緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



TRI DASH July 2017
2週間前のチャレンジでのハーフディスタンス年代別優勝の達成感から燃え尽き症候群に陥らないためにTri Dashに申し込んでみるが…
もしこのDashで今までずっと目標としていた年代別、総合優勝を果たしたとしてもあの達成感や感動は味わえるのだろうか?
オリンピックディスタンスの半分以下の距離の為、完走できるかどうかのプレッシャーもない。
なんとなく練習に身が入らない。惰性での参加となってしまった。

スイムは最終組の一番スタート。
最終組は皆レベルが高く、左右を泳いでいる人が先行しているのが分かるし、自分の10秒後でスタートしている人にも追い抜かれる。
しかも左のレーンは見た目は速そうにもない白人女性。
きっと自分のテクニックはまだまだ未熟なのだろう。
それでも800m程度では大差つかず、バイクでのトランジションが込み合う。
短い距離の為トランジション時間を節約すべくペダルにシューズをつけて漕ぎながら履く戦法をとるも
履くのにもたつきペダルからシューズが落下、大会スタッフに拾ってもらう事になる。
もうこの戦法は封印しようと心に誓う。
バイクのレベルも似通っているのか込み合い、道幅の狭い区間では前後にバイクが連なり行き場なくほぼドラフティング状態。
20170709 Tri Dash-04b
20170709 Tri Dash-07b
【醜いお腹も凹まさなければ(汗)】

そしてラン。
前回の様に太ももに張りを感じることなく走ることができた。
20170709 Tri Dash-01b
しかしスイムで10秒後スタートですでにスイムで追い抜かれている人が2~300m先行しているのが分かる。
彼もまた速いペースで追い越して10秒差をつけるのは無理。
総合1位の可能性は無くなった。
せめて年代別で…と思うも
上位5名が同じ40代で自分は総合4位、年代別4位という結果。
20170709 Tri Dash-02
タイムはまた1時間6分台。
1時間6分を切りたい。
そして年代別優勝、総合優勝へ。
まだまだ課題が多いぞ…(汗)

スポンサーサイト
Challenge Nakhon Nayok
チームの仲間が、続々とアイアンマン(スイム3.8 バイク180 ラン42)などロングディスタンスの完走を果たしたり、参加表明している中、
自分はいつまでもオリンピックディスタンス(スイム1.5 バイク40 ラン10)にとどまり、置いてけぼり感を味わっていた。
「鉄人」と呼ばれる称号はアイアンマン完走者のみに与えられ、オリンピックディスタンス完走という実績では、まだまだ初心者です感が否めない。
集大成としてアイアンマン挑戦したいが、まずはその半分70.3(マイル)と呼ばれるハーフディスタンスに挑戦。
過酷さはフルマラソンと同じくらいか…。
レース時間はフルマラソンより長い5~6時間。
そして参加費は、タイのフルマラソンの10倍以上。
未体験の距離や時間にビビリつつ、高い参加費も無駄に出来ないプレッシャー。
練習方法も何をすべきか分からない。
スピード強化かスタミナ強化か?
苦手種目の克服か?得意種目を伸ばすのか?あるいは3種目満遍なくなのか?
疲労抜きやカーボローディングはどのタイミングで?
迷走しつつ、結局満足いく練習できないまま大会を迎えてしまった。

会場は、自宅から1時間半ほどで日帰り可能なタイ国軍の予備学校。
20170625-07FB.jpg

20170625-09FB.jpg

20170625-08FB.jpg
【かなり綺麗に整備されている会場、普段一般人は入れるのだろうか?】

不安で押しつぶされそうだったが、泳ぎ出せば皆各々で完走を目指すだけと覚悟を決めてのスイムスタート。
20170625-12FB2.jpg
混雑を避けるため前方でスタート出来るも…
20170625-14FB2.jpg

20170625-13FB2.jpg
やはり混雑でぶつかりまくり。
最初は空いている外側から攻めれば良かった…。
だけど300mも泳げば前は開け、コースロープもあり方向音痴の自分にとって泳ぎやすい。
ウォームアップ気分で緊張もほぐれ1.9kmが長いとは感じなかった。

バイクへのトランジション。
まだほとんどのバイクが残っている。
思ったより上位なんだと驚く。
いつもの短い距離ではペダルにシューズをつけ、裸足でバイクに乗って漕ぎながらシューズを履いてトランジションの時間短縮を図るが、
初のハーフディスタンス、快適さを重視。
靴下を着用することにした。
手袋も準備していたが、皆はめなさそうなのでやめておいた。

大会要項のコース情報からビビるほどのアップダウンはない事は事前に把握。
20170625-19FB.jpg
【勾配はキツイところでも3%程度】
1週間前チーム練習でカオヤイの泣きそうなアップダウンを経験した事が自信につながる。
またその練習で見舞われた多々のメカトラブルがバイクの膿を出してくれた。
大会前1週間でメンテナンスに出し仕上げてもったバイクは安心感がある。
20170625-11FB.jpg
序盤は数台には追い抜かれるが想定内、ランで挽回できればと思う。
だけど90kmは長かった。
集中力の維持が大変。
路面状況は8割は良いが、それでも減速用に連続した白線や、白線の上に時々現れる反射板、道路のつなぎ目の微妙に凹凸がストレスになる。
太ももがパンパンになってくるし、この後ランできるのか疑問を持つ。
バイクとランは使う筋肉がきっと違うのだろう、走り始めれば疲労はリセットされるはずと勝手に都合良く考える。

ランへのトランジション。
やっぱりほとんどのバイクがまだ戻っていない。
まさか入賞いけるんじゃない?と期待が高まる。

最後の種目のラン。
バイクで疲れててもキロ5分ペースぐらいで走れるんじゃないかとの事前の考えは浅はか過ぎた。
走り始めから、いきなりフルマラソンの後半のようなダメージが残っていることが分かる。
そんな状態で残りハーフを走らなければならない厳しい状況に直面。
でも皆同じく疲れているのだろう…。
ゆっくりペースでも追い抜くことはあっても、猛烈な勢いで次々と追い抜かれる事はないと判断。
ここは前との差を縮めることは考えずにゆっくりペースでも走り続ける事が優先。
昨年8月のホアヒンの様に途中で脚が攣って走れなくなってしまったら元も子もない。
脚の状態を絶えず意識しながら、曲がり角、給水で立ち止まるタイミングは特に慎重に。
ランコースは7km×3周の周回コース。
途中目にするフィニッシュゲートや聞こえるゴールのアナウンスで、自分も絶対あそこにたどり着くと奮起。
ついに完走は見えた。
フィニッシュテープを上げ、感動と達成感を味わう
20170625-17FB.jpg
【ところが…両ふともも、ふくろはぎが一斉に攣り悶絶…】
20170625-18FB.jpg
【階段からしばらく降りれなかった。】
20170625-15FB.jpg
【大会スタッフに水を差しだしてもらったり後続のフィニッシュ写真の邪魔になったりと迷惑かけてしまった。】
そして初ハーフの結果…まさかの年代別優勝。
20170625-05FB.jpg

20170625-04.jpg
【完走メダルとプラスティック製トロフィー。トロフィーもう少し高級感と重量感あってもいいんじゃない?】

さて次はロング…と弾みをつけたいが、今回の脚の攣りでまだ完走する自信なく、
当分オリンピック、ハーフディスタンスで揉まれてます。





TRI DASH April 2017
日本では富士五湖ウルトラマラソン、宮古島ストロングマン(スイム3kmバイク157kmラン42km)
そして灼熱のタイでは10時間ウルトラマラソンへと仲間が過酷なレースに挑戦している時
スイム400mバイク20kmラン5kmという仲間のレースと比べるとかなり小スケールなTri Dashに参加。
それでも仲間の頑張りを胸に、自分も密かに総合優勝を狙う。
故障明けの前回に比べ、この1ヵ月は練習も十分。
特にランでは週1回のスピード練習も設け、5kmごときでバテない自信はあった。
スイム順調
今回のスタートはいつもの最終組の10分前のグループ。
いつもは周りに置いていかれて寂しい気分を味わうがこの組では追い抜くことが出来優越感を味わえる。
バイクもそこそこ
いつもの最終組であれば、追い抜かれたり、参加者のほとんどがランパートに移っていて寂しい思いをするが、今回は追い抜けるバイクが沢山
気分よくランパートへ
1周目2.5kmはまずまず。
2周目から更にペースアップを企んでいた矢先、左の尻とハムストリングの間に張りを感じる。
まさしく2週間前の10km大会で痛かった場所
まだ完治していなかったのか…。
それでもあの大会のように痛みを誤魔化して走れるだろうと
ペースを落としてみたり、痛くない走り方を模索してみたりするも
改善するどころか今回は急ピッチで筋肉が硬直してくる。
やばいと思って立ち止まってストレッチするも走り出すもついにはプッと切れた嫌な感触。
歩けるがジョグペースでも走るのは無理。
仲間や他の参加者からも励まされ、歩く。
悔しくて情けない結果
帰って仲間のネット応援。
続々と過酷なレースを見事な成績で完走などの感動の知らせが舞い込んでくる。
そんな凄い仲間にくらべると、5kmごときで歩くなんて小っちゃすぎるぞ…自分。
170423fb3.jpg
【1周目、たぶん2.5km近く。まだ歩いてない…。】
170423fb1.jpg
【ラン1.2km折り返し地点でトップとの差20秒。万全でも勝てたかは…微妙】

GATEWAY MINI MARATHON
ゲートウェイシティ工業団地で開かれたミニマラソンに参加。
会場はトヨタの工場内のスポーツ複合施設。
さすが大企業、福利施設が素晴らしい。

最近トライアスロンで3種目の練習をどう取り組むべきか迷っていた。
以前は苦手なバイクを中心に、3種目満遍なく向上を図ろうと…。
結果得意であったランが疎かに持久力低下、他の種目も相乗して効果が出ない。
やはり自分はランを中心に練習していくのがベストでは?と考え始める。
マラソン大会にも月に1,2回参加し追い込んでランで心肺機能強化し他の種目に相乗効果をもたらしたい。

前日も周りはサブ3ランナーというラン仲間ででヤッソ800(800m×10本)という過酷なインターバルトレーニング。
仲間には毎回100mほど離されるが、10本こなせた事で自信をもって大会に臨めた。
年代別5歳刻みのカテゴリー、同年代ライバル達の顔を見かけないという状況で入賞余裕?という期待を持ちながらスタート。
キロ4分と自分にとって速すぎるペースで突っ込んでるのに、 前には数十人くらい走っている。
きっと自分とは別カテゴリーの威勢の良い若者達だろうと都合よく解釈して…。

スタートから突っ込んでしまった影響か?
暑く脱水症状で攣り始めているのか?
前日のインターバルトレーニングの疲労か?
(間違いなく原因は前日のオーバーワークだろう…)
3kmで左ハムストリングに痛みが出始める。
脱水なら水を飲めば治るかなと思ったが、一向に良くならない。
痛みは臀部まで広がりパンパンに張っているのがわかる。
着地の度に痛みが走り、いつ激痛で立ち止まってしまうか分からない状況。
ふくらはぎと違って大きな筋肉のため、痙攣や肉離れするには時間がかかるだろうと我慢。
工業団地内の広い道は微妙にアップダウンもある。
ちょっとした下り坂、曲がり角などの状況変化は、痙攣や肉離れのタイミングともなりうるので慎重に。
追い抜かれても他のランナーは全く気にならない。
痛みに耐え完走したら入賞は確実と自分を鼓舞。
結果年代別5位(41分58秒)…入賞も危うかった。
20170326-02.jpg
20170326-01.jpg


タイ・日修好130年記念 アユタヤ「絆」駅伝
所属するトライアスロンチーム「バンコクスターズ 」へタイ人ランニングチームBEYONDから駅伝参加の日本人募集あり。
この駅伝、タイ・日修好130年記念事業で、タイ人と日本人の「絆」をテーマに混成チームが参加条件。
1人3.4kmを4人でタスキをつないで走る。
距離の短さからどう考えてもファンランイベントだろうと気楽に考え参加したのだが…。
1週間前から顔合わせを兼ねBEYONDのチーム練習に参加。
まず驚いたのがナショナルスタジアムでの練習光景。
BEYONDの他、いくつかものランニングクラブが大勢でトラックを真剣に疾走、いくつかのクラブにはコーチまでいる。
とりあえずチームメンバーの練習に軽く付き合うつもりが、
ついていけない…。
400mトラック3周一緒に走って(引き離されて)、自分だけ1周休むというインターバル。
だけどメンバーはそのペースで6km走り続ける。
助っ人外国人のつもりだったのに、まさかのお荷物だった…。

それでも若いタイ人メンバーは中年オヤジを温かく迎えてくれ、年齢、国籍関係なく直ぐに打ち解けた。
そして迎えたアユタヤ「絆」駅伝。
400チーム、日本人(最低400人)集まるのかと勝手に危惧していたが、
週末ゴルフの日本人もタイ人スタッフとの交流をはかる為に会社をあげて参加、応援。
日本から学生達(現役陸上部ランナーまで)も参加。
多くの人で盛り上がっていた。

自分は第2走者。
スタート直後からBEYONDの2チームがまさかの飛び出し。
そのまま1位、2位で戻ってくる(汗)
自分は2番手のチームだったが、1番手の第2走者は女の子。
トップでタスキをつなぐことができた。
自分が穴のチーム、あとは速いメンバーに安心して任せられる。
2位のトヨタチームに4分近く差をつけての総合優勝。

優勝してこのイベントの大きさに気づく。
日本、タイのマスコミからインタビューや記念撮影が続く。
20170312-04FB.jpg
最後には観光スポットの遺跡までトゥクトゥクで移動し、インタビュー。

個人ではこんな経験はまずできないので、チームのメンバーに心から感謝したい。
20170312-03FB.jpg

20170312-01FB.jpg