緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Chanthaburi Mini Half Marathon
バンコクから東へ約250km離れたチャンタブリ県へ、家族旅行とあわせてチャンタブリ・ミニ/ハーフマラソンのハーフの部門に参加。
宝石と果物で有名なチャンタブリ県。
県内に入ると、ドリアンを積んだピックアップや荷台に山積みにされたランプータンを運ぶ大型トラックが走り回っている。(しかも時折ランプータンを道に落としながら走っていて危ない。)
市場でも、たくさんの果物が並べられ、ランプータン7kg100バーツという単位で売られている。
7kgもどうするの?と思ったが、嫁はランプータン21kg、マンゴスチン10kg、ドリアンその他諸々お土産に買い込んでいた。

ここで開かれた大会は、ランプータン食べ放題、先着150名にはドリアン贈呈ということで結構人気がある様子。
 宿泊先のホテルも宝石の商いで来たと思われるアラブ人半分、ランナー半分という感じ。
その中で前にアントン県の31kmを走る大会で序盤競ったライバルランナー(後半は見えなくなるまで差をつけられたが…)も泊まっていて、これで入賞枠1つ埋まってしまったと落胆。
スタート地点でも結構早そうな人が多く、入賞は難しいかなと思った。

前評判のコース情報では、上り下りが結構あると聞いていたが、序盤は平坦な道が続き、昨年とコースが変更になったのかなと思っていると、5km過ぎからゆるやかな上り開始。
その後も15kmまでずっと上り下りの繰り返し。
スタート前に降った小雨の影響で、所々滑る路面を注意しながら走る。
そして終盤19km地点で、まさかと思ったが、あのライバルの後ろ姿を発見。
スタミナ切れか徐々にペースが落ちている。
抜き際、軽く挨拶を交わし、ここから追いつかれないようスパート。
21kmの表示を過ぎたのに、ゴールはまだ見えず。
ゴールは確か遥か向こうの公園の角の信号を曲がって100mくらいのはず。
ゆうに500mは残っている。
ハーフって何キロだっけ?と朦朧と考えながらゴール。電光表示板をみると1時間33分。
入賞札、ドリアン引き換えの輪ゴム、完走メダルと慌ただしく渡され、嬉しくて、またまた自分の時計を止めるのを忘れる。

結果、年代別4位入賞。jumee☆peace1

あのライバルランナーが5位。
彼のゴールを待って、お互い入賞できたことで握手を交わす。
(彼にとっては不本意な成績と感じられたが…。)

おいしい果物で家族も満足。僕も入賞という目標が果たせて満足。
また来年も来ようと思う。

【レース経過】
5km 20’29’’ (4’06”/km)
10km 42’10” (4’20”/km)
16km 1:08’12” (4’20”/km)
21.1km 1:33’20” (4’56”/km)
(Ave. 4’25”/km)


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

持久走?
昨日夕方は久しぶりに雨の気配なし。
一昨日も雨で休養としてしまった為、この日は気合を入れて持久走。
セイコー・スーパーランナーズを2分間隔×50ラップのアラーム設定。
すなわち、400mトラックを50周(20km)を5’00”/kmで走りきる!
1周目…計測地点から10mほど過ぎた地点で、アラームが鳴りペースを落として調整。
2~3周目でペースをつかむ
(これは、便利!とセイコー・スーパーランナーズの機能に感心。)
4周目~25周目(10km)…計測地点付近でアラームがなり、正確にペース維持。
ところが…
26周目 計測地点手前 約2mでアラーム。
27周目 計測地点手前 約4mでアラーム。
(もはやペースアップできず…)
28周目 約6m前でアラーム
29周目 約8m前でアラーム
30周目 約10m前でアラーム
31周目 50周なんて無理、無理。と挫折。
結局トータル12km弱。この距離は持久走と呼べるのだろうか…?

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

雨のち晴れ?
最近、雨季になったのか、どんより雲で夕方練習さぼりがち。
自宅付近はなぜか局地的に雨が降り洪水で、朝も走る気力が萎える。

練習も、最近はまっているiPodを携帯しながらの気楽なJOGだけ。
たまには追い込んだ練習もしなければと重い腰をあげ、先日はiPodを持たずフアマーク競技場のサブトラックへ。
5kmJOGのあと久しぶりのインターバル走1000m×5本。(繋ぎは400mのJOGで)
1本目 3’51”
2本目 4’02”
3本目 4’02”
4本目 4’03”
5本目 4’04”

2月上旬測定時(5本)3’59”~4’24”
3月上旬測定値(3本でリタイア)3’50”~4’09”
と比較すると、タイムの落ち込みが少なく、わずかながら成長を感じられた。
今後の目標として、5本すべて3分台でまとめたい。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

セイコー・スーパーランナーズで走る。
これも先月の日本帰省時に購入。
今まで使用していTIMEX の時計が保証期間中に2度も壊れた。
(現在修理中)
1度目、アユタヤマラソン・スタート直前に表示盤バックライトがつかない
(真っ暗な午前0時スタートで焦った)
2度目は、修理後約1ヶ月、いきなり表示が固まり、その後どのボタンを押しても受け付けない。これは電池交換で直ったが、またバックライトがつかなくなり、ボタンを押した時の音も鳴らなくなる。
タイのレースは早朝スタートで真っ暗な道を走ることが多いので、バックライトは必需。

そのほかにも、デザイン重視か?ボタンを押す感触が微妙。レース中、押したつもりが押していなかったり、2度押ししてしまったりで不満ありありでした。

2度あることは3度あるだろうと、修理してもまた壊れるなと思い新しい時計を検討。
ネットでいろいろ調べ、ランナー向けの時計として、セイコーかカシオ(Gショックではたいやつ)がいいとの情報を得て…
セイコー・スーパーランナーズ



デザインには大いに疑問。
しかし今回は機能性、操作性を重視してセイコー・スーパーランナーズを8800円で購入。
デザインを無視した表示盤は大きく見やすい。
バックライトもまぶしいほど明るい。
120ラップまで記憶可。
(分割での記録も可能で、連日のレースでも問題なし。主にこのラップ機能は400mトラックを25周(10km)走る時、周回を数えるのに使っています。)
2系統のタイマー機能があり、5分走って1分休む様なインターバル走にも役立ちそう。
(未だそんな酷な練習はしていませんが…)
今まで使っていたTIMEXと違ってボタンを押したときにお知らせ音が出ないのは残念ですが、(押した感覚がはっきり分かるから、たぶん大丈夫)これから良いパートナーとなってくれそうです。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

初勝利!!
5月5日。
タイで最も有名と思われるランニングコース ルンピニ公園スタートの10km大会に参加。
バンコク市内ということで多くの走遊会メンバーも参加。
実はルンピニ公園での開催の大会参加は今回が初めてです。

昨日、30km走ったあとでも体は軽く、30kmに比べれば10kmなんて短い、短いと意欲的。
ベストが狙えそうな感じでした。
昨日は、持久力確認。この日はスピード確認といい力試しです。

外資系スーパー「LOTUS」の主催ということで、スタート前のセレモニーはダンサーが踊ったりで派手。おかげで30分くらいスタート位置で立ったまま。
スタート後、公園内の混雑のなか、すぐに走遊会の会長を見つけ併走。
速いペースでついていけるかと思って走っていると、横から最近力をつけている走遊会Mさんがすごいスピードで抜き去り…。
あのスピードは本物か?と戸惑いながらも、会長がそばにいるから自分のペースも間違っていないだろうと走っていましたが、なかなかMさんとの差が縮まらずこのままでは負けるかもと焦りペースを少しあげて、会長より前に出ました。
4km過ぎでMさんのスピードが若干落ちたのか、徐々に差がつまり、ようやくパス。
Mさんが僕のすぐ後ろの誰かと声を掛け合っているのが聞こえ、会長がすぐ後ろからついてきていると思い、スピードが落ちない様に頑張りました。
それでも、ピッタリ後ろからずっと足音が聞こえ、(会長の足音にしては大きいと思いながらも…)次の給水所でちらっと後ろを確認。会長とは違う服の色だったので、あれ?違う。と思いながらも走り続けました。(ゴール後、走遊会Hさんであることが発覚)
終盤、不気味な足音も聞こえなくなり、交差点で止めていた車を僕の後ろで流したので、ある程度後ろに距離が開いているなとちょっぴり安堵。
でもここで、先週の残り10m足らずで抜かれ入賞を逃した情景が頭をよぎり、ペースを落とさず、ひたすら前のランナーを追いかけました。
公園前で前の二人に追いつき、後ろから来た一人と公園内の人ごみの中を4人でデッドヒート!思ったより公園内の距離があり、若干僕が遅れました。
最後の最後で直線の折り返しがあり、そこで初めて後続のランナーを確認。会長が20mくらい後ろだったので、残り100mくらいを必死のラストスパートで勝利を確信。
ついに憧れの会長に1勝です。
喜びに浸る間もなく、会長、Hさん、Mさんと続々とゴール。
終わってみれば激戦でした。


【レース結果】
10km 41’16”

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

アントン・スーパーハーフマラソン 久しぶりの30km。
5月4日(日)。5日(月)の国王即位記念日とタイは連休で、近場のルンピニ公園で開催される10kmの大会に連日参加するつもりでしたが…。
 アユタヤの北に位置するアントン県でも、31kmレースがあり、しかも5歳刻みのカテゴリで参加人数が少なく入賞確率の高い大会という情報を前日に入手。
7月開催のパタヤ・フルマラソン前に30kmくらい走って実力を試すのもいいだろう(気持ち1%)、先週取り損ねたトロフィーがほしい(気持ち99%)で、早起きしてアントンに向かいました。

大会パンフレットを熟読しておらず、スタート地点の寝仏陀があるお寺へ。
アントン市内を通り過ぎ、たぶんこの先だろうと思っているとだんだん道が細くなり、道を間違ったか?と思って戻ったり、辺りをぐるぐる回ってもわからずスタート時刻がせまり次第に焦りが。
なぜか午前3時ごろに開いている食堂を見つけ店員に聞いてみると、店長らしき人のタイ語と英語の混ざった説明でようやく分かりました。
 会場に着いて、慌てて受付を済ませたがここで回りの様子がなんか変。
そろそろチャックイン時刻なのに人が少ない。
テントに泊まっているタイ人が余裕でテントを片付けたり歯を磨いていたり…。
そこで受付にスタート何時?と聞くと午前4時45分とのこと。
(ここでパンフレットに書かれていた午前4時の受付時間開始をスタート時間と勘違いしていたことに気付く。)
おかげで入念なストレッチを終え、スタートできました。

久しぶりに参加者の少ない大会で田舎道。
序盤は真っ暗で、はぐれない様に集団を見つけて走りました。
集団の中に頭にライトをつけて走っている人がいて、大変助かりました。
6人ぐらいの集団のなかで、自分のゼッケンを意識して走っているランナーがいて、彼のゼッケンを見ると同じカテゴリー。体型も細身で速そう。
しかもこの集団のなかで意図的にペースをあげたり、落としたりの繰り返しでかなり余裕がありそう。
徐々に集団がわかれ、僕と彼が前に出る感じに。
しばらく併走する間も、彼は給水を取ってくれたり、追いかけてきた野良犬を追い払ってくれたりとても紳士的。
11.5kmの折り返しで、順位確認。
なかなか同じカテゴリのランナーが見えず、ここで僕らが1位、2位争いをしていることが分かりました。
だけど、この折り返しを過ぎると彼が今まで以上にペースを上げ、すぐに取り残されました。
その後、徐々にペースが落ちていくランナーを3、4人抜き、21.5kmの折り返しで、また順位確認。
現在2位。ここで入賞確信。
ここからは、前後のランナーの間隔がかなり開き、孤独な一人旅です。
田舎の情景に癒されながらも、だんだんペース維持が辛くなりました。
時計をみながら何とかキロ5分を維持できる様、踏ん張り。
途中ずっと左足人差し指の爪がはがれそうな痛みと、ふくらはぎの張りで、また肉離れなどで棄権がよぎりましたが…。
なんとかキロ5分ペースを維持して、ゴール。年代別2位入賞。
(表彰式中も同年代は4人しか完走しておらず、たぶん走れば入賞していたことがあとでわかりました。)

タイムを振返って、このペースを維持してフルを走れば、今年の目標の3時間30分内は狙えそうですが、30~35kmの壁を乗り越え、このまま残り11kmをペース維持できるかと考えると、とても心配です。


【レース経過】
5km 23’51’’ (4’46”/km)
10km 47’48” (4’47”/km)
15km 1:11’17” (4’42”/km)
20km 1:36’23” (5’01”/km)
25km 2:01’10” (4’57”/km)
30km 2:26’15” (5’01”/km)
31km 2:30’42” (4’27”/km)
(Ave. 4’52”/km)


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ