緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



ターサー、デビュー戦
27日シンブリ県で開催されたハーフマラソン。
この前、日本で買ってきた定番シューズ、アシックス・ターサーで初めての出走。
ターサー


5歳刻みのカテゴリーの為、入賞狙いでちょっと気合が入ります。
コースは、チャオプラヤー川にかかる橋をのぞけば、ほとんどがフラット。
天候も前半、感じるかどうかわからないほどの小雨。走りやすいです。
おまけに、今回下ろし立てのターサー。前回使用していたシューズよりかなり軽く、増えた体重を補えるほど、足取りは軽かったです。
11.5km付近の折り返しで前のランナーのゼッケンをみながら順位確認。
30~34歳のカテゴリーで数えると1位から4位までは明らかにスピードが別格。
その後、だいぶん離れて5位のランナー。またちょっと離れて6位のランナーが僕の100mくらい前に。
数え間違っていなければ、現在7位。あと二人抜けば入賞のはずと思い、頑張ってペースをあげました。
13km付近で一人パス。あと一人のはずと思いなかなか見えないランナーを追っかけます。
かなり疲れていても、足の指先に水ぶくれができているなと感じながらも、入賞を目指して追っかけると気力が続きます。
19.5km付近でそれらしきランナーを追い抜き、残り1kmでプチ・スパート。
ゴール付近、前にもハーフ部門のランナーが見えず、後ろからも速そうな足音が聞こえなかったので、もう順位(入賞)確定だろうと思っていると…。

残り10m足らずで、さっき抜いたランナーが猛烈なダッシュで僕をパス。
気付いたときには、彼はすでにゴール。
それでも、係員が僕に5位の入賞札を渡してくれたので、安堵していると、抜かれたランナーに入賞札を渡しておらず、結局繰り上げ。彼がトロフィーGETで5位。僕が完走メダルのみの6位。
あまりのショックで落ち込みながらも、5位入賞の彼と、途中で抜いて7位のランナーとお互いの健闘をたたえ、水分補給していると…

あれ?ところで今日のタイムは?
と気付いたときには、自分の時計はストップボタンを押し忘れ1時間33分台を刻んでいました。
5位の彼にタイムを教えてもらい1時間30分3?秒だったので、自分も1時間30分台だろうと…。

こうして新ターサーのデビュー戦はほろ苦い結果となってしまいました。

【レース経過】
10km=0:42’45” (4’16”/km)
15km=1:03’54” (4’14”/km)
21.1km=1:30’4?” (4’23”/km)

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

iPodで走る
久しぶりのブログ更新。
というのもタイ・ソンクラーン休暇を利用して10日間ほど家族連れで日本へ帰郷していてブログ更新できず。
散り始めの桜を見ながら走るのも気持ちいいだろうなぁと思いつつも、日本では全く走らず…。
おまけに久しぶりの郷土料理+ビール、酒をリミットかけず思い切り堪能。
予測通り、体重激増。今週からタイに戻りパタヤ・マラソンに向けラン・減量開始です。

今回の日本で走り関連のアイテムをいろいろお買い物。
まずは、減量目的のゆっくりランやLSDで、暇なので音楽やポッドキャストでも走りながら聴いてみようかと…iPod。

Nike+iPodが使える液晶付のiPod nanoが欲しかったのですが…。価格は8GB で23,800円。(4GBは17,800円。)
すでに他にもいっぱい買い物をしてしまい…。
またこれを買ってしまうと、Nike+iPodのスポーツキッド(センサーとiPodを通じて、走行距離などいろいろサポートしてくれるらしい。)も間違いなく欲しくなるし、腕に巻くカバーや、ランニング向けのイヤホンも必要だし、果てにはセンサーを入れられるナイキのシューズまで欲しくなるのではと…。
後に続く出費が心配。

ここは我慢。
走るのに液晶画面はいらないだろう。
Nike+iPodのサポートがなくても強い意志があれば走れるだろう。
高いものを買ってすぐに壊れたらどうする?
と自分に言い聞かせ、結局安価なiPod シャッフル (1GB 5,800円 最近大幅値下げ!)を購入。
ipod shuffle


さっそくiPodに音楽やポッドキャストをダウンロードしてフアマーク競技場で試聴。
兼ねてから400mトラックだと何回も(10kmで25周)周回しないといけないので、減量目的のゆっくりジョギングでは退屈と思っていました。
(この競技場、大学が近くということで、若い女の子が多く最初は目の保養になるが、それでもすぐに飽きる。)
スピードを意識しない練習だったら、飽きずにゆっくり続けて走れる気がしました。
(今回は、やはり体が重く5kmしか走れませんでしたが…。)
さすがにshuffleは軽く、シャツにクリップで留めても違和感なし。
だけど雨や汗で濡れて壊れないかちょっと心配。
また、イヤホン(今回は飛行機の中で貰えた?イヤホンを使用)が耳から外れまくり、ただいまイヤホン対策を検討中です。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

「走ることについて語るときに僕の語ること」を語る
走るときに…


村上春樹著の「走ることについて語るときに僕の語ること」について
代表作「ノルウェイの森」を読んで衝撃を受け、彼の作品は好んで読んでます。
その彼もマラソン愛好家であることを知り、ますます共感できました。
このエッセイでは、「走ること」を勧める本ではないとして書かれていますが、僕にとって大変役に立ちました。
作者は小説を書くことと合わせて、33歳から日常的に走り始めていますが、年齢を重ねる毎に、記録更新が難しくなりいささか「走ること」に飽きてしまいます。
その中で、新たにウルトラマラソン、トライアスロンにも挑戦し、また走る楽しさを感じます。
作者と同じ年齢で日常的に走り始めた僕にとっても、将来年齢を重ねピークを過ぎるとタイム更新が難しくなり、「走ること」が嫌になるのではという不安があります。
そんな時、僕も新しいことに挑戦して、長く続けられるよう頑張りたいと思いました。

Hua-Hin Heavy Half Marathon
バンコクから南西に約230km離れたリゾート地ホアヒンで難コースとして名高いハーフマラソンを走ってきました。
Heavyと付け加えられたこのハーフ・マラソン。名所はスタート・ゴールの前後約1km。スタート後いきなり転げ落ちるような急勾配の坂。突っ込んで走ることはできず(転ぶと間違いなく転がり落ちる坂)、膝に悪そうと思いながらブレーキをかけ走らざるをえません。
その後も、4km付近までアップダウンの繰り返し。この間は下りではスライドを大きく、上りではピッチ走法を心がけ。
ようやく平坦になっても、最後に訪れる急激な上りを走りきるために、とばさずマイペースを維持。おかげで折り返し後も抜かれることは少なく、少しずつ前のランナーを拾っていけます。
今回は給水もピタッと決まり、欲しいときに水があり、またスポーツドリンクが欲しくなったときにもちんと用意されていました。終盤用意されていたスイカも食べたかったのですが、さすがに我慢です。
残り4km付近から坂がみえ、また上り下りを繰り返しながら恐怖の残り1km。急激な坂に体がまず反応し、突然足が今までの5倍くらい重くなります。何とか走りきたいと、腕ふりともも上げで我慢くらべ。それでもまわりの歩いている人とスピードがかわらないのですが…。
1時間41分でゴール。やはり終盤の過酷な坂の影響でタイムは良くないのですが、今までに経験したことのないアップダウンのコースで、とても楽しめました。

レース後にプールでアイシング、タイマッサージで体を十分にほぐしたつもりだったのですが、2日たった今日でも筋肉痛で階段の上り下りに苦労してます…。


【レース経過】
5km=0:23’27”
10km=0:46’44” (23’17”)
15km=1:08’14” (21’30”)
21.1km=1:41’45” (33’31”)



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

3月は、なんとか「まじめに」走れました。
3月も終わり月間走行距離は266.5km。
今読んでいる村上春樹著の「走ることについて語るときに僕の語ること」で、筆者は月間260km以上走れれば、「まじめに」走ったとし(1日10kmを週6日ペース)、これが休みなしで1日10kmペースの計310kmだと「真剣に」走ったとする様です。

私のほうは、月間250kmを目標としていますが、15日付で100km。
朝ランを2月より取り入れましたが、3月前半は寝坊が続きました。
これでは残り10km/日のペースで走らないと目標達成できないと思い、ここからようやく「まじめに」走りました。
 だけど、月間走行距離の目標達成が最優先で、内容がある練習かと振返ると、疑問が残ります。
 連日で走ると、体が重く、疲労がたまりまくりです。
休むと目標達成できないという焦りもあり(それでも400mトラック1周でやめた日もありましたが…。)、月末は、なかなか抜けない疲労回復目的のゆっくりJOGしかできませんでした。
しかも先月は、まとまった距離を走ったのは20kmのLSD1日だけ。

もう少し計画と内容のある練習を心掛けなければ、と反省です。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ