緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



アシックスストア・トーキョー
国外出張&暴飲暴食続きでまともに走れずに2週間経過。

今回の日本出張は、首都圏だった為、タイ戻りの便を、夕方にして立ち寄ったのがここ。
アシックスストア・東京
asics store-1



目的は
足型を計ってみたい。
練習用のシューズを買いたい。
使用中の練習靴は去年のパタヤ・フル直前に会場で購入したゲル-キュムラス?。
当時は靴に対して何の知識もなく、アシックスというブランド、デザイン、そしてクッション性のありそうな靴、価格(でも3000B以上した様な…)で購入。
でもフル3.5回、その他レース数々、その後もトレーニング用として使用。
ソールが減り、シューズ内側も破れてきたので、そろそろ引退かと。
新しく、クッションのいいシューズがジョギング用として欲しいなと思っていたこの頃。

店にはいると
1Fがレディース。2Fがメンズ&シューズ。
しかも当たり前ながら全てアシックス。しかもランニング関連のものばかり。
こんなおしゃれなスポーツ店、実家近くにはあり得ない。
「足型測ってみたいんですけど…」恐る恐る店員に声をかけてみる。
asics store-2

いかにもアスリートぽい店員が測定、結果を優しく解析、解説してくれる。
足の解析データ

ここで、今までの自己流分析の誤解が発覚。
幅広、甲高と思っていた足が、ともに標準。

僕:『ゲル-キュムラスの幅がきつく、いつもスタート直後に足が痺れたのは、幅広、甲高の影響では?』
店員:『ゲル-キュムラスは標準よりかなり足幅が細く作られているんですよ』
店員:『右足の実測長は25cm弱で、これより約1cm大きめの26.5cmが適正サイズですね。ワイドタイプでなくてもレギュラータイプで十分ですよ。』
(今のターサーTSアリビオ・ワイドは27cmでちょい大きめで、しかもワイド)
店員:『レース中の水ぶくれ、黒爪は靴がちょっと大きいのでは?』
店員:『解析データをみると、左足のかかとラインが内側に傾いてアーチが低い(僕は生まれながら偏平足。)ので、左ひざ等を故障しやすいですよ。』
店員:『シューズも左足かかと外側が減りやすいのでは?』
(タイに戻って靴底確認したら、見事にその場所が減っていた。)
店員:『故障しないよう、左足のかかとセンターラインでの着地を心がけてくださいね。』などなど、足の骨格模型を使って、次から次に的確なアドバイス。

それで、僕の練習頻度、フルマラソンタイムを確認して、購入希望のクッション性のある練習用シューズとして(ここでたまに追い込んだ練習もできれば…という無理な希望もプラスして)用意してくれたのが2種類のシューズ。
ゲル・カヤノ14(近々15が発売らしい)
ゲル・DSトレーナー
まずクッション重視のゲル・カヤノ。
つま先とかかと部にゲル構造、安心感があり足に優しそう。
つづけてDSトレーナー。
GEL DS TRAINER

カヤノと比べて、とても軽く感覚はターサーに近い。
また、ゲル構造とは違ったクッション性あり、ノートパソコン用ケースで使われる衝撃吸収素材のような感触。
ジョグだけでなく、スピード練習もペース走もこなせそう。

結局、頑丈そうで長く使えそうなカヤノをジョグ、LSD目的で購入。
スピード練習、ペース走では今使っているターサーTSアリビオ・ワイドを使えばいいかと。
そうなると、今度はレース用にも足にあった勝負靴がほしいなと欲求が湧いてくる。

一応話だけでも聞いてみようかと。
勧めてくれたのが、ターサーRSアリビオ2。
まだ一般のスポーツ店には並んでない新製品らしい。
しかも白ベースと黒ベースがあったが、この黒ベース&赤ラインがカッコ良く一目ぼれ。
またRS(レース向き)といま使っているTS(トレーニング向き)では性格も異なりソール形状も違うとのこと。
試着を勧められて、せっかくだから履いてみるとこれがまたシックリ来て感動。
何となくすごく速く走れそう。
もう物欲を抑えられず結局2足購入してしまいました。
KAYANO

TARTHER


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ