緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



River Kwai Half Marathon 2017
今年も毎年恒例の勝負レース River Kwaiハーフマラソン に参戦。
今年もこの大会の為に1ヵ月ほどトライアスロン練習を封印し、ラン練習に集中。
不安要素は今年参加してきた大会で脚が攣って立ち止まったり、肉離れ寸前で歩いたりと満足に走りきれた感じがしない。
大事を取って二日前から練習をやめ、マッサージで身体をいたわり、本番を迎える。
作戦は日本から参戦の60代ベテランランナーS藤さん、そして昨年年代別4位のY家さんがレースをまとめてくれるはず。
後方から二人を見ながら、お手本にして走ろう。
ところがスタート直後、前のランナーを追い越そうとした際にか、いきなり太ももがピシっと攣りそうになる。
まさか数十メートルで脱落か…と焦る。
大丈夫?と確かめながらスピード出して走ってみるとと攣りの予兆は無くなり安堵。
ただその間にお手本にしようとしていたS藤さん、Y家さんより前に出る形になってしまった。
21457690_1891776604173807_6692408933484105222_o.jpg

59b531e4bcc17c472a05e5b4.jpg
お手本がいなくても、これまでこの大会10回くらい走った自分の経験を信じることにした。
二人より前を走っているが決してオーバーペースではないと言い聞かせて…。
ようやく6km過ぎでY家さんが前に出てくれたので折り返しまで後ろをついていく。
折り返しではタイ人2人が先頭、そして2~300m開いて数年来のライバルのタイ人が3位、また2~300m開いて自分とY家さんが総合4位5位争い。
今年のゼッケンは年代別を判断できないが、総合5位圏内だから、年代別での入賞は間違いなし。
バテて失速だけは避けたいので、Y家さんにペースを抑えようと持ち掛けようと思った矢先、ベテランランナーS藤さんが追いつき更にペースが上がる。
S藤さんについていけば自分も好タイムでフィニッシュできるに違いない。
3位のライバルランナーの背中も近づいてきて、さらに上位で入賞できる可能性も出てきた。
このままゴールまで一緒に連れてって~と願うも、13km付近でハイペースについていけず、早々と離脱。
そこからの下りでどんどん差が開いていった。
S藤さん とY家さん が自分の数年来のライバルに追いつき、追い越しているのを後方から見届ける。
自分はバテて失速しているのか…。
でもライバルとの差はS藤さんのペースアップ効果で縮まった100~150mの差を維持、背中も見えている。
後ろからランナーが迫ってくる気配もなかった。
きっとあの二人が速かったのだろう。自分なりには健闘したと思うことにする。

結果去年より2分遅い1時間36分25秒
そして総合6位で年代別5位入賞。
上位は総合3位のS藤さん以外は皆40代と厳しい年代で入賞危うかった。
20170910_121538207_iOS.jpg
今年はミズノがメインスポンサーから降りた影響か期待していた質感の高いトロフィーが、大きさだけの粗悪品に替わっていた。
表彰式で並べてあるものにもすでに壊れかけているトロフィーがいくつもあり、修理で後送りとなってしまった走遊会メンバーも…。
20170910_034608463_iOS.jpg
【今年もバンコク走遊会で大漁トロフィー】

スポンサーサイト
母の日ハーフマラソン&バンコクポストミニマラソン
日本がお盆休みの中、タイも3連休。
日本へ帰任したラン仲間が久しぶりに来タイして大会参加することもあり、大人げなく連日の大会参加。
まずは8月12日の母の日ハーフマラソン。
ホアヒントライアスロン直前で参加見送った去年に大幅なコース変更あり。
今年も去年のコースと同じく立体交差の架橋を片道6か所半、つまり折り返して13ヶ所のアップダウンがあるらしい。
平坦なバンコクで、アップダウンがこれでもかと続くまさかのテクニカルコース。
重い身体で上りは軽量ランナーや女性に追い抜かれ、下りで追いつくという攻防を繰り返す。
20120812-1.jpg
そうしたアップダウンのコースは飽きることなく好きかもと思う序盤。
しかし中盤からは都会の喧騒に嫌気がさし、今いったい何個目の橋?とアップダウンにもいい加減飽きてくる。
さらには下りで重い体重を支えるのが限界となったか?着地と蹴るタイミングでふくらはぎが痛み肉離れ寸前。
終盤の立ち止まったり歩いたりでの坂はもはや拷問でしかなかった。
20170812-3.jpg
【最後の2つの坂はまともに走れず、1時間42分】

そして2日目の10.5kmのバンコクポストミニマラソン。
脚の疲労は全然抜けていない。
たかが10.5km誤魔化して走れきれるかもしれないが、完走できるかは怪しい。
結果、スタート1.5kmで前日同様ふくらはぎが肉離れ寸前で痛む。
最速で立ち止まることになってしまった。
20170813-1.jpg
スタート地点へ引き返そうかと思ったが、参加費勿体ないので残りはふくらはぎに負担がかからない走法を模索しながらのジョギング。
20170813-2.jpg
【1時間1分…これはこれで楽しかった。】
いろいろガタが出てくる年ごろ。
昔みたいに連日で大会参加は出来そうにない。
マッサージで日々身体を労ろうと筋肉痛緩和?クリームのサンプル品を大量にもらっての帰宅となった。
20170812-2.jpg
20170813-3.jpg
【2日間の完走メダルと筋肉痛緩和剤。最近の完走メダルってオシャレになったなぁ~とトロフィー貰えない負惜しみ…】


体重別大会
毎年恒例の体重別大会。
毎年67kg前後で60-67kg級か68-74kg級かで悩むのも恒例。
見栄を張って60-67kg級にエントリーし、2週間ほどダイエットをするのも恒例。
過去3年連続で入賞果たしていたが、今年は走遊会の実力者が同カテゴリーで参加。
入賞は諦めていたが、結果6位の予備札頂く。
43分43秒で総合13位、カテゴリー5位入賞者との差は15秒。
もう少しで入賞圏内だった。
20170723-2_Jog Joy
20170723-1_Jog Joy

来年こそは入賞に有利な様に体重減らそうと思う。
これもまた毎年恒例…。

TRI DASH July 2017
2週間前のチャレンジでのハーフディスタンス年代別優勝の達成感から燃え尽き症候群に陥らないためにTri Dashに申し込んでみるが…
もしこのDashで今までずっと目標としていた年代別、総合優勝を果たしたとしてもあの達成感や感動は味わえるのだろうか?
オリンピックディスタンスの半分以下の距離の為、完走できるかどうかのプレッシャーもない。
なんとなく練習に身が入らない。惰性での参加となってしまった。

スイムは最終組の一番スタート。
最終組は皆レベルが高く、左右を泳いでいる人が先行しているのが分かるし、自分の10秒後でスタートしている人にも追い抜かれる。
しかも左のレーンは見た目は速そうにもない白人女性。
きっと自分のテクニックはまだまだ未熟なのだろう。
それでも800m程度では大差つかず、バイクでのトランジションが込み合う。
短い距離の為トランジション時間を節約すべくペダルにシューズをつけて漕ぎながら履く戦法をとるも
履くのにもたつきペダルからシューズが落下、大会スタッフに拾ってもらう事になる。
もうこの戦法は封印しようと心に誓う。
バイクのレベルも似通っているのか込み合い、道幅の狭い区間では前後にバイクが連なり行き場なくほぼドラフティング状態。
20170709 Tri Dash-04b
20170709 Tri Dash-07b
【醜いお腹も凹まさなければ(汗)】

そしてラン。
前回の様に太ももに張りを感じることなく走ることができた。
20170709 Tri Dash-01b
しかしスイムで10秒後スタートですでにスイムで追い抜かれている人が2~300m先行しているのが分かる。
彼もまた速いペースで追い越して10秒差をつけるのは無理。
総合1位の可能性は無くなった。
せめて年代別で…と思うも
上位5名が同じ40代で自分は総合4位、年代別4位という結果。
20170709 Tri Dash-02
タイムはまた1時間6分台。
1時間6分を切りたい。
そして年代別優勝、総合優勝へ。
まだまだ課題が多いぞ…(汗)

Challenge Nakhon Nayok
チームの仲間が、続々とアイアンマン(スイム3.8 バイク180 ラン42)などロングディスタンスの完走を果たしたり、参加表明している中、
自分はいつまでもオリンピックディスタンス(スイム1.5 バイク40 ラン10)にとどまり、置いてけぼり感を味わっていた。
「鉄人」と呼ばれる称号はアイアンマン完走者のみに与えられ、オリンピックディスタンス完走という実績では、まだまだ初心者です感が否めない。
集大成としてアイアンマン挑戦したいが、まずはその半分70.3(マイル)と呼ばれるハーフディスタンスに挑戦。
過酷さはフルマラソンと同じくらいか…。
レース時間はフルマラソンより長い5~6時間。
そして参加費は、タイのフルマラソンの10倍以上。
未体験の距離や時間にビビリつつ、高い参加費も無駄に出来ないプレッシャー。
練習方法も何をすべきか分からない。
スピード強化かスタミナ強化か?
苦手種目の克服か?得意種目を伸ばすのか?あるいは3種目満遍なくなのか?
疲労抜きやカーボローディングはどのタイミングで?
迷走しつつ、結局満足いく練習できないまま大会を迎えてしまった。

会場は、自宅から1時間半ほどで日帰り可能なタイ国軍の予備学校。
20170625-07FB.jpg

20170625-09FB.jpg

20170625-08FB.jpg
【かなり綺麗に整備されている会場、普段一般人は入れるのだろうか?】

不安で押しつぶされそうだったが、泳ぎ出せば皆各々で完走を目指すだけと覚悟を決めてのスイムスタート。
20170625-12FB2.jpg
混雑を避けるため前方でスタート出来るも…
20170625-14FB2.jpg

20170625-13FB2.jpg
やはり混雑でぶつかりまくり。
最初は空いている外側から攻めれば良かった…。
だけど300mも泳げば前は開け、コースロープもあり方向音痴の自分にとって泳ぎやすい。
ウォームアップ気分で緊張もほぐれ1.9kmが長いとは感じなかった。

バイクへのトランジション。
まだほとんどのバイクが残っている。
思ったより上位なんだと驚く。
いつもの短い距離ではペダルにシューズをつけ、裸足でバイクに乗って漕ぎながらシューズを履いてトランジションの時間短縮を図るが、
初のハーフディスタンス、快適さを重視。
靴下を着用することにした。
手袋も準備していたが、皆はめなさそうなのでやめておいた。

大会要項のコース情報からビビるほどのアップダウンはない事は事前に把握。
20170625-19FB.jpg
【勾配はキツイところでも3%程度】
1週間前チーム練習でカオヤイの泣きそうなアップダウンを経験した事が自信につながる。
またその練習で見舞われた多々のメカトラブルがバイクの膿を出してくれた。
大会前1週間でメンテナンスに出し仕上げてもったバイクは安心感がある。
20170625-11FB.jpg
序盤は数台には追い抜かれるが想定内、ランで挽回できればと思う。
だけど90kmは長かった。
集中力の維持が大変。
路面状況は8割は良いが、それでも減速用に連続した白線や、白線の上に時々現れる反射板、道路のつなぎ目の微妙に凹凸がストレスになる。
太ももがパンパンになってくるし、この後ランできるのか疑問を持つ。
バイクとランは使う筋肉がきっと違うのだろう、走り始めれば疲労はリセットされるはずと勝手に都合良く考える。

ランへのトランジション。
やっぱりほとんどのバイクがまだ戻っていない。
まさか入賞いけるんじゃない?と期待が高まる。

最後の種目のラン。
バイクで疲れててもキロ5分ペースぐらいで走れるんじゃないかとの事前の考えは浅はか過ぎた。
走り始めから、いきなりフルマラソンの後半のようなダメージが残っていることが分かる。
そんな状態で残りハーフを走らなければならない厳しい状況に直面。
でも皆同じく疲れているのだろう…。
ゆっくりペースでも追い抜くことはあっても、猛烈な勢いで次々と追い抜かれる事はないと判断。
ここは前との差を縮めることは考えずにゆっくりペースでも走り続ける事が優先。
昨年8月のホアヒンの様に途中で脚が攣って走れなくなってしまったら元も子もない。
脚の状態を絶えず意識しながら、曲がり角、給水で立ち止まるタイミングは特に慎重に。
ランコースは7km×3周の周回コース。
途中目にするフィニッシュゲートや聞こえるゴールのアナウンスで、自分も絶対あそこにたどり着くと奮起。
ついに完走は見えた。
フィニッシュテープを上げ、感動と達成感を味わう
20170625-17FB.jpg
【ところが…両ふともも、ふくろはぎが一斉に攣り悶絶…】
20170625-18FB.jpg
【階段からしばらく降りれなかった。】
20170625-15FB.jpg
【大会スタッフに水を差しだしてもらったり後続のフィニッシュ写真の邪魔になったりと迷惑かけてしまった。】
そして初ハーフの結果…まさかの年代別優勝。
20170625-05FB.jpg

20170625-04.jpg
【完走メダルとプラスティック製トロフィー。トロフィーもう少し高級感と重量感あってもいいんじゃない?】

さて次はロング…と弾みをつけたいが、今回の脚の攣りでまだ完走する自信なく、
当分オリンピック、ハーフディスタンスで揉まれてます。