緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



FUN RUN !!
27日。
近めのノンタブリ・ミニマラソンに参加

するつもりだったが…。

ノンタブリといえば会場は保健省だろうと勝手に思い込んでしまった。
保健省につくと真っ暗。
警備員に尋ねると「サラカーン(県庁)」とのこと。
場所が分からない。
いちおう警備員に場所を聞いたが、辿り着けずスタート時間が迫る。

結局、諦めた…。がっくり

チャトチャク公園でジョギングして帰るかと思案していると、
サムットプラカーンのムアン・ボランでも遅いスタート7時30分の大会があったことを思い出す。

6時30分頃、到着。
受付しようとすると、当日受付はダメ。
がっくり
でも走るのは自由とのことで、観光しながら楽しんで走ることにした。
携帯を持ちながら走り、所々立ち止まり写真撮影。

20090927-1.jpg
(外国人率高し!!)

20090927-2.jpg

20090927-3.jpg

20090927-4.jpg

20090927-5.jpg

20090927-6.jpg

20090927-7.jpg
(インラインスケートでの参加はありか!?)










スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

『あと3つです。』
この前のリバークエーの表彰会場で走遊会の会長に尋ねられたのが
『今年トロフィー何個目?』
それほど多く貰っている訳でもないのに、把握できていなかった。
たしか今年はじめの目標として、入賞回数二桁もあった様な…。
(去年は初入賞を含む9回で、二桁には届かず。)

今年獲得したトロフィー数えてみると現在6個。
あと4つ。
狙いどころは…参加人数が少なそうな大会。
判断基準は…
同日に沢山の場所で大会が開催。
会場が遠め。
走る距離が長い。
5歳刻みのカテゴリ。
控えめな要項。
などなど…。
ということで20日サムットサコーン県バンペオ群ワット・ラクシーというお寺で開催されたハーフ?20.5kmに参加。

意図に反して、参加人数多かった。

沢山ある橋の起伏は応えるが、田舎の大会は景色がいい感じ。
声援、運営もいい感じ。
先週の疲れもあり、所々力を抜いてそれなりに頑張ることを心がける。
折り返しがなく、途中で年代別順位は把握できなかったが、終わってみれば1時間31分38秒でゴール。
ぎりぎりの5位入賞。
今年7つ目のトロフィーGET!!!!!!

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

遅ればせながら…。
9月13日開催リバークワイ国際ハーフマラソンを振り返る。

すでにChampion Chipのサイトで記録が掲載。
一部記録を抜粋。

順位 / カテゴリ(年代) / 往路タイム / 復路タイム / 往路-復路 / ネットタイム
1 / M 35-39 /記録なし /記録なし / ? / 1:26:19
2 / M 35-39 / 43:45 / 42:45 / 01:00 / 1:26:30
3 / M 30-34 / 45:05 / 42:16 / 02:49 / 1:27:21
4 / M 45-49 / 45:08 / 42:51 / 02:17 / 1:27:59
5 / M 45-49 / 46:33 / 42:33 / 04:00 / 1:29:06
6 / M 30-34 / 45:13 / 43:54 / 01:19 / 1:29:07
7 / M 35-39 / 46:15 / 43:35 / 02:40 / 1:29:50
8 / M 45-49 / 45:58 / 44:37 / 01:21 / 1:30:35
9 / M 50-54 / 46:35 / 44:18 / 02:17 / 1:30:53
10/ M 35-39 / 47:30 / 43:59 / 03:31 / 1:31:29
11/ M 45-49 / 46:19 / 45:36 / 00:43 / 1:31:55
12/ M 35-39 / 45:08 / 46:59 / ######/ 1:32:07
13/ M 40-44 / 46:32 / 45:44 / 00:48 / 1:32:16
14/ M 35-39 / 47:39 / 44:57 / 02:42 / 1:32:36
15/ M 40-44 / 47:46 / 44:51 / 02:55 / 1:32:37

往路-復路で明白だが、通常下りのおおい復路でタイムが1~2分伸びる。
ただしエクセルで自動計算できないのが1人。
12/ M 35-39 / 45:08 / 46:59 / ######/ 1:32:07
しかたなく手動計算すると…
12/ M 35-39 / 45:08 / 46:59 /-01:51 / 1:32:07
ただ1人タイムが2分近くも落ちている!

これが、前半調子に乗りすぎてしまった自分。がっくり

目指していたのは去年の記録。
23/ M 30-34 / 45:23 /43:55 / 01:28 / 1:29:18
『前半無理してでも頑張れば、後半バテても下り坂が記録を後押ししてくれる』
勝利の方程式を発見したつもり。
2回目のリバークワイで、ここでの走り方を極めてしまったと自画自賛していた。

今年は、この勝利の方程式を確立させるためと昨年果たせなかった入賞のため臨む。
去年より勝る参加人数の多さ。
ゼッケン不足で、違うカテゴリのゼッケンをつけて走った人も多い。
(総合1位も、別カテゴリのゼッケンだったが、ゴール後同じカテゴリであることがわかり、想定の順位よりひとつ順位がさがった。)
何故かいつも上位のタイ人が少ない。
驚くことに前半第2集団で走っていた。
スタートから飛ばしていたせいか別格のランナーについていける快感。
折り返しまでこの位置をキープし、皆に勇姿?を見てもらいたい。
上出来の総合5位で折り返すも…。

予想以上に足が重くなるのが早かった。
坂で下っているはずなのにバタバタとブレーキをかけるような走り。
時々ある上りでは、歩くようなスピード。

勝利の方程式…

崩壊…。

後ろから足音が聞こえたと思えば、
すぐに100mくらい離されてしまう。
(スピードが落ちている者と上げている者の差は歴然)
これから何人に追い抜かれるのか?
上位陣がいない絶好の機会にも入賞できないのか?
惨めさと不安感を抱きながら、走り続ける。

ゴール地点のホテルへ向かう角を曲がるときに後ろを振り返る。
残り500m。
すでに同カテゴリ2人に追い抜かれていたが、ラストスパートで迫ってくる人はいなそう。
できる限りペースをあげ、
カテゴリ別5位の入賞札をGET!!!!!!!

勝利の方程式は崩壊したが、去年から一番入賞したい大会をぎりぎり入賞できたことで救われた。
雄大な自然のなかのリバークワイ奥が深い。
病み付きになってしまう。
また新たな方程式を確立させる為に、続けて参加したいと思う。
(来年は、前半少し押さえ気味で走ろうかと、今から模索中。)
20090913.jpg




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

River Kwaiを1週間後に控えて
バンコク走遊会の指定大会でもある
『River Kwai International Half Marathon』
が1週間後に控えている。

ラマ9世公園で、ユニセフ&シェラトンホテル主催の10kmレース。
前週(31km&1?km)の疲れが残っているのか、スタート直後から体が重い。
喉の奥で痰が少し引っかかる感じで、ちょっぴり呼吸しづらい。

40分54秒。
1週間後、大丈夫だろうか?



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ