緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



ハーフ自己ベスト!?
最近、感じたこと。
トレッドミル主体の練習では、
(傾斜2~3%つけても)心肺機能維持できるが速くはならない気がする。
久しぶりに外でジョギングすると、足が重くすぐ疲れる。
どうも使う筋肉が違うようだ。
ということで、できるだけ外で走ることを心がけ。
パタヤ・マラソンを目指し走り込み中。

パタヤまで1ヶ月をきった6月21日。
近場のハーフマラソンに参加。
調子も上向き。
目標は、最近負けが続いている走遊会仲間のタイ人Rさんに勝つこと。

スタート後、先週か先々週のレース序盤でペースが同じくらいのタイ人を見つけペースメーカとさせてもらう。
2km弱でRさんを見つけ、追い抜く。
(今回は勝てるだろう…。)
ペースメーカとしていたタイ人が遅れたのかペースが合わなくなり、前を目指す。
調子いい感じ。
今度もいいペースで走っている女性をみつけ、悪いなと思いながらもペースメーカとさせて頂く。
しばらく後ろを走っていると、嫌われたのか、僕が前を走る感じに。
また前を目指す。
腕時計が30分くらいしか経っていないのに、いきなり11kmの距離表示がでてくる。
そんなはずはないだろうと思いながらも、ここからはほぼ1kmおきに距離表示がある。
途中、何かの拍子で腕時計を止めてしまったか?疑う。
そんななか、誰かが追い抜いてくる。
まさかのRさん!
結構、離したつもりでいたのに…。
何とか今日は離されないようについて行く。
ラストスパート勝負と思い、残り3kmまでぴったり後ろについて走る。
でも、ここからRさんちょっぴりペースをあげたのか?自分のペースが落ちたのか?
じわりじわり離される。
ついて行こうと思っても、ついて行けない。

潔く目標修正。
Rさんの背中がみえる範囲でゴールを目指す。
距離表示20km過ぎからの長い直線。
徐々にRさんの背中が小さくなっていく。
そして後ろから中盤ペースメーカにしていた女性にも抜かれる。
バテてる…。
なんとか頑張ってRさんの後500m以内でゴールしたのではと思う。
でもタイムは…
自己ベスト1時間13分台!!

有り得ない…。
たぶん3~4km短い。
そして本来の距離なら、もっとRさんに離されていたに違いない…。
20090621-1.jpg

20090621-2.jpg



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

BANGKOK POST MINI MARATHON
6月14日。
英字新聞バンコクポスト主催のミニマラソン。
スタート地点は、バンコクど真ん中!セントラルワールド前。
英字新聞の主催の為か、場所柄か、外国人率が高く感じた。
日本人もたくさん見かけた。
目標は40分内。
結果44分12秒。
ちょっと距離長め?
20090614-2.jpg

20090614-1.jpg


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ナコンナヨック県ダム沿いハーフマラソン
20090607-2.jpg

6月7日。
昨年も走ったが、前半ダムの堤防の上を走る珍しいコース。
景色がよく好きなコース。
でもダムの堤防上までの上り下りは大変。
1週間前のサムットプラカン県のハーフでは、中盤でバテバテになったので、今回は最後までバテないことを心がける。
3kmから堤防まで上り。
体重が増えたせいか、昨年より上りが辛い。
堤防にあがると、景色が良いせいか、1週間前よりは楽に走れる。
それでも7.5km付近の折り返しで走遊会仲間のタイ人Rさんに追い越される。
すぐに差が開かなかったし余力を持って走っていたので、後半また追い越せるかなと思う。
堤防からの下り。
体重を利用して、坂でRさんに追い越せるかなと思ったけど、差が縮まらず。
昨年は、坂を下ってからすごく調子が良くなったと感じたが、今年はそんな感じはなかった。
Rさんにもじわじわ離される。
昨年は18kmくらいから肉離れ寸前で辛い思いで走っていたなと思い出す。
今年は、足は痛くないが重い。
心肺はそんなに辛くなかったが、体が重くスピードにのれない。
結局1時間36分という平凡なタイムのゴールでした。
Rさんは1時間32分台でけっこう差がついてしまった。
20090607-1.jpg

※写真はTORAさんより。ありがとうございま~す。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

短めのレース
6月6日。土曜日。
久しぶりに土曜日のレースに参加。
パタヤマラソンまで1ヶ月弱。
今は積極的に大会に参加して、調整不足の遅れを少しでも取り戻そうと思う。

でも短めの6.5kmレース。
今までタイで走った最短距離のレースではないかと思う。
主催はデパートのセントラルプラザ・バンナー。
参加賞のTシャツのほかに、屋上プールの無料券2枚貰えた。

会場はラマ9世公園。
参加者は、イベント的に参加している人は多いが、いつも大会で走っている人は少ない。
日本人はたぶん僕一人。

距離が短い為、最初から飛ばしていこうと前のほうで陣取る。
スタート後、全体で10番目くらいで走る。
6.5kmくらい最後までハイペースを維持できると思うも、やはり調整不足。
すぐに息があがるわりに、スピードが出ない。

1km毎にチェックポイントがある。
後からわかったが係員にシールをゼッケンに貼ってもらうシステム。
しかし1km目から係員がシールを渡すのに追いついていない。
立ち止まり、自分でシールを剥がす。
貼る場所がわからず、腕にはってみた。
でもちょっと走って、気づいた時には風と汗で腕からはがれている。
もうチェックポイントのシールはどうでもいい。
4kmくらいから前後の間隔が開き、係員が直接ゼッケンにシールを貼ってくれる。
それで、ようやくこのシステムがわかった。
でも貼られる瞬間、手がお腹に当たり結構痛い。

ゴールは24分36秒。
全体で5位までしか表彰はなく、もちろん表彰圏外。
6.5kmという短めの距離では走りこみには足りないと思い、
疲労抜きをかねてその後公園を10kmゆっくりジョギング。
翌日のハーフマラソンに備える。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

サムットプラカーンでのハーフマラソン
5月31日。
この日は、バンコクマラソンに向けて合同練習会 31kmがあった。
でも午前3時という早過ぎるスタート時間に怖気ついてやめた。
近場で、他に手頃な大会がないかと探してみると、隣県のサムットプラカーンでハーフマラソンあり。

このハーフを完走すれば月間150kmに到達。
5月1日に75km走ったわりには、少なすぎる練習量。
暴飲暴食により、目標60kg以下、通常62kgの体重65kgまで増えている。
ベルトもきつくなり、座ってもお腹の肉が気になる。
いつものレース用ランシャツもピチピチで見苦しいと思い、大きめのランシャツで走ることにした。
サブスリーを目指すどころか、間違いなくメタボへ回帰している。

会場はムアンボラン(Ancient City)。
タイの遺跡の複製が集められていて、前に観光で来たことがある。
走遊会ではK並さんとY下さんと会う。
この日の目標はY下さん。
でもスタート直後から体の重さを感じる。
お腹以外にも、腕、太ももの肉の揺れが気になる。
Y下さんとは序盤1kmくらいですでに離される。
6.5kmで折り返し。
もうY下さんとは500mくらい差がついている。
いつもの感じで走れない。
この辺から、じわじわと後ろからも抜かれる。
いつもよりバテるのがはやい。
8kmくらいで左折、かもめが有名な公園へ迂回。
公園の入り口で折り返しの為、かもめは見られないが、風が強く辛い。
Y下さんの姿は見かけず。
ということは、すでにこの1kmくらいの迂回コースを通り過ぎている。
予想以上に離されて、まったく力が及ばなかった。

16kmでムアンボランの中に入る。
あとは敷地内を1周するだけ。
10kmの部、5kmの部と合流しはじめる人が多い。
観光向けの場所であって、結構景色が良く楽しめる。
でも午前7時頃なのに日差しも強くなって暑い。
水が欲しいが、給水所ではもう水が飲み干されている。
もう少しでゴールだからと水は我慢。
20kmの距離表示がみえ、タイムが1時間31分くらい。
1時間40分は切れそう。
1時間36分くらいで21kmの表示を通過したが、ゴールが見えない。
もうすぐゴールだろうと走りつづけるも、まったくゴールが見えない。
暑いし、水も飲みたいし。
ゴールまだ~?と思いながら走る。
道を間違えたか?と不安もよぎる。
いつまで走らせるのと怒りさえ湧いてくる。
やっとでゴール。1時間50分。(2kmくらい長く走ったのでは?)

予想以上に走れず猛反省。
パタヤマラソンに向け、減量と走り込みをしなければ…。


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ