緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



年代別1位!
仕事でちょくちょく通っているバンプー工業団地の向かいの海沿いで開かれたバンプーミニ・ハーフマラソンに参加。
かもめが沢山飛んでくることで、ちょっとした観光スポットとなっている桟橋がスタート・ゴール地点。
20100328-81.jpg
5歳刻みのカテゴリという思い込みがあり入賞狙えそうと思っていたが、会場につくと勘違いで実際は10歳刻み。
入賞無理では?と不安が募る。
チェックインでは、スタートライン付近に並ぶ。
20100328-31.jpg
後ろを見渡し参加者を確認すると、意外と少ない?
スタート直後も、前を走るのはロケットスタートを試みる子供たちを除けば、大人は3人くらい。
自分も無謀なロケットスタートの一員では?と思いペースを抑える。
でも勢いよく追い抜いていくのは、ケニア人を含め3人くらい。
速い人少ない?と序盤で入賞確信。
7kmくらいの折り返しで、総合7位くらいか?
ペースを少しあげて、じわじわと前を走るランナーに近づく。
追いつくと自分に気付いた彼もペースをあげ、後ろに続く形でしばらく走る。
彼は呼吸が乱れた様子がなく、まだまだ余力ありそう。
少し前に出るタイミングがあり、彼のゼッケンをみてみると

同じ30代。

見なければ良かったと後悔…。
勝負しなければならないプレッシャーを感じる。
しかし途中彼のペースが落ちたのか?自分が前に出る。

さらに前を走るランナーが見えてくる。
ラスト3kmくらいの折り返しで、彼のゼッケンをみると

またまた同じ30代。

いったい前に何人同じ年代が走っているのか?
でもじわじわ彼に近づいている気がする。
そしてラスト1kmくらいで追いついた。
彼も並んで走ってくる。
このままついて来れれたらプレッシャーで負ける。
まあ追いついただけでも今日は良しとしようと諦めかけると、
彼が少し先に諦めたのか?足音が遠ざかった。
ラストは海沿いの堤防を走り清々しい。
中盤までの大型バスが行き交う幹線道路の騒々しさから開放され、気持ち良く走れる。
20100328-41.jpg
そして、貰った入賞札は
「1位!!!」
20100328-51.jpg

大きなトロフィーはとっても嬉しい。
タイムは1時間17分台で、距離は短めだった。

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

AOT主催 第1回10.5km?ミニ・マラソン
最近の赤服によるゴタゴタで、先週はバンコク近郊の大会が延期?中止。
前日もバンコク市内でデモ行進があり、今週の大会開催も心配した。
めずらしく今回は既に200B払ってゼッケン入手していて、中止の場合、この申込み金は無駄になるのだろうか?
そんな心配はよそに、無事開催された。
しかも結構参加者が多い。

場所はドンムアン空港向かいのAOT(タイ空港運営会社)。
AOT敷地内からのスタート予定が、参加者の多さに対してスタート直後の道の狭さおよびUターンが危険と主催者が判断したのか、チェックイン後大通りまで歩いて移動することになった。
20100321-1.jpg
20100321-2.jpg


この変更後のスタート位置からは放送が聞きづらく、国歌が終ると合図もなしに皆勝手に走り出す。
コースは単調で殺風景。途中何度か黒煙を撒き散らす汽車とすれ違いうるさい。
4km表示の給水所で16分くらい。
でもここからが長い。
そろそろ5kmなのに、先頭が来ないどころか、折り返す気配すらない。
往復で同じ道を通る単純なコースだから、長丁場になること間違いなし。
ようやく26分台で折り返す。
2~3km長いのは明らか。
体力温存を心がける。
そろそろゴールできる時間なのに…と思う10kmくらいの距離で6kmの距離表示が見える。

「いじめか…?」

やはり余分な距離を走るのは精神的、体力的ダメージが大きい。
結局55分台でのゴール。
20100321-3-1.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

50kg台来た~!!!
今年の目標に60kg以下の体重維持というのがある。
昨年末は65kg前後。
今年から再び岡田斗司夫の勧めるレコーディング・ダイエット開始。
徐々に減りはするが63kg前後で停滞。
そこで本に書いてある『最加速』停滞期に新たなダイエット法を取り入れることを試みる。
これも本に書いてあった朝食を豆乳&野菜ジュースに換えるのを参考にして
夜走る前に豆乳&野菜ジュースを取る。
走り終わっても、夕食はなるべく摂らない。
(以前は寝る前に夕食を沢山食べていた。)
豆乳180kcal 野菜ジュース100kcalで若干の満腹感が得られ、練習もやる気が湧く気がする。
20100319-2.jpg

そして今朝ついに…
20100319-1.jpg

50kg台は2007年バンコクマラソン前に2,3日瞬間的に計測したのみ。
今後はこの体重(標準体重BMI値22)以下を維持することが目標!

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ハノイ・ホアンキエム湖を走る
先週、出張でベトナム・ハノイへ。
今回は単独での営業活動の為、ホテルも自分で手配。
そうなると走れそうな公園の近くが選定基準となってしまう。

ハノイ着陸直後、
乗客がコートを着込み出す。
えぇ~。寒いの?
先月のホーチミン出張では、タイと同じ暑さの印象があり…
もう3月中旬だし…
私服、ランニングウエアは半そでしか持って来ていない。

たしかに外に出ると寒い。
15度くらいか?
お客さんの話では、ここ1週間くらい急に寒くなったらしい。
ハノイの気候は日本の気候と連動するらしく、季節外れの雪が降った日本に若干遅れて寒くなったらしい。

寒さに負けじと、翌朝Tシャツ、短パンで気合を入れて、ホテル近くのホアンキエム湖に繰り出す。
ハノイでも、バンコク同様、早朝から運動する人たちがいた。
大半はコートを着込んで散歩。
でも中には、同じ様なTシャツ、短パンで走る現地の人や外国人がいる。
(薄着になるほど走るスピードが速い。)
湖の周りを走る。
1周1.5kmくらいか?
走り始めは、指先が冷える。
こんな感覚しばらく味わっていない。
でもこのひんやり感は走るのには、最高。
バンコクみたいに汗がダラダラ出ず、快適。
たぶんマラソンに適した気候って、こんなのだろうなと羨ましく思えた。
バイクの騒音、石畳の固さを除けば、ハノイでのジョギングを満喫できた。

20100311-4.jpg

20100311-3.jpg

20100311-2.jpg

20100311-1.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

キリスト教大学主催のミニ・マラソン
会場はブッタモントン。
この場所での大会って、あまり良い印象がない。
近場で他に良い大会があれば迷わず行くだろうが、これと言って良さそうな大会がなかった。
会場に着くと受付では女子大生がずらりと並ぶ。
この大会への好感度急上昇。
自分は初参加だが、大会は第14回と結構長く続いてる大会だった。

スタート前のチェックイン。
まわりのランナーに積極的な場所取りの気迫がみられない。
ひょっとして参加人数少ない?
同年代の入賞常連者の顔も見かけない。
これなら10歳刻みのカテゴリーでも入賞狙えそう。と期待が高まる。

園内を走る為、スタート直後から右に左に曲がりくねって走る。
酔いそう…。
園内は広く、自分がどこを走っているのかさっぱり分からない。
前半は、4人から5人の集団となり、これなら道を間違えることもないだろう。
集団の中には同年代でいつも少し上の順位で入賞するランナーがいた。
この人と並走するのは初めてでは?
相手の呼吸の乱れ具合は?
どこで勝負になるのか?などいろいろ考える。
それが中盤、この集団のペースが落ちた?
自分が1人抜け出す形になる。
最近調子が良い。
体重も減ってきているし、木曜日のポイント練習ヤッソ800でも10本すべて3分10秒台(平均3分15秒)で走れたことが自信になっている。
体調のほうは、ジムで慣れない筋トレをしたせいか、なぜか両脇が筋肉痛だったが、走りには影響していない。
参加人数が少ないせいか?ミニマラソンで珍しく前後の間隔が開く。
単独で走るとコースを間違う心配があったが、全ての分岐点で進行方向の標識があり、女子大生も2人づつ立っている。
これなら安心。
さすが14回を数える大会。コース案内もしっかりしている。
最初の距離表示5kmがみえた。
その後も4km、3kmと続く。
時計と見比べると残り距離がかなりあるように思える。
ひょっとして実際の距離は長いか?と不安が過ぎったが、若干長くてもペースを維持して走りきる余裕はあった。
でも近くにみえる建物の近くが確かゴールでは?と思う。
放送もだんだん大きくなって聞こえてくるし…。
やはり残り2kmはかなり短く、39分49秒でFINISH。
(表示距離の間隔はいい加減だったが、タイムからみると距離は10kmくらいと思う。)
年代別3位。
かなり大きめのトロフィーを貰った。
20100307-1.jpg
それから何故かインスタントラーメン5食分。
20100307-2.jpg

でも他の走遊会のメンバーは年代別優勝者が多く、トロフィーの大きさを比べてみると更に2倍くらい大きかった気がする。
20100307-3.jpg

20100307-4.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

連続入賞記録
今年の目標の一つに入賞回数二桁というのがある。
2008年 9回
2009年 9回といづれも二桁には届かず。
それが今年は運良く年初からすでに5回連続入賞を果たしている。

2月28日も入賞目指しバンタイノラシン・ミニハーフマラソンに参加。
2年前に初めて入賞できたのがこの大会と思い入れがある。
景色も良く、結構お気に入り。
年代別も5歳刻みと入賞も狙いやすい。

去年は7kmで足が痛くなり、休みながらゆっくりと完走。
2年前も故障明けと、毎年この時期故障している気がするが今年は万全で臨めた。
終盤バテない様にイーブンペースを心がける。
風が生暖かく、序盤から暑い。
この暑さならペースが上がらなくても仕方ない。
と思っている矢先、先々週のラマ9世公園の大会で後半引き離された同年代のアメリカ人が先行。
どんどん差が広がり見えなくなる。
最近あのアメリカ人調子良さそう。
やがて工業団地内に入って折り返しで、少しペースをあげてみる。
じわじわと前を走るランナーが近づいてくる。
やがて追いつき追い越す。
また次のランナーが見え、目標とする。
また追いつき追い越す。
この繰り返しで後半で約10人くらい追い抜けた。
最近ハーフがいい感じで走れる。
これだけ調子良く走れれば、入賞は間違いないだろう。

終盤10kmの部のランナーに紛れて、長身のランナーが1人。
アメリカ人?
ここまで差が縮まったことがうれしい。
できれば、ゴール直前で颯爽と追い抜きたいという欲も出たが、
追いつくには残りの距離も体力も十分に残っていない。
10mぐらいまでに差を縮めてゴール。
アメリカ人が入賞札を貰っている。
続けて自分のゼッケン番号が叫ばれて、入賞札を渡す係が確認している。
そして聞こえたのは、

「モッ・レーオ(無くなった)」

あのアメリカ人で入賞枠が埋まったらしい。
たしかにアメリカ人が5位の札を持っている。
惜しい6位で入賞なし。
悔しい完走メダルのみ。
快走できたのに、入賞まであと少しだったとは…残念。
こうして連続入賞記録は途絶えてしまった。

結果1時間31分40秒
20100228-2.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ