緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



10キロとハーフではどちらが辛いか?
と質問されれば、今は間違いなく10キロと答えるだろう。
以前は、距離が短く、早く終る10キロのほうが楽と思っていたが、
最近10キロレースのほうが断然辛い。
何故なら、最初から最後までアクセル全開。
ハーフなら前半は抑えて…などレースの組立てなど考えるが、
10キロの場合、抑えどころがなく、最初から飛ばしてひたすら我慢くらべといった感じ。

場所はおなじみのラマ9世公園。
(去年は、まぼろしの入賞に終った)DONBOSCOミニ・マラソン。
体調は万全。
ここでのコースレコード(自己)を出してやる!
と意気込むが、今までのベストタイムが何分か把握していなかった…。
会場には、スタート1時間前についたが駐車場にはいれない。
この時間に駐車場満車になるの?と不思議に思いながらも公園近くに車を停める。
公園の門でも警備が厳しく、普段はありえない手荷物検査。
20100214-3.jpg

その訳は、今年もやって来た。
20100214-2.jpg
アピシット首相。
スタート地点で記念写真後、間もなくスタート。
やっぱりラマ9世公園はスタート直後の道幅が狭くは混雑して危ない。
自己ベストを狙っているのに、スタート直後の追い越しの苦労にいらだつ。
1km弱のコーナでまだ先頭がみえた。
前には20人くらいか?
すでに息はゼイゼイ。
呼吸が楽になる様、ペースを落として回復という余裕もなく、我慢。
ひたすら追い込む。
これだけ呼吸を乱して走っているから、いつもより速いペースだろう。
でも呼吸が苦しい。
やはりハーフのほうが断然楽だ。
折り返し付近で旧知のアメリカ人に追い抜かれる。
あのアメリカ人同じ年だから、これでまた順位が下がったなと思う。
後半は前半のペースが維持できず、ばてる。
追い抜かれることが多くなった。
(後半ですでに10人くらいに追い抜かれたのでは…)
足音(時には幻聴?)が聞こえると、曲がり角で振り返ってしまう。
すでに気持ちは後ろ向きだ。
もう入賞の可能性はないだろう。
何のためにこんな苦しい思いをして走っているのかと思うと挫折したくなる。
残り1kmをきって、あまりの苦しさで時計をみてしまった。
これも良くない。
ゴルフと同じで、スコアを予測して、最終ホールで崩れてしまうメンタルな弱さはマラソンでも通じるものがある。
今日も自己ベスト更新できなさそうと思うと、自然とペースが落ちる。
そんななか残り200~300mで散歩中のタイ人のオジサンから「4位、4位」と声をかけられる。
『ウソでしょ?』
『ところで何でこの年代の順位数えてるの?』
怪しいと思いながらも、もし本当ならもう追い抜かれるわけにはいかない。
怪しいオジサンの言葉を信じて、最後の力を振り絞って39分13秒でフィニッシュ。
最後の入賞札「5位」が渡され、昨年の幻の入賞が今年は現実となり嬉しかった。
20100214-4.jpg

20100214-1.jpg

でも自己ベストではないのは確か。
いったいラマ9世公園での自己ベスト何分?と過去のブログで振り返る。

2009年2月 40分20秒
2009年3月 38分48秒(←ラマ9世公園折り返しコースでの自己ベスト)
2009年7月 38分49秒
2009年9月 40分54秒
2009年10月 38分50秒

今度は38分前半を狙います。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

サムットソンクラームでのハーフ
チョンブン、コンケーンの2週連続フルが終わり、
次の大きなイベントは7月のパタヤ・マラソンとなる。
間が空き、シーズンオフ突入という気持ちになる。
ダラダラ過ごして、体重激増で、気がつけばパタヤ目前となってしまうのが毎年のパターン。
今年は、この時期の練習の下積みが乾季のマラソンシーズンに生かされると信じて頑張りたい。

そんな中、サムットソンクラームの教会?で開催されたハーフを出走。
近くのお寺で30kmのレースがあったことを思い出したが、この場所での大会には初めて参加。

このレースの課題は…!!

と、意気込めない。
フル2週連続走って、飽和感がある。
適当に完走と思いつつも…

20100207-1-.jpg
スタートライン最前列。
たまたまチェックインのタイミングが良かった。
見晴らしが良く、モチベーションがあがってしまう。
スタート直後は快適。
速い人は勝手に飛び出すし、
億劫な追い抜きのストレスがなく飛ばせる。
最初の1kmは、3分50秒をきる速いペース。

乾季も終わりか?チョンブン、コンケーンの頃より暑くなった。
これからの大会はどんどん暑くなるのだろうと嘆く。
速いペースはそんなに維持できない。
キロ4分ペースが続くまで頑張ると思いつつも、4km過ぎであきらめた。
今日も平凡なタイムか…。
適当に走ると、フルマラソンを走っている錯覚になり、ペースが落ちる。
荒かった呼吸も落ち着くペースで、14kmくらいの折り返しまで到達。
若い連中は沢山前にいたが、30歳代まだ少ない。
入賞の可能性がありそう。
やる気が湧いてきた。

あと5km。
フルの距離の長さの身にしみていて、ハーフがとても短く感じる。
ペースをあげて、1時間25分台でフィニッシュ。
20100207-3-.jpg
バテることなく、久しぶりに良いレース運びかと思う。
でも貰った入賞札は「6位?」
折り返しの時は年代別4位くらいだろうと思っていた。
ひょっとして予備札と落胆したが、10位まで入賞らしい。
20100207-4-.jpg


しかし1位から5位までの入賞タテには、中に500B、400B、300B、200B、100Bと生々しく現金が入っていた。
20100207-1.jpg




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

コンケーンマラソンを終えて
衝撃の事実を発見。
CHAMPION CHIPの結果では、
な、なんと年代別5位。
OVERALL枠の10人が除外されているが…(実質、年代別6位)
でも…
20100124-1.jpg

年代別賞金(OVERALL枠を除く)と書いてあるし
これって…入賞?
しかも賞金???

でも会場では、何も知らず、当然何も貰わずバンコクに帰ってきた。
ゴール直後もスタッフが入賞札を渡してくれる雰囲気はなく
自分も3時間20分では、レベルの高いコンケーンでの入賞は論外と思っていた。
(昨年の同年代入賞タイムは2時間40分。サブ3達成者も12人いた。)

これって入賞辞退。
初めての賞金を辞退するなんて…
そんな事出来ない。

駄目元で主催者に泣きつく。
「再確認して、本当に年代別5位なら後日賞金とトロフィー渡しますとのこと」
それから数日後、
入賞賞金4,000バーツ-TAX5%=3,800バーツの入金が確認。
はじめての賞金GET!!!!!!
しかもちょっぴり高額。

そしてトロフィーGET!!!!!
関係者がバンコクに寄ったついでに持ってきてくれた。
20100124-6.jpg

同年代のカテゴリーで速い人が少なく、運が良かった。
今年の全ての運を、使い果たしたかもしれない。
これも2週連続フルマラソンを完走したご褒美としたい。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ