緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



リベンジ
4月26日 シンブリ県でのハーフマラソンに参加。
昨年の同じ大会で、残り十数mくらいで抜かれ6位、年代別入賞を逃した大会として記憶している。

昨年のブログはこちら

今年は、何としても年代別入賞で、昨年の雪辱を果たしたい。

会場へ向かう車中は、激しい雨。
こんな中走るのと思いながらも、幸い会場は小雨になっていた。
約1時間前の受付で、年代別の登録者で25番目。
まあまあ参加者少ないほうか?
入賞常連者もあまり見かけない。
速い人は、よくラマ9世公園の練習でみかける長身のアメリカ人くらい。

スタート後、雨はやんでいたが、路面が滑る。
時々、着地して蹴る瞬間、ズルっと滑り思うように前に進めない感じ。
1年くらい使っているターサーだから、グリップ力なくなってきたのかなと思いながらも踏ん張る。

朝5時スタートの為、暗い。
外灯の少ない細い道にはいると結構足場が悪く時々水溜りに足をいれ靴の中がグチョグチョ。

体調面では1週間ほど鼻詰まりを引きずっていて、呼吸がしづらい。
一応ランパンにティッシュを2、3枚忍ばせていたが…
実際、入賞狙いでは、それを取り出して上品に鼻をかむ余裕がない。
ちょっと汚いがタイ人ランナーがよくやっている手鼻に挑戦。
暗いし、前後のランナーと距離があいている状態では、あまり迷惑?がかからない。
給水所の水で顔と手を洗う。
結構使えるテクニックだなぁと実感。
結局レース中、数回手鼻をかんでしのいだ。

折り返しで、年代別のゼッケンを確認しようとしても薄暗くてわからず。
でも自分が折り返して、数十メートル後方にあのアメリカ人が走っていた。
何とか、逃げ切らないと入賞枠が一つ減る。
10kmのタイムが42分45秒。
ラストスパート用に温存していたつもりの体力もいつの間にか使い果たしている。
鼻づまりの影響か?前半のペース維持がしんどい。
並んで走っていた人に徐々に離される。
後ろからも二人に抜かれた。
なんとかついていかなくてはと思いつつ、15km通過が1時間4分20秒。
15-16km,16-17kmが4分35秒ペース。
いつアメリカ人が追いついてくるか冷や冷や。
曲がり角で後方確認。視界にはだれもいなかったのでちょっぴり安堵。
でも残り4kmほどあるので気が抜けない。

10kmの部と合流して、人込みの橋を2箇所上り下り。
辛い。
それが終わると、約2kmくらい続く直線。
ゴール付近とみられる信号がはるか彼方にみえ、一向に近づいてこない。
もう後ろの足音は、ハーフ参加者のものか、10kmの参加者かわからない。
信号を左折、いよいよゴール前の部門別のパイロンが並ぶ。
去年はここで抜かれた記憶が蘇り、ラスト十数mを瀕死でスパート。

入賞は?と思い入賞札を探す。
最初見当たらなく、絶望しかけたとき…

係りの人達の奥のほうで年代別4位の札が下がっていた。
それ僕のと手振りで確認したところ、頷いて渡してくれた。
1年越しのリベンジ達成!
タイムは1時間32分12秒。(昨年より遅い…。

あとでアメリカ人にタイムを聞いたら、同じ1時間32分台で入賞圏外。
危なかった…。今年はラスト十数mのスパートが効いたかも。

でもゴールからトロフィーを受け取るまで、約2時間半待たされた。
入賞は嬉しいが、この待ち時間は何とかしてほしい…。
singburi.jpg

(このトロフィー、スイッチをいれると光ります。)



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

着圧ストッキング効果
パタヤマラソンまで残り約3ヶ月となった3月19日。

チャオプラヤ川を越えたところにあるSIRIRAJ病院で開かれた12kmレースに参加。
(要項では11kmと書かれていたが、スタート前に12kmあると訂正。)

4月になって初の大会参加。
3週間ぶり。
この日までの月間走行距離が75kmと少なめ。
内容は、ジョギングばかりでスピード練習ができていない。

おまけに鼻がムズムズでだるく、参加控えようかと思ったが…。

次週に、入賞狙いたいシンブリ・ハーフマラソンがあるので、
それまで短めのレースでレース感を取り戻そうと参加。

課題。
無理はしない。
練習の一環と思って走る。
着圧ストッキングの評価。

着圧ストッキングとは、走遊会I場さんのお勧めの一品。
zamst  着圧ストッキング

ふくらはぎの疲労が軽減されるらしい。

僕もふくらはぎの故障が多いので、この故障とうまく付き合う方法を考えなければと、日本帰国時に購入。
このほかにもSKINSのパワーソックスも購入。
skins パワーソックス

I場さん情報では、ザムストの着圧ストッキングほうが圧迫感があってオススメ。
SKINSのほうは洗濯すると文字が剥がれてきてイマイチ。とのこと。

大会会場ではスタート場所が狭いせいか、かなり多くの人が参加しているように感じた。
ケニア人もみられた。

チェックインが行われそうなところで並んで、走遊会K並さんと雑談していると、
すでにK並さんチェックイン済み。
列の後方で行われていたチェックイン場所までもどりチェックインを済ませ戻ると列の半ばくらい。
この大会、入賞3位までで関係ないし、今日は練習と割り切っているから、これくらいの位置で場所取りでも良いかと…。

いつ始まったかわからないスタートの後、ペースを抑えて走ろうと思った以上に、まわりのペースが遅く前がつかえる。
コースは、結構交通量が多く、空気も悪そう。2、3箇所くらい橋のアップダウンがある。
1kmくらい周りを避けながらゆっくり走って、だんだん邪魔されることもなく、まわりとペースがあってくる。

これくらいのペースで最後まで走ろうと思いながらも、
前のランナーに追いついたらペースが合わないと感じ、次のランナーを目標とし、徐々に追い越し。

残り5.5kmくらいの折り返し地点を折り返してきた走遊会T本さんとすれ違う。
たぶん100~200mの差。
折り返してから、
前半抑えたせいか?
着圧ストッキング効果か?
T本さんが見えたせいか?
あと5kmしかないと普段は思わないことを思う。
それでまたペースをあげる。
残り3kmくらいでT本さんに追いつき、今度は追いつかれない様、また前を目指す。
そろそろ走遊会仲間のタイ人Rさんがいてもいいのになと思いながらも姿がみえず。
ようやく残り1kmでRさんをみつけ、追いつけるか微妙と思いながらも
残り300mくらいでラストスパートで追い越しゴールへ。
タイムは49分15秒くらい。
思ったより走れたのではないかと満足。
今回のようなジワジワペースをあげていける様な展開は、気分的にいい。

これで、次週のシンブリ・ハーフマラソンも着圧ストッキングで頑張れそう。




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

アウェーの洗礼
タイで細々続けているゴルフ。
今回の本社出張でたまたま週末に会社のゴルフコンペがあり参加することに。

日本でのゴルフは初体験。

まず困ったのがゴルフウェアが半袖しかない…。
事前情報では、ウインドブレーカーなど着込んだほういいとのことで、
エンポリのマンシングウェアで一通り揃える。

ゴルフクラブは、
上司が怪我で欠席となり、その方のクラブを借りることに。
前日にクラブに慣れるため、練習へ。
借りたドライバーのヤマハ・インプレス。
これがすこぶる調子がいい。
欲しい~。
持って帰りたい。
アイアンもまあまあの出来。
練習成果上々。
ハンデも36貰える様だし、優勝しちゃうかもと意気込む。

コンペ当日は雨。
寒い。

タイでのゴルフとは違うことが多々。
キャディーがつかずセルフプレー。
驚いたのがカートの自動運転&リモコン操作。
(あまりカートに乗ることはなかったが…)
同伴者に迷惑をかけないよう、2打目以降、使いそうなクラブ5~6本持って走らなければならない。
(一度グリーンまわりで、クラブを置き忘れてきた。)
タイのゴルフ場と違い、平坦な場所は皆無。
(難しい…。)
寒さ&雨のせいか、ボールが飛ばない気がする。
手もかじかみ、握力がなくなる。
残り150ヤード、100ヤードの看板しかなく、残りの正確な距離が分からなく焦る。
カートから選んで来たクラブの距離が合わず、仕方なく打つことも何度か…。
(タイではキャディーさんが残り距離を教えてくれ、時にはクラブも選択して渡してくれるのに…)
バンカーでは、自分で砂をならさなければならず、脱出できない惨めさに加えて惨めさが倍増。

結果…
断トツのブービー
寒すぎる