緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



2週連続フルマラソン
1月24日コンケーン国際マラソンでフルを2週続けて走ることになった。
何の為に…。

2週連続で魅力的なマラソン(チョンブン、コンケーン)が続き、
チョンブンでは入賞
コンケーンでは自己ベスト3時間16分の更新
を目指したいというのは表向きの理由。

本当の理由は、2007年12月のトラウマになりつつある出来事からの脱却。
それは、バンコクマラソンを3時間46分で初めてサブ4を達成し、
怖いもの知らずで翌月2週続けて、アユタヤチェンマイと挑戦するも、
チェンマイで24KM過ぎ肉離れ。初めての途中棄権となった。

あれから2年が過ぎ、今なら走りきれるのでは?と期待してしまう。
更に、ただゆっくり走って完走ではなく、2週とも自己ベストとなる走りで完走したいという野望もあった。

でも1週目のチョンブーンで3時間一桁を狙うも、結果3時間19分台。
目標と今の実力とがかけ離れ過ぎていることを痛感。
今までと違い、自己ベストは、もはや簡単には更新できない。

それでも次のコンケーンまで1週間もない。
まずは筋肉痛・疲労をとるのが最優先。
練習は1日間隔で5kmほどの軽いジョギングだけ。
走力アップの練習なんて絶対無理だ。
減量もできない。
疲労回復の為に食べる。
カーボローディングの為に食べる。
で、体重は増えるだけ。

できる事はペース配分の見直しくらい。
2週連続走っても、何の価値も無い。
怪我のリスクが高すぎ、やっぱり無謀だ。

それでも自己ベスト3時間16分切りを狙いたくなってしまう。
前週フルを走っていることで、次のフルは短く感じるのでは?
前週のフルが刺激となって、超回復で走力が格段にアップしているのでは?
前週のフルは、次のフルも控えている事で80~90%に本能的に抑えて、まだ潜在能力があるのでは?
など淡い期待を抱く。

ペース配分の検討の結果、作戦は…
①30kmまで4分30秒/kmペース。
疲労と上りがある30km過ぎからは5分/kmペース。
FINISH予測 3時間15分台。
②こまめにペース修正出来る様、1km~2km毎にラップタイムを計測しながら走る。

気候は前週と同じく涼しい。
でも午前9時過ぎから雨が降り出した為、湿度は若干高かったかもしれない。
給水の充実ぶり、地元の応援、コース誘導など、やはり今年もいい大会と感心させられる。

序盤は、時計との勝負。
「この1kmは遅れたから、少しペースを上げなければ…」など考えながら走ると気が紛れる。
10km過ぎ、右太もも裏にはりを感じる。
攣り、肉離れの前兆?と一時不安が過ぎったが、そのうちに気にならなくなっていた。
21km何とかハーフまでペース維持できた。
あと半分。
長い。
「フルを短く感じる」なんて無理だ。
ようやく30km。
もはや4m30s/kmペースは維持できていない。
「ここからは5m/kmペースで走れれば…」と思うも、辛い。
32kmからずっと続く上り。
去年は、この辺でへたばった記憶が蘇る。
今年も、同様にへたばっている。
「この坂を颯爽と駆け上がる事は出来ないのか!」
今年も壁となってしまった。
足がガチガチに硬直、重い。
坂の途中、救護所のところで冷却スプレーが振舞われていた。
羨ましく思うも、立ち止まったら、もう続けて走れないだろうと我慢。
坂を上りきり35kmから大学の敷地内にはいれば、沢山の応援の後押しで乗り切れると期待するも…
すでに前週よりはるかに大きな苦しさを味わっている。
でもまだ7kmもある。
距離表示もいい加減になり、挫折感を煽る。

もはや自己ベストは無理。
先週の記録更新も無理か?
でも記録なんて、もはやどうでも良くなっていた。
41km で完走できる喜びが湧いてくる。
2年前は出来なかった事が、今回は達成できる。
その満足感と喜びで3時間20分台でゴール。
去年のタイムより4分遅かったが、
2週連続フルマラソンを3時間20分前後での完走で、
間違いなく2年前のトラウマを克服できた。
20100124-3-.jpg


2km=8'26"(4'13"/km)
3km=12'51"(4'32"/km)
4km=17'24"(4'34"/km)
5km=21'57"(4'34"/km)
6km=26'21"(4'24"/km)
7km=30'50"(4'29"/km)
8km=35'18"(4'28"/km)
9km=39'45"(4'27"/km)
10km=44'27"(4'42"/km)
12km=53'25"(4'29"/km)
14km=1:02'31"(4'33"/km)
15km=1:07'05"(4'34"/km)
16km=1:11'27"(4'23"/km)
17km=1:15'58"(4'31"/km)
18km=1:20'38"(4'40"/km)
19km=1:25'10"(4'31"/km)
20km=1:29'59"(4'50"/km)
21km=1:34'22"(4'23"/km)
22km=1:39'09"(4'47"/km)
23km=1:43'39"(4'30"/km)
24km=1:48'18"(4'39"/km)
25km=1:52'49"(4'31"/km)
26km=1:57'26"(4'38"/km)
27km=2:01'59"(4'32"/km)
28km=2:06'46"(4'48"/km)
29km=2:11'31"(4'45"/km)
30km=2:16'26"(4'54"/km)
31km=2:21'14"(4'49"/km)
32km=2:27'47"(6'33"/km)
33km=2:33'15"(5'28"/km)
34km=2:37'59"(4'44"/km)
35km=2:42'55"(4'55"/km)
36km=2:48'18"(5'22"/km)
37km=2:59'10"(10'53"/km)
38km=3:04'00"(4'50"/km)
39km=3:06'10"(2'10"/km)
40km=3:10'26"(4'16"/km)
41km=3:14'45"(4'19"/km)
42.195km=3:20'31"(4'50"/km)


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

CHOMBUENG MARATHON
昨年はハーフを走って、次はフルを走りたいと思った大会。
 ハーフは10歳刻みで5位まで入賞→昨年1h26mで7位。
 フルは5歳刻みで10位まで入賞→毎年の記録の傾向から、3時間30分内で入賞可能。
という具合に、フルのほうが断然入賞狙いやすい。
フルで初めて入賞したい想いがあり、いっぽう翌週のコンケーンマラソンも走りたい欲望もあって、
2週連続フルマラソンを決め込んでいる。

前日のランチは走友N氏とカーボローディングとしてパスタをがっつり。
(でもN氏はチョンブーン回避。コンケーン1本と妥当な選択をしている。)
N氏とマラソンの会話で盛り上がる。

『N氏のマラソン理論』
前半は極力ペースを抑えてゆっくり走る。

後半でペースを上げれば、前半と比べて4、5分タイム短縮可能。

後半追い抜かれる事はなく、別格のスピードで何人も追い抜いていける快適なレース展開が可能。

フルは必ず終盤失速し納得のレース展開ができない自分にとってN氏の理論は夢のようなレース展開。
試してみるなら、チョンブーンが最適な場ではないか?という結論に達した。

バンコクから2時間弱の距離だが、フルマラソン午前4時スタートということもあり、前日テント泊。
そろそろテント泊にも慣れるかと思ったが、やっぱり寝れない…。
午後9時頃から寝ようとするが…
フルマラソンを控えて興奮してか?
近くでタイ人が遅くまで談笑していたり、
寝袋が合わないのか、まとうと暑く、まとわないと寒い。
深夜になると談笑がなくなり静かになったが、
今度は近くのテントから聞こえる豪快ないびきや
突然の犬の遠吠えが気になってしまう。

横になって目をつぶっているだけでも、睡眠効果ありとランナーズで読んだ記憶あり、
どうにかなるだろうとあきらめて午前2時から朝食のおにぎりとバナナ。
これも、ゴール予想時間(7時30分)の6時間前が最適なタイミングとランナーズで読んだ。

久しぶりのフル・マラソン。
昨年11月のバンコクマラソン欠場の為、7月のパタヤ以来。
フルの苦しさからの憂鬱よりも、ワクワク感のほうが断然大きい。

10k 45'24"
序盤はN氏の訓えどおり、呼吸が乱れないほどゆっくりペースに抑える。
でもこのペースでは、序盤から次々に追い抜かれ焦る。
ひょっとしてこのまま最後までペースを上げれず不完全燃焼で終ってしまうのでは?入賞も無理では?と不安がつのる。
後半ペースを上げて追い抜いてやる!とひたすら我慢して走る。
ハーフまでこのペースで我慢しようと思うも…。

21k 1:35'28"
ゆっくりペースを維持しているつもりでも、15k過ぎから追い抜ける様になる。
(これがN氏理論の走りか!感銘を受ける)
調子にのってか?我慢の限界か?ペースを上げるのはちょっと速いか?と思いながらも15k過ぎから10人くらい別格のスピードで追い抜いていく。
(後半イーブンペースで3h10m台。3h一桁は難しいが自己ベスト(3h16m)更新は大丈夫だろうとハーフ通過時点では推測していた。)

32k(残り10k) 2:26'25"
N氏の理論である後半ペースを上げれるほど、脚力が備わっていないのか?
前半のペースをもっと落とさなければならないのか?
ペースを上げて走っているつもりでも、時計では逆にペースが落ちている。
(前半抑えても、後半ペースをあげるN氏の理論はとても難しい。)
残り10kを5m/km内で走って何とか自己ベストを狙いたい。

37k(残り5k) 2:51'34"
32k~37kの5km区間タイムが25'09"。
5m/km内で走れない。
自己ベスト更新断念。

42k 3:19'18"
最低限の目標年代別入賞(5位)は果たせたが、タイム的には納得できず。
20101117-2-.jpg
20100117-2-.jpg

20100117-1.jpg
(今年早くも2個目のトロフィー。開幕ダッシュ!?)

次週のコンケーンでは、
3時間一桁は無理と悟った。
3時間15分内目標。

でも1週間では記録更新にむけての練習も減量もできない。
筋肉痛の足を含めた疲労をいかに取るかが最優先となってしまう。
チョンブーンマラソンの記録を更新して、怪我無く完走できれば御の字としたい。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

新年早々…
2010年初レース。
BANGKHUNTIEN MINI-HALF MARATHON。
ラマ2世通りNAKORNTHON病院の前、BANGKHUNTIEN通りの突き当り付近の学校がスタート。
コースはBANGKHUNTIEN通りの往復で単調。
自転車用の白線も引かれ、サイクリングコースにもなっている。
ロードバイクやマウンテンバイクを楽しむ人達も多く見かけた。

来週からの2週連続フルマラソンにむけ、11月末から減量敢行。
12月初めに66kgの体重が63kgまで減り(目標まであと-3kg)、体が軽く、調子がいい。
しかも、この日も各地で大会があり、速い人がバラけたのか、少ない。
折り返しで全体の6位。
新年早々、運が良い。
入賞なんて期待していなかった大会で年代別2位。
タイムは1時間27分53秒。
幸先の良いスタートです。
20101109-2-.jpg

20100109-1.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

明けましておめでとうございます。
年男となる今年の目標!

①標準体重 60kgまで減量、それを維持
②フルマラソン コンケーン(3:16') パタヤ(3:25') バンコク(3:16')にて各自己ベスト更新。
③ハーフマラソン リバークエー(1:29')にて自己ベスト更新
④年代別入賞回数 二桁(09年も9回にとどまってしまった。)
⑤月間300km以上走る。
⑥故障しない。

今年度も宜しくお願いします。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ