緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



棚ぼた初優勝!
081019


19日。サムットソンクラーム県で開催された32kmレースに参加。
スタートが4時45分なので、午前2時に自宅を出発。
場所は、結構わかりずらい。
サムットソンクラームの町から325号線で10kmくらい北上。
大会パンフレットの地図頼りに近くまで行き、何とか読めるタイ語の標識サナーム(広場)ウィン(走る)を見つけ、それにしたがって到着。
スタートはお寺で参加人数は500人ほど。
草レースで、スタート前のチェックインもなく、いきなりスタート。
最初の1kmはアップを兼ねてゆっくり。
スタート直後から、走遊会の熟練ランナーYさんと並走。
さすがに4時45分スタートで田舎道を走るのは真っ暗で怖い。
街灯もなく、コースはくねくね、短い坂が所々にあり、舗装も悪くくぼみ、水溜りもある。
それに疲労が残っているのか、最初から、着地の度に、両足ふくらはぎがドンドンと疼く。
しかも足場が悪いと、ひねって故障しそう。
このまま徐々にペースをあげるYさんとの並走は厳しく、完走できるかも心配になる。
5kmくらいで丁度いいペースの集団がいたので、真っ暗のなかでは集団で走ったほうが安全と思い、ついて行くことに。
でも、Yさんは、おそらくこのペースで我慢できず果敢に暗闇のなかを攻めていった。
10kmくらいまでこの集団で走っていたが、なんとなくこの集団のペースが落ちてきたような感じがした。
残りはハーフくらいの距離なので、ハーフを最初から走るつもりでとペースをあげる。
ペースをあげるとふくらはぎの疼きは感じなくなった。
数人抜いても、だんだん明るくなって直線でもYさんが全く見えない。
今日は、完敗かと思いつつ15kmくらいでようやくYさんらしき後姿がみえた。
折り返すランナーのゼッケンで年代別順位を確認。
年代別1位は別格、2位とも差があったが、現在3位。
この大会34~36歳という狭いカテゴリーで3位まで入賞。
ゼッケン確認できなかったランナーも2、3人いたので、あと1つくらい順位をあげたい。
20kmくらいでようやくYさんに追いつけた。
その後も、年代別の2位(黄色のランシャツ)を目指す。
バテはじめた2,3人抜いて、黄色のランシャツが見えた。
でも200mくらいの差がなかなか縮まらない。
ところがこの人が給水で休憩している間であっけなく追いついた。
でも同じ年代ではないことが判明。
しかもその後のこのランナーのペースが分からない。
しばらく並走していると、だんだん離され、また給水の度に追いつくの繰り返し。
(結局、最後まで抜けず)
自分のペースが落ちてきたのでは?と思うと、その前を走っていたランナーを追い抜くことができる。

また違う黄色のランシャツがみえた。
なかなか追いつけなかったが、このランナーも29km付近の給水所で足が痛いらしく休憩を取っている間に追いつた。
この人が、今まで年代別2位。
2位でも3位でも入賞ならいいというあきらめの声が聞こえた。
30km付近から、空が暗くなり始め、風が強くなる。
スコールのきざし。
やはり雨が降り始め、涼しくなって走りやすい。
残り900mから100mおきに距離表示。
あと1人追いつきそうだったので、最後の踏ん張り。
そんな中、見覚えのある服の人が立ち止まっていた。
あと1人を追い抜くことに必死で、特に気にせず、ゴール。
年代別2位と思って、もらった入賞札がなんと1位。
さっき立ち止まっていた人が年代別1位だった。
その後、ジョギングペースでゴールしてきたので、たぶんどこかの故障。
上位が崩れての年代別初優勝。

でもゴール後はふくらはぎがパンパン。
歩くのも辛い。表彰台の階段上り下りも危ない。
たぶん途中立ち止まった他の2人の入賞者より重症では?と思う。

表彰式も終わり、会場撤収作業が始まっている中、走遊会新顔の女性Yさんが、ゴール。
スコールにもめげず、走りきった大和撫子魂に感服。
完走のすばらしさを再認識させられた。
タイ人ランナーも最後まであきらめない精神を見習ってほしいと思う。

【レース結果】
5km 23’57” (4’47”/km)
15km 1:12’22” (4’51”/km)
32km 2:33’13” (4’45”/km)
Ave. 4’47”/km


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

はしごラン 2軒目ブッタモントン21km
次のレース会場ブッタモントン到着が午前2時半。
貴重な睡眠時間を確保しようと用意したのがこれ。
081012-3.jpg
アイマスク&耳栓 by ダイソー60B

おかけで僅かな時間ながら熟睡できた。
でも目覚めると体が重く、もう少し寝たいと思いながらも受付へ。
なんか受付の要領が悪く、領収書がなくなったとかの理由で、皆長い間蚊の攻撃を受けながら待たされる。
スタート地点でアマリと連続して走ろうとする異色なランナーもみられた。
走遊会でも僕以外に2人。うち1人は70歳以上でハーフを走ると聞き驚く。
ひょっとして自分の挑戦は、一般的な事なのでは?と変な錯覚に陥る。

ハーフの部スタート時間(AM5:30)が迫っているのに、まだ給水を置くテーブルなどをトラックに詰め込んでいる最中。
しかも学生ボランティアのやる気が感じられず動きが鈍い。
案の定、ハーフの部スタート時間が30分繰り越しでミニ10kmと同時スタート。
公園内を走るため、道が狭く、追い越しが難しい。
しかも3kmくらいでやはり体が重い。
いつものハーフの感覚と全く違う。
自分がイメージしているスピードと実際のスピードがかなり違い1kmがやたら長く感じる。
なんか給水所も無いなと思いながら走る。
5kmくらいでテーブルがみえやっと給水かと思うと、何とテーブルが置いてあるだけ。
コップが並べてあるわけでもなく、係員も居ない。
ひょっとして給水なしの過酷なレースなのかもという不安が募る。
その後しばらく走っても給水所はみえず、タイ人が水~と叫びながら走っている。
やっとで8kmくらいで給水。
(10kmの部では、給水所はここの1箇所しかなかったのではと思う。)
ハーフは10kmの部と一緒に走った道を折り返してほぼ逆走する様なコース設定。
折り返しタイムが45分台。
折り返し後も同じペースで走れる余力はすでになし。
やはり体力的に厳しく、うわさ通り過酷。
ハーフなのにまるで、フルマラソン後半を走っている感覚。
気持ちはもっと速く走らなければと思いつつも、体がついてこない。
10人くらいに抜かれた。
いつもの調子だったら抜かれないのに…と凹みながら完走を目指しマイペースで走る。
後半は、給水所は若干増えたが、今度はお腹が空いてきた。
たぶんエネルギー切れ。
15km(通過タイム1:03’54”)から1km毎の距離表示でゴール予測しながら走る。
このペースだと1時間34分くらいがゴールタイムかなと思う。

しかし20km表示(1時間28分台で通過)を過ぎて、なぜかゴールからどんどん遠ざかっていく。
結構前を走っていたはずのランナーが、まだ街路樹を挟んだ道を折り返して走っている。
だけど一向に折り返しの表示もみえず、前を行くランナーの間でなんかおかしい?という雰囲気になり、街路樹の間を横切っている。
自分もどこで折り返せばいいかわからず、折り返しを目指して走っていると一般人が「みんな適当に折り返していったぞ」と声を掛けられ、自分も街路樹の間を横切った。
おかげで前のランナーとの差がちょっと詰まった。
たくさんのランナーがコース間違いをして、皆、気力が途絶え(自分は早々と途絶えていたが)談話しながら走っている。
表示も誘導もなくコース間違いをするのは当たり前など。
ようやくラスト500mの表示がみえ、1時間37分台でゴール。
少なくとも500mは余分に走たと思う。
なかには1kmから2km余分に走らされたランナーもいたみたい。
受け取った完走メダル?(薬きょう?)にさらにがっかり。
081012-4.jpg


おまけにゴール後の給水所では水はあるがコップがない。
(たぶんコップは使い回されてたと思う)
食事もほとんど残っていない。
(でもかなり空腹で、普段のレース会場では食事をとらないが、今回は唯一残っていたおかゆを2杯頂いた。)
タイ人の間でもつまらなかったと酷評の大会。
僕の今までのタイ・レース経験でも、運営面で残念な大会ではないかと思う。

まあこの大会参加の趣旨は、自分の練習不足を実感することで、それは痛感できた。
翌日から、筋肉痛で階段の上り下りが辛いです。

【レース結果】
1:37’18”




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

はしごラン1軒目 アマリ・ミッドナイトラン12km
約1ヶ月ぶりのレース参加。
バンコクマラソンが控えているにもかかわらず、最近、怠けがちになっている日頃の練習。
追い込んだ練習もしなければと、思いついたのが、レース会場のはしご。
これは、早朝レースが多いタイのランニング事情のなかでも、異色の深夜0時スタートという大会アマリ・ミッドナイトランがある為、可能となる。
その後、バンコク近郊のブッタモントンでもハーフマラソンが5:30スタートである為、時間的には出走可能。
でもこのレース会場のはしごは、超人といわれる走遊会会長が過去にゴール後病院送りとなった伝説を残すほど過酷と聞いている。
まず初戦。
アマリミッドナイトラン12km。

ほぼ夜通しで走るため、睡眠をとらなければと思い、夕方6時頃から寝ようと試みる。

案の定こんな時間から寝れるはずがない!!。

結局、寝れず会場へ到着。22:30頃。
スタート1時間半にも関わらず、すでに多くの人で賑わっている。
外国人の参加率も高く、多くの日本人もみかけた。
スタート地点は、6kmの部と12kmの部が同時スタートで大変な込みよう。
でもホテルを出るとすぐ大通り(ペッブリー通り)にでる為、走るのにはあまり影響なし。
久しぶりの大会だけど、足取りは軽く、楽しめた。
眠らない街バンコクの中心部(ペッブリー→アソーク→スクンビット→再びペッブリー)を走るため、深夜でもなぜか沿道からの応援が多いのがこの大会の特色。
心持ち、次のレースも意識しているのか、抑え気味のいいペースで走れる。
6kmくらいからずっと並走していたランナーがいて、自分の調子がよかったのでラストのUターンからスパートして離そうとして考えていたが、その前から我慢できなくなりペースをあげてゴール。
タイムもまあまあ。
この時は次のレースの余力も残せたつもり。
この大会最大の醍醐味、ゴール後の生ビール一杯無料サービスも我慢して、ペットボトルシャワーで汗を流し次の会場へ向かった。


081012-1.jpg


081012-2.jpg

今年の参加賞ランシャツはPUMAのロゴがはいりちょっぴりレベルアップ?
でもLサイズにも関わらずちょっぴりタイト。
招待券を友人から頂いてタダで走らせてもらったので、文句は言えません。


【レース結果】
47’35”


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

101へ
9月14日のリバークエー・ハーフマラソンから大会参加しておらず、週末こそは大会に出たい。
ラマ9世公園でも10kmレースがあるし…。

というわけで走りに行ったのが…。
081004-1.jpg

081004-2.jpg


車で嫁の実家があるロイ・エット(タイ語で101の意味)へ。
バンコクから約550km離れています。
081004-3.jpg

(ガイヤーンとビールを満喫してゴロゴロ。もちろんジョギングはせず。)

娘の幼稚園が長期休暇に入ったので、1ヶ月ほど実家で過ごす様です。
車は嫁が実家で乗るとのことで、帰りは、初めて長距離バスで一人旅。
バスはVIP、1等、2等などの種類がありVIPが満席だったので1等車で。(430B)
途中コラートで食事休憩がありました。
車内でもらった食券は、上限がきまっているらしく、おかず2種類をごはんにのせると15Bの追加料金。
バスの感想は、ときどき流されていたテレビのタイらしい音量が気になるくらいで、まあまあ6時間半快適に過ごせました。
ほとんどビールを飲んで寝ていましたが…。