緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Suanthon Mini-Half Marathon
5歳刻みのカテゴリーで10位以内入賞トロフィーが貰えるという大会に今年2回目の入賞を目指して参加。沢山並べてあるトロフィーを見て、頑張って走れば入賞できるだろうと思っていたのですが…。
 コースは湾岸近くの真直ぐで、平坦なコースでした。後でラップタイムをみると19㌔までほぼイーブンペース。最後の2㌔弱はバテたのか、もう順位は変わらないという安心感なのかタイムが落ちていますが…。
ゴール後、電光表示板のタイムをみると1時間33分33秒…。
前を走っていた人達が入賞札を貰っていたので、私も頑張ったし、入賞札を期待したのですが、入賞札を渡す係員が私の存在を完全無視!見落としているのかと思い、30歳台は?とゼッケンをみせてアピールしたのですが、もう埋まったとのこと。完走メダルを受け取るよう促されました。
 入賞から漏れたショックを癒せないまま、いったい入賞圏内タイムは?と、気になりました。
前回4位入賞時のサムットサコーンで3位の人は、1時間29分台で7位入賞。
(今回は人が多かったと慰めてくれました。)
同じく前回5位の人も、(今回13~14㌔付近でパス)入賞圏外を悔しがり、私に入賞できたか尋ねられました。

まだまだ全体的にレベルアップが必要と痛感です。

【以下、結果】
2km=8m43s (4m22s/km)
3km=13m06s (4m22s/km)
5km=21m49s (4m22s/km)
7km=30m28s (4m20s/km)
8km=34m48s (4m20s/km)
9km=39m07s (4m19s/km)
10km=43m36s (4m29s/km)
11km=47m55s (4m18s/km)
12km=52m14s (4m19s/km)
14km=1h01m06s (4m26s/km)
15km=1h05m33s (4m27s/km)
16km=1h10m00s (4m27s/km)
17km=1h14m25s (4m25s/km)
18km=1h18m47s (4m22s/km)
19km=1h23m16s (4m29s/km)
21.1km=1h33m33s (4m54s/km)
(Ave. 4m26s/km)



スポンサーサイト
再びカオヤイ50km
2月21日タイの祝日。バンコク走遊会の特別合同練習で、カオヤイ国立公園のナコンナヨック側ゲートからチョークチャイ側ゲートまでの起伏に富んだ約50kmを走りました。
昨年12月8日に走ったコースの逆向きです。昨年は残り10kmでリタイヤしてしまいましたが、今回は完走目標。そしてゴール後ビールをおいしく飲むことを課題としていました。
(前回は自分だけ途中リタイアという後ろめたい気持ちでの乾杯となったので…)
序盤、中盤は本当に嫌な長い上り坂、下り坂が続きます。疲労が最高潮に達した頃、野生の象と遭遇。今までタイでは飼いならされた象しか見たことが無く、野生の象は初めてです。しばらくこちらの様子を伺っている感じで、迫力が違いました。
象


疲れもいったん忘れ、走り続けようやく残り14kmの休憩所へ。前回までは、チョークチャイ側ゲートからここまでの急勾配の上り坂で苦労させられたのですが、今回は逆向き。転がってもゴールできると完走を意識したのですが、疲れた足に、急な下り坂をブレーキをかけながら走るのは、膝が故障しそうで大変。なんとか頑張って完走。ゴール後、格別のビールを味わうことができました。
 今後のホアヒン、パタヤ、リバークエーなどの過酷なレースに向け、いい練習ができたと思います。

Donbosco Mini-marathon
先週は機内泊を含む5泊5日で日本へ出張。本社のある広島県福山市は気温0~10度。
雪国育ちの私にとっても、すかっり毛穴を開ききってタイで生活してきたので、この寒さはたいへん辛かったです。(タイの恵まれたランニング環境を改めて思い知りました。)
案の定、風邪気味(喉がムズムズ、鼻がグスグス)で戻った翌日17日、日本では寒いなか、大勢のランナーが東京マラソンを頑張っているだろうなぁと思いながら、私は汗を出して風邪を治す為、そして1週間練習無しの鈍った体に喝を入れる為10kmレースに参加しました。
 会場は近かったのですが、入り口がわからず前の道を往復。危うくスタート時間に間に合わないところでした。
 タイでは初めての土のトラックスタート。スタート後驚いたのが、タイ人の大勢がトラックのコーナーを大幅ショートカットします。
日本人らしく秩序を守ってトラックを走っていると、走遊会の会長の後ろ姿が見えたのですが、今回は徐々に離されていきました。
 やはり風邪の影響か、後半鼻づまりで呼吸が苦しく踏ん張れません。そのうえ10kmレースと思っていたのですが、なかなかゴールがみえず、そのうち10kmの距離表示が…。また走っていくとラスト500mの距離表示。やっとでトラックにたどり着きゴール(結局11kmくらいあった様に思います)。
成績は、風邪の影響か最後まで調子あがらず、45分39秒。
10km通過40分内を目標としていたのですが、実際の通過タイムは41分07秒で満足できず…やはりマラソンはベストな体調で臨みたいです。

【以下、結果】
1km=4m39s
2km=9m06s (4m27s/km)
3km=12m44s (3m38s/km)
4km=16m10s (3m26s/km)
5km=20m21s (4m11s/km)
6km=24m31s (4m09s/km)
7km=28m56s (4m25s/km)
8km=32m30s (3m34s/km)
9km=36m42s (4m13s/km)
10km=41m07s (4m25s/km)
11km=45m39s (4m31s/km)
(Ave. 4m09s/km)

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

2008年最初のレース。まさかの自己ベストで初入賞!
バンコク隣県のサムットサコーンで開かれたパンターイノラシン・ミニ/ハーフマラソンに2008年最初のレースとして参加。バンナーからラマⅡ方面のアウターリングロードが開通して、アクセスが便利になったと思います。
ただスタート・ゴール会場付近が地図で確認しても、道がつながっておらず不安でしたが、所々の会場への標識でたどり着けました。
2007年末の肉離れで、年始は走れず、完治してからの練習も故障前と比べ、スピード、スタミナが落ちている感じがして大変不安でした。その間にも、走遊会のメンバーが調子をあげていて焦りを感じていました。
先日練習したペース走の感覚(4分30秒/キロ)を心掛けましたが、やはり本番はペースがあがります。それでも序盤に走遊会会長に追い越されたのですが、今日は頑張れるところまでついていこうと決めました。会長に離されないよう、また会長のカッコいいランニングフォームに魅了されていると疲れを忘れ、あっという間に10kmが過ぎました。
10km過ぎると、なぜか調子が更に良くなり、後半は前半以上のペースで走れるかも…と思いました。やはり錯覚でだんだん苦しくなってきます。
しかも13キロ地点でLAPボタンとSTOPボタンを間違えて時計を止めてしまいました。
残り5kmで再び会長に追い越された際「あと5km粘れ!」の声で、諦めかけていた自分に、また気力が湧きました。
 雨もポツポツと降り始め、疲れた体には気持ちよく恵みの雨かと思いましたが、やはりタイです。徐々に雨が強くなりました。雨のレースは初めてですが、シューズと靴下が水を含み重くなります。それでも最後の1キロは気力で腕を振り、足をあげ、ゴール地点の電光表示板のタイムを見ると1桁が9分。1時間39分かと思ったら、まさかの1時間29分20秒の自己ベスト更新でゴール。
しかもゴール後、係員が慌しくしていたので、まさか…と思ったら年代別4位の入賞札を頂けました。先にゴールされたメンバーにも祝福され大変感動しました。疲れも苦しさも一気に吹き飛びました。

以下、レース経過
1km=04m13s
3km=12m51s (4m19s/km)
5km=20m02s (3m35s/km)
7km=28m45s (4m22s/km)
9km=36m36s (3m56s/km)
11km=44m30s (3m57s/km)
13km=52m43s (4m06s/km) ※ここでタイム止めてしまう
21.1km=1h29m20s (4m31s/km)


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ペース走
金曜日夕方、週末のレースを意識してのペース走。
ハーフ目標タイム(自己ベスト)1時間32分として400mトラックを1分44秒ペースで10km(25周)走りきることを課題としました。
2kmのアップ後、ペース走開始!

以下、経過
Lap1 1m46s
Lap2 1m45s
Lap3 1m48s
Lap4 1m47s
Lap5 1m49s
Lap6 1m51s
Lap7 1m49s
Lap8 1m49s
Lap9 1m50s
Lap10 1m52s
Lap11 1m51s
Lap12 1m54s
Lap13 1m51s
Lap14 1m53s
Lap15 1m53s
Lap16 1m53s
Lap17 1m53s
Lap18 1m55s
Lap19 1m55s
Lap20 2m27s (途中靴ひもが解け、気持ちも切れ20周8kmで終了)

結局、1周も目標タイム1分44秒を達成できず…。
好調な時期(昨年11月から12月中旬のバンコクマラソン前後)に感じた足のバネも感じず、足の故障から体が重くなってひどく遅くなった感じがします。
日曜日のレースに向けて不安が残りました。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

5日夕方はインターバル走
5日夕方の練習は5kmJOGの後、インターバル走です。
1000m5本。

以下、タイム計ってみました。
1本目 4m24s
2本目 4m13s
3本目 4m06s
4本目 4m19s
5本目 3m59s

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

20km LSD
来週2月10日は2008年最初のレース(ハーフ)参加予定。
肉離れを起こしてから10km以上の距離を走ってなく、長い距離を走れるか不安があった為、20kmのLSDを行いました。
 しかし朝起きて、なぜか太もも裏がひどく筋肉痛。歩くのも辛く、LSD開始してからも、筋肉がほぐれてくるまで、地面を蹴るたびに太もも裏に衝撃が走ります。
通常の練習では、筋肉痛にならない箇所がなぜ?と昨日の練習を思い浮かべると…。
10kmのゆっくりジョグと2kmのゆっくりスイム。この練習で、太もも裏の筋肉痛はあり得ないということで、さらに前の記憶をたどると…。
 おとといテレビをみながら、日頃しないスクワット50回、ももあげ各足50回が原因としか思えません。
 スクワット、ももあげ侮れません。今後も日常的に取り組みたいです。
だけど筋肉痛が二日後にくるとは…老いを感じショックでした。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

初めてのインターバル走
去年の練習は減量目的でゆっくり走ることが主体でしたが、今年は週に一度は課題をもってトレーニングしたいと思います。

という訳で、日頃400mトラックで練習できる恵まれた環境のため、初めてインターバル走を我流で試みました。
まずはアップのつもりで2kmジョギング。
その後、トラック1周400mを歩き、いよいよインターバル走開始。
課題は、1000m走×5本。
トラック2周半を本気で走って、残り半周は歩きながら休むという感じです。

これがとっても辛い。
インターバルらしかったのは最初の2本目あたりまで。
残り3本は、ふらふらで、ジョギングより若干速いかなペース(タイム計測なし)。傍からみれば、とてもインターバル走には見えなかったと思います。
次回からはタイムを計って、練習成果をみていきたいです。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ