緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



明けましておめでとうございます。
年男となる今年の目標!

①標準体重 60kgまで減量、それを維持
②フルマラソン コンケーン(3:16') パタヤ(3:25') バンコク(3:16')にて各自己ベスト更新。
③ハーフマラソン リバークエー(1:29')にて自己ベスト更新
④年代別入賞回数 二桁(09年も9回にとどまってしまった。)
⑤月間300km以上走る。
⑥故障しない。

今年度も宜しくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

101へ
9月14日のリバークエー・ハーフマラソンから大会参加しておらず、週末こそは大会に出たい。
ラマ9世公園でも10kmレースがあるし…。

というわけで走りに行ったのが…。
081004-1.jpg

081004-2.jpg


車で嫁の実家があるロイ・エット(タイ語で101の意味)へ。
バンコクから約550km離れています。
081004-3.jpg

(ガイヤーンとビールを満喫してゴロゴロ。もちろんジョギングはせず。)

娘の幼稚園が長期休暇に入ったので、1ヶ月ほど実家で過ごす様です。
車は嫁が実家で乗るとのことで、帰りは、初めて長距離バスで一人旅。
バスはVIP、1等、2等などの種類がありVIPが満席だったので1等車で。(430B)
途中コラートで食事休憩がありました。
車内でもらった食券は、上限がきまっているらしく、おかず2種類をごはんにのせると15Bの追加料金。
バスの感想は、ときどき流されていたテレビのタイらしい音量が気になるくらいで、まあまあ6時間半快適に過ごせました。
ほとんどビールを飲んで寝ていましたが…。

瀬古イズム
瀬古さんといえば…。
子供の時に見たマラソン中継で、宗兄弟との競い合いが、とても印象に残っている。子供ながらに、すげ~と感動した。

その瀬古さんの著書『マラソンの真髄  世界をつかんだ男の“走りの哲学”』
マラソンの真髄

やはり、世界に通じた選手。マラソンにかける情熱、練習方法もすごいと関心。
この本に書かれているレースで勝つための真髄 百カ条。
勝手に十カ条を特選して、座右の銘にしようと…
・マラソン練習とは、42.195kmを、長い距離だと感じないようにしていくこと
・マラソン練習とは、42.195kmを、速いペースで押していけるようにすること
・マラソン練習とは、35kmを中間点だと思えるようにすること
・マラソンは、絶対に素質に頼れない
・ただのジョグはするな。生涯、トレーニングをしていくなかで、大半を占める練習はジョグである。軽んじてはいけない。
・ポイント練習とは、レースで結果を出すための練習である
・勝つためには、TTありきだ
・継続は力なり、されど惰性の継続は退歩なり
・人が嫌がる練習をするから、人に勝てるようになる
・たくさんの人の支えがあって走ることができている。感謝の気持ちを忘れない

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

タイ語のお勉強
最近、レース中にふくらはぎが痛くなり、思う存分走れないことが多い。
それで、取り入れたのが就寝前のセルフ・マッサージ。
日本製クリームタイプのバンテリンをふくらはぎに塗りこんで重点的にマッサージ。
終了後、ジェル状の冷却材をサポータで固定してそのまま寝る。
翌朝、かなり回復している感じがする。

これを1週間続けて、先日のハーフ出走。
最後まで痛みを感じず走りきれた。
しばらく続けたいが、問題は日本で買ってきたバンテリンが無くなったこと。
(35gの容量では毎日使うと1週間でなくなる。)
そこで、レース会場でよくPRしているMUAYという銘柄を試用。
(よくタイのレース会場で無料お試し・無料マッサージでPRしてます。)
MUAY-1

MUAY-2


こちらは100gで70バーツ(約230円)。バンテリンと価格をくらべるとかなり経済的。

さてここで本題のタイ語のお勉強。
この銘柄のムアイ。凝るの意味だと思っていたのですが、
(よくマッサージ屋でムアイ・ラン(グ)「背中が凝る」と言って使ってます。こう言うと凝っている所を重点的にマッサージしてくれる。)
あまりにも安易過ぎる名前と思って、辞書をひくと「拳闘」というかっこいい名前であることが判明。
凝るのムアイは口をイの形にしてウを発音。しかも高い音から低い音へという声調もありました。
こちらのムアイはカタカナそのまま。タイ式ボクシング(ムエタイ)で使われているのムアイでした。どおりでタイでムエタイと言っても通じにくいんだなと新たな発見。
ちょっと勉強になりました。

さて薬の効力ですが、
バンテリンと遜色なく、マッサージ+アイシングでかなり疲労が抜けます。
レース翌朝でも、通常ジョグが可能でした。

ただ、塗るとメンソールの匂いが部屋中に充満。
妻には“くさい!”とかなり不評です。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

セイコー・スーパーランナーズで走る。
これも先月の日本帰省時に購入。
今まで使用していTIMEX の時計が保証期間中に2度も壊れた。
(現在修理中)
1度目、アユタヤマラソン・スタート直前に表示盤バックライトがつかない
(真っ暗な午前0時スタートで焦った)
2度目は、修理後約1ヶ月、いきなり表示が固まり、その後どのボタンを押しても受け付けない。これは電池交換で直ったが、またバックライトがつかなくなり、ボタンを押した時の音も鳴らなくなる。
タイのレースは早朝スタートで真っ暗な道を走ることが多いので、バックライトは必需。

そのほかにも、デザイン重視か?ボタンを押す感触が微妙。レース中、押したつもりが押していなかったり、2度押ししてしまったりで不満ありありでした。

2度あることは3度あるだろうと、修理してもまた壊れるなと思い新しい時計を検討。
ネットでいろいろ調べ、ランナー向けの時計として、セイコーかカシオ(Gショックではたいやつ)がいいとの情報を得て…
セイコー・スーパーランナーズ



デザインには大いに疑問。
しかし今回は機能性、操作性を重視してセイコー・スーパーランナーズを8800円で購入。
デザインを無視した表示盤は大きく見やすい。
バックライトもまぶしいほど明るい。
120ラップまで記憶可。
(分割での記録も可能で、連日のレースでも問題なし。主にこのラップ機能は400mトラックを25周(10km)走る時、周回を数えるのに使っています。)
2系統のタイマー機能があり、5分走って1分休む様なインターバル走にも役立ちそう。
(未だそんな酷な練習はしていませんが…)
今まで使っていたTIMEXと違ってボタンを押したときにお知らせ音が出ないのは残念ですが、(押した感覚がはっきり分かるから、たぶん大丈夫)これから良いパートナーとなってくれそうです。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ