緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



ヤッソ800 再び!
サブ3を目指すには、週に2回のスピード練習というのを見かけ、
週末のレース参加を1回として換算しても…。
あと1回足りない。

そこで今週半ば、ランパン、ランシャツで気合をいれ、
あまりの辛さで逃避していた
あの『ヤッソ800』久しぶりに挑戦。
ヤッソ800の方程式
前回以来、インターバル走をやっていない気がする…。

1本目 3'04" (つなぎ2'56"/400m)
2本目 3'06"(3'08")
3本目 3'05"(3'16")
4本目 3'12"(3'49")
5本目 3'22"(3'42")
6本目 3'20"(3'58")
7本目 3'27"(4'01")
8本目 3'24"(3'55")
9本目 3'32"(3'51")
10本目 3'22"(4'10")

という結果。
10本平均すると…
3'17"
フル3時間17分で走れる走力。
サブ3遠い。
せめて10本全て3分1桁で走れるようにならねば…。
でもこの辛すぎる練習、続けられるか不安…。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

体重別大会
入賞激戦区の60kg以下になったら参加やめようと思いながらも…

今年で3回連続出場してしまっている。がっくり
この大会通常の年齢別カテゴリーではなく
男子の場合
45kg以下(学生?)
45-59kg(激戦区)
60-67kg(市民ランナーレベル?)
68-74kg(2年前はこのカテゴリーで参加)
75-84kg(白人多し)
85-94kg(デブ白人多し)
95以上(えっ~!? その体で走れるの?と驚愕の表彰式)
20090726-3.jpg

となっている。
(女子は、失礼な大会と思うが49kg以下、50-59kg、60-67kg、68kg以上となる)
普段入賞にはほど遠い人でも、活躍の場を与えてくれる大会。
スタート前の光景でも普段アップしなさそうな重量級ランナーが、軽くジョギングしてたりして驚く。
現在64kg前後の自分が走るカテゴリーは60kg-67kg。
59kg以下と比べると走力は格段と落ちるが、それなりに頑張らないと入賞できない。
昨年は5位。

10kmのスピードレースは最初から最後まで気が抜けず、先週フルを走って疲労が残る身ではつらい。
でも目標は入賞して…
ハンデ(重い体重)を負って頑張っていることを証明し、自分を少しでも慰めたい。
体重を絞ればサブ3も見えてくるのでは…という希望を持ちたい。

スタートでも前のほうに並び、最初から飛ばしていく。
1km表示で3分40秒くらいだったか…。
先週のフルとは全く違い、ハイペースで1kmから息があがる。
通常のレースとは違い、ゼッケンを見なくても後ろから体格でだいたい同カテゴリーかが判断できる。
前をみると、自分より重そうなのは…。

走遊会のN中さんぐらい。
(75kgのカテゴリにしては別次元のスピード)
2.5kmくらいの給水所あたりでNさんに追いつく。
でもN中さんも譲らず、攻防が4kmくらいまで続く。
N中さんのほかにも、昨年同大会で最終盤で抜かれた人や、その他2、3人との攻防が続く。
ペースを落として楽することも出来ない10kmレース独特の展開。
最後まで持つか不安になるが、ゼイゼイの呼吸でN中さんの前にでる。

折り返しでカテゴリー別順位確認。
やはり60kg以上は少ない。
入賞圏内。
でもこのペースでは、いつバテるか分からない。
折り返してから、知人に声をかける余裕も全くない。
ペースが落ちない様、前を走るランナーを目指す。
でも後ろから複数の足音も聞こえる。
前を走っているランナーに近づきながらも、後ろから2,3人に並ばれる。
フルならこんなバトルないのに…。

この集団で同カテゴリのゼッケンを探す。
身長が同じくらいで筋肉質のタイ人が同じカテゴリであることを発見。
でも年齢は自分より上っぽい。
同じくらいの身長、体重ならば年齢が若い自分のほうに勝算あり。
負けるわけにはいかない。
ラスト800mのカーブでさらにペースをあげ引き離す作戦。
でも、1km前で集団から軽そうなランナーが飛び出した。
やばい。
他のランナーも続くか?と焦る。
自分がついていかなければと思い1km弱を残して長めのスパート。
軽そうなランナーのスパートにはついていけずじわじわ離されるが、後ろからの足音も聞こえなくなった。
38分49秒でゴール。
2位入賞。
今年も、重い体重なりに頑張っていることを証明できた。
体重を落とせば、記録の伸び代がまだありそうという希望も持てた。
20090726-2.jpg


20090726-1.jpg


ただどうやって体重を落とすかは、暗中模索…。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

パタヤマラソン
今年で3度目のパタヤ・マラソン。
自分のなかで勝手にマラソンシーズンの開幕と位置づけている。
7月パタヤ
9月リバークエー(ハーフ)
11月 バンコク
1月チョンブーンあるいはコンケーン
と一応国際と名がつく大会が2ヶ月毎にある。

でもこのパタヤ。
暑い時期の開催。
アップダウンのあるコース。
記録も期待できないので参加するのが憂鬱。
でも体重が重いのを除けば、1ヶ月前の走り込み十分で、前日も珍しくよく眠れ、比較的良い状態で臨めた。


作戦。
1月に走ったコンケーンマラソンのイメージ。
1月のコンケーンマラソンの様子はこちら。
キロ4分30秒で30kmまで粘る。
奇跡がおきて最後までイーブンペースで走れば3時間10分切り。
30kmから想定通りペースが落ちて残り12kmを5分ペースで走っても3時間15分で大満足(自己ベストだし…)。
30Kmからヘロヘロになり6分ペースで走ると3時間27分。
去年からの成長を実感する為にも、最低限去年のパタヤ3時間27分よりいい記録でゴールしたい。
去年のパタヤ(前)
去年のパタヤ(後)

5km通過23分4秒(目標設定22分30秒)
ウォームアップ兼ねてのゆっくりスタートだから、こんな感じか…。

10km通過 46分45秒(目標設定45分)5km~10km間 23分41秒
ちょっと余裕をみて走りすぎたか…。

15km通過 1時間9分31秒(目標設定1時間7分30秒)10km~15km間 22分46秒。
走遊会の女性陣の声援も受け、4、5人の集団でいいペースで走れる。

25km通過 1時間57分48秒(目標設定1時間52分30秒) 15km~25km間 48分17秒。
いつの間にか周りが遅れ、いなくなり、孤独に走り続ける。
それなりのペースで走っているかと思ったのに…。
キロ4分30秒ペース、全然出来ていない…。

35km通過 2時間47分22秒 25km~35km間 49分34秒。
ジョムティエン・ビーチ。
海を望めて走れる癒しの場所。
でも例年のごとく景色を楽しむ余裕もなくジワジワとペースが落ちる。

36kmから最後の難関の長い坂。
ここを上りきれば、後は怖くないと思い頑張る。

ラスト5kmの表示。
ここを下れば、ウォーキングストリートに入り平坦な道が続くと安堵した矢先…。

ラスト4km表示。
ここ曲がるんだっけ…と思いながら走っていると、突如また上り坂が現れる。
完全に忘れてた…。
確かに、去年走った記憶がある。
想定外の坂に心が折れそうになる。
しかも後ろから一人白人に追い抜かれた…。

ラスト3km表示。
ウォーキングストリート。
夜のお姉さんorおかまの応援の的は前を走る白人で助かった。

ラスト2km表示。
徐々にゴールの賑わいを感じる。

ラスト1km表示。
また後ろから追い抜かれた。
しかも日本人っぽい。
日本人1位も目指したのに…。
でも追いかける気力も完全になくなっている。

そしてゴール。
20090720-6.jpg


3時間25分29秒。
なぜか年代別(35歳~44歳)の順位札を貰う。
20090720-1.jpg
14位。
入賞には関係ないのだろうが、ちょっぴり嬉しい。
最低限の目標の去年のタイムより2分短縮。
でも目指すサブスリーには程遠いことを痛感。
何とかこのマラソンシーズンで3時間10分切りを目指し、引き続き走りこむ!!

今回の参加賞
20090720-2.jpg

ランシャツ・
20090720-3.jpg

バック・・
20090720-4.jpg

帽子・・・

パタヤの参加賞って毎年デザインがいまいちな気がする。

完走時の記録証。
20090720-5.jpg

自分で勝手に記録書いてねという感じの味気ないもの。
これも改善してくれないかな?

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

パタヤマラソン目前。
20090712-1.jpg

パタヤまで1週間となったドンムアン空港で開かれた12kmレースに参加。
初参加の大会だが陸軍基地の滑走路を走れるということで毎年人気の大会。

たくさんの日本人も参加。
久しぶりにあったH武さん。
開口一番『太りましたね』で凹む。
(ここ1ヶ月の走り込みで若干絞れたが、ベスト体重でパタヤに臨むのは到底無理であきらめた。)

この大会の目標。
パタヤへ向け最後の追い込みでスピード重視。

4km、6km、12kmの部が朝6時一斉にスタート。
できるだけ前に並ぼうと思っても人が多くスタートラインから5mくらい後方。
序盤は、追い越しに苦労させられる。
この大会の醍醐味の滑走路に入る。
空軍の飛行機が並び、その脇を走る。
ひたすら真っ直ぐで壮観。

結構いいペースで前を抜いていく。
でも、後ろからずっと足音が聞こえてくる。
振り返るとY下さん。
これって序盤に抜かれて離される最近の負けパターンじゃ…?と焦る。
最近の走り込み成果を実感したいし、パタヤ前に自信を無くしたくないので出来る限り頑張りたい。
せめて折り返しまでは、抜かれたくない。
キロ表示もなく、折り返しまで長い。
でもY下さんの圧力もあり、いいペースで走れる。
折り返しもY下さんがぴったりついている。
疲れてきてペースが落ちてくるランナーを何人か抜く。
でもちらっと振り返るとY下さん。
時計をみるともう40分過ぎ。
来たコースをそのまま戻るじゃないことがわかった。
あと10分くらいならこのまま抜かれず頑張れるかも…。

終盤は(アスファルトの)トラックを3/4周くらい走る。
何だか競技的で気分が良い。
後ろを気にせず、ラストスパート。
カーペットが敷かれた所で、久しぶりにY下さんに勝てたことを確信。
49分53秒でゴール。
Y下さん終盤で両足肉離れが再発し、必死で走りきったらしい。
それでも約7秒後にY下さんゴール。
最後まで気の抜けないレース展開。
でも良い内容でパタヤ前の最後のレースを終えられた。
Y下さんには感謝感激でした。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

またまたハーフ自己ベスト更新か !?
7日、8日タイは祝日。
8日サラブリー県で開かれたハーフマラソンに参加。
20090708-1.jpg

この大会、年代別カテゴリーが5歳刻みで10位まで(女性は7位まで)入賞。
走れば入賞かなと思うが、目標は5位以内で入賞したい。

コースは平坦な田舎道。
10km部の折り返しまでは1km毎に距離表示があった。
キロ4分20秒くらいのペースで5kmを21分25秒。
10km部の折り返しをハーフは直進して右折。
じわりじわりと前に追い上げることができ調子がいい。
スタートから30分過ぎ、横から自転車が猛スピードで…

『コース違う!!』

と駆け抜けていく。

この時は、まわりの数人のタイ人ランナーも平静だったので、自分の聞き違いかと思った。
たぶんあの自転車が一人コースを間違えて走って戻ってきたのだろうと…。

それから暫くして、前を走っているランナーが立ち止まるのが見えた。
なかには引き返そうとするランナーも。
(え、マジ!?)
やがて前の集団に追いつき一旦立ち止まる。
だれもどこで間違えたか定かではない。
間違えるとしたら2kmくらい手前か?
引き返すには長すぎる距離。
順位も関係なくなってしまう。
後続のランナーもついて来ている感じだし…。
『とりあえずこのまま走ろう』ということになる。
『どこで折り返す?』と誰かが聞くと
『タイムを計ってるから、10Km相応のタイムで折り返せばいいだろう。』と誰かが答える。
(なるほど…)納得。
『そろそろ10km?』と誰かが言う。
(明らかにまだ早すぎるだろう…。)
入賞のトロフィーは貰えるのだろうか?不安を抱きながら走る。
やがて先導車が折り返してくるのが見え、トップが続く。
先導車がコースを間違えたのか?あるいはあの自転車の勘違いか?
すぐ近くの小さな建物のあたりで、何のチェックもなく自分を含んだ20人くらいの集団が折り返す。
一気に前との差が縮み仕切りなおし。
でも一度緩んだ緊張感を戻すには、結構大変。
おまけに本来のコースではないせいか給水がない。
でも後続も皆同じコースを走っている様なのでレースとしては成立しそう。
ようやく給水。
これでやっとレースに集中できる。
最近の走りこみの成果か、コースが短いせいか、最近のレース終盤のバテる感じがない。
久しぶりに終盤からペースをあげて前を目指す。
前の2,3人に追いつく。
そのうちの一人が同年代のカテゴリー。
自分のゼッケンが同年代ということに気づいた様でペースをあげてくる。
残り2kmを並走。
何度かペースをあげ仕掛けてみる。
でも頑張ってついてくる。
たぶんラストスパート勝負になるなと思う。
まあ自分としてはここまで走れたことに満足。
入賞10位までで入賞確実だし、ここで一つ順位をあげても大差ないし。
おまけに相手は長身。足の長さで勝てない。
最後は彼に譲ろうと思う。

でも、簡単には勝たせまいと思い、残り500mで更にスパート。
ここで彼があきらめる感じだったらそのままゴールしてしまおうと思ったが、彼も負けじと必死のスパート。
やはり足の長さで勝てない。
彼がちらちら自分との差を確認しながら5mくらい差をつけてゴール。
ゴール後、完全に息が上がっている彼と、健闘をたたえて握手。
彼が5位で、自分が6位入賞。
目標の5位以内が達成できず、正直この年代のレベルの高さに驚く。
タイムは1時間20分54秒。
また距離が2~3km短い…。
20090708-2.jpg

ここから入賞者多数の為、長い長い表彰式。
トロフィーを受け取るまで、約2時間30分待ち。
今後は入賞者が少ない(10歳刻みで5位まで)大会で入賞できる様、頑張りたい。
20090708-3.jpg



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

LSD
7月最初の休日は、これといった大会もなく

走遊会でパタヤマラソンにむけ特別練習で30kmLSDを行うとのこと。
一人でLSDも寂しいし、皆で走れば楽にこなせるかなと思い6時ルンピニ公園の集合場所へ。

誰もいない…。

急遽中止になったか?と思いつつ、めずらしく練習しているK並さんをみつけ、一緒に走らせてもらう。
K並さんも大会参加せず、朝5時半からゆっくり走っているとのこと。
K並さん予定の10km(4周)終了。
今日は30kmLSDと決意しているので、続けて頑張る。
それから2周して、後ろからにぎやかな集団が近づいてくる。
振り返ると…

『走遊会 !?』

何でも女性陣の要望で、日焼け対策として1時間早い5時スタートに変更になったらしい。
久しぶりに走遊会の練習に参加すると、過半数が女性で驚く。
3周先行している様で、すでに20km近く走っている。
でも皆元気。
これLSDのペース?ちょっと速めのペースで走っている。
でも皆で話しながら走っていると、LSDの退屈さがない。
皆さん、無事予定の30km終了。
でも自分は3周足りてない。
ここから見送られ、残り3周また孤独に走り続ける。
話しながら走っていたので、時間の経つのが速かった。
おまけに曇り空で、風もあり涼しい。
滅多にないLSD日和。
せっかくだし、プラス4周で40km走るかと決意する。
30km過ぎから足が重くなる。
まさにフル後半の擬似体験。
この足の重さを克服すれば、フル終盤の失速がなくなるのでは?
と頑張る。
途中で更に1周多く(17周)走ればフルと同じ距離なんだなと思いつく。
パタヤ前にフルの距離走るのも自信がつくのでは?と思い目指してみる。

16周目。
もう足が棒のよう。
何度も歩きたい衝動。
17周なんて無理。
結局、『42km走るのはパタヤのお楽しみ』と強引に理由づけ。
16周(約40km)を5時間6分で終了。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

月間走行距離300km達成 !!
6月は、パタヤに備え朝もちょっぴり走ることにして月間走行距離301km。
初めての300km超え。

そんな6月最後の日曜日。
ラマ9世公園で歯磨き粉ブランド?主催のツインロータス・ハーフマラソンに参加。
(ゴールすると歯磨き粉や歯ブラシが貰える。)

この大会コースが毎年変わる気がする。
今年は実際公園内を走るのはスタート後の1km弱とゴール前の3km。
すぐに公園を出て一般道を10kmくらい走る。
スタート後、先週のレースで序盤ペースメーカーにしていたアスリート系の女性をみつける。
今回もペースメーカーにさせてもらおうと思った矢先、ペースが似ていてレース中よく見かける髭のオヤジに追い抜かれる。
今回は髭オヤジについていくことにする。
このオヤジとじわじわ前を抜きつつ、いいペースで走っていると3kmくらいで再び女性に追いつかれる。
今回は、男気を見せつけてやるとしばらく並走。
髭オヤジも頑張ってついてくる。
そんな中、もう一人小柄な(これもまたアスリート系の)女性が加わる。
両手に花でちょっぴりうれしい。
5kmの折り返してくるランナーで年代別順位確認。
同年代が別格のスピードで連なる。
入賞はやはり無理。
前を走っている女性は見当たらなく、並走している二人が女子の先頭争い。
でも激しい先頭争いについていけずじわじわ離される。
でも髭オヤジ頑張ってついていってる。

折り返し後も20~30メートル先で女子の先頭が入れ替わる激しい攻防。
後ろから見ていて面白い。
そんななか彼女らのハイペースについていけず髭オヤジ遅れてくる。
女子に刺激されオーバーペースだったんだろう。
呆気なく追い抜けた。

10kmあたりから公園横のため池沿いを走る。
ここは去年走ったが、道が狭いのに10kmの部と重なり結構人が邪魔。
公園にはいるとハーフ部門は迂回して走りやすくなった。
公園内はもはや庭。
残りどれくらい距離でどんなコースか明確にわかる。
結果、1時間34分台でゴール。
タイムはパッとしないが、終盤追い抜かれることも少なく、じわじわと調子が戻りつつある感じがする。
でも体重がなかなか減らない…。


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ