタヤまで1週間…。
先週のノンタブリの悲惨なレース結果ではさすがにパタヤに向けて焦りが生じた。
それで今週は練習量を戻す。
土曜日は、2時間弱のLSD。そして日曜はスピード練習を兼ねてラマ9世公園の10kmレースに参加。
先週の大会で『最初から追い込んで最後までペースを維持して走りきる』実力が備わっていない事がわかり、
最後まで持ちそうと思うギリギリのスピードで走る。
折り返しで年代別順位確認。
顔ぶれをみると、本調子なら5位を走っているだろう。
でも現在8位。しかも入賞圏内とはかなり差がある。
後半も苦しい状況だったが、今回はペース維持できた。
前回とは逆に、後半10人くらい追い抜いた。
何とか5位の背中も見えてくる。
そしてラスト200~300メートルで6位に追いつく。
どうせ入賞圏外だし、ここで先行するのも大人気ないと思い、
先にゴールすることを促す。
するとゴール付近で手を差し伸べられる。
えっ…!?
結果手をつないでゴールする事に…。
39分58秒。
20100711-1B.jpg


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ノンタブリ・ミニマラソン
タイのランニング情報誌SIAM RUNNINGでは4日は大会がないと思っていたが…
試しにタイのランニングクラブのホームページから大会情報を検索すると…
ラマ9世公園やノンタブリなど、いろいろ大会があるらしい。

パタヤに向けてラマ9世公園で3時間くらいのLSDまたはペース走に取り組んもうかと思っていたが、
ラマ9世公園で大会があるのならば、練習には混雑で走りにくいし、
とはいうもののラマ9世公園での大会参加は2週連続となってしまう為避けたい。
そうなるとノンタブリで走りることにした。
20100704-3B.jpg

会場は毎度の保健省かとおもったが、ホームページに掲載されている見にくいタイ語要項をみると、どうも県庁らしい。
新しく走るコースは新鮮で良かった。
わりと大きな車線の片道を交通規制し車の進入がなく走りやすい。
10.5kmのレース展開は最初から追い込んで最後までペースを維持して走りきる。
目標はキロ4分ペースの維持で42分前後。
序盤、あの人は先を走るだろう、この人には追い抜かれないだろうという妥当な位置で走っている。
それが、4km付近からいつものペースが維持できない。
しかもそこから全く予期していなかったチャオプラヤ川を渡る長い上りがあった。
どんどん足が重くなり、呼吸が荒くなる。
思った以上にペースが落ちるのが速い。
10.5kmもたない。

先週のハーフでは6月月間走行距離120kmという練習不足をごまかせたが、全力で走る10kmは走力の衰えが明らかにわかり、レースに影響する。
そこから、この人には追い抜かれないだろという人もどんどん先に行く。
少なくとも10人には追い抜かれた。
女性陣のトップにも一度追い抜かれたが、男の醜い意地のスパートで何とか先にゴール。
20100704-5B.jpg
20100704-4B.jpg

結果45分29秒
この状態で、パタヤに臨むのは悲惨な結果は免れない。
あと2週間。
どこまで調子戻せるだろうか…。