緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



PTTグループ主催ミニ・ハーフマラソン
タイ最大のマラソン・イベントバンコク・マラソンが1週間後に控えているにも関わらず、
各地でミニマラソンやハーフマラソンが開催され、疲労をとる時間がない。

日帰り可能な所でもルンピニ公園、アユタヤ、ナコンパトム、ラヨーンなど。
近場のアユタヤで入賞を期待できるハーフを走るつもりが、
「これ行きたい!!」
20091115-1.jpg
と妻からマラソン大会運営のAmazing Fieldから届いたラヨーンの大会要項を見せられる。
もちろん妻と子供にに大会参加したい気持ちは微塵もないのは分かっている。
ラヨーンへ遊びに連れて行け!とのことだろう。


この大会、タイ石油会社PTTグループが主催。
高額な賞金も用意されている。
20091115-2.jpg
という訳で、
ケニア人が数人参加。
競技志向のタイ人ランナーも多くみかける。

スタート付近、ケニア人1名を含みレベルが格段に違う同年代カテゴリーのランナーをざっと数えて4人はいる。
賞金のかかったレースでの入賞はまず無理だろう。

スタート直後から、女性でできた集団に紛れる。
これが女子のトップ集団か?と思うもまだ先に女性2人くらい先行している感じ。
普段の大会では、あまり女性に先行されることはないのに、やはりレベルが高い。
女性はイーブンペースで走ってくれるイメージがあり、
このペースについていけばいいだろうと思うも束の間、容赦なく離される。

まだ暗く、左手にみえる石油コンビナートの明かりがきれい。
体が重く感じるわりにスピードが出る。
暗くて分からなかったが、ゆるやかな下りが続いている。
ということは後半は上りが続く。
このペースで走りきれるか不安、終盤に体力を温存する事を心がける。
20091115-3.jpg
中盤Uターン箇所が2箇所あり、ケニア人を含めた先頭の方とはすれ違う事ができなかった。
ただスタート付近で数えた同年代で別格の4人のうち1人とすれ違うことができた。
彼との間には、同年代では自分の100mくらい先に1人いるだけ。
この1人を抜けば、ひょっとして年代別5位に入賞できるかもしれない。
賞金の2000バーツがちらつき気力が湧いた。
折り返してから、この1人を含んだ2、3人を追い抜く。
2000バーツ2000バーツと頑張るも、1時間32分56秒でゴールするも入賞札はすでになし。
やはり賞金レースは甘くなかった。
20091115-4.jpg


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

自信喪失
バンコク・マラソン2週間前。
今年も恒例のカオチャゴ・スーパーハーフマラソン32kmを走る。
バンコク・マラソンに向けての調子確認と最後の走り込みには最適。
目標はフルマラソンレースペース4m30s/kmで32km走って2h24m
最低限、去年の2h27mは更新して、
バンコクマラソンでも記録更新できるという自信をつけておきたい。

~5km 5km通過 21m45s (-45s)
2kmからの突然のアップダウン。
バンコクマラソンを目前に控えている為、故障しないように慎重に走る。
目標ペースより速く走っていたので、ペース修正。

5km~10km lap 22m58s (+28s) 10km通過 44m44s (-16s)
去年まで暗く危ないガタガタ道が今年は舗装され走りやすい。

10km~15km lap 23m09s (+39s) 15km通過 1h07m53s (+23s)
普段と違い前半から、何人かに抜かれる。
あくまでイーブン・ペースを心がけ、追い抜かれても慌てない。

15km~20km lap 22m48s (+18s) 20km通過 1h30m41s (+41s)
こんなにアップダウン多いコースだったけ?
このあたりの去年の記憶が残っていない。
遠くの山に朝霧がかかり、この時は涼しく最高。

20km~25km lap 22m54s (+24s) 20km通過 1h53m35s (+1m05s)
1kmくらい折り返しのランナーがすれ違う区間がある。
普段タイムが似通っている人たちが、今日はずいぶん前を走っている。
前半遅すぎた?焦る。

25km~30km lap 26m26s (+3m56s) 20km通過 2h20m01s (+5m01s)
ペースを上げるつもりが、ペースがいつの間にか落ちている。
頑張っても5m30s/kmくらいでしか走れない。
足が重い。
日差しが強くなってきた。

30km通過タイム2h20m台。
このペースじゃ去年の記録はおろか2h30mも切れない。

30km~ lap 9m59s (+59s) 32kmFinish 2h29m59s (+5m59s)
相変わらず強い日差しを受けながら、永遠に続くように思う直線を走り続ける。
タイムより完全に給水重視となってしまった。

手元の時計で2h29m59sでゴール。
練習不足で臨んだ去年よりも3分遅い。
フルマラソン残り10kmをこの終盤のペース5m30s/kmで走ったと想定しても3h25m。
3h16の自己ベスト更新の自信は打ち砕かれてしまった。がっくり

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

癒しの大会
ナコンパトムの有名な仏塔の近くの大学で開かれたハーフ・マラソンに参加。
約1ヶ月ぶりの大会。
これだけ間隔が開くとレースペースとかレース運びとかも忘れていて不安。
1km地点で、ペース確認しようと時計のライトを点けようと試みるも、
時計の使い勝手も忘れてしまいストップウォッチを止めてしまう。
どうやってもとに戻すんだっけ?走りながら、慎重に考えてストップウォッチを再スタート。
空白の時間が流れてしまった。
後半バテないようなペースを模索しているうちに、5,6人の集団の中にいた。
中には、見た顔もあり、前半この集団についていけば問題ないだろう、後半ペースをあげれれば御の字。

一人のケニア人が独走。
かなり距離が開いて若手タイ人が連なり、折り返してきたので、年代別順位確認。
折り返しで年代別7位。しかも入賞圏内とはかなり離れている。
入賞できないと諦めがつくと、気分的に楽になった。
一応1時間30分以内を目指そうと思うも、レースを楽しめた。
雨季明けか、日が差しても涼しく気持ちいい。
田舎道で空気も澄んでいる気がする。
運営が良く、数多くの給水所が用意され、水、ジュースが置かれている。
チェックポイントも多くあった。
そのうえ、給水所、チェックポイントでは女子大生が並んで「頑張って~」と声援をくれる。
35歳のオッサンにはとても嬉しい運営体勢。
思わず、手を振って応えてしまう。
来年も是非参加したい癒しの大会だった。

結果は、距離が短いと思うが、空白な時間を加えて1時間28分台(年代別8位)と思う。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ