緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



2008年 打ち納め?
昨日は、サムットプラカーン10kmレースを走ろうと思っていたのですが…
約6ヶ月ぶり(今年4回目)のゴルフとなりました。

メンバーは、仕事つながり。
だけど、皆、34~35歳と年が近い。
だから気を遣わず、とても楽しめた。

場所はLam Lukka country ClubのC-Dコース。
結果は…
121
久しぶりのゴルフとしては健闘したのではと思う。
マラソン効果?か、下半身が安定して、前より飛距離がでた?気がする。
でも、相変わらずメンタル面が弱く、川越えのホール(パー4)で13の大叩き。

予想通りメンバーの中で最もスコアが悪かったが、あまりショックなし。
このぐらいのスコアでもいいかなとゴルフに対する向上心も湧かなくなってきた。
ゴルフで100を切るようなレベルになるには、まだまだ先でもいいかな~と思ってしまう。
(いちおう過去に一度だけ100切りを達成しているし…。)
でもマラソンでサブスリーを達成するには、年齢的なピークがあるので、今はこちらを優先させたいです。

スポンサーサイト
結果発表
14日のリバークエー・ハーフマラソンを終えて、


モチベーション・ダウン中。
減量も忘れ、アルコール依存の日々。
レース後から、まだ一歩も走っておらず、
次は、約2ヶ月後のバンコクマラソン目指して頑張らないと思いつつも、倦怠期です。

そんななか、この前のリバークエーの結果がCHAMPION CHIPのホームページで公開された。

詳細はこちら

タイムは?
1:29’23”
(2007年は1:44’47”で15’24”短縮)
順位は?
全体23位
(2007年は84位で61位繰り上げ)
年代別7位
(2007年は9位で2番繰り上げ)
この1年での成長を実感できて、ちょっぴり嬉しい。

このハーフの記録を単純に倍すれば、サブスリーですが

ハーフのスピードでフルを走りきるのは…

ぜった~いに無理。
でもバンコクマラソンで3時間15分内を目指してみようかと…。

とりあえず次は、9月28日のサムット・プラカーンの9.4km大会に参加予定です。
協賛のNIKEの参加賞シャツ狙いです。


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

River Kwai Intarnational Half Marathon
リバークエー国際ハーフマラソンの醍醐味といえば…

まわりは山できれい、空気が新鮮(カンチャナブリからも約60km離れている)
終始アップダウンが続くコースで、飽きない。
交通量が少なく、道幅をほぼ独占して走れる。
男子は5歳刻みカテゴリーで、主催のスポーツメーカーにより入賞者にはトロフィーのほか豪華副賞がある。(ただし今年からミズノからニューバランスに変更)
バンコク走遊会の指定大会でもあり、多くの日本人も走る。
そのうえ大会名は“国際”と名乗っていて、一応公認で距離もほぼ正確のうえチップによる計測。

ということで去年に引き続き2回目の挑戦。
去年と違うのは、入賞(豪華賞品?)を目指すこと。
その為、去年のゴルフ&ランは封印。(去年はレース前日に1.5ラウンド。レース後に1ラウンドを敢行)
今年はそんな無鉄砲なことをせず、大人しく走りに専念しようと臨んだ大会。

14日早朝、レース会場で走遊会メンバーと合流。
今年は、何と20人以上が走遊会から参加しているらしい。
スタート地点でも主催者から、外国籍の参加者も多く、なかでも日本の参加者が一番多いと紹介。

何故にこんな僻地まで苦しい思いをしに走りにくるのか?自分を含めた物好きランナーを疑問に思う。
おまけにケニア人もみかける。

いよいよスタート。
10kmの部と同時スタートなので、混雑を避けるため結構前のほうに陣取る。
おかげで、結構スムーズに走り出せた。
気候も涼しく、走り始めは清々しく感じた。(3kmくらいまでは…。)
山々が朝霧に包まれ、景色も最高~と思う。(3kmくらいまでは…。)

この日の作戦。
前半4分15秒ペースで頑張って走れば、下りの多い後半は、何とか勢いで走りきれるのではという安易なもの。
1kmの表示では、調子にのって4分をきるペース。
2kmを8分15秒くらい。3kmを12分30秒弱。
結構調子良く走れ、ひよっとして起伏コースむいているのでは?と自画自賛。(3kmくらいまでは…。)
そんななか10kmの部が折り返してくる。
いいな~。ここで折り返したいな~とはやくも弱気。

9kmくらいで今度はハーフの部で折り返してきたランナーとすれ違う。
同カテゴリーのゼッケンを数えて、運命の順位確認。
トップは、タイ人とケニア人の二人。
ここで、衝撃…
そのケニア人がつけているゼッケンは、僕と同じカテゴリー。

次々と、同じ年代あるいはそれ以下のランナーが走り抜けていく。
入賞の夢がどんどん打ち砕かれていく。
まだ、タイ人著名ランナーの二ワットさんやいつも同カテゴリーで優勝しているランナーがまだ見えないのに~。
レベル高~。
ニワットさんがすれ違い、そして同年代優勝常連のランナーが年代別5位。
そのすぐ後にも同カテゴリーランナーが6位で続くのを見る。

この段階で入賞は絶望的。
後半何を糧に頑張ればいいのと思うと、どっと疲れが出た。

やっとで折り返し。
(現在、年代別7位)
走遊会の他のメンバーと挨拶を交わす。
励まされると元気がでる。

入賞の夢は潰えても、せめて例年の入賞圏内タイム(+走遊会オネスト申告タイム)の1時間30分内を目指したい。これを達成できれば自己満足ができると…。

15km地点。この5km間のタイムが22分台。また16kmまでの1kmが4’20”。下りが多い影響か、疲労のわりにはタイムが落ちていない。

残り1kmで1時間25分30秒弱。
30分切りは微妙だけど、頑張れば切れるかも…。
でもこの時点での頑張りは非常につらい…。

最終盤。
もう、すでにゴールしたケニア人が悠然と歩いている。
マラソンで例えるならば、競技場へはいったというところの、表彰会場となっているホテルへ続く道にはいる。
ゴールは見えるけど、なかなか辿り着かない。
残り500mのキロ表示。
急にみぞおちあたりが傷みだす。
残り100m。みぞおちから腹筋全体が痛みはじめ、腹がちぎれそうな感じで苦しい。
でもここでゴールの電光表示時計は1時間29分になったばかり。
1時間30分は切れると安堵。
司会者が日本人がゴールと盛り上げてくれる様子だったが…
愛想も返せず、ヘロヘロでゴール。

でも、タイム的には、大満足。
念願の入賞は…。
来年またここへ来る目的ができた。

来年こそは…
『速い人が来ませんように…』


【レース経過】
5km 21’34”
10km 42’59”
15km 1:05’12”
20km 1:25’32”
21km 1:29’24”


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

病みあがり10kmレースin ラマ9世公園
先週の風邪は幸いにも長引かず。
土曜早朝の20kmLSDでも全く風邪の影響なし。
あとは1週間後のリバー・クエー国際ハーフマラソンの為のレースペースでの追い込みができるか試したい。

都合よくラマ9世公園で10kmレースがあったので走る。
この大会、ユニセフとシェラトン・ホテルという豪華コンビの主催でありながら、
大会アピール不足なのか?
大会要項をホームページやパンフレットで目にすることも少なく…。
または、参加費が高めなのか?
義援金を含んでいるのか10kmには珍しく300バーツ…。
参加者は、超少なめで100人くらい。

結果
080907


だけど、この大会、入賞は各カテゴリー3位まで。
ゴール直後、大会スタッフのお姉さんに写真を撮ってもらいながらも…。
その後、手厚い誘導により名前申請しながらも…。
(おかげで、時計をとめる余裕もなく、忘れた)
あくまでも次点。
(なぜか5位の札まで用意されていた。)
入賞者には、豪華トロフィーのほか、副賞にシェラトンホテルの宿泊券などもついている様子。
入賞者の待遇との雲泥の差にがっかり。
入賞者とは実力的にも雲泥の差があったので、あきらめはつくけれど…。
せめて、DVDプレーヤーなど豪華商品が用意されていた抽選会で報われないかと…

結果、はずれ。
得たものは、完走メダル、記念Tシャツそして次点の札。
だけど、20代を交えたカテゴリーでのこの成績はちょっぴり嬉しい。

【レース結果】
たぶん40~41分くらい。


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

不覚にも…
寝込んでしまった。
一昨日、午前中お客さんを訪問。この時は全く問題なし。
事務所へ戻る途中、何となくだるい。
だんだん体の節々が痛くなってくる。
そのうえ、熱っぽいのに寒気が…。

ひょっとして風邪?
車を停めて、休んで様子をみるも良くなる気配なし。
というか状態悪くなる一方。

しかたなく早退を決め込み、ふらふらで家路へ。
体温が39度あり、昨日まで寝込む。

今日から熱もさがり、出勤しているが…
問題は、来週末に本命レースのリバー・クエー国際ハーフマラソンがあること。
幸いなのは、今日まで、せき、のどの痛み、鼻水などの気管系の症状が出ていないこと。
今までの経験から、この症状が残っていると呼吸しづらく間違いなくタイムが落ちる。

あと8日で調子戻せるか、とても心配。
しかも、なぜか食欲はあり、体重もリバウンド中。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

チョンブリ県 ハーフ・マラソン
先週は、急きょ日本出張あり。
練習不足と暴飲暴食と疲れで臨んだ31日のチョンブリ県で開催のハーフマラソン。
チョンブリの海岸線を走るのかと思っていたが、開催地はファナット・ニコムという郊外。
(モーターウェイをチョンブリでおりて、アマタナコン工業団地の逆方向へ十数キロ)
ハーフ・スタート時間が午前5時30分で到着が4時。
早すぎたのか貰ったゼッケンが30-01。
つまり30代のカテゴリーで最初の登録者。
結構、人が少ない。
それでも、アップ中に同じカテゴリーに速そうな人もいて、やはり10歳刻みのカテゴリーでは入賞難しいかなと思う。

この日は、4分15秒/キロペースでのイーブンペースで知的にレースを組み立てようとしたが、走り出して暫くしても距離表示がない。
町のなかを走って、あとは広い道を真直ぐ走るコースで珍しく先頭の誘導車がみえる。
3番目の集団で、全体的には7位くらい。
珍しく調子がいい。3番目の集団から抜けて、2番目の集団を目指す。
ようやく10kmの表示をみつけ、タイムは43分台。
4分15秒ペースなら42分30秒のはずなのに…若干の遅れ。
折り返しで、順位確認。
30歳未満のゼッケンランナーが連なるが、30代は前に1人。現在2位。
後続に30代のランナーを数人見かけたが、たぶんあと4人に抜かれることはないだろうと入賞を確信。
だけど、バテてきたのか?徐々に目標にしていた前のランナーに離される。
それに給水所毎に、すれ違うランナーと交錯。
今度は10kmの部で、折り返したランナーで給水が取りにくい。
おまけにまわりのランナーにペースを紛らわされる。
人込みで、前のランナーもすっかり見えなくなり、相変わらず距離表示もなく、ゴール予測タイムからあと3kmくらいかと憂鬱になっている。
そんな中、いつの間にか前にマウンテン・バイクが走っている。
邪魔だな~と思っていると、マウンテン・バイクの女性が横目でチラチラ僕をみている。
ひょっとして、誘導してくれてるの?とまるで一流選手のような扱いに感激。
大変気分良くして走れる。
マウンテン・バイクの女性から、ここを曲がってあと200mと別れを告げられ、あと1~2kmと思っていたのに拍子抜け。
あきらかに距離が短く、1時間26分台というあり得ない記録で2位入賞できました。

【レース経過】
10km 43’09’’
21.1km? 1:26’08”

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

サラブリ県 10.5km
ちょっと前の8月24日。
この日は各地でミニ・マラソンがあり、近郊では、チョンブリ県、ナコンナヨック県そしてサラブリ県など。
チョンブリ県は、人気高そうだし(=入賞の可能性低い)、ナコンナヨックは大会要項がなく場所がわからず、それでサラブリへ。
場所は、サラブリからコラートへ向かう交差点近く。小さな公園があり、近くには小さな競技場も。
やはり、人気のチョンブリをみんな走っているのか、入賞の常連が見当たらず。
入賞狙いでまた懲りずに、最初から飛ばす。
コースは公園内など道幅が狭く、ところどころ舗装が悪い。
折り返し地点がなく、折り返したランナーを数えての順位確認ができない。
また後半は、丘を登ってくだるミニの距離では珍しくアップ・ダウンあり。

その結果…

バテた。

並んで走っていた(一時は追い抜いた)ランナーにもどんどん離される。
入賞は無理かと思ったが、何とか年代別5位に滑り込み。

【レース経過】
5km 19’29’’
10.5km 39’16”

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ