緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Tri Dash Oct 2017
雨季終盤、朝はトレッドミル、夜は会社から徒歩3分ほどにあるプールで泳いで帰る。
そんな天候に左右されず渋滞も回避できる練習パターンが最近定着しつつある。
ただトレッドミルと実走は違うと思うし、レースで対応できるかが不安。
また汗をかいているか分からないスイムは練習負荷として十分なのだろうか…。
でも練習量は確保でき9月の月間走行距離は4年ぶりに200kmを超え、体重も落ち始めている。

ランに集中していたリバークエーハーフマラソンも終わり、トライアスロンの手始めにTri Dashに参加。
まずはスイム。
最終組のなかでも最後の番なので後ろから煽られる心配はない。
15秒差で前を泳ぐ人とも程よい間隔があり、ストレスを感じない。
ラスト50mで前の人に並んでドラフティングで前に出る。
バイクへのトランジション。
これまでのペダルにシューズを付け、漕ぎながらシューズを履いて時間を稼ぐ作戦を封印。
数秒ロスしただろうか?
それでもシューズのバックルをしっかりと締めれるし、バイクマウント場所まで裸足で走る痛さがない。
そしてバイク。
やはり不得意なバイクでガンガン攻めれる訳ではなく、後続に吸収され集団となってしまう。
力量の似た集団ではドラフティングにならない距離を保つのも難しい。
ドラフティングの恩恵を受け、実力以上の力が出せたかも…。
20171008-03.jpg
【3人で抜きつ抜かれつ…(汗)  一人だけ腕ほそ~】

残るはラン。
久しぶりに何処にも痛みがなく、不安なく走れる。
これは脚への負担が少ないスイム練習の割合が増した結果だろう。
比較的涼しく、給水もこれまでの半分くらいの回数ですむ。
折り返しで、いつも勝てない同年代の入賞者達を発見。
20171008-04.jpg
【いつも勝てない年代別上位者達】
いつもよりも差がついていないと思う。
折り返しで差が縮まっているのもわかる。
チームメイト曰く「鬼の形相 」で、必死に追いかけた。
ラスト1kmで3人のグループに追いつき、逃げ切る。
20171008-05.jpg
結果これまで1時間6分切りが難しく停滞していた記録を2分も大幅更新し1時間3分56秒。
おまけに年代別3位。
2位とは7秒差 1位とも12秒差。
まだ頑張れば年代別優勝も狙えるかも…
これからの乾季で期待が膨らむ。
20171008-02.jpg
20171008-01.jpg



スポンサーサイト
バンコクトライアスロン2015
20150704-06.jpg
昨年は開催されなかったバンコクトライアスロン。
やはり都心での開催は交通規制などで無理があるのだろうか?
もう開催されないであろうと思っていたバンコクトライアスロンがISUZUが主催者となり復活。
最近のISUZUトライアスロンに積極的に力を入れ、今年はThailand Tri-Leagueとしチャーム、バンコク、パタヤ、プーケットで大会を開催する。
20150704-01.jpg
以前にも増して華やかな大会に変貌した。
華やかさは表舞台だけで、スイムコースのチャオプラヤー河の汚水の酷さは変わらないだろうと思っていたが…
スイムコースを750mを2周の周回コースにし幅5m程のコースロープを設定。
そのコース内は徹底してゴミを取って掃除している。
狭いコースで込み合い必死と思いきや、申請タイム順で9名づつ10秒間隔でスタートさせる為、バトルや混雑が少ない。
スイムが苦手で100m 2分45秒以上かかると申請している人には、キャップの色も変え、浮き袋もつけさせる。
監視員も10m毎にいたのではないかと思うくらい安全面を徹底している。
水質は最近の雨の少なさか、以前より透明感があったように思える。
あまりにも快適に泳ぐことができ、以前のチャオプラヤーを泳ぐという醍醐味が薄れてしまったという寂しさもあった。
20150704-07.jpg

バイクコースはバンコクマラソンでお馴染みの高架道路を走る。
マラソンではつまらないコースだが、バイクで走れば路面状況も良くほぼ真っ直ぐなコースは快適。
片道は向かい風となるが、圧倒的なスピードで追い抜かれる。
見慣れたTri Dashの入賞常連者も、この大会では目立たないほど強者揃い。
路面状況は良いはずと油断していたのか、唯一アスファルト陥没していた場所に乗り入れてしまった。
ガツンと大きな音と衝撃が前輪から伝わる。
自転車が無事で~と祈りながら走り続ける。
その嫌な衝撃を忘れ安心した矢先、バイクの挙動が乱れふらつく。
みれば前輪が凹んでいるのがわかる。
やっぱり…。
ここまで調子良かったのに…。
何とかタイムロスを最小限に抑えるため路肩に自転車を止めひっくり返し急いでタイヤを外す。
ある程度パンク処理も経験しているし、5~10分でレース復帰できるはず…
と思いきや、携帯ポンプを取り出し、空気を入れようとすると空気が入っていかない。
焦るが時間だけ経過していく。
予備タイヤまでもパンクしているのか?あるいは携帯ポンプが壊れているのか?
いずれにしても終わった。
バイクに乗ることさえも出来ない。
バイクコース1周目の26km付近で棄権…。

丁度バイクコースの1周目Uターン付近。
スタッフが回収車を待つか?またはバイクを呼ぼうか?と声をかけてくれる。
次のトランジションまでは3kmほど。
歩いて戻ることにする。
次々と2周目を終えトランジションに向かうバイクが通り過ぎる。
ラマ8世橋の最上まで2kmほど歩いただろうか?
これまでスタッフ、警官、選手いろいろな人に声をかけられパンクしたと説明していく。
そんな中マウンテンバイクで来て応援していた人が、これ使うかと携帯ポンプを差し出してくれる。
空気漏れが携帯ポンプの原因ならば…と祈る気持ちで使ってみるとタイヤがみるみる硬くなっていく。
バイクであっという間にランへのトランジションエリアにたどり着く事ができた。
2周目走ってないのですでに失格だが、まだランを走る時間はたっぷりある。
折角なので走ることにした。
王宮周辺を走るのだが、土曜の午後近くは交通量、観光客が多い。
道を横断する時は必ずといっていいほど、交通規制で止められて時間ロスするが、
スイムコース、バイクコース、ランコースともに良かったと思う。
結果を見ると
スイム1.5km28分36秒 年代別(40-44男)5位
ラン10km 51分22秒 年代別(40-44男)3位
バイクを1時間40分前後で走れていれば年代別(40-44男)3位入賞圏内タイム。
パンクがなければ年代別3位に滑り込み入賞できたかもしれないと思うと悔しくてしかたない。
20150704-04.jpg


Nong Sua 病院 ミニプラスマラソン 14.2km
自宅から車で30分ほどの病院で開かれたミニプラスマラソン(で、14.2km)に参加。
参加費無料で賞金を出すという大盤振る舞い。
どれだけ大きな病院かと思いきゃ、こじんまりとした田舎の病院。
看護婦さんらが受付をするアットホームな会場だった。
(無料のためか完走メダルも入賞トロフィーもなし)
大会案内がタイ語のみで外国人には敷居が高く、日本人は自分一人か?
それでもケニア人が賞金狙いで数人参加している。
この大会、先行で自転車の部門もあり、参加資格として変速ギアのない自転車。
病院だから車イスかと思いきゃスタートラインに並んだのはママチャリや子供用自転車。
微笑ましいが、ライトや安全灯がついていない自転車で子供やおじちゃん、おばちゃんが暗闇に集団で飛び出していくのは危険過ぎる。
その為かスタートは明るくなり始めた6時20分頃。
スタートラインに並んでいると後ろから車が通るので道を開けてとアナウンスで後ろに気を取られていると、いきなり前が走り出している。
スタート直前まで二人でスマホの音楽をひとつのイヤホンを共有するバカップル、
前列に並んでスロースタートするオジサン、オバサン、
そしてジグザグ走行、ストップ&ゴーをかける子供達。
短い距離の部も同時スタートなので、初心者が多い。
道幅もそんなに広くなく追い越しに苦労する。
ようやく、顔見知りがいる集団に追いつく。
女性のタイ人トップ集団。
賞金レースだからだろう。女性の強豪が集まっていた。
安心のペースで華やかな集団で走っていたいと思うが、
後ろから追いつく様に走っていたので、スピードを落とすことも出来ず、前に出る。
前半は誰にも追い越されず走っていたのに、唯一年代が同じランナーに追いつかれ離される。
そして折り返し。
ケニア勢。
何か一般のゼッケンとは違うゼッケンを付けている。
総合順位だけを争う総合枠があるのか?
それとも海外枠?
だとすると自分も海外枠で走らないといけないのでは…。
でも受付の時は普通にアルファベットで名前を書いて、普通にゼッケン貰ったし…。
入賞圏内かも分からないので深く考えないことにする。
そしてタイ人の速い集団。
その中には、30代の四天王と呼ばれるランナーが同じカテゴリのゼッケンで走っている。
そしてまだ30代と思っていた圧倒的な速さのランナーが同じカテゴリーのゼツケン?
彼らいつの間に40代に?
他にも40代のシリアスランナーが続く。
やはり賞金レース。レベルが高い。
あっという間に入賞枠が埋まっていく。
諦めてた所、折り返しで先程唯一追い抜かれたランナーが5位であることが判明。
そしてそれほど差が開いてない事に気づく。それどころか、差が縮みつつある。
ついに並んだ。
彼の荒い息遣いを聞いた時、勝てると確信。
ここでスピードを緩まる訳にはいかない。
追いかける気をなくすくらい離さなければ…。
前にもゼッケンなしの背が高い若者二人。
多分カテゴリは違うのだろうが、不安要素は少しでも拭いたい。
前に出るが、一人の若者の闘志に火がついたのかまた追い抜かれる。
頑張って後ろにつく。
ついていかなければ気持ちが折れて、ズルズルとペースが落ちていきそう。
気持ちを切らさない様に集中。
そのうち落ちてきたケニア女性に追いつく。
頻繁に後ろを気にする。
後ろが見えないところではペースを落とし、そうかと思えばいきなりペースが上がる。
靴ひもも両足ほどけている様に見えるし、蹴り脚も自分の腰の高さまで上がってくる。
フォームもいろいろ気になるし、イーブンペースではないのでついていくのが難しい。
そのうち併走していた背の高い若者もいなくなり、ケニア女性に頑張ってついていく。
正直しんどいが、気を抜くと後ろから追いつかれそうで…腕を振るなどしてペース落ちない様に踏ん張る。
田舎道で車もなく、コースを楽しめそうだろうが、景色を見る余裕すらない。
ラスト2kmケニア女性がスイッチを入れたのか、自分のペースが落ちたのかあっという間に差が開く。
後ろの気配も無かったし、4分20秒くらいのペースで走っていれば追いつかれることはないだろう。
最近ミニマラソン走っていなかった為か、久しぶりの苦しいレースだった。
そして、折り返しで確認していたとおりの5位の札を頂き、普通に入賞登録。
表彰式ではインターナショナルの部でケニア人がアナウンスされる。
やはりインターナショナルの部があるのか?
ひょっとして外国人の自分は入賞資格ないのでは?
タイ人に指摘、非難されて失格となってしまうのでは?焦る
でも普通にタイ人枠の5位で名前を呼ばれ、普通に表彰台でCongratulations!と言われ賞金の千バーツ頂いてしまった。
そして封筒に書かれていた内容…
31~49歳の部 5位。
30歳代も同じカテゴリーだったとは…オッサンよく頑張った。

【久しぶりにガーミン復帰。やっぱり距離とペースが分かるって素晴らしい!!】
走遊会T本会長ラストラン!
走遊会のT本会長の帰国前の最後のレース。
一緒に走らせてほしいとお願い。
嫌がる会長に、勝手ながらついていく事にした。
他のラン仲間も気付けば一緒に走っている。
久しぶりに会長と走ることで、いろんな事を思い出す。
2007年パタヤで初めた年齢を感じさせない有得ないスピードと美しいフォームに衝撃をうけたこと。
その走りに影響を受け不安いっぱいで走遊会に入会、やさしく迎えてくれたこと。
当時の自分は遅く皆に遅れ迷惑をかけても、BTS、地下鉄沿線走破、カオヤイマラニックなど企画して一緒に走ってくれたこと。
サブ4達成の練習方法など気軽に相談にのってくれたこと。
サブ4達成したときや年代別初入賞した時は自分と同じ様に喜んでくれたこと。
自分にサブ3達成できる素質があると言ってくれたこと。
でも、圧倒的な速さでまだまだ遠かった背中。
追い続け初入賞から1年くらい経過して初めて勝てた時の喜び。
レース中もタイ人、日本人ランナーに励ましの声をかける気配り。
レース後コースに向かって一礼する礼儀正しさ。
走遊会、タイ人ランナーからの人望。
連続走行距離に挑戦し続ける日々。
朝のルンピニで最後に芝生を走って体を大事にする姿。
何もかもが教訓となった。
そんな憧れであり、尊敬できる方に自分の人生のなかで出会えたのが良かった。
マラソンのおかげで健康でいられるし、これからも生涯の趣味になりそう。
走遊会、マラソンを通じて多くの方々とも交流ができた。
しばらくこうして一緒に走る機会はなくなるのは寂しいけれど、またいつか再会して一緒に走りたい。
20140330-01b.jpg

CPPR 2012
CPPRとは、Crazy? Pre Phuket Raceの略らしく、12月プーケットで開催されるIronman 70.3を見据えたプレ大会らしい。
プーケットは参加できないのにプーケットに向けたこのプレ大会はお忍びで参加させて頂いた。
swim 800m。
50mプールを時間差でスタートするも、なあなあで大会が始まる。
そんな気楽な大会でも、焦りがあったのかまた腕時計のストップウォッチを押し忘れていた。
8往復は自分で数えなければならない。
プールにしては有得ない濁りだが、クロールの息継ぎの合間にみえる清々しい青空が気持ちいい。
(後でこの青空に苦しめられるのだが…。)
25mほど押し忘れた腕時計では、16分2秒なのに記録は14分38秒?

続けてbike 40km。
1周5kmの周回コース。
bikeでも最初サイクルコンピューターのスタートを押し忘れる。
前半は、平均時速32kmを維持して走れてたが、次第にペースが落ちてくる。
記録は1時間21分33秒。
計算すると時速30kmを下回ってしまった。
DSC_1547.jpg

続けてrun 10km。
1周2.5kmの周回。
最初の1.25kmの折り返しまで、足に力が入らず走っている感覚がない。
2周目になりようやく、調子が出てきた。
すでにFinishされてるランニング講習会でお世話になった日本からの超~凄い実力者トライアスリートらの励ましも頂き、舞い上がって何故か調子が良くなった気がする。
3周目から更なるペースアップをしようと意気込んでいたが、それでも灼熱の暑さには勝てず、体力がどんどん奪われる。
絶えず水を含んだスポンジを持って走って、日陰の場所を目指すがペースが落ちなかなか辿り着けない。
記録49分33秒。
何とかキロ5分で走れた。
20121028-1.jpg

そして運営側の記録は2時間25分43秒。
(男子50数名の中で16位?)
自分の時計では2時間27分7秒。
やはりswimの時間がおかしい。
(決して7往復しかしてない訳ではなく…?)

当日の午後には筋肉痛で歩行困難になるかなりのダメージ。
でもそんな苦しさはすぐ忘れ、充実感と達成感が残る。
プーケットは無理だが、次の大会が待ち遠しい。
当面の目標は、オリンピックディスタンス(51.5km)で2時間30分切る事!