緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



バンコクマラソン
今年も4年連続でタイ国内最大のマラソンイベント『バンコクマラソン』に参加。
自己ベストを更新し続けたいと思いつつも不安いっぱい。
作戦はキロ4分40秒のイーブンペース。
このペースで最後まで走れば、3時間16分台。
終盤余力があれば、ペースをあげ3時間15分内も達成できるかと期待。
それで5km毎のラップタイムと毎年のチェックポイント(15km、34km)の追加タイムを腕に書き込む。
081123.jpg

深夜3時30分スタート。(またほとんど眠れなかった…)
距離表示は給水所と同じく2kmおき。
ここで気付く。5kmの正確な通過タイムはわからない。
15kmの折り返しチェックポイントで1分弱の貯金。
ここからランナーズハイか?呼吸も乱れず快調。
毎年、ラマ8世橋を下って、市街地にはいる30kmくらいで潰れる。
でも今回はまだ元気。
このあたりから給水所も1.5kmおき。あわせて距離表示も1.5kmおき。
もはや腕の通過目標タイムは役に立たず。
でも34kmのチェックポイントで3分も貯金。
このまま最後までいけたらと思ったが、やはりマラソン。
肉体的にも精神的にも辛さ、苦しさをひしひしと感じる
残り2kmは、あと少しで開放されると思いつつ走る。
でも、ゴール近くの賑わいが見えると、いままでの辛さ、苦しさは忘れ、もう感激&感動。
結果は3時間16分で自己ベスト更新。
最後は貯金を使い果たしたが、ほぼ目標タイム。
大満足でした。
(なんと80人くらい参加した日本人のなかでは1位。)

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

バンコクマラソン1週間前!
バンコクマラソンのスタート地点となる王宮周辺ではガラヤニ王女の火葬の儀が行なわれた。
その為、タイ国民に対して、喪服(黒か白の服)の着用を奨励。
公園でも、散歩、ジョギング、ヨガ、太極拳などを楽しむ人々は黒っぽいウエアの人が多かった。
そんな土日、課題は先週32kmレースの終盤バテを克服とし、連日30kmまたは4時間LSDを決め込む。
場所はいつものラマ9世公園は15日~28日まで園内整備で走れない為、チャトチャク公園&ロットファイ公園。

でも両日とも約15km(2時間LSD)で終了。
今週末のバンコクマラソン、スタミナがとっても心配です。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

バンコクマラソン2週間前!
何度も自分に強く言い聞かせたい。
マラソンにまぐれはない。
日頃の練習の積み重ねが大事。
過去に何度も肝に銘じたつもりが、またやってしまっている。がっくり

仕事で練習量が確保できなかったのは仕方ないとしても、飲みすぎ食べすぎは管理できた
はず。体を絞ろうとしていたこともあきらめ、最近体重2kg増。

バンコクマラソン前2週間前に控え、練習不足と自己管理の甘さを痛感する為に参加した大会。
カオチャゴ・スーパーハーフマラソン。(32km)
この大会、入賞者には、王女様から直接トロフィーが貰えるので、タイ人に絶大な人気。
2週間後のバンコクマラソンよりこの大会に力をいれるタイ人も多いらしい。
バンコク走遊会もバンコクマラソン前の最後の調整として、多くのメンバーが参加。

スタートから人込みにあわせて、走遊会Nさんと雑談しながらキロ5分くらいでスタート。
2~3kmくらいでこのコースの中でいちばんきびしい峠前にNさんがペースを落とすということなので、マイペースで黙々と走る。

7kmくらいで、舗装が悪く、暗い道に入る。
ここら辺、足場悪いんだよな~と思った矢先。
くぼみに右足を突っ込んでしまい、足首をひねってよろける。
隣で走っていたタイ人に心配され、自分もやばいと思ったが、走ってみると徐々に違和感がなくなり安堵。

空がだんだん明るくなり、清々しい。
ペースをじわじわ上げて、何人か抜いているのに、前を走っているはずの走遊会T会長の姿が全くみえない。
 ようやく15km過ぎからそれらしき後姿を見つけ、追っかけるも追いつかず。
20km付近の折り返しで200mくらいの差。

22kmくらいで持参したカロリーメイトで補給。
フルマラソン30km過ぎのスタミナ切れ対策として、今回試用。
結果、息が荒いときにこのカロリーメイトはNG。
まず、モゴモゴ感で呼吸が苦しい。
そして口の中のわずかな水分をこのカロリーメイトに奪われる。
また呼吸ごとにカロリーメイトの砕けた粉が口から飛び出し、汚い。
バンコクマラソンまでにスタミナ切れ対策を再考しなければならない。

26km過ぎでようやくT会長に追いつく。
しばらく追従。
でも折角なので、最後の力を振り絞って前にでる。

T会長の前にでた後に気付いた。
今まで追いかけることに必死で気付かなかったが…
もうこのペースをゴールまで維持できるほどの体力が残っていない。
あっさりT会長にも抜かれ、残り3kmは完全にバテた。
何とか、2時間27分台でゴールできたが、フルマラソンはあと10kmあることを考えると恐ろしい。
あと、2週間でどこまで追い込めるかが課題です。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

アシックスストア・トーキョー
国外出張&暴飲暴食続きでまともに走れずに2週間経過。

今回の日本出張は、首都圏だった為、タイ戻りの便を、夕方にして立ち寄ったのがここ。
アシックスストア・東京
asics store-1



目的は
足型を計ってみたい。
練習用のシューズを買いたい。
使用中の練習靴は去年のパタヤ・フル直前に会場で購入したゲル-キュムラス?。
当時は靴に対して何の知識もなく、アシックスというブランド、デザイン、そしてクッション性のありそうな靴、価格(でも3000B以上した様な…)で購入。
でもフル3.5回、その他レース数々、その後もトレーニング用として使用。
ソールが減り、シューズ内側も破れてきたので、そろそろ引退かと。
新しく、クッションのいいシューズがジョギング用として欲しいなと思っていたこの頃。

店にはいると
1Fがレディース。2Fがメンズ&シューズ。
しかも当たり前ながら全てアシックス。しかもランニング関連のものばかり。
こんなおしゃれなスポーツ店、実家近くにはあり得ない。
「足型測ってみたいんですけど…」恐る恐る店員に声をかけてみる。
asics store-2

いかにもアスリートぽい店員が測定、結果を優しく解析、解説してくれる。
足の解析データ

ここで、今までの自己流分析の誤解が発覚。
幅広、甲高と思っていた足が、ともに標準。

僕:『ゲル-キュムラスの幅がきつく、いつもスタート直後に足が痺れたのは、幅広、甲高の影響では?』
店員:『ゲル-キュムラスは標準よりかなり足幅が細く作られているんですよ』
店員:『右足の実測長は25cm弱で、これより約1cm大きめの26.5cmが適正サイズですね。ワイドタイプでなくてもレギュラータイプで十分ですよ。』
(今のターサーTSアリビオ・ワイドは27cmでちょい大きめで、しかもワイド)
店員:『レース中の水ぶくれ、黒爪は靴がちょっと大きいのでは?』
店員:『解析データをみると、左足のかかとラインが内側に傾いてアーチが低い(僕は生まれながら偏平足。)ので、左ひざ等を故障しやすいですよ。』
店員:『シューズも左足かかと外側が減りやすいのでは?』
(タイに戻って靴底確認したら、見事にその場所が減っていた。)
店員:『故障しないよう、左足のかかとセンターラインでの着地を心がけてくださいね。』などなど、足の骨格模型を使って、次から次に的確なアドバイス。

それで、僕の練習頻度、フルマラソンタイムを確認して、購入希望のクッション性のある練習用シューズとして(ここでたまに追い込んだ練習もできれば…という無理な希望もプラスして)用意してくれたのが2種類のシューズ。
ゲル・カヤノ14(近々15が発売らしい)
ゲル・DSトレーナー
まずクッション重視のゲル・カヤノ。
つま先とかかと部にゲル構造、安心感があり足に優しそう。
つづけてDSトレーナー。
GEL DS TRAINER

カヤノと比べて、とても軽く感覚はターサーに近い。
また、ゲル構造とは違ったクッション性あり、ノートパソコン用ケースで使われる衝撃吸収素材のような感触。
ジョグだけでなく、スピード練習もペース走もこなせそう。

結局、頑丈そうで長く使えそうなカヤノをジョグ、LSD目的で購入。
スピード練習、ペース走では今使っているターサーTSアリビオ・ワイドを使えばいいかと。
そうなると、今度はレース用にも足にあった勝負靴がほしいなと欲求が湧いてくる。

一応話だけでも聞いてみようかと。
勧めてくれたのが、ターサーRSアリビオ2。
まだ一般のスポーツ店には並んでない新製品らしい。
しかも白ベースと黒ベースがあったが、この黒ベース&赤ラインがカッコ良く一目ぼれ。
またRS(レース向き)といま使っているTS(トレーニング向き)では性格も異なりソール形状も違うとのこと。
試着を勧められて、せっかくだから履いてみるとこれがまたシックリ来て感動。
何となくすごく速く走れそう。
もう物欲を抑えられず結局2足購入してしまいました。
KAYANO

TARTHER


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ