緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



チョンブリ・ミニハーフマラソン②
この大会は2年前に走っている。
コースの一部は海沿いで景色も良い。
コースの一部は猿山のまわりも走り、アップダウンもある。
なかなかの名コースで今でも記憶に残っている。
20091227-2.jpg

場所柄か、ラヨーンの大会を走ったランナーが多くいる。
実はその時、19kmくらいで追い抜かれ、5位になった同年代のタイ人ランナーに
「年末チョンブリに来るか?綺麗なコースでいいぞ。」と誘われた。
その時は「君が行くなら(入賞の可能性少なくなるから)行かない」と冗談を言っていたが、密かにリベンジを狙う。

前半のコースが2年前と違った。
中盤に一箇所立体交差の坂があったと思ったが、今年は無く平坦な道を走る。
先週まで風邪気味だった体調も回復し、いつもじわじわ引き離される40歳台のランナーの後ろについていく。
ハイペースと感じたが、今日の自分は調子がいいかも…とうぬぼれ。
10km付近、併走していた40歳台ランナーの息が荒い。
今日は調子が悪いのか?自分が前に出る。

猿山へ続く坂。
思った以上の長い坂が苦しい。
やはり前半ハイペースだったのか?

すでに10kmの部と合流していたが、
坂を上りきると、すぐに10kmの部は猿山の入り口に入る。
21kmは、そのまま直進。
10kmのランナーで紛れて分からなかったが、すぐ先に1人ランナーが見えた。
しかも少しバテている感じがする。
すぐに追い越せるだろうと、とりあえずの目標とする。
やがて追いつき、離せるだろうと思うも離せない。
息を吹き返した様に追いついてきた。
そしてまた先行された。
15km付近で折り返しあり。
100mくらい後ろで10人くらいの集団ができていた。
その中に、ラヨーンで負けた同年代ランナーも前半併走していた40歳台ランナーもいた。
今日は逃げ切りたい。

猿山に入る。
時々猿がいたり、海が見えたりで景色を楽しめるが、
坂が思ったよりきつい。
ペースが落ちる。
いつ後続に追いつかれてもおかしくない。
19km付近で、

同年代!!!来た~!!!。

ラヨーンと同じパターンでまた負けた。がっくり
その後も、今日は調子が悪いか?と思っていた40歳台ランナーにも、
いつものように先行された。

でもタイムは1時間23分4秒??
2年前も距離が短かったが、さらに短くなったか?
20091227-1.jpg


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

チョンブリ・ミニハーフマラソン①
2009年最後の大会は
チョンブリ・ミニハーフマラソン。
今大会、参加費がなんとタダ。
でもちゃんと参加賞のTシャツや完走メダルが貰える。
おまけに表彰式では、ラッキードローもあった。

来年17日、ラチャブリ県でのチョンブーン・マラソンを控えてのこの大会での課題。

それはテント泊に慣れる。

前回のチョンブーンでは車中泊。
微妙に足が伸ばせず、微妙に狭い。
窓を開けると蚊が入ってくる。
閉めると暑い。
今回はもう少し快適に過ごしたい。

丁度、最近家族の中でキャンプ用のファミリーテント購入が話題になっていた。
僕の中では、ファミリー用テントの他に、プチ遠征用の組立て易く、場所をとらない1~2人用のテントも欲しかった。
チョンブリの大会前日、ファミリー用テント購入。
ついでに大人の隠れ家あるいは幼い頃遊んだ秘密基地を彷彿させるプチ遠征用(あるいはプチ家出用?)のテントも850バーツでGET!!!!

枕が替わると寝れないタイプの僕にとって、
テントで熟睡できるようになるには…
慣れるのが一番かと…早速チョンブリで使うことにした。

スタートはチョンブリ・バンセーンビーチ。
家から車で2時間くらいの日帰り十分可能な距離。
いつもなら、午前5時30分スタートで受付・アップの時間+余裕をもっても午前2時過ぎには出発しなければならない。
自分で運転の為、車運転後のレースは疲れる気がする。
このテントで、体調万全でレースに臨めるか試したい。

夕方からバンセーンビーチに出発。
すでに会場ではテントを張ったランナーが10組くらいいた。
インドア派の僕がたどたどしくテントを組み立てる。
なんとか完成!
海風にあたりながら、完成したテントを見ながら缶ビールで祝杯をあげる。

そんな中、同じ年の入賞常連のサブスリーランナーのタイ人がとなりにやってきた。
僕といろいろ話をしながらも、颯爽とテントを組み立て始める。
足も速いが、テントを組み立てる速さもレベルが違う。

すでに午後10時を過ぎていた為、明日の為寝ることに。



…寝れない。

バンセーン・ビーチでは大音量で夜中までライブが行なわれていた。
しかもテントの近くで遅くまで若いタイ人が宴会している。
うるさい。
うるさ過ぎる。
こんな状況で寝れる人はいるのだろうか?

でも1時間ほどは寝れただろうか?
もっと静かだったら、快適に眠れそうだが、
この他にも課題がいくつか見つかった。
今後もテントでの快眠を追求していきたい。

そしてレースのほうは、

また

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ラストスパート!?
微妙に体調崩れた日々が続いている。
寒い日本から戻った影響か?12月になって鼻水が出始め
鼻水が止まったと思えば、ここ数日夜にせきが止まらない。
でも昼間は時々せきが出るくらいで普通に過ごせる。
ランニング時にもあまり影響していない。

となれば、休日は大会参加。
10kmレースが近場で3箇所開催。
①アマタナコン工業団地
②ブッタモントン
③ノンタブリ保健省
人気順では①>>②>③か?
家からの近さでは③>②=①となる。
人気のある大会に速い人が集まれば、
人気のない大会では10歳刻みカテゴリーでも入賞できるかも…。
入賞無理でも家から近いほうが良いだろう。

で、③ノンタブリ保健省に決定。
しかしこの大会、カテゴリー別で入賞は3位までと少ない。

体調崩しているうえ、前夜近所のタイ人宅でホームパーティあり。
ついつい飲みすぎてしまい、不調に追い討ちをかけている。

会場は、それなりに賑わっていた。
いつもと違った参加賞(バック)も不足したらしい。
20091220-1.jpg

保健省は折り返しが2箇所あり順位確認が容易。
2km過ぎの最初の折り返しで、すでに同カテゴリーが4~5人いた。
入賞可能性なくなり早くもモチベーション下がる。

昨晩のお酒は抜けた感じだが、いまいち頑張れない。
何だかお腹が痛くなる。
自宅とスタート前にトイレには行ったのに。
何故…?

思えばパーティーの料理で結構辛いものが出ていた。

すでに入賞の可能性はないし、練習と思って頑張ろう。
しかし周期的にお腹が痛くなる。
痛くなるとスピードを落とさざるを得ない。
涼しい気候も、お腹には厳しい。
終盤になるにかけて痛くなる周期が短くなる。
ペースを上げたり下げたりの繰り返し。
9km付近にガソリンスタンドがあり、トイレに行きたい衝動にかられる。
ここまで走ったし、とりあえずゴールしてからと我慢。

痛くなくなる時を見計らって、ラストスパート。
41分19秒でゴール後、そのままトイレに駆け込んだ。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

FOREST RUN
今年の目標、年間入賞二桁まであと一つ。
でも今年も残りわずかの12月13日。

ちょっと遠めで入賞の可能性ありそうなサラブリー県のハーフを走りたい。
でも夜中に出発しなければならない…。

そんな心配をよそに、ランニングを続けているお隣のタイ人と家族ぐるみで出かけることに妻が決めていた。
サラブリー県で有名なひまわり畑やぶどう園を見に行きたいらしい。
20091213-1.jpg

20091213-2.jpg

(落差1m満たない)滝のあるスタート地点ではキャンプ場もあり、宿泊は300Bで借りたテント。
家族3人では窮屈。でもこの大きさしか用意してないらしい。
20091213-3.jpg

お隣さん持参の大きめなテントが羨ましい。
(おかげで我が家では、近々テント購入プランが持ち上がった。)

FOREST RUNというだけあって、少し高地で肌寒い。
しかも道がまだ暗いとのことで、ハーフのスタートは15分遅れ。
場所柄、参加人数が少なめ。
10歳刻みだが、入賞狙えると思うも、
アップ中やスタート地点で同年代で速そうな人を数えると…。
1人、2人、3人、4人、…5人。
げっ…!
すでに5人いる…。
見間違い、勘違いであってくれと祈りながらスタート。

涼しく走りやすい。
だけど上りや下りを繰り返す。
緩やかな所もあればきつい所も…。

平坦な所あるの?と思いながら走り続けるうちに…。
10kmでトップとすれ違う。
その差1km。
トップ同年代。
2位同年代。
3位同年代。
と続く。

終った…。

全体で10位くらいだったが、
スタート前に数えた5人が的確に前を走っていた。
折り返しで年代別6位。

後半前の誰か、バテて失速してくれないかと思うも、
だんだん前が見えなくなる。
バテたのは自分のほうか?

こういう展開ならば入賞は諦めて楽しもう。
相変わらず上り下りの連続だが山々に囲まれ景色はいい。
終盤になっても気温が上がらず、涼しく走れる。
結局、年代別6位のまま1時間32分16秒。
(5位入賞者は1時間29分台。)

ゴール付近では、珍しくうちの家族、10kmを先に走り終えたお隣のタイ人とその家族が応援してくれていた。
素人にも、体を絞っている入賞者と自分の体格の違いは明確のようで、
「入賞するには、減量したほうがいいんじゃない?」
と的確なアドバイスも頂けた。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

NAKORNTHON病院 10.5kmレース
12月10日。タイ憲法記念日で祝日。
NAKORNTHON病院で10.5kmレースがあった。
事前に場所を確認しようと地図を広げるとすでに印がついている。
記憶に残っていないが、前回走っているようだ。

という事で、ブログの過去記事確認。
前回の大会
細々続けているおかげで、こういう場合多少役に立つ。
前回は42分29秒。距離があっていればキロ4分ペースか…。
今年は去年の記録更新を目指そう。

会場に到着すると、何となく雰囲気が思い出せた。
コースは全然覚えていないが…。
結構人が多く、派手な参加賞のシャツを着て賑わっている。
20091210-1.jpg

20091210-2.jpg

昨年は、練習不足で3kmでバテたようだが、今年は大丈夫そう。
でも5km通過が19分55秒。5秒の貯金があるが、大幅な更新は望めない。

そして10km。
すでに40分超えている。
ラスト500mで2分かかるとして更新は絶望的。
結果42分44秒…。
またまた去年の記録を更新できない。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

再びラヨーンへ。
先月もラヨーンで走っているにも関わらず、再びラヨーンへ遠征。
思えばバンコクマラソン欠場の為、連続してラヨーンの大会を走ることになる。
前回の石油会社PTT主催の大会は海を見ることなく、半分くらい工業団地の中を走るコースで景観はいまいち。
今度こそパタヤ・マラソンのジョムティエン・ビーチのイメージで海を見ながら走りたい。
(もっともパタヤは、フル終盤の苦しさで海を楽しむ余裕はないのだが…。)

体調は2,3日前から風邪気味。
熱っぽいのと鼻がグズグズ。
でも5歳刻みのカテゴリーだったので、何とか入賞を目指したい。

5時30分スタート。
この時期は風も冷たく、体の火照りを抑えてくれて走りやすい。
2km表示でタイム確認すると7分40秒台。
体調のわりに、いいペースで走れる。
鼻のグズグズがなければ、もっと調子上がりそう。
4km過ぎで海岸へ。
海を横目に、波のBGMを聞きながら走る。
ラヨーンの大会に求めてたものが、そこにあった。

折り返し。
年代別順位を確認しようとしても、集団がいくつかあり、しかもカテゴリーの年代が手書きのため見えにくい。
見分けられただけでも、同年代が3人いた。
しかも後続を確認すると、
10mくらい後方に同年代、さらにすぐ後ろにも同年代。
2人とも快調に飛ばしている感じ。
後半バテると間違いなく追い抜かれる。
後続に戦意喪失させる為にも、後半から飛ばして
「後半にむけて体力温存してました」というふりをしなくてはならない。
一か八かペースをあげる。
このペースを維持してれば、追いつかれることはないだろう。
15kmで1時間01分台。まだ4分/kmペースが維持できている。

しかし10kmの部と合流して、走りにくくなった。
スピードが落ちた気がする。
19km過ぎ。後ろに嫌な気配を感じた。

同年代!!!来た~!!!

ここで並ばれるのが一番辛い。
残り2kmを追従できる気力も体力も、もはや残っていない。
あっさり追い抜かれる。
まだ後続が追い抜いてくるのではと、冷や冷や。
ゴール付近の子供たちの応援に、笑顔で応えられず、鬼の形相で1時間27分56秒でゴール。
まだ余っていたと安堵して手にした入賞札。
でも良く見ると6位?
20091206-1.jpg
ひょっとして予備札?と絶望感が湧いたが…。

嬉しいことに、この大会1位から5位までの入賞トロフィーのほかに6位、7位にも特製写真立てが貰えた。
20091206-2.jpg

中途半端な大きさのトロフィーを貰うよりも、こちらのほうが記念になって良いかも…。
(負け惜しみです…。)

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

バンコクマラソン欠場
急遽、祖母の葬儀があり日本帰国。
「ついでに本社に寄れ」と会社から連絡があり、
バンコクマラソン欠場。
きっと亡くなったおばあちゃんが、調整不足の自分に、
「惨めな結果になるからフル・マラソン走るな!」と伝えてくれたに違いない。

バンコクマラソンが終って1週間後。
アユタヤ、サムットサコーン、チョンブリと近場で3箇所ハーフの大会があった。
バンコクマラソンを走れなかったうっ憤を晴らそうとするも、

寝坊

久しぶりの実家でまったり過ごして、お腹もたるんだが、
気持ちもたるんでしまっている。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ