緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



チャンタブリ・ミニハーフマラソン
あちらこちらが炎上してしまったバンコクを離れ、
夜間外出禁止の対象になっていないチャンタブリ県での大会に参加。
一昨年に走ったが、先着200人に貰えるドリアンと20km過ぎからの距離が長い印象の大会。
今回の大会要項には21.6kmと記載してある。
20100523-5B.jpg
腕時計を忘れ、初めて時計なしで走ることになってしまった。
この大会男子ハーフは5歳刻みのカテゴリーというのもうれしい。
35歳から39歳というカテゴリーは、
競技志向の強い若者と、
参加人数の多い40代との谷間の世代なのか入賞できる確率が高くなった気がする。
距離が長い事、練習不足(長期間に渡ったデモの影響で練習不足との声も多く聞こえた。)で、前半は抑える。
20100523-1B.jpg
雨上がりのためか、田舎で車が少ないためか走りやすい。
5km過ぎから、ゆるやかなアップダウンが続く。
景色もよくなかなか良いコース。
前半で3人くらいに追い抜かれ、じわじわ離されても、最近のハーフ快走パターンである後半追い上げのため焦らない。
11km付近での折り返し。折り返し前にも1人抜かれた。
各年代で結構速い人が走っていて、年代別4位。
年代別1、2位は別格の速さだったが、3位は50mくらい先を走っている。
折り返して、下り坂で勢いをつけペースを上げる。
13kmくらいで3位の人に追いつくが、ついてくる。
ひょっとして後半追い上げができていない?と焦る。
そのうちさらに前を走る2人との差が縮まり、16km付近では4人の集団となる。
離そうとしてもついて来て、またまた焦る。
そのうち足音が遠ざかりやっと自分が抜け出せた。
最終盤の公園横の道。
一昨年はとても長く感じた道が、今年は最初から距離が長いと分かって走っていた為かそれほどでもなかった。
20100523-6B.jpg
ゴール時、初めて電光掲示板の時計でタイムを確認。
1時間31分06秒。
予想外の好タイム。
21.1kmなら30分切れていたかも知れない。
そして年代別3位。
なかなか良いトロフィーだが、3位から5位までは同じ大きさ。
20100523-4B.jpg

そして今年も…
20100523-3B.jpg








スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

タイム・トライアル
5月9日。
近場でのレースは、ラマ9世公園かブッタモントンで開かれるミニ・マラソン。
どちらも新鮮味に欠け気乗りしない。
走遊会情報ではブッタモントンが参加費無料のうえ、なぜか1位から3位までは賞金が出るらしい。
そうなると速い人はブッタモントンに集まるはず。

ホームグラウンドのラマ9世公園でコースレコードに挑戦するのも悪くないか…。と思いラマ9世公園を走ることにした。
午前5時過ぎですでに暑い。
靴紐を結ぶだけでも、汗が出てくる。
気持ち程度のアップでも、スタート位置では汗がダラダラ。

皆ブッタモントンの大会で走っているのか、全体的に参加者少ない。
でも30歳以上のカテゴリーでは、トライアスリートの日本人の方を含めて明らかに走力が違う人が3人いる。
残り2枠か…?
10歳刻みだと知らない人も多いし…入賞無理かも…。
今日は入賞関係なしに自己ベスト狙いでいくことに決めた。
事前にラマ9世公園の過去の記録はブログでチェックしておいた。
目指すは38分前半!。

スタート直後相変わらずの混雑を避けながら隙間を縫って走る。
ラマ9世公園は、このスタート直後の混雑が嫌い。
徐々に前を走る人が少なくなる。

序盤で、暑さか?自己ベスト狙いで飛ばしすぎか?すでに苦しい。
「10kmって辛いですよね?」とトライアスリートの日本人の方が声をかけてくれる。
『自分だけでなく、鉄人ですら10kmレースは苦しんだ…』
安堵感を味わっているうちに、どんどん離されていった。
前を走るのは、5人で現在6位。
5人のうち、3人は30歳台というのが分かっている。
あとの2人も30歳だったらどうしょう…と思いながらも折り返しでゼッケン確認。
幸い2人とも16歳から29歳のカテゴリー。
現在、年代別4位。
中間タイムは、18分台。
自己ベストペースに対して、若干貯金がある。

後半も苦しさが続く。
しかも暑い。
『あと同年代一人に追い抜かれても入賞はできるし…』
『自己ベスト狙いなんてあきらめて、ゆっくり走りたい!』
『でも、ゆっくり走りすぎると10kmレースの場合すぐ入賞圏外となってしまうし…』
葛藤が続く。
『家に帰ったらビールをたらふく飲んで一日中ゴロゴロしてやる!!』
と、ひたすら我慢。

でもペースが落ちたのか、後ろから追いつかれる。
ゼッケンの年代を確認したいと思っていると「フォーティー」と気遣って答えてくれる。
違う年代だったのは良かったが、後半追い抜かれるのは凹む。
暑さで朦朧とし、自己ベストが出せるタイムなのかどうかも、すでに判断出来なくなっていた。
もっと追い込まねばと気負いするが、ラストスパートする力もなく、39分04秒でフィニッシュ。
自己ベストならず。
表彰式中も汗が引かない暑さの中では、仕方ないか…。

20100509-1.jpg
年代別4位。
帰って気付いたが、この日のトロフィーで今年10個目。
今年の目標の一つである年代別入賞二桁を早くも達成。
まだ半年経ってないし、今年は入賞20回を目指してみよう。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

シンブリ ミニ・ハーフマラソン
4月総走行距離201km。
フル1回完走しているわりに少ない練習量。
最近のタイは暑すぎて…
夏ばてか?走り出してもすぐ挫折してしまうことが多々あり。
ブログの更新も遅れて4月25日の話。

バンコクから北へ約150km離れた町シンブリ。
チャオプラヤー川沿いの町でで川魚が有名らしく道路のあちらこちらで魚の建造物がみられる。

最近5歳刻みのカテゴリーの大会では、スタート時点で参加者を見渡せばある程度入賞可能か判断がつくようになった。
過去自分の勝率が2割くらいのランナーを1人見つける。
その他に入賞常連者は見かけず、たぶん入賞はできるだろう。
最近入賞以外の楽しみとして、こうしたライバルとの勝負がある。

参加者が多いのか?スタート直後から前を20~30人走る。
ライバルのランナーもじわじわと先に走っていく。
やはり練習不足でついていけないのか?見えなくなってしまった。
途中でバテない様に前半は抑えて息が上がらない程度のペースを心がける。
序盤は3人から5人の集団で走る。
この集団でも見た顔があり、最近はある程度の彼らの走力が分かってしまう。
たぶんこの集団のなかでは、終盤抜け出せそう。
12km過ぎで2回目の折り返し。
明るくなりゼッケンが確認できる。
同カテゴリー1位は、かなり前のほうを走っている。
ライバルは500mくらい先。
現在3位。

頑張ってペースを上げて追いつきたい。
集団から抜け出し、じわりじわりと3、4人追い抜いたところでようやくライバルの背中がみえた。
じわじわと距離が縮まり、18km付近で追いつく。
まだ余力があるのか?しばらく並走。
でも徐々に彼の足音が徐々に遠ざかっていった。

終盤でも足取りが軽い。
これが体重が落ちると、顕著にみられた傾向。
若干時計を止めるのが遅れたが、1時間29分台でゴール。
予想通りの年代別2位。
何よりライバルに勝てたことが嬉しく、これからも勝率を上げていきたい。
そして貰ったトロフィーはシンブリらしく魚の形。
(しかもハーフのトロフィーは光ります。)
20100425-2B.jpg
20100425-1B.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ