緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



シラチャにて
5月は、初日の10時間走で75kmと距離を稼いだので
月間走行距離の大幅な伸びを期待したが…

10時間走のあと、風邪をこじらせ走れず…。
その後、約10日間のタイ国内出張で走れず…。

現在、月間走行距離は115km。
おまけに食べ過ぎ、飲み過ぎで体重増。

出張期間中の休日、1日だけ早起きして宿泊地シラチャの海岸沿いの公園を走ることができた。

1周1kmくらいか?ゆっくり10周走る。
海を眺めながら走るのは気持ちよかった。

シラチャ 1

シラチャ 2





スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

10時間マラソン ②
50周目(40km)で長めの休憩をとる。
普段ではまずいと感じるであろうレベルのカオカームーを美味しくいただく。
凍らせておいたタオルで体を拭き、着替え。
というか長袖を脱ぎ、また濡れた走遊会ユニホームを着る。
痛み止めのスプレー(全然効いた感じがしない。)をかけ、日焼け止めも塗る。
軽くストレッチをして、走りだそうと思いサングラスをかけようとおもった時、
帽子のうえにのっていると思ってたサングラスがない。
しまった、どこかに置き忘れている。
外したのを覚えている場所に戻っても見当たらず。
すでに盗られたのか、あるいは他の場所で外したのか?
受付に届けられているかも?と思い、確認しても届出なし。
届けられたら知らせるからとのことで、仕方なく走り出す。
走り出した直後から、
「○○のメガネがなくなった。見つけたら届けてください。」
と何度もアナウンスしてくれる。
恥ずかしいが有難い。
25分ほど休憩をとったのに疲労の回復はほとんど見られず。
またすぐに、歩くことが多くなった。1周800m歩くことも。
まだまだ5時間くらいあるし…。
暑いし…。
サングラスもなくなるし…。
(その後、頻繁にアナウンスしてくれているが、何周かしても届けられた様子なし。)
日本で買ってきて、結構高かったのに…。
それより足がとっても重い。
歩くとなかなか走り出せなくなる。
気力で走り出しても、また100m、200mで歩いてしまう。
歩くだけでも、着地のたびに、足裏から痛み、ふともも、腰に衝撃が伝わる。
なぜか、歩いても息があがる。
でも、これから残りの時間を歩いて費やしても、長すぎる。
やっぱり何とかフルマラソンを走れるくらいの力しかないんだなと落胆。
フルマラソンで後半失速するのも納得。

これがもし100kmウルトラマラソンだったらと思うとぞっとする。
完走はおろか、50kmくらいでリタイヤしかねない。。
今回のように10時間で距離を競う大会ならば、、ずっと休憩していても、いずれ完走できる。
だけど、100kmという距離を時間で競う大会だったら、休憩していては永遠にゴールにたどり着かない。
ウルトラマラソンという世界の過酷さに圧倒された。

歩く、走るの繰り返し。
応援の声も少なくなった。
疲労もピーク。
ずっと歩きとおしても、回復見込めない。
いっそ、また長めの休憩をいれたほうが良いかも…。
70周(56km)で休憩。
ランニングシューズを脱ぎたい。、
足裏をマッサージしたい。
ストレッチしたい。
このまま、制限時間まで寝たい。
帰りたい。

何とかリタイアの誘惑を断ち切る。
シューズを脱いで足裏等マッサージ。
ついでに、何か食べようとクイティオ。
スープの温かさが身にしみる。
ついでに、着替えも。(半そで)
ランパンが濡れて、股ずれでヒリヒリ。
(ランパンの替えも用意するべきだった。)
しかたなく、ワセリンを塗りこんで対応。

約25分の休憩を終えて走り出す。
1、2周目のチェックポイントで「○○さんのメガネこれ?」と出してくれる。
諦めていたサングラスが今になって出てきた。
良かった。
早速サングラスをかけて走る。
マッサージ効果か?
サングラスにより視界的な疲労が軽減されているのか?
だんだん長く走れそうなリズムが出来上がる。
CHECK POINTで水をとり、半分飲み半分頭からかける。ときにはスポーツ飲料もあわせて取る。
100mから200m歩き、呼吸が若干回復するのを待つ。
風が若干でも心地よく感じられたらそのタイミングで走り出す。
このタイミングを逃すと日向を歩く羽目になり、体力消耗。
500mくらいで、ずっと毎回「JAPAN、スー、スー(頑張れ)」応援をしてくれる人がいるので、この区間は歩けない。
それが終わるとまた木陰道になるのでなんとかチェックポイントまで走れる。
そしてまた水分補給しながら100m~200m歩くの繰り返し。
残り2時間では、自分が一番走っていたのではないかと思う。
(ときどきあの日本人やるなと声が聞こえると正直嬉しく、また元気がでる。)
ケニア人も休憩しがちになり、走っても時々膝の様子を確かめる為、よく立ち止まる。
だんだん遅い僕のペースと同じくらいの速さになる。
ケニア人でもバテるんだなと親近感が沸いた。
残り30分くらいになるとチェックポイントでは応援の数が増えてきた。
給水も手渡ししてくれる。
木陰も増えた気がする。
残り時間からあと3,4週だなと思うとさらに元気がでてペースがあがる。
給水も我慢できる様になる。
残り10分。
あと1周。もしかしたら2周可能。
チェックポイントの応援は最高潮。
1周を5分ちょっとで走った。
さらにペースをあげればあと1周いけるかもと、ラスト1周に挑む。
ペースをあげると筋肉が刺激され、結構速いペース維持できるには驚いた。
この日、最速ラップの4分で制限時間内に最終周回終えれた。
皆拍手で迎えてくれ、参加者もスタッフも自分のことのように喜んでくれる。
握手も求められる。
普通のフルマラソンのゴールではあり得ない。
すぐに10時間のカウントダウンがはじまり、競技終了の合図。
周回コースの為、スタッフを含め皆が顔なじみになり、皆で大会を盛り上げたという雰囲気で賑わう。
素直に感動できた。

チップ計測だが、すぐに結果が貼り出された。
終盤、差を縮めたつもりだが、結果94周(75.2km) 9時間59分34秒。16位。
目標距離にも入賞にも全然届かなかったが、すばらしい達成感。

表彰式。
1位は小柄なタイ人ランナー(同じ年で入賞常連者。速いだけでなく恐ろしいスタミナ)
2位~10位もケニア人二人を含めたつわものばかり。
でも疲労か故障で支えがないと表彰台に上れない人が何人もいた。
その後、参加者全員に完走メダルではなく名前入りトロフィー。
直前申し込みでも、ちゃんと名前が入っていた。
10Hrs.jpg


辛かったが、いい経験になった。
いつかは本場の100kmのウルトラマラソンに走ってみたいと思うようになってしまった。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

10時間マラソン ①
5月1日。
バンコク都内で10時間のウルトラマラソンが開催されるらしい。
この情報を知ったのは、開催の10日前。
開催場所の公園を拠点にしているランニングチームの結成10周年を記念しての大会。

ウルトラマラソンってどんな世界なのだろう。
今まで、50kmを超える距離を一度に走った経験なし。
フルマラソン以上の距離を走っておけば、フル後半のスタミナ切れが解消されるのでは…。

怖いもの見たさで参加してみようかと思う。
ウルトラマラソンに向けたの練習やカーボローディングなどの準備は全くなし。
ほんと思いつきにすぎない軽率な行動。

ネットで大会情報調べる。
競技部門は、参加費999バーツ、定員99名でチップ計測。
男子全体で10位まで、女子は5位まで入賞。
(しかも上位5位まではトロフィーとあわせ賞金あり)
でも、すでに募集期限が終わっていた。
そのほか一般の部、参加費200バーツもあるらしい。(入賞関係なし)

開催4日前、ウルトラマラソンでも当日朝受付できるのかなと心配になり主催者側に問い合わせ。
その際、駄目もとで競技部門の募集締め切ったか確認すると、まだ3人の枠が空いているとのこと。
高い参加費を払ったほうが、参加費無駄にできない思いで完走できるのではないかと思い、競技部門に申し込み。
これで、当日嫌でも参加しなければならない。

5月1日。
家を出るときは、遠くで雷の音も聞こえ、曇り空。
スタートから豪雨にならなければ良いがと会場をめざす。
会場の公園。
地図があっても結構わかりにくい小さな公園だった。
公園内に駐車場もなく路駐場所を探す。
スタートの約40分前に到着。
そこから慌しく準備。
シューズは、いつも大会で使用しているターサーを予備として、クッション性のあるゲルカヤノを選択。
かかせない着圧ストッキングを履き、豆防止で5本指ソックスを履く。
下はランパン。
疲労軽減の為、ハーフ丈タイツも考えたが、着圧ストッキングの組み合わせはビジュアル的にいまいちで却下。
上が悩んだ。
今は曇っていても、間違いなく日中は炎天下だし、日焼け対策でCW-Xのハイネック長袖シャツを採用。
そのうえから走遊会ユニホーム。
帽子、サングラスも欠かせないだろう。
ウエストポーチには、粒状アミノバイタル、飴およびなぜかお金を少し(周回コースでは必要としなかった)。
また鼻づまりがいまいち完治せず、ポケットティッシュも携帯。
長丁場だから、途中音楽でも聴きながら走ろうとiPODを持参したが、イヤホン忘れた。
これでは意味なし。
音楽は諦めた。
受付でゼッケンと計測チップを受け取り、荷物を預ける。
これで準備は万全のはず…。

いよいよスタート。
一般の部あわせて200人くらい。
日本人は自分だけ。
ミッキーランニングクラブという強豪チームに所属しているケニア人2人もみられた。
コースは周回コース。
目標は、サブ10(100kmを10時間以内完走)。
キロ6分ペースのゆっくりペースだから、スタート前は狙えるかもと思っていた。

ゆっくりペースでとりあえず最初の一周。
タイのマラソン大会ではおなじみのラッパおじさんやバットマンの応援を受ける。
一周800mであることが判明。
これからモルモットのごとく同じ場所を走り続ける。
競技部門はチップ計測だが、一般の部は周回毎に目印を渡してくれる。
自分の腕時計では120ラップしか計測できないので、96km以上走った場合、測れなくなると焦る。
でもこれが余計な心配。
そしてサブ10がいかに大それた目標であることに気づくのは、そんなに時間はかからなかった。
2周目ではやくもケニア人が追い抜いてくる。
その後も約2周で1回追い抜かれる。
ゆっくりだが、キロ6分以下のペースで走っているのに、あのスピードで10時間走り続けるの?と疑問に思う。
目を疑ったのが、途中沿道で腕立てふせまで始めた。
約20kmまでは6分ペース。
このペースを10時間続けるのは絶対無理。
さらにスピードを落とす。
というより、落ちた。
ゆっくり走っても30kmの壁があるんだなと実感。
このころから一般の部のランナーの姿が見えなくなる。
(やはり一般の部でモチベーションを維持するのは難しいと思う。)
ラッパのおじさんやバットマンももう帰ったのか?いなくなった。。
最初手渡しされていた周回確認の目印も椅子にのせてあるだけ。

次第に疲れてくる。
アナウンスでは、日本人が珍しいのか盛んに自分の名前が紹介される。
その後もチェックポイント毎に、『こんばんわ。元気ですか?』など怪しい日本語で声援をうける。
1周毎、給水やスポーツドリンクやスイカ等を摂るようになる。
つぎは、何を食べようか、飲もうかが楽しみ。
すでに足が重くなり、ストレッチも時々はさむようになる。
空腹感も感じ始め、フルマラソンを目安に50周(40km)走ったらしばらく休憩しようと決める。
暑くなり、汗をかいた長袖、帽子がうっとおしい。
いっぽうタイ人は、涼しい時はランパン、ランシャツで走り、この時間になるとつばの大きい帽子、長袖やアームカバーをつけ始める。
しまった。
完全に服装の順番を間違えた…。
比較的涼しい午前中は、ランパン、ランシャツで暑くなってから長袖、帽子着用するタイ人が正解。
すでに、自分の帽子も、長袖も水分を含んで邪魔。
正直なところ、着替えなしで100km走れると思っていた。
優勝候補のタイ人はすでに3回くらいランパン、ランシャツを着替えている。
やっとで節目の50周(40km)にたどり着いた。
タイムは4時間15分台。
サブ4って結構難しいなあと思った…。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ