緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Tour of pakchong kaoyai
人生2度目のロードハイクレース。
今回はほぼ上りのヒルクライム。
上りで重要なのは自分の体重とバイクを軽くする事!
でも、間際までの日本出張で取り返しがつかない体重。
お腹がブヨンブヨン揺れる。
せめてバイクだけでもと思い、トライアスロン志向のDHバー、ボトルゲージ、ツール缶を外す。
最低限必要な予備タイヤ、タイヤ外す工具はバイクジャージのポケットへ。
ボトルは1本で勝負!
ところが会場に到着して準備を始めると前輪がパンクしていることに気付く(汗)
スタート前に唯一の予備タイヤを使うことになる。
幸運にもスタート前。
補充の予備タイヤは出店で難なくゲット。
なんとか心の余裕を持ってレースにのぞむ事ができた。
そしてスタート。
10700141_589187837876111_9174538088836950764_o.jpg
10710354_589194541208774_479498461639623165_o.jpg
マラソンと違い道路がほぼ片道独占できる。
そしてマラソンと違い、多くの人が遥か前で集団を形成している。
あれでも序盤ゆっくりと入っているのだるうか?周りの様子を伺いつつ駆け引きをするどころか全く追いつけない。
まったり系のグループについて便乗。
10614239_589663711161857_7808838435218298296_n.jpg
10599304_589665537828341_9208376991583905706_n.jpg

でも気づけば、周りは太いタイヤをはいた重そうなマウンテンバイクばかり。
10387421_589664754495086_1181299800111549810_n.jpg
10678865_589665254495036_2280755244762274951_n.jpg


何故自分より重そうなバイクで、なぜその体重で、そのスペードで走れるの?疑問ばかり。
なにか根本的な違いがありそうだ。
でも居心地が良く楽しい。
遅いながらも楽しめる。
そして20km過ぎてチョークチャイ側の料金所。
10530674_589660861162142_4940417126534552740_n.jpg

素通り!
いつもは高額な外国人料金が設定されている所を無視できるのは気持ち良い。
そしてここからきつめのヒルクライム開始。
今まで活きがったいた人が、急に辛そうに息をゼイゼイし始めたり、逆にありえないスピードで颯爽と上る人がいたりで、バイク乗りでもいろいろなタイプがいて面白い。
1982158_589661921162036_1401367436764634230_n.jpg

自分としては、スピードが出せないヒルクライムのほうが怪我のリスクも少なく周りの景色も楽しめるので楽しい気がする。
インフォメーションセンターを過ぎて
恐怖の激坂を上りレーダー台ゴールのコースが土砂崩れの影響で間際でコース変更になったらしくそのまま滝の方向へ向かう。
幸運だったかもしれないが、前に試走したコースをレースで試したかったという残念な気持ちもあった。
若干短くなり47kmでゴール。
【結果】7ページ目でようやく自分の名前…。
1時間48分 137位
入賞者には日本人3名。一緒に練習した時も全くついて行けなかったのも納得できる。
10394091_589664304495131_2916777158271626815_n.jpg
【受付時に100バーツ分のクーポンが貰え、インフォメーションセンターで食事できる。】
10801642_589661827828712_6932014888062958090_n.jpg
【下りは車で送ってくれたが、バイク自走で戻ることに…思ったより辛かった。】
正直結果には凹むが、まだ成長できると信じて、ゆっくりとロードバイクの世界を堪能することにしよう。

スポンサーサイト
初めてのロードバイクレース
2014-07-20 -2
急なハノイ出張で残念ながら参加を諦めていたラーチャブリー県でのロードバイクレース。
出張が一旦出直しとなり、参加の希望が見えた。
2週間前の落車で自転車屋にメンテナンスで出していたロードバイクを大会前日受け取りに行く。
ホイールの歪みが取れず、買い替えになるらしい。
2014-07-19 -1

そのホイール価格が2900バーツから23000バーツとピンキリ。
割れたヘルメットを買い直したばかりだし、金銭的にきつい。
ショックで即答できず、とりあえず昔完成車で購入した時に付属していた鉄下駄ホイールと言われる重量感半端ないホイールで臨むことにする。
今回が人生初のロードバイクレース。
大会会場ではマラソン会場とは違うアウェー感。
2014-07-20 -3

皆バイクが馴染んでいて、とっても速そう。
一方の自分は、ロードバイクレース初体験でおどおど緊張している。
どういった感じでレースが進むのか?
どういったペースで走るのがいいのか?
集団で走るときのルール、マナーは?
練習でも経験のない休憩なしで100kmを完走できるのか?
わからないことだらけ。
落ち着かず、ぎこちなくスタート時間を待つ。
20140720-01.jpg

1000人近くの参加者があり、100人ぐらいのグループで5分置きにスタートするウェーブスタート。
自分をふくむ外国人部隊は最初のグループに振分けられている。
交通事情(朝の市場が賑わう時間と重なったらしい。)で予定時間より30分遅れの朝9時スタート。
マラソンのように人をかき分けて前にでる事は出来す、流れに身を任せる。
100台くらいの集団。
その最後尾あたりを走る。
下りで見える集団が連なって走る様子は壮大。
まるでツール・ド・フランスを体感している感じでテンションがあがる。
でもそんな優雅な時間は長くは続かす、アップダウンを繰り返しているうちに、何故か集団に離せれる。
苦手じゃないと思っていたヒルクライム的なコースで、皆との力の差を早々に痛感させられ、自信喪失。
一度離されると、精一杯の力で追いつこうとしても無情にも追いつくことができない。
序盤の10km過ぎから一人旅という地獄。
同じく集団からちぎれた人達をポツポツと拾っていく我慢の走り。
辛抱していると見慣れた背中。
同じトライアスロンチームでライバルO林氏。
何故またこの人と…。
ただ今回はトライアスロンの大会のように張り合う感じではなく、傷をなめあう。
ロードバイクはチーム競技。
ライバル心は封印して協力して完走めざす作戦。
バテていたO林氏を後ろに携え、脚休みして復活したら前で引いてもらおう。
20140720-03.jpg
【脚を休めているはずのO林氏。自分の後ろで写真撮影の余裕あり…】

そんななか18度勾配という激坂が目の前に現れる。

激坂の様子

ジグザグ走行でしか登れない。
突然一緒に走っていたO林氏が脚をつった様で自転車を降りる。
こんな激坂で止まったら頂上まで再び自転車を漕ぐことは出来ない。
O林さんを見捨てるという苦渋の決断。
頑張って~という断末魔の叫びを後にして、再び一人旅。
追い込む体力もなくスピードも落ちているせいか?まわりの景色もみえてくる。
素晴らしいコース。
レースじゃなくサイクリングがしたい。
まだ先は長いなぁと思っていると、5分後にスタートしている第2集団が颯爽と追い抜いていく。
その集団からO林氏の自分を呼ぶ元気な声が…。
幻聴かと思うがこの集団に便乗して復活してきたらしい。
自分も敗者復活をかけ集団に便乗。
一人で走るのと集団で走るのは全く違う。
体力回復しながらも今まで以上のスピードで走れる。
離されまいと頑張って2周目。
激坂までは集団の片鱗に付いていけた。
でもそこから集団がばらけまた一人旅。
苦しい時間が続く。
GPSの距離表示をみながら、あと何分で苦しみから開放されるのだろうか考えながら我慢。
途中、10~15分後でスタートしているグループの先頭集団が追い抜いていく。
再三の敗者復活号に便乗と企てるも、数メートルも後ろについて行けく体力が残っていない。
悲しく見送るだけとなる。
残り5kmの表示。
GPS距離表示では100kmだと7kmほど短い。
この表示は本当か?疑いながら走る。
そして残り3kmの表示。
コースが短いと確信が持てると僅かな元気がでた。
93km 2時間55分で無事完走。
でも順位は、暫定181位。
2014-07-22.jpg
前に200人近くいるって…ロードバイクの難しさ、奥深さに凹む。
もっと勉強して真摯に練習しなければ。
でも初参加で新たな世界が広がり、素晴らしい経験ができた。
20140720-map.jpg
【コースはミヤンマー近く…】

20140720-02.jpg
【日本人参加者 バンコクジャパニーズサイクリングクラブBJCCの皆さんとバンコクスターズ】

chart for blog
【左が自分で、右が8位入賞のBJCC T中さんのデータ。スピードが別次元…。】

meal.jpg
【マラソン大会より充実していた食事やフルーツ。消費したカロリーを取り返せた!】

カオヤイヒルクライム第8弾
約8か月ぶり(前回)のラン仲間とカオヤイヒルクライム。
2b.jpg
【自分以外は皆ランナーの脚だな~】

現地集合場所のナコンナヨック側ゲートのホテル。
ホテル内のレストランで軽食すれば駐車券にスタンプが貰え駐車場無料、そのうえプール脇でこっそりシャワーも浴びれるという恩恵があった。
なのにホテル入り口で警備員に「自転車乗りは、隣のコーヒー屋に停めてくれ。シャワーもトイレもあるから。」と促される。
隣には、良い感じのコーヒー屋があり、自転車乗りの為に設備を準備してくれた寛大なオーナーに感心する。
しかし帰る前に判明したのが、駐車場代150バーツ、シャワー一人50バーツ。
納得。。。
2014-01-12.jpg
【駐車場、トイレ、シャワー完備、軽食可でバイク乗りの憩いの場かと思いきや。。。】

今回は練習不足というtaza氏が先行スタート。
5分後にスタートすることになっていたE森氏とS氏。
S氏らが途中で入りこんできた他のロード3人組に触発される。
追い越したい衝動に駆られたようでtaza氏の2分後に見切り発進。
そして繰り上げでtazaさんから5分後スタートの自分。
あれ、久しぶりのヒルクライムでタイヤの空気抜けてる?と思うほどバイクが重い。
最初から一番軽いギア34-25を使ってしまい、後がない。
軽量化の為トライアスロン仕様のサドル後のボトルゲージやDHバーは外してくるべきだった。
6b.jpg
【DHバーが邪魔でハンドルのフラット部も握れない。。。】

最近あまり変速する機会がなかったので、ギアを変えるタイミングも不慣れ。
今回初めてガーミンのオプションのケイデンス計を使用したが、かなり回転数にムラがあり過ぎ。
20140113 rpm


こういうのって一定の回転数にあわせるのがセオリーなのだろう。
下手さもよくわかる。
心拍計も導入していたが、どこまで追い込めるのか、あるいは最後まで持つのか確固たる自信がもてない。
心拍数もみると中途半端。
平均心拍が最大の80%ってまだ追い込み足りない気がする。(十分苦しかったけど…)
20140112 bpm


10km付近のチェックポイント経過が32分台。
遅い。。。
夢の1時間20分切を目指していたのに1時間25分。。。
ハンデを貰っていたS氏には逃げ切られるという恥ずかしい結果。
年末年始はわりとバイクと向き合って練習してたのに、気候も涼しいのに。
何故???


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

温泉ライド
翌日、勝負レースのRIVER KWAI ハーフマラソンが控えているにも関わらず、ロードバイクでロングライドを敢行。
スタート地点から更に北上すれば、戦時中に日本軍が掘り当てたという天然温泉がある。
事前にGoogle Mapで調べたところマラソンのスタート地点から50km弱。
ロードバイクで走ればいい練習になる距離だし、何より練習中の温泉は格別だろう。
スタート地点、正午スタートということもあり暑い。
2013-09-14-1.jpg
【ハーフマラソン会場からスタート!】

最初10kmはハーフマラソンコースの為、路面には距離表示されている。
その表示が自分のサイクルコンピュータとほぼ同じ。
さすがインターナショナルで歴史が長い大会とあってしっかりしている。
序盤の十数キロは上りが大半。
そこからはたぶん下り坂だったのだろう。
時速40km近くで走れる。
側道が広い、交通量が少ない、景色がいいなどで時々雄叫びをあげるくらいコースは良い。
途中雨に降られたが涼しくて良い。
また天気の移り変わりを直接肌で感じるのも自転車旅の醍醐味。
何より雨で濡れた体を温めてくれる温泉が待っている。
Google Mapで下調べしていた距離とほぼ同じ52kmで温泉に到着。
2013-09-14-2.jpg
2013-09-14-3.jpg


外国人40バーツと書いてあるが、受付で言われたのはタイ人料金の10バーツ。
タイ人と思われたのか、あるいは泥だらけでびしょぬれの格好で可愛そうに思われたのか。
遠慮なく10バーツでバイクパンツのまま入浴。
至福のひととき。
体が熱くなったら側を流れる川に使って冷やすことを繰り返すことによって血行がよくなるのがわかる。
しかしいつまでもここにとどまる事はできない。
日が落ちるまでには戻らないと…。
バイクジャージも洗って、乾くであろうと濡れたまま着て帰途につく。
温泉の効力は約5kmで消えた。
復路は上り主体で約20kmほどしかスピードが出ないし、かなり息がゼイゼイ。
サングラスの水は時折の雨か、汗か、涙か分からない。
来るんじゃなかったと自己嫌悪しても、スタート地点まで戻らなければならない。
2013-09-14-4.jpg
【走行距離80km付近で休憩。バイクはドロドロ。身と心はボロボロ。。。】
ようやくハーフマラソンの後半コースまで辿り着き、下りの惰性で何とか生還できた感じだった。

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

カオヤイヒルクライム第7弾
走遊会S氏の呼びかけで急遽カオヤイヒルクライムが決定。
それでもラン仲間5名が集まる。

最近の練習はトライアスロンの練習主体だった。
DHバーにより前傾姿勢のポジション練習。
しかしヒルクライムではDHバーがあると、ハンドルのフラット部を握れない、ダンシング時に邪魔となる。
それに軽量化の為、DHバーを外してのぞむ。
また長い直線を走っていた為、ギアチェンジも特に必要ない。
それでギアチェンジのタイミングなどにも不安があった。
また初めて軽量ホイール&タイヤで山登りにのぞむも、後輪側のギアを11~28だったのを11~25としている。
一番軽いギアでも以前より重くなっている為、激坂で脚を回せるか不安があった。
カオヤイの料金所からスタート地点までの坂を一番軽いギアで進むも、すでに重く感じ、ひょっとして途中で自転車を降りて歩くことになるのではと思う。

そしてスタート。
とりあえず自分が前にでる感じに。
抑えているつもりでも容赦なく呼吸が乱れる。
上りは出来るだけ状態を起こし、呼吸しやすい様に心がけ。
サイコンの速度をみるとなかなか良い感じで上れている気がする。
それでも、激坂でもう少し脚の回転を速くして上りたいと思い、ギアを軽くしようとしてもすでに一番軽いギアを使っていた事が2、3度あった。
時々後ろを振り返っても誰もついてくる感じではない。
でも目安となる10km付近のチェックポイントが31分36秒とぱっとしない。
また1時間30分を切れないのではと不安が残る。
何とか挽回しなくては、1万5千バーツで投資したホイールに申し訳ない。

残り距離を考えて、時々ダンシングを入れる。
また軽い上りや、上りから下りへの加速はこの軽量ホイールの威力が感じられた。
ギアの11~25もこのコースにはとてもあっている気がしてくる。
頻繁なギアチェンジもだんだん快感になってくる。
そして最終盤の長い下りでは、おそるおそるサイコンを見ると70kmを超えた。
そしてタイム1時間21分3秒。
ほぼベストタイムで、よっしゃ~と心の声を上げる。
この暑さの中では健闘したと思う。
いつかは夢の1時間20分切りも達成できるのではと期待が膨らんだ。
20130421-1 (8)
20130421-1 (3)


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ