緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



TRI DASH March 2017
大会3週間前おろしたてのホイールで落車。
20170213-01.jpg
擦り傷はすぐ治ったが、ゼイゼイするような運動をすると胸が痛み、ジョギングの着地でもうずく。
(その他、寝返り、せき・くしゃみ時に痛みあり)
これがなかなか治らず思い切って2週間トレーニング中止。
ぶっつけ本番で挑んだ今シーズン初参加となるTRI Dash。
20170305 Tri Dash-00
チェンライでのトライアスロンと重なっている為か、よく見かける強豪達がいない。
本調子であればかなり上位が見込めそうなのに…。

約1ヵ月ぶりのスイム。
上半身の動きが主体となるスイムで胸の痛みがどう影響するか不安。
前かがみになると痛むのでクイックターンも封印。
結果、痛みの影響は無し。
だけどすぐにバテて、ダラダラと泳ぎ切った感じ。

続けてバイク。
20170305 Tri Dash-01fb
3週間前の落車は前方不注意が原因。
常に前を見る姿勢を心掛け、結果首が酷く疲れるし、体力も続かない。
20170305 Tri Dash-08
ランもすぐバテるが5kmという短い距離。
ごまかして走り切る。
時計をみると1時間5分台というまさかの自己ベスト。
新調ホイール効果か?練習不足でも自己ベスト更新?
でも表彰での結果 総合3位 年代別2位 公式タイム1時間7分50秒???
20170305 Tri Dash-05
自分の時計と公式タイムに開きが…。
納得いかず家に帰ってガーミンのデータを振り返る。
20170305 Tri Dash
ケイデンスとスピードセンサーが時々反応していない。
バイクパート中ガーミンが時折ピッピ鳴っていたのは、一時停止、再開を繰り返していた模様。
やっぱり練習不足で自己ベスト更新などあり得なかった。

そのうえ年代別優勝者との0.9秒差って(泣)
(たった0.9秒差が、年代別優勝と2位では40ポイントと大きな差)
落車の痛みの影響がないことが分かったし、これからコツコツ頑張って来月こそ自己ベストを!
そして新調カーボンホイールの費用対効果を示さねば(汗)

スポンサーサイト
Final Dash 2016
Tri Dash 今回が2016年のシリーズ最終戦。
1106-15 Tri Dash

1106-14 Tri Dash
【今回の参加賞のTシャツは喪に服したカラー】

すでに今年のメインとしていたマラソン、トライアスロン大会をすべて終えた自分にとっては、消化試合モード。
で、いきなり結果から…。
1106-13 Tri Dash
ほぼ7月と同じタイム…
総合5位
年代別2位

そして総合順位で自分の一つ上には、7月と同じくこの人
1106-12FB Tri Dash
Mr.Landry 勝てない…。

レースを振り返ると

スイム
今回はライバルのLandryさんとはスタート時間に10分差あるので、直接対決はなし。
自分は最終組。
前を泳ぐ人の欠場でコース独占で泳ぎやすい状況にも関わらず、スタート直後から両隣の泳者が先行するのが見え凹む。

バイク
1106-02 Tri Dash FB
結果をみると、Landryさんに張り合うには時速2kmスピードアップが必要
鉄下駄とよばれるホイールからディープリムのカーボンホイールへの投資でその差は埋められるのだろうか…?
1106-07FB Tri Dash
【会場で「次のバイクにどう?」と店長に勧められたサーベロP5X。買ったら自己破産、家庭崩壊間違いなし…。】

ラン
1106-06FB Tri Dash
暑いながらも、乾季到来でスポンジで体を冷やすほどでもなく、そこそこ走れたのが良かった。
そして何故か草レースに参加している元アイアンマン王者マッカとすれ違いざまハイタッチ出来たのが良かった。
1106-05FB Tri Dash
【元アイアンマン王者マッカ】

今回はシリーズ最終戦で年間獲得ポイントによる入賞者のトロフィーあり。
1106-09FB Tri Dash
【2016年シリーズ入賞者用トロフィー】
もちろん今シリーズで2度しか参加していない自分はトロフィーGET資格なく、まばらな拍手での表彰のみ…。
1106-11FB Tri Dash





ホアヒントライアスロン2016
今年のトライアスロンはこの大会を目標としてきた。
ところ12日の母の日前日深夜、ホアヒンで爆弾事件発生で複数の死傷者ありとのニュース。
タイ南部の複数の場所でも爆弾の爆発や発見があったり、12日朝にもホアヒンでまた爆弾事件。
トライアスロンチームのメンバーも家族連れでの参加が多く、安全の為、参加を諦めるとの連絡が相次ぐ。
せっかく今年はいつもよりチームからの参加者があり、楽しく盛り上がれると思ったのに残念極まりない。
またホアヒン中心部では検問、強制Uターンあり向かう車と引き返す車で渋滞、交通麻痺しているとの情報も。
家族の反対もあり、自分も参加するかどうか悩んだ。
いっそ大会延期にしてくれないかと願う。
しかし12日夕方、運営側は県庁と保安隊と協議して予定通り大会開催を決定したとのアナウンス。
不安はあったが13日早めに自宅を出て会場に向かうことにする。
交通の混乱は収まっていたのか、検問は1か所で道も空いていて予想よりかなり早く会場に到着。
すでに警察、警備員もかなり動員されていて安心、レースに集中出来そうな環境が整っていた。
0814 HuaHin_07FB
【警察犬、金属探知機も使って入念なトランジションエリアチェック。】
【レース後分かったが、パチャラキティアパー王女も大会に参加されていて厳戒態勢の警備だった】
夜も街の中心部やビーチには行かず、ホテルで寂しく夕食をとり早めの就寝、大会に備える。
そして睡眠十分で迎えた大会当日。
0814 HuaHin_10FB
今年のスイムスタートは年代関係無しに、スイムの申請タイムでスタートグループを分けたのだろうか。
自分は第1グループで第2グループとは20分の開きがある。
2周目は第2グループの参加者らに紛れて泳ぐことはない。
それでも最初は込み合い泳ぎづらかったが、1週間前のチーム監督に教えてもらった実践に向けたトレーニングの成果か慌てることなく落ち着けた。
むしろスイムが速そうな人に積極的に近づき、水流を利用して楽に泳ぐことを心がける。
くっついてくる自分を周りが嫌ったのか2周目くらいから単独で泳ぐことになる。
今年はコースロープが全周に張られ、方向音痴の自分でも前方確認を頻繁にする必要がなく無難に泳げた。
0814 HuaHin_03FB
【スイム1.5km結果 31分01秒】

続けてバイク。
このコース序盤と終盤は路面状況が悪いので、パンクしないかビビりながらのスタート。
去年序盤で追い抜かれ離された同年代2位のタイ人がどこで追い抜いてくるか後方も気になる。
路面状況が良くなる広い道に出ると視界が開け気持ち良い。
ひょっとしてトップを走っているのではと思うほど前には誰もいない。
やはり思い過ごしで折り返し時には10台ほど先行していた。
しかし昨年2位のタイ人は、折り返しで少し後方を走っているのが分かる。
これがトライアスロン用バイク効果か、アルミバイクだった昨年よりは張り合えている気がする。
ただ後半風が強く、またアップダウンで辛い。
完成車付属の重いアルミホイールでは高速巡行が難しく、すぐに失速するスピードを頻繁にギアを変えて走る。
来年は高速巡行が楽といわれるディープリムのカーボンホイールを購入して参戦したい。
再び終盤の路面状況が悪いコースへ。
まるでパンクしたかのような嫌な振動が伝わってきて最後まで気が抜けない。
ようやく会場が見え安堵、しかも昨年年代別2位のタイ人から逃げ切ってバイクパートを終え上出来。
0814 HuaHin_05FB
【バイク40km結果 1時間09分35秒】

ランパートまでくれば完走が見え安心。
1km弱で昨年年代別2位のランを得意とするタイ人に追い抜かれるが想定内。
むしろここまで先行していた事のほうが驚き。
あとは無理せず自分のペースでと思っていた矢先。
突然予兆もなく右のハムストリングが攣る。
動けず急停止。
一番安心していたランパートでまさかのトラブル。
傍にいたスタッフにも誰か呼ぼうかなど心配される。
ここで終わりかという絶望感。
痛みが引くのをじっと堪える。
マラソンでは攣ることがないのに、バイクの影響か脱水気味だったのか。
ようやく歩き出すと筋肉がほぐれた感じがあり、幸いにもペースを戻すことができた。
0814 HuaHin_01
【ランパート 突然襲った3分弱の悶絶時間】
この間、多くの人には追い抜かれていない。
レースペースで走ることは出来ないが、無理せず走れば大丈夫そう。
アップダウンのあるコースでいつ攣るのが再発するかわからないハムストリングとこまめな給水を気にしながら慎重に走る。
2,3人に追い抜かれ入賞圏外かと思いつつも、すれ違う知り合いのトライアスリートの励ましに助けられ我慢の走り。
年代別5位までであろう入賞圏内に入りたいと願いを込めながらのフィニッシュ。
【ラン10km結果 50分57秒】
【トータル2時間34分57秒】
直後チップ返却で立ち止まった瞬間、今度は左のハムストリングが攣りしばらく動けなかった。
スイム、バイクと順調ながらも終わってみれば完走できたかどうかの厳しい展開。
でも結果は昨年に続いての年代別3位入賞(2位のタイ人には8分ほど離されたが…)
情勢が不安のなかでも参加して良かった。
0814 HuaHin_09FB

【今年は入賞は3位まで。そして期待の賞金はなし…警備にお金を費やしたのだろうか】

Tri Dash Jul. 2016
8月14日のホアヒントライアスロンに照準を合わせ新車投入の資金繰り。
エントリー費や遠征費も節約し大会参加も見合わせてきた。
そんな努力が実り想定よりも早く新しい自転車を手にすることができた。
そこでホアヒン前哨戦として毎月開催されているTri Dashに参加。
今回はトランジションをスムーズにこなすイメージ作りが課題。

会場ではバンコクスターズから数名、メンバー以外にも日本人の参加増えていてビックリ。
また明らかに勝てない相手だが、勝手にライバル視しているLandryさんとも挨拶。
(トライアスロンの大会では何故か公用語が英語で意思疎通を図るのが難しい…)

スイム400m。
200m付近で10秒後からスタートしている人に追い抜かれるが、後ろにくっついて泳ぐ。
水の抵抗が減って楽に泳げ体力温存して残り50mで再び追い抜く姑息な手段を使った。

バイク20km。
普段のチームの練習では風除けになってもらう事が多く、風をもろに受けるぼっち走はつらい。
想定通りLamdryさんが半周で追い抜いていく。
でも去年はあっという間に見えなくなる展開が今回はじわじわ離される感じ。
トライアスロン専用バイクで速度が上がった気がする。
しかし2周目に差し掛かった矢先、車の減速帯を乗り越えた衝撃でボトルが飛ばされる。
まだ一口も飲んでいないのに…幸運にも暑くもなく距離も短いので給水なしでもバイクパートは乗り越えられた。
Landryさん以外にも二人に追い抜かれたバイクパートもパンクなどのトラブルもなく無事終ろうとする時、バイクを走らせながらスピーディーかつスマートに降りようとすると短い足がバイクにひっかかりバランスを崩しコケて尻を強打、新車も派手に倒してしまう。
スタッフ、ギャラリーが多い中思わぬ失態を犯す。
スタッフにバイクを起こしてもらい、飛んでいったシューズも拾ってもらい大丈夫と気を遣ってもらう。肘をすりむいていたが平然を装った。
ラン中はアドレナリンで出ていたのか気にならなかったが、レース後尻が腫れて青あざができて痛かった。

ラン5km。
バイクで追い抜かれた二人はどこ?スタートは時間差だし、正確な順位は分からない。
ただ同時スタートのLandryさんには負けているのは確か。
折り返しで2~300mの差。
思ったより差が開いていない。
折り返しの度に僅かながら差が縮まっていく事に気づき頑張れた。
結果;Landryさんに続いての総合2位。
今年から設定されているのか?年代別40-49歳では1位
このTri Dashで初めて入賞できたのが嬉しい。
いっぽう課題も見つかって良かった。
ボトルを落とさない様に対策する事
バイクから降りる時は、しっかり止まってから降りる事
とりあえずこの2点には気を付けてホアヒンにのぞむことにする。

0710 TriDash-00B
【結果】

0710 TriDash-B1
【Landryさんと自分 やはりお腹が邪魔して前傾浅い。しかも後ろ気にしてるし…】


サメット-バンペー チャレンジ・トライアスロン 2015
気さくなタイトライアスロン協会会長の娯楽で開催しているのでは?とも思えるラヨーンでのトライアスロン大会に2年ぶりに参加。
チップ計測無しという大ざっぱな運営感はあるが、全部で200名ほどの参加者にも関わらず、5.5kmスイムを含むチャレンジ部門、オリンピックディスタンスのスタンダード部門、その半分のスプリント、ラン5kよりスイム5.5kと距離が長いアクアスロン、5.5kmスイムマラソン、そしてキッズ部門とカテゴリーを細分化し、誰でも気軽にトライアスロンに取り組める環境を作っている。
20151206-11B.jpg
【この大会を牛耳るタイ トライアスロン協会会長】
この大会名物はサメット島からバンペーの海岸まで5.5km泳ぐチャレンジ部門。
そのチャレンジ部門では今回、全日本トライアスロン宮古島総合3位、デュラスロンアジア選手権2連覇の経歴をもつ日本人トップアスリートを差し置いて若いタイ人女の子が総合優勝!
20151206-12B.jpg
【チャレンジ部門総合優勝のタイ人女の子と総合2位の日本人トップアスリート】
このようなアットホームな環境でも将来有望な若いタイ人トライアスリートも育っていている。
前夜はこの凄い経歴をもつ日本人トップアスリートでもある先生方そのトライアスロンスクールで指導されている生徒さん達と会食。
レース前日のピリピリ雰囲気で気を遣わなければいけないのかと心配したが、気さくな方々でシーフード料理、ビールをたらふく満喫。
まったくレース前夜の緊張感はなく楽しい雰囲気で盛り上がる。
20151206-04B.jpg
【前夜祭】

そしてレース当日。
早朝のバイクセッティング。
ここでタイヤに傷を発見。
20151206-06.jpg
代わりのタイヤも持っていない為レース中パンクしないことを祈るだけ。

朝6時30分、まずはサメット島へスイム5.5km泳ぐ為に船に乗り込むチャレンジ組参加者を見送る。
20151206-05B.jpg
【日本のスイムレベル高し!ほとんどの方が入賞】
そして自分らのオリンピックディスタンスが午前7時にスタート。
まずはスイム。
海は果てしないほど遠浅。
300mほど沖まで膝上ほどの水位しかなく、泳げない。
そこでオープンウォーターで効果的なテクニック。
ハードルを跳ぶような感じで足を横から回して水の抵抗を避けながら走る。
地面を蹴ってバタフライの手の動きで飛び込んで進むドロフィンスルー。
練習皆無の状態でいきなり実践できるわけがなく、ぎこちないバラバラな動きで進まなかった。
しかも泳ぐ以上に息があがる。
ようやく泳ぎ出すも中盤くらいの位置だろうか?
最初のブイを回り、次のブイを目指す。
ブイを回ったあたりから前に人が減った?次のブイはどこ?と感じたがそのまま気にせず泳ぐ。
すでに岸へ向いて泳いでいるので、遠浅な海のため、また地面に足がつく状態。
ん?もう終わり?距離短くない?走っていた距離が長いとしても短すぎる。
立てる場所だったのでゴーグルをとって辺りを見回す。
ようやく状況が理解できた。
皆の腕には見慣れないアルファベットの文字がマーキングされている。
皆スイム750mのスプリント部門で自分の1500mスイムとカテゴリーが違うのである。
スプリントとスタンダードも同時スタートで途中自主的にコース選択しなければならなかったのがスプリント部門についてきてしまった。
振り返るとはるか沖にスタンダード部門の折り返しのブイ。
まさかのスイムでコース間違い。
レース序盤で途方にくれる
入賞は早くも絶望的。
レースあきらめてこのまま岸を目指すかと考えたが、あきらめるにも早すぎる。
泣く泣く引き返して、スタンダード部門の折り返しを目指すことにした。
500mほどのロスか…折り返しのブイでようやく最後尾と思われる人達に追いつく。
しかしほとんど歩きのスイムパートでごぼう抜きできる事はなかった。
手元の時計でスイム1.5km(+α)とT1で35分26秒。
20151206-03B.jpg
【スタート前には他の選手にコース説明しているにも関わらず、まさか自分が間違えるとは…情けない。】
続けてのバイク。
先頭とは数分差くらいか?
比較的タイムロス少なく安堵。
幸い心配していたパンクからも免れ無事ランへ。
バイク40kmとT2で1時間16分42秒。
暑く苦しいながらも、数人追い抜いく。
確認できたゼッケンで年代別3位と思える位置でゴール。
ラン44分39秒
トータル 2時間36分46秒
しかし実際には更に2名先行でゴールしていた外国人がいて年代別5位の入賞圏外だった。
スイムコース間違いしながらも入賞という妄想を描くことで挽回できた。
結果は完走だけだったけどレースを捨てず最後まで諦めなかったのは良かったと思う。
20151206-07B.jpg
【チームメイト(バンコクスターズ&走遊会)のF村氏と】
20151206-01B.jpg
【表彰式後。日本人チームとフランス人チームがトロフィーで独占!自分も仲間入りしたかった…。】