緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



迷走
6月初旬のフルの苦しみが癒えない。
またパタヤで同じ苦しみを味わうのかと思うと…。
目前に迫っているパタヤマラソンから逃避しワールドカップ観戦に走ってしまう。
その結果、6月の走行距離はまた150kmにも届きそうにない。

そろそろ大会に出て、現実を見なければ…と参加した大会。
ラマ9世公園でのツイン・ロータスミニハーフマラソン。
1年に数回ラマ9世公園で開かれる大会で、この大会のみハーフ部門がある。
しかも賞金がでて、毎年速い人がたくさん参加してくる。

スタート前の雨で、水たまりが邪魔だが、涼しい。
今年は前半は一般道を走る。
同じペースで走っているランナーの顔ぶれを見ると、そんなに走力は衰えていない感じ。
でも6kmくらいの折り返しで年代別順位を数えてみると、5歳刻みのカテゴリーにも関わらずすでに10人いた。
10kmでちょうど40分。
涼しさのせいか思ったよりタイムが良い。
それから10kmと合流して公園隣のため池のまわりを走る。
好調時のレース展開のように、後半さらに追い込んでペースをあげたい。
2人くらい追い抜いたが、そこから思うように差が縮まらない。
距離表示も自分が思うより長く感じる。
ひょっとしてバテてる?
やはり練習不足の影響が出てくる。
そんな状態で公園へ。
コースがハーフと10kmで分岐。
コース案内の矢印に従い曲がると…
雰囲気に緊張感がなくなる。
和やかに散歩している人たちがいて、走っている自分が浮いている。
そして目前には小川を渡る橋の階段が見えてくる。
レースでさすがに階段の上り下りはないだろう…。
これからどう行くのか?まわりに誘導員を探してもいない。
ランナーもいない。
とりあえず階段は避けて曲がってみる。
さらに道が細くなる。
有り得ない。
過去何度も走っているラマ9世公園でコースを間違ってしまった。
ようやくランナーを見つけ、合流。
思い起こすと、一本手前の道を曲がってしまい100mほど大回りした様だ。
公園内の折り返しで確認すると、目指していた前のランナーとの間に追い抜かれた覚えのないランナーが2~3人走っている。
すでに緊張感も体力もなくなり、さらに2~3人に追い抜かれる。
でもタイムは1時間32分台。
全体的に距離が短かったのか?思ったよりタイムが良かった。
20100627-1B.jpg
20100627-3B.jpg


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

パタヤに向けてフルマラソンを走る。
5月の走行距離150km弱…。
先月のタイ混乱のせい?ですっかり怠け癖がついてしまった。
6月1週目、ナコンナヨック県のダム堤防を走る大会に参加。
ダムの堤防から臨む景色が良く、お気に入りの大会。

そして今年はフル部門が新設!
そして参加費無料!?

ただ現在の調子でフルを本気で走りきる自信はない。
ハーフを本気で走るか?
あるいは
パタヤに備えた練習の一環としてフルをLSD感覚で走るか?
悩む。
そこで走友N氏に相談。
・参加費無料ならば当然フル。
・練習の一環ならばLSDではなく30kmまでペースを抑え、そこからゴールまで颯爽と駆け抜けるレース展開を試しては?
と的確なアドバイスを頂く
これまでフルマラソンの終盤を楽しく走れた経験はなく、本当に前半を抑えればそんな醍醐味を味わえるのだろうか?
試すにはいい機会だ。

作戦は30kmまで5分/kmの我慢のペース走。
そこから颯爽とペースアップして目標3時間30分内。

序盤からダムの堤防を目指して駆け上る。
いつもなら追い抜かれないだろう女性陣や年輩ランナーにも序盤から離され焦るが、一緒に走っていたN氏に
「後半で追い抜けるから…」と言われ我慢。
6km付近の堤防での折り返し。
すでに同じカテゴリー(30-39歳)が10人くらい前を走っている。
この時点で入賞の誘惑もなくなり、ペース走に専念できる。
でも走っているうちに、距離表示が全くない事に気付く。
一緒に走っていたN氏に、
道脇の1km間隔である白い石の道標を利用してペースを確認する事を教えてもらう。
中盤で5分弱のペースを刻んでいる。
イーブンペースでもハーフを過ぎたあたりから徐々に追い抜ける様になり、先頭の女性陣も追い抜けた。
25km付近で少し空腹を感じた。
でもこれまでの給水所では水しか出てこない。
スタートから2時間が過ぎ、目標の3時間30分をきるには、そろそろペースアップしたい。
この日のNさんの体調では終盤ペースアップ出来なさそうという事なので、「次の折り返し(27km付近)から、先に行きます」とペースアップを慣行。
折り返して最初の道標から次に見つけた道標までのタイムが14分10秒。
この3kmを4分40秒ペースで颯爽と走った。
そしてゴールまで味わったのは…
地獄の苦しみ。
颯爽ペースが維持できたのは瞬間。
午前8時ですでに暑過ぎる。
相変わらず給水所には水だけ。
しかも給水所の間隔がとても長く感じる。
すでにLSDペースだが、どこまでもペースが落ちそう。
『歩きたい…』
久しぶりにマラソンで歩くことが頭を過ぎる。
でも一度歩くとたぶん度々歩くことになるだろう。
それだと練習の意味までなくなってしまう。
なんとか次の給水所まで耐える。
久しぶりにマラソンの過酷さを味わう。
何度も歩きたい、辞めたい衝動に駆られる。
前のランナーも時々歩くようになっていた。
でも追いつかない。
ラスト2kmでようやく追いつくと、後ろからもう1人来ていると言われ、
振り返ると、同じユニホーム。
走遊会のS氏。
この過酷さの中、ここまで差を縮めてきたことに驚く。
何とか追い抜かれない様に頑張るが、段々と気配が近づいてくることが分かる。
負けを覚悟したが、並んでゴールをするのも悪くないと思い頑張ってついて行く。
やがてゴール付近の賑わいが感じられ元気がでる。
ちょっと前にバテているタイ人がいたので最後の悪あがきで追い抜く。
結果ほんの少し走遊会の仲間より先にゴールする形に。
20100606-1B.jpg


そして入賞に関係のない6位の予備札が貰えた。
結構前を同カテゴリーが沢山走っていたはずなのに、過酷な暑さで完走率は低い?
そして今回も終盤楽しく颯爽と走ることは出来なかった。
フル・マラソンはやはり難しい…。
そしてパタヤ・マラソンへの不安が大きくなってしまった。












テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ