緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



アユタヤハーフマラソン
クラブタイランドカフェでも受付するなどの宣伝効果か、会場では多くの日本人を見かけた。
会場では珍しく日本語通訳のアナウンスもある。
バンコク走遊会のメンバーも十数名が集結。

来年30歳代最後の年で入賞回数を増やす為、
(40歳代になると層が厚くなり、入賞は困難。)
来年に向けて、先週バンコク(42km)、今週アユタヤ(21km)、来週ラヨーン(42km)と痛めつけ調整期間とした。
先週、来週のフルはゆっくり走るので、今回のアユタヤは追い込んで走ったほうがいいか。
しかし久しぶりのハーフなので自分がどれくらいのペースで走れるかも分からない。
とりあえず100分以内を目標としてみる。

スタート後、暗闇の中を走る。
足元に注意せねばならず、ライトアップされているだろう遺跡には目がいかない。
日本人は多いが、参加者全体数としては少なめか。。。
先頭集団があっという間に見えなくなるほどの圧倒的な速さで離される感じでもない。
序盤、走遊会T内氏とT野氏についていく。
この長身かつ足の長い二人についていくのは惨めさも感じる。
負け惜しみで無理してついているのでは?、このペースでハーフ走りきれるか?自問しながら走る。
やがてT内氏にはどんどん離され、T野氏とも差が開く。
7km過ぎの折り返し。すれ違う走遊会メンバーやラン仲間に手をあげて挨拶するが、声までは出せない。
でも調子は悪くなさそう。呼吸もまだ余裕あり、脚もまだ動く。
中盤でT野氏に追いつき、T内氏を目指す。
しかしその後2、3回の折り返しでT内氏との距離を確認するも、どんどん離されているのは明らかだった。。。
だけど1時間32分5秒でゴールして受け取ったもの。。。
20121125-01b.jpg

今年は諦めてた年代別入賞(30-39男 4位)。
久しぶりの入賞は、嬉しかった。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

朝ラン習慣
3月になって仕事で走れない、走る気力が湧かないなどの日々が続いた。
大会にも暫く参加していない気がする。

体重はどんどん増え、すぐにお腹が出てくる年頃。
何とかランニングを習慣化せねば。

まず課題は、会社帰りの渋滞を回避できないか?
そこで思い立ったのが、会社近くのジムを利用する。
郊外のショッピングセンター内にあるFitness Firstの一般会員だったのを
バンコク中心部にある若干高級感を出したFitness First Platinumも利用できるようにアップグレード。
一般会員からのアップグレード分は2年契約で100バーツ/月追加程度で税込み2230バーツ。
これで帰宅前にスクムビット39のジムで汗を流してから帰ることで車が混雑する時間を避けることができる。

そして、もう一つメリットがあった。
このFitness First Platinum、バンコクのランナーの聖地ルンピニ公園至近にも存在する。

それで朝ランを試みる。
5時 起床

5時30分 自宅出発
↓(この時間帯はまだ車の流れがスムーズ)
6時15分頃 Q-house(Fitness First Platinumのあるビル)の綺麗な駐車場に駐車。
ルンピニ公園の駐車場は、車を出すのにも渋滞してしまう。

6時30分頃からランニング開始。
やはり多くの人達が走ってたり、歩いてたりするルンピニ公園は、気分良く走れる。
自宅付近の暗闇で、犬の落し物、車や犬に追いかけられないかビクビクしながら走る陰気な感じはない。
3周から4周走って、通勤前にジムの綺麗なシャワー施設を利用できる。
雨が降っても、ジムのトレッドミルで走れば天候にも影響されない。

8時にジムを出ても、出勤時間の8時30分にはペッブリーに位置する会社に到着でき、
通勤時間でも、思ったよりスムーズに車が流れる。

これを続ければ走行距離がかなり増えそう。
月間300kmも夢ではない。なんとか習慣化したい。
とりあえず先週から初めて3日坊主はクリアしている。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ロイエットで走る
タイの3連休は500km離れた妻の実家ロイエットへ。
市街中心部にある公園を走る。
1周ちょうど10分で6周、1時間走る。
軽いジョギングの為、10km/h以下のスピードは明らかだがいったい1周何kmだろうと疑問が残る。

妻の実家の近所の人が「これ試してみて」と紹介してくれたのがこれ。
20110220-HJA-300-Y.jpg
"OMRON JOG STYLE HJA-300"

彼女は田舎でオムロンの健康器具などを個人販売しているが、使う機会がない、使い方が分からないなどで売れないらしい。
英語の説明書を読むと万歩計の機能とは別にジョギングを主な目的として歩幅等を設定することにより、走行距離、スピード、消費カロリー、燃焼脂肪量が計測できる。

とりあえず歩幅を90cmとして、翌日再び公園で試す。
万歩計は歩く度にカチャカチャ音がする印象だったが、まったく無音で邪魔にならず万歩計の進化に感動。
1周した結果ほぼ10分で走行距離は1.5km。時速9km。
思ったより距離が合ってそうな気がする。
400mトラック等で歩幅を補正すれば、さらに正確な距離が測定できるらしい。
これなら距離が分からない場所を走るのに便利。
早速「これ売って欲しいだけど、いくら?」とたずねると、「売れないからあげる」との事。
たしかに田舎で、これを使う人て珍しいと思う。
でも貰えてラッキー。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

50kg台来た~!!!
今年の目標に60kg以下の体重維持というのがある。
昨年末は65kg前後。
今年から再び岡田斗司夫の勧めるレコーディング・ダイエット開始。
徐々に減りはするが63kg前後で停滞。
そこで本に書いてある『最加速』停滞期に新たなダイエット法を取り入れることを試みる。
これも本に書いてあった朝食を豆乳&野菜ジュースに換えるのを参考にして
夜走る前に豆乳&野菜ジュースを取る。
走り終わっても、夕食はなるべく摂らない。
(以前は寝る前に夕食を沢山食べていた。)
豆乳180kcal 野菜ジュース100kcalで若干の満腹感が得られ、練習もやる気が湧く気がする。
20100319-2.jpg

そして今朝ついに…
20100319-1.jpg

50kg台は2007年バンコクマラソン前に2,3日瞬間的に計測したのみ。
今後はこの体重(標準体重BMI値22)以下を維持することが目標!

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ハノイ・ホアンキエム湖を走る
先週、出張でベトナム・ハノイへ。
今回は単独での営業活動の為、ホテルも自分で手配。
そうなると走れそうな公園の近くが選定基準となってしまう。

ハノイ着陸直後、
乗客がコートを着込み出す。
えぇ~。寒いの?
先月のホーチミン出張では、タイと同じ暑さの印象があり…
もう3月中旬だし…
私服、ランニングウエアは半そでしか持って来ていない。

たしかに外に出ると寒い。
15度くらいか?
お客さんの話では、ここ1週間くらい急に寒くなったらしい。
ハノイの気候は日本の気候と連動するらしく、季節外れの雪が降った日本に若干遅れて寒くなったらしい。

寒さに負けじと、翌朝Tシャツ、短パンで気合を入れて、ホテル近くのホアンキエム湖に繰り出す。
ハノイでも、バンコク同様、早朝から運動する人たちがいた。
大半はコートを着込んで散歩。
でも中には、同じ様なTシャツ、短パンで走る現地の人や外国人がいる。
(薄着になるほど走るスピードが速い。)
湖の周りを走る。
1周1.5kmくらいか?
走り始めは、指先が冷える。
こんな感覚しばらく味わっていない。
でもこのひんやり感は走るのには、最高。
バンコクみたいに汗がダラダラ出ず、快適。
たぶんマラソンに適した気候って、こんなのだろうなと羨ましく思えた。
バイクの騒音、石畳の固さを除けば、ハノイでのジョギングを満喫できた。

20100311-4.jpg

20100311-3.jpg

20100311-2.jpg

20100311-1.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ